辛い物 腹痛。 【激辛対策】激辛からお腹を守る方法を色々実践してみた

辛い物を食べるとなぜ下痢や腹痛が起きるのか?治し方をご紹介

辛い物 腹痛

辛いものを食べるとどうして下痢や腹痛に? さっそく、辛いものを食べて下痢や腹痛などのトラブルに悩む人に、知っておきたい原因をレクチャーしていきます。 胃酸が出すぎていることが原因 …。 辛いものを食べて下痢や腹痛を起こしてしまう人は、胃酸が過剰に分泌されている体質にあるようです。 辛い食事には、 カプサイシンといった辛味成分が多く使われ、カラダの中に過剰に吸収されてしまうことで胃酸がたくさん出てしまいます。 もともとは、 食べ物をスムーズに消化するはたらきを持つ胃酸なのですが、出すぎてしまうことで胃の粘膜を痛め、お腹のトラブルにつながってしまうのです。 カプサイシンという辛み成分は、わたしたちの体内では消化されない性質を持っています。 消化できない物質が体内にとどまってしまうと、消化不良につながり、下痢や腹痛になってしまうことがあります。 辛い食事を避けることは難しいのですが、カラダのコンディションを観察しながら摂取することを習慣にしてみましょう。 辛い食品は胃腸を刺激しすぎる …。 スパイスが利いた食事の多くは、胃腸や胃腸の粘膜をダイレクトに刺激してしまう性質を持ちます。 その刺激が胃と腸に大きなダメージを与えてしまい、 食べたものがスムーズに吸収・消化されないことによってお腹が痛み、下痢になってしまうことがあります。 関連記事: 辛い食べ物で腹痛!トラブルの対処法は? 辛い食べ物を食べた後、下痢や腹痛に悩まされても、効果的な対処法がわからないままに過ごしている方は多いのではないでしょうか? ここでは、そのトラブルを少しでも緩和できる効果的な対処法をご紹介していきます。 牛乳の摂取で痛みが緩和される! 辛いものを食べてお腹のトラブルが起きたとき、牛乳をはじめとする乳製品の摂取は、比較的早い解消ができるといわれています。 牛乳などの乳製品には、タンパク質の一種であるにはカゼインが含まれ、辛み成分のカプサイシンと結合し、その刺激をやわらげてくれるはたらきを持ちます。 乳製品には、摂取をすると胃の粘膜に貼りつく性質があることから、過剰に分泌された胃酸の刺激から胃をいたわり、守る効果も期待できます。 お茶やコーヒーで腹痛緩和! 辛いものは好きでも、牛乳が苦手で対処ができない場合、お茶やコーヒーでもお腹のトラブルを解消できるといわれています。 その理由は、 コーヒーやお茶に含まれるタンニンという成分に、整腸作用が認められているからなのです。 コーヒーや緑茶のタンニンは、下痢や腹痛を緩和するための対策はもちろん、辛みそのものを中和するはたらきで、お腹の痛みをおさえることにもつながっていきます。 さらにカラダへの吸収がスピーディーなタンニンは、辛いものを食べた後に気になる口臭予防にも役立つため、摂取することでたくさんのメリットを実感できます。 効き目の高い胃薬の特徴をご紹介! 辛いものを食べ、お腹のトラブルに見舞われてしまったとき、やはり医薬品である胃薬には、即効的な効果があるといわれています。 辛い食べ物で腹痛を治すには漢方が良い!? 毎日を忙しく過ごすわたしたちは、お付き合いなどで辛い食事を食べることも少なくはありません。 でも、すべての人が辛い物を食べたら下痢になるわけではありません。 下痢になるのは体質によっても大きくことなります。 下痢や腹痛のトラブルを未然に予防でき、体質を改善していくためには、漢方薬の服用もオススメです。 漢方薬の大きな魅力ポイントは、その場のみに対処するのではなく、辛いものを食べた際にお腹のトラブルが起きやすい体質そのものを根本からの改善できることにあります。 漢方薬の基本的な効能は、体質改善が多く、はじめに不快な症状を抑えながら、その後には、トラブルが起きにくい体質への改善サポートをします。 古くから親しまれてきた生薬を用いて、カラダにやさしい製法がされている漢方薬は、下痢や腹痛などのトラブルを取り除きながら、健康な胃腸へと変えてくれる効果が期待できます。 そのため、辛いものを食べて腹痛になりやすい人みんなにベストな薬となっています。 下痢におすすめな漢方サプリ 下痢に悩まされている方には漢方サプリの黒梅日和がおすすめ! 黒梅日和は梅肉エキス、紫ウコン、アロニアエキスなどの成分が入っており、乱れた食生活を改善させてくれるサプリなのです。 薬ではないので、副作用もまったくありません。 今なら全額返金保証付きで、実質無料で試すことが出来ます! 試してみて、効果がなければ、そのまま返金してもらえるので、一度ぜひ試してみてください。 ベストなのは自分に合った漢方薬の服用であることがわかりましたね!美味しくスパイシーな食事をいつも楽しめるよう、さっそく体質改善のノウハウを身につけていきましょう。

次の

辛いもので腹痛になる!対処としてヨーグルトが効くか試した!

辛い物 腹痛

冷たいものの摂り過ぎや冷え性によって 胃腸の血流が悪くなると、腸の動きが弱まるのでガスを排出しづらくなります。 1日仕事をしてきて、夕方16時以降というのはどっと疲れが出てくる時間帯です。 身体の筋肉も疲れていますし、内臓の動きも弱っているのでガスが発生しやすくなります。 空気を飲み込んでいる 早食いの人、食事中によくしゃべる人は、食べ物と一緒に空気を飲み込んでしまっているので、それがお腹の中でガスになります。 このような「空気嚥下症(くうきえんげしょう)」と呼ばれる症状は、日本人の8人に1人いるといわれ、特に女性に多いそうです。 女性の方が食事中に人とお話しすることが多いからでしょうか。 おならの原因となるガスは、7割が飲み込んだ空気だといわれていますから、食事の仕方にも注意が必要ですね。 フードアレルギー アレルギーにはすぐに症状が出る即時型と、時間が経ってから症状が出る遅延型とあります。 遅延型にはさらに、数時間でわかるものもあれば、症状が出るまでに数日かかるものもあります。 時間がかかるほど、アレルギーが原因であると気づきにくいのが厄介です。 卵、乳製品、小麦、そば、ピーナッツなど、基本的には即時型アレルギーと同じ食品がアレルゲンとなります。 ただ、症状が出てくるのが遅いだけなんです。 遅延型アレルギーは 下痢や便秘、胸やけなど他の症状が出る場合もあります。 お腹の張り以外にも辛い症状が重なっている時はフードアレルギーを疑ってみてもいいかもしれません。 費用はかかりますが、病院でアレルギー検査が出来ますし、今は自宅で指先から採血して病院に送ることが出来るキットなども売っています。 病気が原因 お腹の張りを強く感じるのには、病気が原因であることも。 あまりに辛い時は病院を1度受診した方が良いかもしれません。 腰に手を回して親指でグリグリするとき持ちがいいですよ。 逆立ちをする 物理的に大腸を動かしてガスだまりを解消する方法です。 加齢によって腹筋が弱り、大腸の位置が下がってきてしまっている人にはとても有効な方法です。 とはいっても、普通の人は逆立ちなんて難しいと思います。 無理して両手だけで逆立ちしようとせずに、椅子に脚をのせてお尻を持ち上げたり、壁を使ってお尻を上にあげてみるなど工夫をしてみて下さい。 要はお腹が逆さになればいいんです。 ガスが溜まりにくい寝方 寝る向きによって腸を刺激してガスだまりを解消しやすくなることもあります。 身体を締め付けない服装にする スキニーパンツやガードル、きついタイツなどお腹を締め付ける服装は腸を圧迫して動きを弱めてしまいます。 いつもタイトなファッションが多い人は、身体が楽になるような服装を心がけましょう。 整腸剤を利用する 整腸剤にも色々種類がありますが、 ガスをつぶれやすくする消泡剤の入ったもの、消化を促進する消化酵素の入ったものを利用するといいでしょう。 また、元々 便秘がちな人はビオフェルミンなど乳酸菌の力で腸内環境を整えるタイプの整腸剤もいいでしょう。 乳酸菌で腸内環境を整える 腸内環境を整えるために、ビフィズス菌などの乳酸菌は積極的に摂りたいもの。 ヨーグルト、キムチ、ぬか漬け、味噌など乳酸菌が含まれた食べ物を意識して食べるといいですね。 ヨーグルトは寒い時期に毎日食べるのは辛いので、ホットヨーグルトにして食べるのがおすすめです。 蜂蜜をかければオリゴ糖も同時に摂れるので、お腹の調子を整えるのに役立ちますよ! 食事だけで取れない場合にはサプリメントなども上手に取り入れてみて下さい。 朝食をしっかり食べること 起きている時間、 内臓が働いている時間に何も食べないでいるとガスの塊ができて、お腹に溜まりやすくなります。 また、朝食をしっかり食べると胃腸の働きが活発になり、腸の蠕動運動を促進します。 朝ごはんはもちろん、3食しっかり食べることがガスだまりの予防になります。 食事の仕方に注意 食べ物と一緒に空気を飲み込まないように、食べ物が口に入っている間は喋らないようにしましょう。 そしてよく噛んで食べるようにします。 そうすると早食いも予防できるので、ガスだまりを防ぐとともにダイエットにも役立ちますよ。 お腹を冷やさない お腹が冷えると血行が悪くなり、腸の動きも悪くなってしまいますから、とにかく冷やさない!下記のような点を心掛けましょう。 薄着をしない• 短いスカートを履かない• 冷たいものばかり食べない• 食物繊維はバランスよく 食物繊維は水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。 それぞれを1:2の割合で摂ることが理想とされています。 不溶性食物繊維ばかり摂ると消化不良を起こしますから、水溶性食物繊維も意識して摂って下さい。 リンゴ、柑橘類、海藻類、山芋、オクラなどのネバネバしたもの、こんにゃく、ごまなどがおすすめです。 アレルゲンとなるものを食べない もし色々な方法を試してもガスだまりが解消されない場合、食べ物が原因であるということも考えられます。 毎日必ず食べているものがあれば、いったんそれをやめてみるか、3日食べたら1日休むなど、続けて食べないようにしてみて下さい。 食べたものを記録してみるのもいいでしょう。 食べたものや食材をザッとメモします。 それとお腹が張った日や時間帯なども書き込んでいくと、お腹の張りと食べ物のとの関係が見えてくるかもしれません。 お腹が張る原因となっている食べ物がわかれば、しばらくそれをやめて様子を見てみましょう。 病院ではどのような治療をしてくれるの? 自分ではどうにも解消できない場合は1度病院を受診してみてはいかがでしょうか。 もしかしたら、何らかの病気が隠れているかもしれません。 特に、痛みがある場合は注意して下さい。 お腹の症状なので、内科もしくは消化器科を受診するとよいでしょう。 過敏性腸症候群(ガス型)の治療 ガスだまりの原因が過敏性腸症候群であれば、運動療法、食事療法などを組み合わせながら治療していきます。 薬物療法も併用していきますが、治療には長い時間がかかります。 この病気の原因がストレスですから、リラックスすることも大事。 自分なりのストレス解消法を見つけ、ストレスが溜まらないようにしていくことが改善への近道です。 胃腸薬や下剤の処方 ガスだまりは、病気が原因でなければ生活習慣からくるものがほとんどです。 ですから、治療としては便秘を解消したり、痛みを抑えたりといった対処療法になってきます。 ブスコパン、ガスコン(ジメチコン)などが処方されることが多いようですが、それも症状しだいなので、市販薬で治らなかった人は自分に合った薬を見つけるためにも病院で相談してみましょう。 手術 腸閉塞や巨大結腸症、潰瘍性大腸炎など薬だけではどうにもならない病気が原因の場合は開腹手術が必要なこともあります。 まとめ お腹のガスだまりの原因は生活習慣にあるものがほとんどです。 つまり、病気以外は生活習慣を見直していけば、薬に頼らなくても改善できるということです。 ガスだまりが解消されれば、苦しみからも解放され、見た目もスッキリします。 今回ご紹介した解消法は便秘にもいいですから、ぜひ試してみて下さいね。 関連記事:.

次の

辛い物を食べ過ぎるとなぜ腹痛に? 知らなきゃ損する原因と治す方法

辛い物 腹痛

年をとってから辛い物を食べるとお腹を壊すようになった。 現在30代前半男性です。 10代20代中盤の頃までは、辛い食べ物が大好きでした。 好きすぎて韓国に辛いもの食べる旅行に行ったり、タイの激辛カレー、激辛ラーメンなども好んで食べて何も問題ありませんでした。 しかし、20代後半頃から辛い物を食べるとその翌日必ずと言っていいほどお腹をこわすようになってしまいました。 (症状は腹痛と下痢です。 ) 今では、あれほど辛いものを食べて大丈夫だったのに、ちょっと辛いラーメンやカレーなどでもお腹をこわしてしまい、全く辛いものが食べれなくなったしまいました。 因みに自分の調べではカプサイシンのアレルギーの方と同じような症状がでていますが、昔は全く大丈夫だったものがいきなりダメになるということはありうるのでしょうか?(キムチなどは食べても平気です。 ) そして大好きな辛いものがまた食べれる日は来るのでしょうか? よろしくおねがいします。 腸内環境が悪化しているのではないでしょうか。 年齢と共に、消化能力も衰えてきますから 善玉菌を元気にしてあげなきゃなりません。 キムチは乳酸菌豊富な発酵食品ですから 腸内環境の改善には向いています。 年をとると、お肉や脂モノが苦手になる人も多いですが 腸内環境を日常的に整えることで 消化能力や免疫機能た保たれるので、 時々の暴飲暴食には耐えうるようになります。 毎日の食事はお米を中心に、 豆、イモ類、発酵食品をとって 肉類、乳製品、小麦粉は控えめに。 腸内環境が整っているかどうかの目安は、 便通がほぼ毎日あること、 コロコロやユルユルではなく、バナナ状で黄土色であること、 臭いが強くない事、 くさいオナラが多発しない事。 肌の調子が良い事。 絶好腸な日を狙って、食べてみてください。

次の