やけど 冷やし て ない と 痛い 指。 痛い火傷の応急処置の方法は?医師がコメント

ラップ療法

やけど 冷やし て ない と 痛い 指

【質問】 やけどの治療にラップ? 幼稚園の孫が太ももにやけどをしたので、皮膚科を受診しました。 医師には、よく洗って食品用ラップをかぶせておくように言われました。 風呂に入るときにラップを取り換え、途中2回受診し、1週間で良くなりました。 私が思っている今までのやけどの治療とはかなり違いました。 やけどに対する「ラップ療法」について教えてください。 【答え】 ラップ療法 -経過は必ず医師に見せて- 高橋皮膚科クリニック 高橋 収(吉野川市鴨島町) 「ラップ療法」とは床ずれの治療で、ガーゼの代わりに食品用ラップを使用したのがポイントの治療法です。 内科医の鳥谷部俊一さんが、その有効性を提唱し、形成外科医の夏井睦さんらが「消毒」「創傷治療」の話題を加え、その普及に努力しています。 鳥谷部さんは「開放性ウエットドレッシング療法」に名称変更しようとしていますが、覚えやすい「ラップ療法」がだんだんと広まっています。 やり方は<1>創(そう)を水道水でよく洗い、消毒はしない<2>ラップで傷をじかに覆うだけで、基本的には軟膏(なんこう)などは塗らない-という簡単なものです。 現在、外来が中心の私は床ずれに対して、この治療の経験はありません。 やけどに対しての「ラップ療法」は、やけどの程度を的確に判断すればかなり有効な治療法であると考えています。 やけどの重症度は、受傷面積と深さから判断します。 受傷面積が約10%以上(片腕全体ぐらい)のもの、顔(特に気道熱傷の恐れがあるとき)のやけどは、救急で総合病院を受診してください。 重症熱傷は命にかかわります。 実際の重傷度は深さとも関係しますが、一般の人が初期に深さを判断するのは困難なことが多く、受傷面積が約10%以下で救急受診をするほどではないと判断したときに、家庭での治療になります。 まず、水道水でぬらしたタオルで絞って、患部に当てて冷やします。 冷たさがなくなれば、絞り直してください。 冷やしている間は痛みを忘れるはずですが、中断しても痛みを感じなくなるまで続けることが理想です。 初期の冷却が傷の治りに大きく影響するので、数時間かかっても頑張ってください。 痛みがなくなれば、「ラップ療法」の出番です。 食品用ラップで受傷面を覆い、テープで留めてください。 何も塗らず、消毒もしないでください。 水疱(すいほう)は破らないようにします。 しかし、すでに破れている部位からの浸出液が多い場合は、ラップの上にガーゼなどを巻いてください。 その後、1~2日の間に皮膚科医を受診してください。 やけどは深さで3つに区分されますが、第二度熱傷(症状が水疱もしくはびらん)で1~2週間で治るものなのか、第三度熱傷(白もしくは黒く焼けている)で手術が必要なのか、を決定する必要があります。 経過中症例によっては細菌感染のために内服薬を必要とする場合や、創面の乾燥に対して白色ワセリンを外用する場合もあります。 処置が「ラップ療法」で家庭でできると思っても、必ず経過は医師に見せてください。 ときにラップにかぶれたり、カビの感染を起こしたりすることもあるからです。 従来のやけどの治療では、医師から「毎日、消毒に来てください」といわれたと思います。 現在は研究の結果、「急性一般創傷に消毒は不要」という考えが確立されてきています。 まさしく第二度熱傷がそれで、新しい傷には有害な菌の増殖は起こっていないのです。 そして生体の働きとして、浸出液が菌をやっつけ、傷を治そうとするのです。 消毒はそれを妨げ、また創面をガーゼで覆うと、それをはがすときにせっかく治ってきている皮膚もはがしてしまうのです。 私も数年前から、やけどには超酸性水(水道水を電気分解したもの)を使っていますが、消毒時の痛みはなく、治りが悪くなったとは感じられません。 また外用剤も、第二度熱傷なら、必要により白色ワセリンで十分だと思います。 医師の観察下に行えば、やけどに対して「ラップ療法」は、非常に有効な治療法と考えます。

次の

やけどのヒリヒリ痛みがひかない時に即効で止める方法がある

やけど 冷やし て ない と 痛い 指

対象疾患 やけどとは? やけど、(専門用語では『熱傷』といいます)は熱湯や蒸気、熱した油、アイロン、火など熱いものに皮膚が触れることにより皮膚が損傷された状態です。 通常3~4日程度で赤みが減少し、やけどの跡を残すことなく治ります。 やけどが治ったあともケロイドなどのキズ跡が残ります。 治療 やけどをした場合、まずきれいな水(水道水やミネラルウオーター)で洗浄し、きれいな水で湿らした布やタオルでやけどした部位を冷やしてなるべく早く病院に来て下さい。 ただし、冷やし過ぎに注意して下さい。 治療はやけどの深さによって異なります。 3~4日で赤みや痛みが消失してきます。 色素沈着を生じる場合がありますが瘢痕(キズ跡)としては残りません。 当科では皮膚の血流を「ビデオマイクロスコープ」を用いて観察し、やけどの深さを的確に診断し治療を行います。 『浅いやけど』の場合は軟膏療法や被覆材(キズを密閉する特殊ガーゼ)を用いた保存的治療を行います。 2週間以内に新しく皮膚が再生し、色素沈着や色素脱出(白くなる)を生じる場合がありますが、ほとんど瘢痕(キズ跡)は、目立ちません。 範囲が小さければ慎重に経過を観ながら軟膏療法を続けますが、範囲が広い場合や感染(化膿)を併発した場合には手術(皮膚移植)を行わなければならない場合もあります。 さらにキズ跡の盛り上がり(肥厚性瘢痕・ケロイド)やキズ跡のひきつれ(瘢痕拘縮)を生じ、指や手足の機能障害を伴うことがあります。 やけどが治った後も、継続して、紫外線を防ぐ治療、やけどの跡(瘢痕、ケロイド)の治療が必要となります。 やけどの重症化 やけどの範囲が広い場合は命に関わることがあり、専門的な集中治療が必要になります。 さらにやけどの創に感染(化膿)をおこすと、菌が体内に侵入し、菌の毒素のために熱が出たり、熱傷創が深くなるなどして重症化します。 また初期に適切な治療が行われないと、治るのに時間がかかり、やけどの跡が目立ってしまうことがあります。 やけどを負った場合、「軽いので大丈夫」と思わず、専門医のいる病院での治療をおすすめします。

次の

やけどの応急処置|冷やす時間|冷やし方|火傷|熱傷

やけど 冷やし て ない と 痛い 指

目 次• 身近な危険 やけどは本当に身近な怪我ですね。 体が熱いものに接することが原因な訳で、熱湯や熱い油をしょっちゅう扱っている主婦は危険がいっぱいです。 また女性は、ヘアアイロンの取り扱いミスが原因のやけども多いようです。 子供の行動も危ないですね。 どこで熱湯に触れたりするかわかりません。 いつ石油ストーブに触れたりするかわかったもんじゃありません。 そう言えば、小さな子がいる場合はテーブルにクロスをかけないほうがいいそうです。 食事時誤ってクロスをひっぱり、熱い味噌汁が溢れるというような事故が起きるからです。 私も幼少の頃やけどをしました。 アイロン掛けをする母の周りで遊んでいたのですが、誤って熱いアイロンに右足首辺りが触れてしまったのです。 どんなに痛かったでしょう。 とにかく、やけどを負うとジンジンピリピリと独特の痛みが走ります。 また、場合によってはかなり精神的なダメージも受けます。 ほんの小さな部分のやけどでも結構痛いですよね。 なんでもいいから、まずはこの痛みを止めたいのです。 さて、そんな方法はあるのか? 実際やけどを負うと痛みが強いから、そう簡単にそれを消す方法なんてないと思いがちですが、実は手軽に止める方法があるのです。 めちゃ簡単です。 では、それも含めたやけど対処の方法についてご説明して行きます。 尚、この記事で扱うやけどとは、日常生活で普通に起こる小さな軽いやけどの事です。 最初にすべき事 熱湯やけどであれ油やけどであれ、「痛たっ」と感じた時にまず最初にやるべき措置は 冷やす事です。 軽ければ赤くなるくらい 表皮で収まる 、もう少し重いやけどでは水泡ができますね 真皮に到達する。 でも実は、 やけどは負った瞬間に症状の程度が決まるのではなく熱により進行します。 だから即冷やす必要があるのです。 ではどれくらいの時間冷やすのか? これが不思議なことに、医者によって見解がかなり違うのです。 医者の記事を20ほど読みましたが、短い人で5分、長い人で30分 1時間という意見も。 さらに良く読み込み、且つ、かかりつけの皮膚科の先生の意見も聞いた結果、私の結論は「 熱による悪化を防ぐために必要な冷やす時間は5〜10分」です。 また冷やしていると、傷口が空気から遮断され神経を麻痺させる効果もあって、痛みはかなり軽減されます。 痛くなくなる上、早期の冷却は傷跡を残りにくくする効果もあります。 しかし、 氷や保冷剤で冷やすのはNGです。 血流が悪くなるし、傷口の皮膚組織の損傷を悪化させる可能性があるからです。 さて、ここで注意しなければならない事があります。 それは 感染症です。 やけどを負った皮膚は本来の機能がなくなっています。 その中で一番怖いのが外敵の侵入を防ぐ機能がダメになっていることです。 指や手には常在菌が一杯いるので、傷口を触るのはNGです。 冷やしているときに 傷口を流水で流すことが肝要です。 流すことで傷口の細菌はほとんど流れ落ちます。 はい、ちゃんと冷やして、傷口を流水で流すこともしました。 次どうしましょう? 傷口を水から出すとすぐに痛みが戻ります。 かといっていつまでも傷口を水に浸けておくわけにもいかない。 とりあえず、この痛みから簡単に解放される方法ってないのでしょうか? それが次のお話です。 逆に やってはいけないことは消毒液を塗ること、消毒要素のある軟膏の類を塗ることです。 なぜなら、かえって傷口を悪化させる可能性があるからです。 ラップを巻いて痛みがなくなりました。 あとは、もし皮膚科 or形成外科 に行かないのであれば、巻いたラップをテープで止めて包帯をします。 傷口から滲み出てくる体液の量が多ければ、それを吸い取るガーゼを当てて、その上から包帯を巻きます。 この 滲み出る体液が皮膚再生には欠かせないので、だから怪我した部分を乾かしてかさぶたを作ってはいけないのです。 それに乾かすと痛いです。 もし本当に軽傷で問題ないと判断するなら、この処置で痛みはなくなるのでそのまま過ごし、痒くなったりあせもができたりしない程度に巻き変えて過ごせばいいでしょう。 でも、もし・・・• 腫れてきたり• 膿んできたり• いつまでも痛みが引かなかったり• 熱が出てきたり した場合は、直ちに病院にいかなければなりません。 というか、 よっぽど軽傷でない限り、一度はちゃんとした医者の判断を仰ぐのが良いというのが私の考えです。 バンドエイド 「一度は病院へ」と申しましたが、全くそういう必要なしと判断された方にもう一つの提案は、 BAND-AIDのキズパワーパッドを貼って治す方法です。 これはにわかりやすく説明されていますが、貼ると痛みから解放され、傷が残りにくく非常に綺麗に治る可能性が高いです。 そんなに安いものではなく、やけどの大きさもまちまちなので、なかなか買い置きは難しいかもしれませんが、「こんなものがある」と覚えておいて損はしません。 まとめ 簡単にできるやけどの痛み対策について説明しました。 サランラップとワセリンという強力コンビの利用は、病院に行くまでの応急処置にせよ、それで完治まで持っていくにせよ、非常に頼もしい方法です。 そしてあとに加えて説明した BAND-AIDのキズパワーパッド も素晴らしい商品で、実際やけどの傷口に貼って経過をみればよくわかると思います。 やけどなんて誰も負いたくありませんが、それでも万が一なってしまった場合は、今回説明した方法で痛みから解放されてください。 あの痛さに耐えてもいいことは何もありません。 即実行しましょう。 それから、もう一度言いますが、ほんのちょっと赤い程度の極軽傷でない限り、一度はちゃんとした医者に診てもらうのがいいのではないでしょうか。 最後に・・・ この記事の主旨はやけどの痛みを取る方法ですが、もし、本文中に軽く触れている、治るまでの過程の考え方に興味のある方は「」の記事を読んでみてください。 傷口を消毒液に晒さない乾かさないのがいい理由が良くわかります。

次の