ブルース ウィリス 声優。 ブルース・ウィリスの吹き替え声優は、以下の5人の中で誰が一番良かったです...

全50作品。ブルース・ウィリスが出演した映画ランキング

ブルース ウィリス 声優

解説 チャールズ・ブロンソン主演で1974年に映画化され、日本では「狼よさらば」のタイトルで公開されたブライアン・ガーフィールドの同名小説を、ブルース・ウィリス主演、「グリーン・インフェルノ」のイーライ・ロス監督のメガホンで再映画化。 警察すら手に負えない無法地帯となったシカゴで救急患者を診る外科医ポール・カージー。 ある日、ポールの家族が何者かに襲われ、妻は死に、娘はこん睡状態になってしまう。 警察の捜査は一向に進まず、怒りが頂点に達し、復讐の鬼となったポールは自ら銃を取り、犯人抹殺のために街へと繰り出す。 ウィリスが主人公ポール・カージーを演じるほか、「ジュラシック・ワールド」のビンセント・ドノフリオ、「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のエリザベス・シュー、モデルのカミラ・モローネらが脇を固める。 チャールズ・ブロンソンが演じるカージーは、家族が襲撃されたことで自警主義に目覚めるが、復讐の鬼になるわけではない。 その点がリメイク版の本作と大きく異なるポイントだ。 ブルース・ウィリス主演の本作では、家族の仇に1人ずつ私刑を下す(途中の拷問で一味の情報を引き出すことも忘れない)プロセスが、ある種単純なカタルシスを生む装置として機能する。 両作を見比べると自警と復讐の境界を考えさせられる。 イーライ・ロスらしい過激な肉体破壊描写もあるが、「ホステル」などに比べればかわいいもの。 ボーリングの球のシーンは、「ファイナル・デスティネーション」のような仕掛けで笑わせる。 映画界きっての特殊なキワモノ監督として人気を集めるイーライ・ロスが、最近では徐々にジャンルの幅を広げてきている。 もしかしてハリウッドのメインストリームに流されて、バイオレンスも弱めになっているのだろうか。 でも心配は無用。 ストーリーラインは誰もが予想できる(あるいは既に知っている)ありきたりなものだが、徐々に精神のダムを決壊させていく流れや、銃撃にも増して痛みを覚える復讐場面を見ていれば「なるほど、これがやりたかったのか」と得心がいく。 更にタイムリーなことに銃問題にも真正面から切り込み、イーライ・ロスお得意の「理由なき真の恐怖」として描いている点も特徴的。 シリアスな中に一握のユーモアをまぶしたジョー・カーナハンの脚本も渋い輝きを放つ。 救急車で緊急搬送されて来た事故や暴力事件の被害者を、長年培ってきた外科医としてのスキルによって蘇らせる一方で、たとえ、被害者を救えなっかったとしても、決して加害者に対してさほど怒りは感じなかったはずの主人公、ポール。 しかし、妻子を強盗団に殺傷された途端、まるでモラルなど持ち合わせていなかったかのように、密かに武装し、夜の町に飛び出しては悪漢どもを次々と"成敗"していく。 果たして、そんなこと許されるのか? まして、銃規制法の必要性が声高に叫ばれる今のアメリカで? はい、許されるのだ。 何しろ、ブルース・ウィリスなのだから。 「ダイ・ハード」以来、戦うに足るモチベーションさえ与えられれば、最後まで完走する主人公に扮することを、彼はライフワーク、最高の当たり役にして来たのだ。 同時に、「ダイ・ハード」で観客の共感を呼んだ、ガラスの破片が散らばる床を裸足で走って"イタタタ"とやる、例の生身のアクションも健在だ。 それは、スタローン、シュワルツェネッガー、ザ・ロックへと繋がるウルトラボディ路線とは一線を画す、ブルース・ウィリス流リアリズムの追求。 これが有る限り、活劇俳優としてのウィリスは不滅。 そう思わせるのだ。 C 2018 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved. 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

デス・ウィッシュ : 作品情報

ブルース ウィリス 声優

かつては全米大都市周辺に多く存在し、自他共に認める映画オタクのクエンティン・タランティーノ監督も少年時代に通い詰めていたという。 本作はそんな往年のグラインドハウスを現代に甦らせるべく、タランティーノ監督と盟友ロバート・ロドリゲス監督がホラー映画を競作、実際に2本立ての形態で上映された画期的なイベント・ムービー。 ロドリゲス監督はゾンビ・アクション「プラネット・テラー」、タランティーノ監督はスラッシャー・ムービー「デス・プルーフ」を製作。 また本編と本編の間には実在しない映画の予告編まで流して、当時の雰囲気を忠実に… アクション 小惑星の接近で滅亡の危機に瀕した地球を救うべく宇宙に旅立つ男たちの死闘を描いたヒューマン・アドベンチャー。 監督は「ザ・ロック」のマイケル・ベイ。 脚本は「ダイ・ハード3」のジョナサン・ヘンスレーとロバート・ロイ・プールの原案を基に、ヘンスレーと「心の旅」のJ・J・エイブラムズが執筆。 製作はベイと「コン・エアー」のジェリー・ブラッカイマー、「ターミネーター」のゲイル・アン・ハード。 製作総指揮はヘンズレー、チャド・オーマン、ジム・ヴァン・ウィック。 撮影は「ザ・ロック」のジョン・シュワルツマン。 音楽は「イレイザー」のトレヴァー・ラビン。 美術は「エイリアン3」のマイケル・ホワイト。 SFX … SF、パニック、宇宙、隕石衝突、世界崩壊前 不死身の男ジョン・マクレーン刑事の活躍を描く、ノンストップ・アクション巨編のシリーズ第3作。 第1作の超高層ビル、第2作の空港に続き、今度はニューヨーク全体を巨大なゲーム盤に見立てて、サスペンスとアクションが展開する。 テレビドラマ『インディ・ジョーンズ/若き日の大冒険』にも参加した新進脚本家ジョナサン・ヘンズリーのオリジナルシナリオを、第1作のジョン・マクティアナンが再登板して監督。 製作はマクティアナンと「幸福の条件」のマイケル・タッドロス、エグゼクティヴ・プロデューサーは「トゥームストーン」「薔薇の素顔」のコンビ、アンドリュー・ヴァイナとバズ・フェイシャンズ、「死の接吻 1991 」のロバー… アクション、テロリストとの死闘を描いた、ダイ・ハード 閑静な住宅街に、出所した殺し屋が引っ越してきたことから巻き起こる騒動を描いたコメディ。 監督は「エディ・マーフィのホワイトハウス狂騒曲」のジョナサン・リン。 製作はデイヴィッド・ウィリスとアラン・カウフマン。 脚本は「ロミオ・マスト・ダイ」のミッチェル・カプナー。 撮影は「フリーマネー」のデイヴィッド・フランコ。 音楽は「シャンハイ・ヌーン」のランディ・エデルマン。 美術は「ソルジャー」のデイヴィッド・L・スナイダー。 出演は「アンブレイカブル」のブルース・ウィリス、「愛さずにはいられない」のマシュー・ペリー、「バッファロー'66」のロザンナ・アークェット、「グリーンマイル」のマイケル・クラーク・ダンカン… コメディ ジャッカルという呼び名だけ知られる正体不明の超大物暗殺者と、彼を追うIRAの元テロリストの攻防を描くサスペンス・アクション。 フレデリック・フォーサイスの有名小説『ジャッカルの日』のフレッド・ジンネマン監督による同名映画化作品(73)にインスパイアされている(クレジットはなし)。 監督は「ボーイズ・ライフ」「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」のマイケル・ケイトン=ジョーンズ。 原案・脚本は「ハード・ターゲット」のチャック・ファーラー。 製作はケイトン=ジョーンズと、「マイケル」のジェームズ・ジャックスとショーン・ダニエル、「デビル」のケヴィン・ジャール。 製作総指揮はテレンス・クレッグ、ハル・リーバーマン… アクション 大晦日の夜、一軒のホテルを舞台に、4つの部屋で繰り広げられる騒動を描いた4話オムニバスのコメディ。 「レザボア・ドッグス」1本でアメリカ映画界の寵児となったクエンティン・タランティーノが、各国の映画祭で知り合ったインディペント系の若手映画作家たちと意気投合し、企画が実現した。 各人各様の演出スタイルと映像世代ならではのマニアックな視点、豪華キャストの共演など、見どころは多い。 製作はタランティーノ作品でおなじみのローレンス・ベンダー(助演も)。 エグゼクティヴ・プロデューサーは、タランティーノとアレクサンダー・ロックウェル。 音楽はコンバスティブル・エディソンとエスクィヴェル、美術はメイン・スキューラ… コメディ.

次の

ソフトバンク5GのCMにブルースウィリスがドラえもんとして出演!

ブルース ウィリス 声優

スポンサードリンク ドラえもん役のブルース・ウィリスとは? ドラえもん役は ブルース・ウィリスさんです。 話題にもなっていますし、見たらわかるかなぁって感じなんですが、なんで見たことがあるんだっけ?という人は多いかもしれません。 ブルース・ウィリスさんといえば映画『ダイ・ハード』で一世を風靡したアメリカの役者です。 この映画、1988年公開と、なんと!!すでに30年前の映画なんですね! リアルタイムで見たっていう人は、もう結構な年齢になってるってことですねぇ。 というか、ブルース・ウィリスさん自体が 1955年3月19日生まれの65歳! そっちにも驚きです。 また、前の奥さんは女優のデミ・ムーアさんです。 代表作 若い方だと『ダイ・ハード』を知らない方もいるかもしれませんが、他にも大ヒットした映画に色々と出演されています。 ブルース・ウィリスさんの代表作をご紹介しておきます。 1994年『パルプ・フィクション』監督:クエンティン・タランティーノ 1998年『アルマゲドン』監督:マイケル・ベイ 1999年 『シックス・センス 』監督:M・ナイト・シャマラン ちょっと前の物が多いですが、どれも大ヒットした作品の主演ですね。 CM 日本でも多くのCMに出演されています。 1991年:NTTドコモ、ムーバ(アナログムーバ)の初代イメージキャラクター• 三貴 の「じゅわいよ・くちゅーるマキ」のイメージキャラクター スバル・レガシィ の初代イメージキャラクター キリン ポストウォーターのCM(デミ・ムーア共演)• 2000年: 缶コーヒージョージア ENEOS• 2011年:ダイハツ・ミライース• 2014年:興和 こんなに色々出演されているとは思いませんでした。 日本と馴染みの深いハリウッドスターなんですね! ソフトバンクCM・ドラえもんの吹替えの声は誰?ブルース・ウィリスについても調査!まとめ• ソフトバンクCMのドラえもん吹替え役は藤岡弘さん• ドラえもん約ブルース・ウィリスは『ダイ・ハード』の人 これからはこのCMを見る時、また違った楽しみが出来たように思います。 なんで、藤岡弘さんが吹替えをやることになったんだろう?とちょっと不思議に思います。 最後までお付き合いいただきありがとうございました。 では、また。 ごきげんよう。

次の