赤十字病院 看護師 年収。 富山赤十字病院看護師求人の評判・口コミ

日本赤十字社の「年収・給与制度」 OpenWork(旧:Vorkers)

赤十字病院 看護師 年収

【勤務している(いた)都道府県名及び市町村(区)をお願いします】 富山県富山市 【勤務先の最寄駅をお願いします】 富山駅 【病院名(クリニック名)をお願いいたします】 富山赤十字病院 【現在(勤務時)の年収をお願いいたします】 約300万円 【病院内の雰囲気などをお願いいたします】 ・年齢的には20代~30代が多く若い層が活躍している。 ・真面目で向上心の高い方が多い。 (勉強熱心) ・運動部のような上下関係。 先輩の言うことは絶対。 (熱い人が多い) ・容姿がきれいな方が多い。 【夜勤やサービス残業などはどの程度ありますか?】 ・サービス残業はほぼ毎日。 【スキルアップなどに適した環境だと思いますか?】 ・院外、院内問わず勉強会の参加はほぼ強制的なのでスキルアップには最適な職場だと思う。 ・看護研究などにも取り組んでいる。 ・災害看護に力を入れているため訓練などにも参加しスキルを身につけることができる。 【勤務先に点数をつけると何点ほど(100点満点)になりますか? その理由も含めてお願いいたします】 60点 看護が大好きで、スキルアップしたい人には良い職場。 ライフワークバランスを重視する人には無理がくる職場。 【最後に、〇〇病院への転職を考えている看護師さんに一言お願いします】 教育制度がしっかりしているので質の高い看護が学べる職場だと思います きめ細かな、気遣いに感謝 3年前に、家族が出産で産婦人科にお世話になりました。 その時の、主治医、看護師、助産師の対応が丁寧でかつ信頼出来る対応でした。 具体的には、予定日より早く正月に出血し、病院に連絡すると緊急入院になったのですが、現在の病状の説明をしっかりしていただき、お正月で主治医の先生はお休みだったのに、駆けつけて来れ、しかも転院先の病院まで救急車で一緒について来てくれたのです!データだけでなく、自ら詳しく転院先の医師に説明して家族を安心させてくれました。 また、転院前に数日入院したときも、不安で寝れない時、助産師&看護師が話をしてくれ気が紛れた。 不安な夜なはずが、今ではいい思い出になっていると家族は、その時の対応を今でも私に話してくれます。 そんな私も今妊娠し産婦人科にお世話になっています。 主治医もしっかり顔を見て話を聴いてくれ、助産師さんにはバースプランで沢山わがまま言ってますが、どんな小さな事でも、病棟でカンファレンス開いて相談してみますと、頭ごなしに断る事はされません。 おかげで、お産のイメージも出来、安心してお産の日を迎えれそうです。 きめ細かな、気遣いに感謝。 富山赤十字病院看護部はとにかく教育熱心です。 心のケアにも気を配っていますし、特に若い人にとってはスキルアップもできるとても良い環境だと思います。 赤十字看護専門学校の学生に対してもスタッフ全員が全力を挙げて指導しています。 学生が来るからこそ若い看護師たちも手本となって頑張ろうという気持ちが芽生えるのではないでしょうか。 基本、赤十字の看護師は優しいです。 患者さんからも富山県一の優しさだと言われることも多々あります。 まぁいろんな患者さんがいますけど、そこは総合病院なのでね。 例え患者さんからのクレームが入っても医療安全部が入り、当人を責めず、とにかく両者から聞いて事実を確認します。 看護師にとってはつよーい味方ですね。 患者さんにもスタッフにも優しいのが赤十字の魅力ではないでしょうか。 引用元: 転職するならどこがおすすめ? 派遣として働くなら? 看護師アルバイトを探すなら.

次の

日赤病院の看護師給料規定について

赤十字病院 看護師 年収

この記事に書いてあること• 赤十字病院と他の医療機関は何が違うの? 日赤と他の医療機関との違い 他の医療機関と違う点としては、赤十字社は スイスで設立された人道支援団体であり、日本赤十字社は その日本支社という位置づけとなっている点です。 日赤で働く看護師ならではの業務があります。 災害時の救護活動は赤十字病院の大きな使命です。 万が一の災害発生に備えて、医師や看護師を中心に救護班が編成されます。 災害発生時には全国の赤十字病院から救護班を被災地に緊急派遣し、迅速な救護活動を行える体制が整えられています。 また国内だけでなく、海外で地震やハリケーンなどのが発生した場合の救護活動や、開発途上国の保健衛生状態の改善などにも取り組んでいます。 赤十字病院(日赤)の理念 日本赤十字社は 「人道・公平・中立・独立・奉仕・単一・世界性」という7つの基本原則にしたがって活動を行っています。 「人間の生命は尊重されなければならないし、苦しんでいる者は、敵味方の別なく救われなければならない」という「人道」こそが赤十字の基本で、他の原則は「人道」の原則を実現するために必要となるものです。 地域に根差した中核病院として、全国で92の医療施設が運営されており、それぞれの病院・施設が基本理念・基本方針を明確に示していることも日赤の大きな特徴だといえます。 赤十字病院で働く看護師のレベル 赤十字病院では三次救急に指定されている病院が多く占めており「日本の最先端の医療を担っている病院系列の一つ」といえます。 よって、看護師として更に高みを目指す向上心や、看護という職業に誇りを持ち、災害時などは奉仕の精神にのっとって活動できる行動力を求められます。 研修システムも充実しており、新人看護師とともに教育に携わる看護師の教育体制の整備にも力を入れています。 そのため、 看護師としてより成長したい方にはおすすめの病院の一つであるといえます。 赤十字病院(日赤)の看護師の働き方 日赤の看護師は激務って本当? 赤十字病院では、ほとんどが三次救急を担っているため、より高度な知識と経験が求められます。 そのため、他の 三次救急を担っている大学病院などと同様に勤務は激務であるといってよいでしょう。 また地方の日赤病院では、他に三次救急を担っている病院がないことも多いため、やりがいがある一方で激務であるといえるでしょう。 夜勤や残業は? 募集要項では特別な記載はありませんが、給与計算においては4回にて計算されています。 しかし他の病院同様、常に看護師を募集していますし、中には夜勤専従の方を募集している日赤の病院もあるので、 夜勤を行う場合は「最低4回」と考えておいた方がよいでしょう。 また、三次救急を担っている病院では症状が重い方が入院されている場合が多いため、 急変や急患が多く残業も多いと考えておいたほうがよいでしょう。 子育てなど家庭との両立はしやすい? 日赤では、福利厚生が充実しており、多くの病院が保育所を併設しています。 また、7週間の産前休暇・8週間の産後休暇・最長3年の育児休暇を取得できます。 育休中は1年間基本給の30%が支給されます。 しかし夜勤や残業が多いことを考えると、他の病院に比べて両立がしやすいとはお伝えしにくいのが現状です。 さらに、日赤では 他の病院よりも勉強会や研修が多いため、看護師として自分を高めることは可能ですが、一方で家庭との両立は特別な努力が必要であるといえます。 日赤の看護師に転勤はある? 日赤では、おおまかに「首都圏」と「地方」で分けられており、 首都圏内で日赤の病院へ就職した場合、転勤もあるとHP上でも明らかにしています。 一方で地方については「各地方に問い合わせ」とあるので、転勤を希望しない場合にはその旨をきちんと伝えることが重要となります。 赤十字病院の看護師の待遇や年収について 日赤の看護師は公務員扱い? 日本赤十字病院で働く看護師は「公務員」ではないかと思っている人も多いようですが、実は「 団体職員」となります。 日赤の職員は、あくまで「日本赤十字社が運営している病院の職員」となり、身分としては他の私立病院の職員と変わりません。 ただ、 公務員と同じように福利厚生が充実しており、他の病院と比べて退職金等はしっかりと支給されます。 また、日赤には「日本赤十字社福利厚生制度」というものがあり、積立年金・グループ保険・自動車保険制度などさまざまな制度が設けられています。 日赤の看護師は、このように制度がしっかりしており、給料の面でも安定した収入を得ることができるメリットがあります。 日赤看護師の給料・年収は? 日赤の基本的理念として「奉仕」の精神があります。 そのため、他の病院と比べて給料は決して高いとは言いがたくなります。 日本赤十字社において、基本給について規定はありますが、地域によっても差があります。 平均すると大卒の看護師で約26万4,000円、3年卒なら約25万7,000円、2年卒が24万7,000円ほどでこの他に通勤手当や賞与など諸手当が加算されます。 平均年収にすると、400~500万円程度のところが多いようです。 首都圏内にある日赤の病院の一例を出すと、 新卒の年収は大学卒の場合は約400万円、専門学校卒は約360万円となっています。 近隣の病院と大きな差がないことがわかります。 赤十字病院では特に職員の教育に力を入れているため、他の病院に比べて研修や勉強会が多いことが知られています。 そのため、転職によって看護師として、より成長できます。 一方、デメリットとしては日赤は独自の理念を持ち活動を行っているため、 理念が合わないと職場の環境に馴染むことはなかなか難しくなります。 赤十字病院への転職で有利になる資格は? 赤十字病院において「これを持っていれば有利」という資格はありませんが 「日赤で働きたい」という明確な理由が何より重要となります。 数ある病院の中で、なぜ赤十字病院なのか。 独自の理念を持ち、全国で活動をしている病院だからこそ「なぜ赤十字なのか」という明確な理由を持っていると、転職に有利であるといえるでしょう。 日赤の看護師になるのはどれくらい難しい? 日本赤十字看護大学については、毎年入学希望者が多いために合格するには相当の努力が必要ですが、日赤に勤める場合はその難易度は下がります。 他の医療機関同様、赤十字病院でも看護師は不足しており、 常に看護師を募集している状態となっています。 そのため「日赤だから特別難しい」という状態ではないといえるでしょう。 赤十字病院の選考を通過するコツ 日赤看護師の試験内容は? 日赤では「 筆記試験(一般常識・小論文)」と「 面接」を実施している病院がほとんどとなります。 筆記試験の難易度は国家試験よりも若干優しいレベルであるといわれているので、看護師の国家資格を持っている方であればそこまで難しいという内容ではないでしょう。 小論文についても、普段から新聞やニュースなどで自分の見解を述べられるようにしておけば、「何も書けなくて困る」という状態にはならないでしょう。 面接内容に日赤ならではの特徴はある? 面接において、最低限チェックしたいのは「 日赤の基本の7つの基本理念」です。 これはHPにも掲載されているので、面接時にすらすらこたえられるようにしておくとよいでしょう。 また、日赤では特に教育に力を入れているため、「自分はこういう看護師になりたくて、このような勉強がしたい」というような、 今後の看護師としての展望を言えるようになると、良い印象を持たれるはずです。

次の

横浜市の病院人気ランキング【看護師求人編】

赤十字病院 看護師 年収

この記事に書いてあること• 日赤看護師の収入は? 赤十字病院の看護師の給与 赤十字病院の給与は、「日本赤十字社」が制定している給与ベースの他に、病院がある地域によって手当の金額に差があるため、就職する病院によって給与には差があります。 ひとくちに赤十字病院といっても、各地の病院によってさまざまですが、平均すると大卒の看護師で26万4,000円、3年卒で約25万7,000円、2年卒で24万7,000円ほどで、この他に通勤手当や賞与など諸手当が加算されます。 平均年収にすると、400~500万円程度のところが多いようです。 また、病院によっては勤務形態が2交代、3交代とわかれており、手当の金額も差があります。 職員の方の声を聞くと「 おおよそ他の医療機関と比べて給与が特別高いとはいえない」というのが実情のようです。 ボーナス(賞与)額を知りたい 日赤では、6月と12月の 年に2回ボーナスを支給するとしています。 詳細な金額は明記されていませんが、職員の方によると2013年現在ではボーナスが4. 3ヶ月分だったという情報があることから、基本給が20万円と仮定すると、ボーナスの額は年間で86万円となります。 近年、ボーナスが1~2ヶ月分しか出ないという病院が多い中、 4ヶ月分以上のボーナスが出るということは、かなり良い条件であるといえるのではないでしょうか? 年齢 役職 年収 25歳 なし 460万円 35歳 主任看護師 640万円 45歳 看護師長 790万円 55歳 看護部長 870万円 これらの金額には職種手当なども含まれているため「この年齢になれば必ず上がる」というわけではありませんが、他の医療機関に比べ、 年齢が上がればそれだけ給与UPが見込めるといえます。 赤十字病院で働く新卒看護師の初任給は? 一例として、ある関東の日本赤十字病院の初任給(大卒)の場合、基本給約23万に夜勤手当を加え、おおよそ26万円ほどになります。 ただし、就職してすぐは残業や夜勤がほとんどないので、実際は23万円から税金などが引かれて、20万円ほどが初任給になると考えられます。 日赤看護師の定年と退職金 赤十字病院の看護師の定年は何歳? 現在、 赤十字病院看護師の定年は62歳とされています。 65歳まで再雇用の制度もありますが、「退職奨励制度」いわゆる肩たたきの制度もあるため「65歳まで働きたい」と思っても必ず働けるとは限りません。 平均的な退職金の額は? 日赤では原則として1年以上正職員として勤続していれば、退職金が支給されます。 25年以上勤続していれば、約50ヶ月分の退職金が支給されるとされ、モデルケースとして 62歳看護師長だった場合、その退職金は約2,350万円となります。 また、病院によっては勤続年数に従ってパートにも退職金を支払う制度もあります。 他の病院と比べてボーナス(賞与)は? 日赤の看護師は順調に昇給していく? 役職による昇給 長く看護師として働くうえで気になるのが「役職による昇給」です。 具体的な「この役職だとこれくらいの金額」という情報は一般公開されていませんが「公務員として働く看護師に比べ、日赤の看護師の給与は同程度の経験や実績があったとしても上回ることができない」という職員の方の声が出ています。 よって「 役職による手当がそこまで高額ではない」ということがいえるでしょう。 スキルアップによる昇給 日赤では専門看護師や認定看護師など、さまざまなスキルアップに対する支援体制が整っています。 しかし一方で 「資格手当」として通常の給料にプラスして手当てがつくことはほとんどないようです。 そのため、「お給料を上げる」というよりも「さらに看護師として成長すること」を目指したスキルアップとなります。

次の