ポケモン剣盾現環境。 【ポケモン剣盾】ウルガモスに道はあるのか?解禁後の環境を徹底検証!【鎧の孤島】

【ポケモン剣盾】シングルバトルの使用率ランキング【ポケモンソードシールド】

ポケモン剣盾現環境

どうも、しんま13です。 自分は日々ポケモン剣盾のランクマッチを潜っているのですが、最近サザンガルドの構築にハマっていて、ずっとこの構築で潜っています。 このサザンガルド構築はめちゃくちゃ有名なので多くの人に知られていますが、多くの人に知られた今でも安定した強さを誇っており、実際自分もサザンガルドを使い始めてから明らかに勝率が上がりました。 (連敗が減って連勝が増えました) というわけで本記事ではサザンガルドの特徴や使い方などを解説していきます。 サザンガルドとは? サザンガルドとは、 サザンドラとギルガルドの相性補完でサイクルを回しながら有利対面を作り勝ちにつなげていく構築のことです。 サザンドラとギルガルドの相性補完は完璧で、サザンドラの弱点であるフェアリー氷ドラゴン虫格闘はギルガルドで半減、もしくは無効で受けることができ、ギルガルドの弱点である地面炎ゴースト悪はサザンドラで半減、もしくは無効で受けることが可能。 相手からすればサザンドラに対してはフェアリー技を撃ちたいと考えていても、裏にギルガルドが見えていると、フェアリー技ではなく炎技を選択肢に入れなければならず、非常に難しい択に毎ターン悩まされます。 このように、完璧な相性補完があるが故に相手はサザンガルドに対して最適行動を取れない可能性が高くなり、相対的にこちらの勝てる確率が上がるのです。 サザンガルドが強い理由 サザンガルドが強い理由は以下の通り。 ・完璧な相性補完が取れている ・相手が最適行動を取れない可能性が高くなる ・サザンドラとギルガルドは高い種族値を誇るために単体でも強い(それ故別に必ずこの2体セットで選出する必要がない) サザンドラは俗に言う600属で、ギルガルドは2つのフォルムを合わせると、実に合計種族値が680にもなります。 (ギルガルドはあまりにも強すぎるが故に、剣盾から種族値が20下げられ「どくどく」を没収された経緯がある) なんだかんだいっても種族値は偉大で、しかも両者覚える技範囲も広いので使いやすいことこの上ありません。 力こそパワーよろしくシンプルに強い。 どちらもランクマッチでの使用率がトップ30位内に入っていますしね。 参考: (ポケソルの集計によればシーズン3の使用率ランキングにおいてサザンドラは使用率が10位、ギルガルドは15位となっている) 単体の解説 サザンドラとギルガルドについて1体ずつ単体性能を簡単にまとめておきます。 サザンドラ ドラゴン悪という珍しいタイプで前述した通り合計種族値は600。 特性は浮遊。 サザンドラの種族値 HP 92 攻撃 105 防御 90 特攻 125 特防 90 素早さ 98 特攻種族値125という高数値に加えて素早さも98とそこそこ高いので、高速アタッカーよりのポケモンです。 基本的なテンプレ型は、性格は「臆病」でCSぶっぱ、技構成は、悪の波動、流星群、大文字、とんぼ帰り、で持ち物はこだわりスカーフかメガネのどちらか、というものです。 大文字の枠が火炎放射だったり、とんぼ帰りを外してフェアリータイプへの打点としてラスターカノンを採用していたりする場合もあります。 ちなみに自分はスカーフ型で使っており、その理由が不利対面でもとんぼ帰りで逃げてギルガルドにつなげるのと、環境に蔓延しているパッチラゴンとウオノラゴンを上から流星群でワンパンできるからです。 スカーフヒヒダルマを上から大文字で火ダルマにできるのも一押しポイント。 もう一つのテンプレ型は悪巧み型。 身代わりを張り食べ残しで回復しつつ悪巧みを積んで全抜きを狙うという型。 自分は悪巧み型を使ったことはないですが、相手にするとめちゃくちゃ厄介だった印象です。 サザンドラを使って感じたことは、スカーフを持たせると初手性能が異常に高くなるのと、環境に多いロトムに強く出れるのが個人的に気に入っているポイントです。 ただ、メガネを持たせないと火力が足りず、そこまで不利対面でもないのに押し負けてしまうシーンが過去何度かありました。 「だったらメガネを持たせればいいだろ」と言われそうですが、自分的にはスカーフを持たせないとスカーフドリュウズ、スカーフヒヒダルマ、パッチラゴン、ウオノラゴンに対面で勝てないので、サザンドラを使う上でスカーフを持たせることは絶対条件だと思ってます。 ここらへんは構築によるでしょうけどね。 ギルガルド タイプは鋼ゴースト。 ギルガルドは「バトルスイッチ」という変わった特性があり、フォルムで種族値が変わるポケモンです。 ギルガルドの種族値 HP 60 攻撃 50(ブレードフォルム時は140) 防御 140(ブレードフォルム時は50) 特攻 50(ブレードフォルム時は140) 特防 140(ブレードフォルム時は50) 素早さ 60 場に出た時はシールドフォルムになっており、シールドフォルム時は防御と特防の種族値が140という圧倒的な高さを誇っています。 攻撃するときにブレードフォルムに切り替わり、その際には防御と特防が50になり代わりに攻撃と特攻が140になります。 この140という種族値は、努力値を一切振らなくても実数値で160になるので、非常に強いです。 ブレードフォルムからシールドフォルムに戻る方法は、ギルガルド専用技の「キングシールド」を使うことでフォルムチェンジができます。 このキングシールドも強力な技で、効果は相手の攻撃を防ぐことができ、相手の攻撃が接触技だった場合相手の攻撃ランクを1段階下げるという追加効果があります。 「守る」の上位互換に見えますが、守るとの違いは変化技は防げないということ。 相手からすればギルガルドがキングシールドを使うタイミングは読みやすいので、択を生む技でもありますね。 ギルガルドのテンプレの型は主に以下の3つです。 ・弱点保険型 ・襷型 ・身代わり食べ残し型 弱点保険型の場合はがっつり耐久に降り、(大体はHBぶっぱで残りSという感じ)襷型はASぶっぱでキングシールドは外している個体が多いです。 最後の食べ残し身代わり型はHに全振りし残りをAかCに降るという努力値構成で、技はキングシールド身代わりは確定の残り2つは攻撃技。 ちなみに自分はこの食べ残し身代わり型をこよなく愛しています。 環境には弱点保険と襷型が多い印象です。 (上位の構築記事もこの2つの型が多かった) 自分が食べ残し身代わり型を好きな理由が、ギルガルドは択を生むポケモン故に、択に勝てば多くの場面で身代わりを残すことができ、身代わりとキングシールドのコンボが滅法強いからです。 しかも身代わりを採用している関係上、受け回しにも強く出ることができ、TODすることもできるので、状況によって戦い方を柔軟に変えることができるのもグッドポイント。 ギルガルドを使って感じたことは、 とにかく使うのが難しい!ということです。 ギルガルドは相手にすると弱点保険と襷をケアしなければいけないので対応が難しいのですが、自分がギルガルドを使う場合は択が難しすぎるので、択を間違えると一気に形勢逆転されてしまいます。 なので、相手にするのも自分が使うのも難しいポケモンという所感です。 現環境でもサザンガルドは通用するのか 偉そうに講釈を垂れてきましたが、自分の順位は5000〜1万位台をうろうろしている程度なので、自分がサザンガルドで明確な結果を出しているわけではありません。 なので、そんな自分がいくらサザンガルドは強いと言ってみたところであまり説得力はないでしょう。 そこで、結果を出した上位勢がサザンガルド構築を使っているのかを構築記事を検索できるぽけっとふぁんくしょんで調べてみました。 参考: すると65件ものサザンガルド構築がヒットします。 しかもどれも2桁や3桁と高順位。 例えば以下の構築。 スカーフサザンドラと食べ残し身代わり型のギルガルドでシーズン3最終49位という高順位を達成しています。 シーズン3で最終47位を達成されたこのサザンガルド構築も面白いです。 モルペコの捨て台詞と威嚇ギャラドスで対面操作をする面白い構築で、これだけの高順位なのにモルペコが入っているのがすごいなと思いました。 というか、今の自分のサザンガルドの構築はほぼこの構築のパクリです。 これだけ上位勢がサザンガルド構築を使っているので、まだまだサザンガルドは現環境でも通用すると結論づけても間違いなないでしょう。 現在の自分のサザンガルド構築を紹介 需要があるかわからないですが、最後に今の自分のサザンガルド構築を紹介しておきます。 ロトムの枠はモルペコで使っていましたが、シーズン4はあまりにも呪いカビゴンが増えたために、こだわりトリック要員としてロトムを採用したという感じです。 ロトム、サザンドラで、これらのポケモンで対面操作をしつつクッション役のギルガルドやナットレイで相手を受け、スキあらば身代わりを張ったり、ナットレイで鉄壁を積んでいき、相手を疲弊させた後にギャラかキッスで詰めるという立ち回り方です。 一応基本選出としては、 初手サザン、ガルドorナットレイ、キッスorギャラ で、相手にカバルドンがいる時は初手にギャラドスを投げるようにしていました。 カビゴンの役回りは、キッスやロトムなどの特殊アタッカーと、現環境最強のラプラスに対するメタ要員として採用しています。 冒頭でも書いた通りこのサザンガルド構築に切り替えてから明らかに勝率が上がったので、決して弱い構築ではないと思います。 とにかくサザンガルドの対応力が高いので、どんな相手でもこの2体が最低限仕事してくれるのが強かったです。 今後も環境に合わせながらサザンガルドを使っていくと思います。 ではでは。 以上、【ポケモン剣盾】サザンガルドはなんやかんや強い... でした。 youkenwoiouka.

次の

現環境に突き刺さるおすすめマイナーポケモンの紹介!【ポケモン剣盾】

ポケモン剣盾現環境

オーロンゲの壁張りでサポートからのトゲキッスのわるだくみダイマックスで、ポットデスのからやぶバトンからのダイマックスパッチラゴンで全抜きを狙いに行けます。 ブラッキーはあくびで相手を流したり、相手のダイマックスターンを消費させる起点作りとして活躍が可能です。 オーロンゲ特性「いたずらこころ」で 先制して壁を張れるのが優秀ですが、読まれることが多いため、相手の先制攻撃封じも可能なイエッサンなどもおすすめです。 単体で強力な2体が組んで弱い訳がなく、攻撃的なテンプレ構成での 対面構築から、ドラパルトが おにびで起点を作り、ミミッキュの剣舞から全抜きを狙う 積み構築など、コンビながら型は様々です。 パーティに入れ得の最強タッグ 前提として対策が必須になるこの2体は、パーティに入れるだけで 相手の選出を強烈に誘導できます。 そこからある程度投げられるポケモンを読みやすく、そこに対してカウンターになるポケモンを用意しておけば、選出段階から有利を取れるパーティに入れ得のコンビと言えます。 バンギラスの《すなおこし》でドリュウズの《すなかき》を発動させ、あらゆるポケモンを上から殴ります。 通称:バンドリ 性質上「アーマーガア」を投げられる可能性が非常に高いため、対策となるロトム、高火力の炎技を打てるポケモンなどを残りの1枠として選出したいところです。 単体性能が高く、偽装でも使われる バンギラスがドリュウズのサポーターとしてだけでなく、単体としての性能が凄まじいため、「さらさらいわ」を持たせて砂役になるだけでなく、「 弱点保険」で自身が抜きエースとして機能することもできます。 また、ドリュウズも、環境上ミミッキュ、ロトムが非常に多いため、特性をすなかきではなく「かたやぶり」を採用する型も多いです。 バンギドリュウズの並びだからとはいえ、 一概に戦法が読めないのも強力な部分になります。 そこで物理耐久振り 鬼火祟り目ドラパルトを投げ、ミミッキュの機能停止&祟り目でそのまま仕留めます。 また、同じく環境トップメタのドラパルトはブラッキーでほぼ完封することができ、 ドラパミミッキュの並びに強いタッグともいえます。 また、環境にいる多くの物理アタッカーも見ることができます。 ブラッキーの苦手なかくとう技をドラパルトで空かせる点や、ドラパルトでは受けが効かない対象は、ブラッキーで受けやすい点なども高相性です。 通称:ロンゲキッス 後ろの抜きエースが積み技 剣舞、悪だくみなど を使用できるタイミングを作り、ダイマックス技の能力上昇も合わせて全抜きを狙う積み構築です。 抜きエースは高耐久で高火力のポケモンが望ましい オーロンゲは、起点作成次第倒れる前提で立ち回るため、数的不利な状況で積みエースに繋ぐことになります。 残っている相手のポケモン3体を全抜きができるエースは、壁込で耐久力が高く、且つ 《火力》《素早さ》《技範囲》が優秀なポケモンである必要があります。

次の

【ポケモン剣盾】シングルバトルの使用率ランキング【ポケモンソードシールド】

ポケモン剣盾現環境

ポケモンソードシールド 剣盾 における、育成の方法と手順をまとめています。 対戦用ポケモンを育成したい方は是非参考にしてください。 育成の方法と手順 育成の流れ クリックでジャンプ! - 上記が育成の方法と手順です。 対戦用ポケモンを育てる時は、基本的にこの流れを踏んで育成を行います。 親ポケモンに持たせた際、該当箇所の個体値が必ず遺伝する。 タマゴの発見確率が上昇する。 まずはポケモンの育成に必要になる道具を揃えます。 これらのアイテムを揃えずに育成、厳選を始めてしまうと大幅に時間がかかってしまうため、労を惜しまずすべて揃えてからポケモンの育成に取り掛かりましょう。 ポケルスに感染したポケモンを用意 「ポケルス」に感染したポケモンは、獲得できる努力値が2倍になります。 自力でポケルスを用意するのは難しいので、交換で入手してしまいましょう。 0〜31の値が各ステータスに振り分けられ、基本的に「V 31 」を狙っていく。 「かわらずのいし」で固定できるため、粘る必要は基本的にない。 対戦に影響はほぼないので、お気に入りのポケモンは厳選してみよう。 まず最初に、育成の対象となるポケモンを厳選します。 厳選する要素は主に 「個体値」「性格」「特性」の3つで、お目当ての個体が出るまで粘り続ける作業です。 厳選する手段は主に「孵化厳選」「固定シンボル厳選」があり、それぞれで厳選手順が違ってきます。 個体値を確認する方法は現状このジャッジ機能のみのため、育成を始める前に開放しておくようにしましょう。 孵化厳選の手順 1 親用のポケモンを用意する。 最初は個体値を気にせず、目当ての性格の個体を用意できればOK。 2 かわらずのいしを持たせた親ポケモンと、あかいいとを持たせた高個体値メタモンを預かり屋に預ける。 3 高個体値のポケモンが生まれる度に、親用のポケモンを入れ替えていく。 4 個体値、性格、特性が目当て通りの理想個体が生まれてくるまで孵化し続ける。 孵化厳選の手順は上記の通りです。 孵化作業の際は、必ず「ほのおのからだ」のポケモンを手持ちに入れるようにしましょう。 ただし、今作からは孵化した後からでもタマゴ技を覚えさせることができるようになりました。 ですので、無理に厳選の段階でタマゴ技を意識する必要はありません。 固定シンボルの厳選 1 固定シンボルの前でレポートを書く 2 きのみを「なげつける」で相手に投げつけ、性格を判定 3 混乱したら捕獲 伝説のポケモンをはじめとした、マップの決まった場所に出現するポケモンを厳選することです。 今作の固定シンボル厳選は伝説のポケモンである「ザシアン」「ザマゼンタ」「ムゲンダイナ」の3種類になります。 厳選する場合は、ローズ戦後ホップに話しかける前にレポートを書き厳選を行いましょう。 なお確定捕獲となっているため、好みのボールで捕まえることができます。 殿堂入り後に始まるストーリーを進めると捕獲できるようになります。 詳しい厳選方法 努力値振り 努力値を得る方法一覧• 栄養ドリンク タウリンなど を使う• ポケジョブに参加させる• 野生のポケモンを倒す 現段階で判明している努力値稼ぎの方法は、上記の通りです。 栄養ドリンクが最効率 「タウリン」や「ブロムヘキシン」などの栄養ドリンクは、対応したステータスの努力値を10上げることができます。 今作では栄養ドリンクで最大まで努力値を上げることができるようになったため、 お金さえあれば栄養ドリンクによる努力値振りが最効率です。 ポケジョブに参加させる 「ポケジョブ」の「ポケゼミ」という仕事にポケモンを送ることで、努力値を振ることができます。 送った後は 放置していれば自動的に努力値が振れるので、仕事や学校の時間中に努力値を振ることが可能です。 対戦目的ならLv. 50まで上げればOK ネット対戦では、レベル51以上のポケモンはすべてレベル50になる「フラットルール」が採用されています。 ですので、レベル上げの際は進化レベルが50以上のポケモンを除き、基本的にはレベルを50まで上げればOKです。 けいけんアメが最効率 新アイテムの「けいけんアメ」は、XLのサイズで3万の経験値をもらうことができます。 「マックスレイドバトル」で勝利するともらえますので、キョダイマックスポケモンの厳選と並行して貯めることができます。 なつき度を上げておくと、通常のプレイ時のバトルで様々なボーナスを得ることができるため、上げておいて損はありません。 王冠の使用 王冠を使用する場合は100まで上げよう 個体値をVにすることができる「おうかん」を使うには、レベルを100にする必要があります。 非理想個体のポケモンを使う際は、レベルを100にしましょう。 バトルタワーの解放はストーリー攻略後です。

次の