中村 れい子 内田 裕也。 【泣ける映画】「十階のモスキート」の動画を見る方法!

内田裕也

中村 れい子 内田 裕也

内田裕也氏がお亡くなりになりました。 希代のロッケンローラーの死をとても残念に思います。 初めて内田氏をお見かけしたときのインパクトを、今も鮮明に覚えております。 あれは2005年の6月、電撃ネットワークのギュウゾウ氏の結婚パーティーでした。 ギュウゾウ氏の人柄を反映するように、会場は人であふれかえっておりました。 ワタクシは人酔いしてしまい、会場の外に出たとき、ちょうど片目に眼帯をした内田氏が颯爽と登場したのです。 「おおっ、内田裕也だ!」。 その場にいた誰もがそう感じたはず。 モーゼの十戒のワンシーンのごとく、海ではなく、人垣がザザッと割れた。 その間を金髪の女性外国人モデルふたりの腰を抱きながら「ヨロシク」と闊歩していく。 絵に描いたようなロックスターの振る舞いに衝撃を受けたのです。 あとでギュウゾウ氏に聞くと、目の手術で入院中だったにも関わらず出席してくれたのだそう。 個人的には俳優としての内田氏の主演作品『水のないプール』(1982年公開)が強く印象に残っています。 80年に実際に起きた仙台クロロホルム連続強姦事件を題材にした同作。 当時はマスコミでも盛んに取り上げられた事件でした。 鍵穴(映画では窓)から注射器でクロロホルムを部屋に噴霧し、被害者を昏睡状態にして強姦する、という手口。 淡々と狂気の男を演じる内田氏が素晴らしかった。 そして、同作でヒロインを演じたのが中村れい子様です。 美形かつ美しい裸体。 昏睡状態ですから人形のように無抵抗で、暴行魔に無残に犯されてしまう。 バイオレンスとエロスがごった煮になった作品に、強い衝撃を受けたのです。

次の

嗚呼!おんなたち 猥歌 : 作品情報

中村 れい子 内田 裕也

「十階のモスキート」内田裕也 内田裕也 吉行和子 今回は崔洋一監督1983年製作「十階のモスキート」をピックアップする。 本作は、内田裕也氏が企画・脚本・主演を務め、崔洋一監督のデビュー作である。 内容は、万年係長の交番勤務の警官が、無味乾燥な日々の中、サラ金地獄に陥り、ついに郵便局強盗を実行してしまうといったものだが、すべてが物悲しく映っている。 破滅に向かって進む人物像は、想定内の物語ではあるが「餌食 若松孝二監督1979年 」「 若松孝二監督1981年 」そして本作でも内田裕也氏が演じたから成立した固有な作品になっている事は間違いない。 全編ロケーション撮影は、千葉県君津市で主に行われたそうだ。 「十階のモスキート」中村れい子 中村れい子 佐藤慶 【ストリー】 男 内田裕也 は万年係長のサエない警察官で、妻のTOSHIE 吉行和子 はそんな男に愛想をつかし、娘のRIE 小泉今日子 を引き取って離婚していた。 娘は原宿のロックンロール族に狂い、時々、男に金をせびりに来るが、男は娘にだけは甘い。 団地の十階に住み、毎月の慰謝料や養育費もとどこおりがちな男の気晴らしは、スナック・ヒーローで酒を飲むことと、その店の女、KEIKO 中村れい子 とのセックスだ。 男はいつも落ちている昇進試験のためにサラ金から借金をしてパソコンを購入する。 男は妻への支払い、サラ金への返済で出費がかさみ、競艇に手を出し、さらにサラ金から金を借りるという悪循環が続き、とうとう、返済の催促は交番にまで及んだ。 追いつめられた男は、自分の部屋に駆けつけると窓からパソコンを放り投げる。 男は、その足で郵便局に押し入り、金を出せと拳銃を乱射する。 郵便局の外にはパトカー、TV局やヤジ馬が殺到している。 やがて、群集が見守る中、男は同僚の警官にかかえられ、手錠をかけられたまま連れ出されてくるのだった。 中村れい子 風祭ゆき 十階のモスキート.

次の

【アイドルSEXY列伝】中村れい子、脱ぐだけでなくコメディエンヌとしても素敵 内田裕也氏主演「水のないプール」に衝撃 (1/2ページ)

中村 れい子 内田 裕也

「十階のモスキート」内田裕也 内田裕也 吉行和子 今回は崔洋一監督1983年製作「十階のモスキート」をピックアップする。 本作は、内田裕也氏が企画・脚本・主演を務め、崔洋一監督のデビュー作である。 内容は、万年係長の交番勤務の警官が、無味乾燥な日々の中、サラ金地獄に陥り、ついに郵便局強盗を実行してしまうといったものだが、すべてが物悲しく映っている。 破滅に向かって進む人物像は、想定内の物語ではあるが「餌食 若松孝二監督1979年 」「 若松孝二監督1981年 」そして本作でも内田裕也氏が演じたから成立した固有な作品になっている事は間違いない。 全編ロケーション撮影は、千葉県君津市で主に行われたそうだ。 「十階のモスキート」中村れい子 中村れい子 佐藤慶 【ストリー】 男 内田裕也 は万年係長のサエない警察官で、妻のTOSHIE 吉行和子 はそんな男に愛想をつかし、娘のRIE 小泉今日子 を引き取って離婚していた。 娘は原宿のロックンロール族に狂い、時々、男に金をせびりに来るが、男は娘にだけは甘い。 団地の十階に住み、毎月の慰謝料や養育費もとどこおりがちな男の気晴らしは、スナック・ヒーローで酒を飲むことと、その店の女、KEIKO 中村れい子 とのセックスだ。 男はいつも落ちている昇進試験のためにサラ金から借金をしてパソコンを購入する。 男は妻への支払い、サラ金への返済で出費がかさみ、競艇に手を出し、さらにサラ金から金を借りるという悪循環が続き、とうとう、返済の催促は交番にまで及んだ。 追いつめられた男は、自分の部屋に駆けつけると窓からパソコンを放り投げる。 男は、その足で郵便局に押し入り、金を出せと拳銃を乱射する。 郵便局の外にはパトカー、TV局やヤジ馬が殺到している。 やがて、群集が見守る中、男は同僚の警官にかかえられ、手錠をかけられたまま連れ出されてくるのだった。 中村れい子 風祭ゆき 十階のモスキート.

次の