東京 キャンサー クリニック。 東京キャンサークリニックの看護師求人|東京都千代田区|看護roo!転職サポート

東京キャンサークリニック(東京都東京都千代田区飯田橋1丁目3

東京 キャンサー クリニック

母が肺がんのため、最初はセカンドオピニオンで受診しました。 ステージ4でも治したいという意思をくんでいただき、詳しい説明とともに心から納得できる治療方法を提案していただきました。 免疫療法やハイパーサーミアなど副作用のない治療法を取り入れている点が特によかったです。 クリニック自体も東京駅から近く通いやすいです。 また、完全予約性なので待たされることもなく快適です。 医師や看護師の方の丁寧な説明と対応に心から感謝しています。 信じられるクリニックと出会えて本当に受診してよかったと思いました。 一人の医師に診てもらうために、全国から集まって来ている多くの患者さんたちを段取り良く仕切って、スピーディな対応をしてくれました。 専門用語が飛び交うことになるし、大事なことなので、熟考したかったため、診察を録音させてもらうことを願い出たら、快く応じてくれました。 結局、後に、手術を依頼しましたが、今思うと、術後も、この診察時に言われていた通りの状態になっているので、正しい診断だったと思います。 不安でいっぱいになる心を、温かく支えてくれることが見受けられます。 先進医療である陽子線治療を受けることができるクリニックなので、X線が届きにくい腫瘍、大きな腫瘍の治療にも効果が期待できるのが特徴です。 他院では治療が難しいと言われた方が多く訪れるようです。 東京クリニックのがん治療の特徴 がん免疫療法 特許技術である、NK細胞培養技術と細胞ワクチン技術を使用した、体を労わるがん治療です。 がんと闘うためには、免疫力を上げながら、免疫抑制を下げることが欠かせません。 がんのステージを問わず、治療ができると言います。 東京クリニックのがん治療の基本的な考え方として、副作用を軽減しながら効果が期待できる、体の快方を促す治療をすることが挙げられます。 がんになってしまったら、今までの生活とは変わってしまう習慣もあるでしょう。 治療は長期間になり、手術、放射線治療、抗がん剤治療など、心身が疲弊してしまうことも。 だからこそ、標準的治療と併せられる治療を、東京クリニックの腫瘍内科で行っています。 体に備わっている免疫機能は、がんを発症すると、弱くなるものです。 そのため、免疫細胞を体外へ出して、がん細胞を排除する力を取り戻してから、体内へ入れます。 抗がん剤にあるような辛い副作用はないので、心身ともにやさしい治療です。 加えて、ハイパーサーミアという温熱療法で、他の療法の効果をサポートする治療も用意しています。 陽子線治療 陽子線治療は、陽子線の照射でがん細胞を治療する方法です。 以前のX線を使った放射線治療よりも、より病巣に向けて放射線を当てやすくなっています。 狙って当てることにより、正常な細胞へのダメージも軽減されるのがメリットです。 従来の治療では、体の表面で放射線が最大になり、少しずつに減少していたので、深い場所にあるがんには届きにくいという面がありました。 しかし、陽子線は腫瘍部分に達する時にピークを迎えるため、腫瘍の大きさに合わせて放射線量をコントロールできます。 体内で放射線の分布の違いによって、X線で治療しづらいといわれた、がんにも治療効果が期待できるのです。 手術をしないで、がんを治療することができるので、体はもちろん精神的にもかなり負担が軽減されるでしょう。 陽子線治療は南東北がん陽子線治療センターで対応しています。 東京クリニックの特徴 専門外来からがん治療までを行う総合クリニック 東京駅から近い好立地にある東京クリニックは、消化器内科や呼吸器内科、外科や婦人科などの外来診療を行う総合クリニックです。 一般の保険診療を行う専門外来の他に、がん治療や人間ドック、健診などもあり、様々なタイプの医療サービスを提供する機関となっています。 標準治療と併用するがん治療を提案 東京クリニックでは、がん治療として、免疫療法、陽子線治療、ホウ素中性子捕捉療法を行っています。 免疫療法は、NK細胞培養技術や細胞ワクチン技術に基づいて、標準治療と併用して行う方法を提案。 合わせて、高周波ハイパーサミア、高濃度ビタミンC点滴療法なども行います。 患者さんの負担が少ない医療機器を駆使 東京クリニックでは、1. 5テスラMRIや、マルチスライスCTなどを導入。 5テスラMRIは、従来のMRIよりも検査音が静かで、検査時間が短いのが特徴です。 また、マルチスライスCTは、従来の装置に比べて、人体の広い範囲を早く細かく撮影することができます。 東京クリニックの基本情報• 診療時間:9:30~12:30 、14:00~17:00• 休診日:日曜、祝日• 電話:03-3516-7165 免疫療法 直通番号• 所在地:東京都千代田区大手町2-2-1 新大手町ビル地下2階~地上1階• アクセス:JR「東京」駅丸の内北口より徒歩5分.

次の

東京キャンサークリニック理事長/国際個別化医療学会理事長 阿部 博幸 先生

東京 キャンサー クリニック

免疫療法を柱とし、西洋医学・東洋医学・先進医療の枠を超えた治療プラグラムを提案し、個別に戦略を立てていく方針です。 がんに対しては、「百人百様」という考え方で、病名、ステージ、がん細胞といった病状だけでなく、生活や人生観にも寄り添った治療法を提案。 「免疫療法」「手術」「化学療法」「放射線治療」を治療のベースと考え、患者の痛みやストレスに応じて補完療法やサポーティブ・ケアも組み合わせていくそうです。 補完療法には、温熱療法やがん休眠療法、高濃度ビタミンC点滴療法など、サポーティブ・ケアには、アロマテラピー、音響療法、サプリメント、メンタルケア、栄養、運動などが含まれています。 「個人の生き方」を尊重とする同クリニックならではの、特色ある治療メニューと言えますね。 診断では、画像診断やバイオマーカー検査に加えて、遺伝子診断を行い、一人ひとりのがんの特性を見極めて、根本的な治療を提案。 アベ腫瘍内科クリニックの点滴療法メニュー• 高濃度ビタミンC点滴• プラセンタ療法• オゾン療法• キレーション療法 高濃度ビタミンC点滴料金• ~60g=21,600円• 臓器や治療法ごとに病気を捉えるのではなく、治療戦略全体を統括する「主侍医」を目指しています。 QOLの向上を重視した治療 同クリニックでは、治療の結果だけではなく治療過程にあるQOL 生活の質 にも気を配り、前向きな気持ちを支えるメンタルサポートや、精神バランスを整えるセラピーなどのメニューも取り揃えています。 これらは、すべてエビデンのある治療法なのだそうです。 特許を持つ最新の免疫療法を採用 阿部医師が特許を取得した、最先端免疫療法「エイビーバックス」を採用。 予防接種のように攻撃する対象を記憶させて免疫を作る「獲得免疫」と、侵入した異物を撃退する「自己免疫」の両方の免疫が働き、相乗効果により強力な治療効果が期待できます。 アベ腫瘍内科クリニックのドクターを紹介 アベ腫瘍内科クリニックの理事長である阿部博幸先生、院長の笹田亜麻子先生についてご紹介します。 阿部博幸理事長 【経歴】• 1964年に札幌医科大学卒業後、慶応義塾大学附属病院でのインターンを経てアメリカに留学• ハーネマン医科大学、ペンシルバニア大学の2つのクリニックでフェロー修了• 大学講師などを経て、1988年に医療法人社団博心厚生会を設立• 九段クリニック名誉院長、アベ腫瘍内科クリニック、九段クリニック水戸の理事長を務める 阿部博幸理事長は近年、がんの免疫細胞治療の研究・臨床に力を入れおり、関連する技術について日米で特許も取得しています。 アベ腫瘍内科クリニックで行っている がんの免疫療法は、阿部博幸理事長の専門分野です。 笹田亜麻子院長 【経歴】• 京都大学医学部附属病院、市立岸和田市民病院、杉田玄白記念公立小浜病院の内科で勤務経験を積む• 京都大学やアメリカのがん研究所などで博士として研究に携わる• 2013年からアベ腫瘍内科クリニックに勤務し、2014年から院長就任 笹田亜麻子院長は医学博士、日本血液学会認定専門医、日本内科学会認定総合内科専門医、日本内科学会認定内科医、日本医師会認定産業医の資格を持っています。 がん治療においては、知識のアップデートはもちろん 患者に寄り添う丁寧な診療を心掛けています。 アベ腫瘍内科クリニックの口コミ評判 アベ腫瘍内科クリニックの口コミ情報は見当たりませんでした。 アベ腫瘍内科クリニックの基本情報 住所:東京都千代田区飯田橋1-3-2 曙杉館ビル9F アクセス:地下鉄東西線「九段下」駅より徒歩1分/半蔵門線・都営新宿線「九段下」駅3a出口より徒歩3分/JR「飯田橋」駅東口より徒歩7分 診療時間:【月~金】8:30~17:30/【土】8:30~12:30 点滴療法研究会所属:記載なし がん治療として高濃度ビタミンCを検討している方へ 今は様々ながん治療法が提供されているため、どの治療法が最善なのか迷っているかもしれません。 免疫療法である「エイビーバックス」は、アベ腫瘍内科クリニックの医師が特許を取得したものです。 本当に信頼できる治療法なのか、高濃度ビタミンC治療法が自分に合っているのか、直接話を聞いてみて決定するのはいかがでしょうか。

次の

東京クリニックのがん治療の特徴と口コミ評判をまとめました

東京 キャンサー クリニック

がん治療装置としての高精度放射線治療装置• 温熱療法(ハイパーサーミア)• がん診断装置としてのPET-CT• シンチグラム診断装置:アルツハイマー病などの脳疾患、骨転移や肝臓・心臓・腎などの臓器機能の診断に威力を発揮 がんは死亡原因の第一位です。 がん治療には切除、化学療法、放射線療法、免疫療法などがあります。 近年では温熱療法の装置が開発され保険適用となっています。 がんの進行度、全身状態、年齢などを総合的に考慮した場合、できればバランスのとれた「体にやさしい治療」を誰しもが望むところでしょう。 放射線治療は前立腺がん、乳がん、肺がん、子宮がん、頭頸部がんなど抗がん剤治療と並び、治療の手段として欠かせないものです。 温熱療法はそれらと組み合わせると、さらに効果を発揮します。 PET診断と同じく患者さんの負担は少なく、超高齢社会では今後さらに必要性は高まっていきます。 明和キャンサークリニックががん患者さんのお役にたてれば幸いです。 注)温熱療法:がん細胞自身は熱に弱く、また、温熱刺激は免疫反応を高めます。 これの性質を利用した保険治療法です。 抗がん剤や放射線治療と組み合わせて治療すると一層の効果を発揮します。 私どものクリニックは放射線治療と診断に特化したクリニックです。 大学病院の放射線治療部に負けない高精度放射線治療を行う一方で、地域の医療機関の先生方から紹介していただくがん患者さんの緩和放射線治療も非常に多いのが特徴です。 最近はがん治療の進歩により、がん患者さんの生存率は高くなり、それだけ担癌期間も長くなっています。 その結果、経過観察中に転移が出現し、様々な症状で患者さんや主治医を苦しめます。 疼痛緩和・病的骨折予防などを期待できる現在の緩和放射線治療は、一日ないし数週の通院で施行可能であり、地域の医療機関で経過観察、通院治療をされている患者さんのQOL維持・改善に大きく貢献していると思います。 近年の放射線治療は、装置の高精度化により急速な技術進歩を遂げ、がん根治治療成績の飛躍的改善を獲得しつつあります。 その技術は、有害事象の軽減による治療可能性の拡大や患者のQOL維持・改善という点で、緩和ケア領域でも強力な武器となることが期待されます。 緩和治療は2010年のTemelらの「早期からの緩和ケアの介入が、生命予後の改善にもつながる」にはじまり、本邦における平成24年がん対策推進基本計画に「早期からの緩和ケアの推進」と明記されることとなりました。 ただ、この報告は米国の強力な緩和ケアプログラムを有する大規模な医療センターで実施された研究の一環で、地域の一般病院でその恩恵を受けることは出来ませんでした。 我々はキャンサークリニックと地域の医療機関の皆様との連携により、この米国の大病院でしか成しえなかった高度な緩和ケアプログラムの実践を目指したいと思っています。 最善の医療を提供するための検査・治療機器.

次の