育てたいポケモン。 【サンムーン】1/25更新!ポケバンク解禁はいつ?個人的に解禁されたら育てたいポケモン!~ポケモンサンムーン攻略ブログ55~

初めてのポケモン厳選&育成。その手順を解説【ポケモン剣盾/入門講座】

育てたいポケモン

可愛いポケモンを集めるだけでも楽しい「ポケモンGO」ですが、せっかくプレイするなら強いポケモンを育てたいですよね。 今回はできる限り強いポケモンを育てる方法をまとめました。 「頑張って育てたポケモンが、実は弱かった!」ということが防げればと思います。 強いポケモンの育成手順 強いポケモンを育てるための手順は、次の通りです。 ポケモンの「種類」を選ぶ まず最初に育てるポケモンの種類を選びます。 ポケモンの強さは種類によって大きく異なるため、この選択はとても大切です。 各ポケモンの強さは次のサイトで確認できます。 海外のサイトのためポケモンの名前も英語ですが、画像があるので大丈夫だと思います。 最初から表示されている[SPECIES STATS]でポケモンの強さが確認できます。 表示順は[SORT BY]から変更できます。 (最初は図鑑の番号順)• SPECIES NUMBER: 図鑑の番号順• BEST ATTACK STAT: 攻撃力順• BEST DEFENSE STAT: 防御力順• BEST STAMINA STAT: 体力順• BEST COMBINED STATS: 総合力順 基本的には総合力順(BEST COMBINED STATS)で、上の方に表示されたポケモンを選ぶことをおすすめします。 総合力BEST20 現在入手可能なポケモンの、総合力BEST20は次の通りです。 (括弧内は進化前)• カビゴン• ラプラス• ウインディ(ガーディ)• ナッシー(タマタマ)• ギャラドス(コイキング)• シャワーズ(イーブイ)• ヤドラン(ヤドン)• ブースター(イーブイ)• ベトベトン(ベトベター)• オムスター(オムナイト)• マタドガス(ドガース) 上位はジムでもよく見かけるポケモンたちですね。 入手のしやすさも重要 ポケモンを進化・強化するためには、そのポケモン専用の「アメ」が必要です。 アメは同じ種類のポケモン(進化前後でもOK)を捕まえたときに3個、博士に送ったときに1個入手できます。 いくら強い種類のポケモンでも、入手する機会が少ないとアメが集められないので育てるのは難しいです。 場所やタイミングによって入手しやすいポケモンは異なりますが、イーブイ、タマタマは比較的集めやすいです。 また、総合力上位のポケモンは水タイプが多いです。 川など水のある場所では出現率が高いので、近くにある方は足を運んでみることをおすすめします。 近所の川で、ミニリュウ、コイキング、ヤドンに会えました。 おすすめは「イーブイ」 イーブイは見た目も可愛いですし、シャワーズ、サンダース、ブースターの3タイプに進化できる優れたポケモンです。 必要なアメも25個と少ないので、早い段階で進化させられます。 入手性、可愛さ、楽しさも含めた総合評価はトップクラスです。 ポケモンの「個体」を選ぶ 育てるポケモンの種類が決まったら、次は個体を選びます。 同じ種類のポケモンでも個体によって強さは異なります。 個体値とは 次の2体のコラッタは同じレベルです。 (半円上の点の位置が同じ) ところが、総合的な強さを示す「CP」はコラッタAの方が高いです。 レベルもHPも同じなのに何故? 実は、ポケモンGOには隠しステータスの「攻撃力」と「防御力」があり、同じ種類・レベルのポケモンでも各個体が持つ「個体値」によって差が出ます。 今回の例では、コラッタAの攻撃力、防御力の合計がコラッタBよりも高いため、CPも高いのです。 個体値はポケモンを進化・強化しても変わらないので、最終的に強いポケモンを育てるためには個体選びが必要です。 コラッタBも進化や強化で強くはなりますが、同じレベルのコラッタA(ラッタA)を超えることはできません。 今回は隠しステータスの存在をわかりやすくするため、HPの個体値が同じ2体を選びました。 個体値の構成 個体値の項目と値の範囲は次の通りです。 攻撃: 0〜15• 防御: 0〜15• HP: 0〜15 攻撃、防御、HPすべての値が15であれば最高の個体ということになります。 また、HPの個体値については表示されているHPから計算することで正確な値がわかりますが、攻撃と防御は合計値しかわかりません。 個体値の測定方法 先ほどのコラッタのように、同じレベルでCPが異なる2体がいれば、どちらが強いか比較することはできます。 しかし、比較対象のポケモンがいない場合や、より詳しく調べたい場合は別の方法が必要です。 種類の選択でも紹介した下記サイトにて、ポケモンの個体値を調べることができます。 サイトにアクセス後[IV RATER]を選択し、個体値の測定に必要な情報を入力していきます。 個体値を測定するポケモンを選択します。 フシギダネをタップすると、ポケモンの一覧が図鑑の番号順に表示されます。 続いて[YOUR TRAINER LEVEL]のスライダーを、現在のトレーナーレベルに合わせます。 [ESTIMATED POKEMON LEVEL]のスライダーを、ポケモンのレベルに合わせます。 半円上の点の位置と、強化に必要な「ほしのすな」の数が基準となります。 今回のコラッタでは点の位置は156度、ほしのすなは2200です。 最後にポケモンのCPとHPを入力し、[RATE MY POKEMON! ]を選択します。 コラッタAの個体値が表示されました。 (HPは同じ) 個体値はいくつならいいの? ポケモンの強さをどこまで求めるかによって変わります。 また、最高の個体を選んでも進化させたら覚えた技がイマイチ... という可能性もあるので、厳選のしすぎは禁物です。 とはいっても貴重なアメやほしのすなを、個体値の低いポケモンに使うのはもったいないです。 個体値測定における注意点 個体値の測定は、ポケモンのレベルが低い段階では誤差が大きいです。 完璧な個体を選びたい方は、レベルの高い個体の中から厳選したり、何度か強化しながら複数回測定することをおすすめします。 ポケモンを最終形態まで進化させる 個体値の優れたポケモンを入手できたら、アメを集めて最終形態まで進化させましょう。 ポケモンの技は進化時にランダムに決まります。 できるだけ少ないコスト(アメ)で最終形態まで進化させ、技を確認してから強化するかどうか判断すると良いです。 「強化せずに進化させたら弱いポケモンになってしまうのでは?」と思うかもしれませんが、その心配はしなくても大丈夫です。 進化が先でも、強化が先でも最終的な強さ(CP)に差はありません。 イーブイの進化先は選択可能 イーブイの進化は特殊で、通常はシャワーズ、サンダース、ブースターの3体からランダムに決定されます。 また、ポケモンGOでは3体の総合力に差があり、シャワーズ、ブースター、サンダースの順に強いです。 進化前にイーブイの名前を変更しておくことで進化先を選択できますので、特にこだわりがなければ最初はシャワーズを選ぶことをおすすめします。 シャワーズ: Rainer• サンダース: Sparky• 当ブログでは3体全て(シャワーズ、サンダース、ブースター)で成功を確認済みです。 ポケモンの「技」を選ぶ 個体値の高い最終形態のポケモンを入手できたら、最後に確認すべきポイントは技です。 ポケモンの強さは、技によっても大きな差があります。 各ポケモンのおすすめ技は、以下のサイトが参考になります。 ただ、この段階でおすすめの技ではなかったとしても、基本ステータスは優れたポケモンですので大切にとっておくことをおすすめします。 過去に技の威力が修正されたこともあり、今後も変わる可能性があります。 ポケモンを強化する 「種類」、「個体値」、「技」強さを決める3つの要素を全て満たしたポケモンが手に入れば、あとはアメとほしのすなを与えて強化するのみです! 最初はトレーナーレベルを優先的に上げる ポケモンGOで強いポケモンを育てるためには、トレーナーレベルの向上も不可欠です。 トレーナーレベルが必要な理由 次のシャワーズは、トレーナーレベル21の限界まで強化しています。 (半円上の点が一番右にある) トレーナーレベルを上げると、ポケモンの強さはそのままに、半円上の点が少し左に移動し、更に強化できるようになります。 また、トレーナーレベルが高いと進化後のポケモンやCPの高いポケモンを捕まえられるようになり、育成に必要なコスト(アメ・ほしのすな)を抑えることができます。 ゲーム序盤はポケモンの進化・強化はなるべく控え、トレーナーレベルの向上を優先することをおすすめします。 もちろん、レベルが低いポケモンでも個体値が非常に高ければ育てる価値がありますので、個体の選別は並行して進めましょう。 おすすめはアメ12個で進化できるキャタピー、ビードル、ポッポです。 おまけ 大切なポケモンを「お気に入り」設定で守ろう! ポケモンを表示した状態で画面右上の星をタップすると、「お気に入り」に設定されてアイコンが黄色に変わります。 この状態だと[博士に送る]が選べないので、誤って送る心配がなくなります。 博士は厳しいので、間違って送ったポケモンでも絶対に返してくれません。 まとめ 強いポケモンの種類・個体を選び、最終形態まで進化させる。 良い技を覚えたら、あとはひたすら強化する。 以上のポイントを押さえておけば、強いポケモンを育てることができます。 ポケモンGOを本気で楽しみたい方にとって、参考になれば幸いです。 関連記事 s-hatta.

次の

おすすめポケモン一覧:ポケモンオメガルビー(ORAS)攻略tournews.biz

育てたいポケモン

可愛いポケモンを集めるだけでも楽しい「ポケモンGO」ですが、せっかくプレイするなら強いポケモンを育てたいですよね。 今回はできる限り強いポケモンを育てる方法をまとめました。 「頑張って育てたポケモンが、実は弱かった!」ということが防げればと思います。 強いポケモンの育成手順 強いポケモンを育てるための手順は、次の通りです。 ポケモンの「種類」を選ぶ まず最初に育てるポケモンの種類を選びます。 ポケモンの強さは種類によって大きく異なるため、この選択はとても大切です。 各ポケモンの強さは次のサイトで確認できます。 海外のサイトのためポケモンの名前も英語ですが、画像があるので大丈夫だと思います。 最初から表示されている[SPECIES STATS]でポケモンの強さが確認できます。 表示順は[SORT BY]から変更できます。 (最初は図鑑の番号順)• SPECIES NUMBER: 図鑑の番号順• BEST ATTACK STAT: 攻撃力順• BEST DEFENSE STAT: 防御力順• BEST STAMINA STAT: 体力順• BEST COMBINED STATS: 総合力順 基本的には総合力順(BEST COMBINED STATS)で、上の方に表示されたポケモンを選ぶことをおすすめします。 総合力BEST20 現在入手可能なポケモンの、総合力BEST20は次の通りです。 (括弧内は進化前)• カビゴン• ラプラス• ウインディ(ガーディ)• ナッシー(タマタマ)• ギャラドス(コイキング)• シャワーズ(イーブイ)• ヤドラン(ヤドン)• ブースター(イーブイ)• ベトベトン(ベトベター)• オムスター(オムナイト)• マタドガス(ドガース) 上位はジムでもよく見かけるポケモンたちですね。 入手のしやすさも重要 ポケモンを進化・強化するためには、そのポケモン専用の「アメ」が必要です。 アメは同じ種類のポケモン(進化前後でもOK)を捕まえたときに3個、博士に送ったときに1個入手できます。 いくら強い種類のポケモンでも、入手する機会が少ないとアメが集められないので育てるのは難しいです。 場所やタイミングによって入手しやすいポケモンは異なりますが、イーブイ、タマタマは比較的集めやすいです。 また、総合力上位のポケモンは水タイプが多いです。 川など水のある場所では出現率が高いので、近くにある方は足を運んでみることをおすすめします。 近所の川で、ミニリュウ、コイキング、ヤドンに会えました。 おすすめは「イーブイ」 イーブイは見た目も可愛いですし、シャワーズ、サンダース、ブースターの3タイプに進化できる優れたポケモンです。 必要なアメも25個と少ないので、早い段階で進化させられます。 入手性、可愛さ、楽しさも含めた総合評価はトップクラスです。 ポケモンの「個体」を選ぶ 育てるポケモンの種類が決まったら、次は個体を選びます。 同じ種類のポケモンでも個体によって強さは異なります。 個体値とは 次の2体のコラッタは同じレベルです。 (半円上の点の位置が同じ) ところが、総合的な強さを示す「CP」はコラッタAの方が高いです。 レベルもHPも同じなのに何故? 実は、ポケモンGOには隠しステータスの「攻撃力」と「防御力」があり、同じ種類・レベルのポケモンでも各個体が持つ「個体値」によって差が出ます。 今回の例では、コラッタAの攻撃力、防御力の合計がコラッタBよりも高いため、CPも高いのです。 個体値はポケモンを進化・強化しても変わらないので、最終的に強いポケモンを育てるためには個体選びが必要です。 コラッタBも進化や強化で強くはなりますが、同じレベルのコラッタA(ラッタA)を超えることはできません。 今回は隠しステータスの存在をわかりやすくするため、HPの個体値が同じ2体を選びました。 個体値の構成 個体値の項目と値の範囲は次の通りです。 攻撃: 0〜15• 防御: 0〜15• HP: 0〜15 攻撃、防御、HPすべての値が15であれば最高の個体ということになります。 また、HPの個体値については表示されているHPから計算することで正確な値がわかりますが、攻撃と防御は合計値しかわかりません。 個体値の測定方法 先ほどのコラッタのように、同じレベルでCPが異なる2体がいれば、どちらが強いか比較することはできます。 しかし、比較対象のポケモンがいない場合や、より詳しく調べたい場合は別の方法が必要です。 種類の選択でも紹介した下記サイトにて、ポケモンの個体値を調べることができます。 サイトにアクセス後[IV RATER]を選択し、個体値の測定に必要な情報を入力していきます。 個体値を測定するポケモンを選択します。 フシギダネをタップすると、ポケモンの一覧が図鑑の番号順に表示されます。 続いて[YOUR TRAINER LEVEL]のスライダーを、現在のトレーナーレベルに合わせます。 [ESTIMATED POKEMON LEVEL]のスライダーを、ポケモンのレベルに合わせます。 半円上の点の位置と、強化に必要な「ほしのすな」の数が基準となります。 今回のコラッタでは点の位置は156度、ほしのすなは2200です。 最後にポケモンのCPとHPを入力し、[RATE MY POKEMON! ]を選択します。 コラッタAの個体値が表示されました。 (HPは同じ) 個体値はいくつならいいの? ポケモンの強さをどこまで求めるかによって変わります。 また、最高の個体を選んでも進化させたら覚えた技がイマイチ... という可能性もあるので、厳選のしすぎは禁物です。 とはいっても貴重なアメやほしのすなを、個体値の低いポケモンに使うのはもったいないです。 個体値測定における注意点 個体値の測定は、ポケモンのレベルが低い段階では誤差が大きいです。 完璧な個体を選びたい方は、レベルの高い個体の中から厳選したり、何度か強化しながら複数回測定することをおすすめします。 ポケモンを最終形態まで進化させる 個体値の優れたポケモンを入手できたら、アメを集めて最終形態まで進化させましょう。 ポケモンの技は進化時にランダムに決まります。 できるだけ少ないコスト(アメ)で最終形態まで進化させ、技を確認してから強化するかどうか判断すると良いです。 「強化せずに進化させたら弱いポケモンになってしまうのでは?」と思うかもしれませんが、その心配はしなくても大丈夫です。 進化が先でも、強化が先でも最終的な強さ(CP)に差はありません。 イーブイの進化先は選択可能 イーブイの進化は特殊で、通常はシャワーズ、サンダース、ブースターの3体からランダムに決定されます。 また、ポケモンGOでは3体の総合力に差があり、シャワーズ、ブースター、サンダースの順に強いです。 進化前にイーブイの名前を変更しておくことで進化先を選択できますので、特にこだわりがなければ最初はシャワーズを選ぶことをおすすめします。 シャワーズ: Rainer• サンダース: Sparky• 当ブログでは3体全て(シャワーズ、サンダース、ブースター)で成功を確認済みです。 ポケモンの「技」を選ぶ 個体値の高い最終形態のポケモンを入手できたら、最後に確認すべきポイントは技です。 ポケモンの強さは、技によっても大きな差があります。 各ポケモンのおすすめ技は、以下のサイトが参考になります。 ただ、この段階でおすすめの技ではなかったとしても、基本ステータスは優れたポケモンですので大切にとっておくことをおすすめします。 過去に技の威力が修正されたこともあり、今後も変わる可能性があります。 ポケモンを強化する 「種類」、「個体値」、「技」強さを決める3つの要素を全て満たしたポケモンが手に入れば、あとはアメとほしのすなを与えて強化するのみです! 最初はトレーナーレベルを優先的に上げる ポケモンGOで強いポケモンを育てるためには、トレーナーレベルの向上も不可欠です。 トレーナーレベルが必要な理由 次のシャワーズは、トレーナーレベル21の限界まで強化しています。 (半円上の点が一番右にある) トレーナーレベルを上げると、ポケモンの強さはそのままに、半円上の点が少し左に移動し、更に強化できるようになります。 また、トレーナーレベルが高いと進化後のポケモンやCPの高いポケモンを捕まえられるようになり、育成に必要なコスト(アメ・ほしのすな)を抑えることができます。 ゲーム序盤はポケモンの進化・強化はなるべく控え、トレーナーレベルの向上を優先することをおすすめします。 もちろん、レベルが低いポケモンでも個体値が非常に高ければ育てる価値がありますので、個体の選別は並行して進めましょう。 おすすめはアメ12個で進化できるキャタピー、ビードル、ポッポです。 おまけ 大切なポケモンを「お気に入り」設定で守ろう! ポケモンを表示した状態で画面右上の星をタップすると、「お気に入り」に設定されてアイコンが黄色に変わります。 この状態だと[博士に送る]が選べないので、誤って送る心配がなくなります。 博士は厳しいので、間違って送ったポケモンでも絶対に返してくれません。 まとめ 強いポケモンの種類・個体を選び、最終形態まで進化させる。 良い技を覚えたら、あとはひたすら強化する。 以上のポイントを押さえておけば、強いポケモンを育てることができます。 ポケモンGOを本気で楽しみたい方にとって、参考になれば幸いです。 関連記事 s-hatta.

次の

【サンムーン】1/25更新!ポケバンク解禁はいつ?個人的に解禁されたら育てたいポケモン!~ポケモンサンムーン攻略ブログ55~

育てたいポケモン

3つのステータス種族値…ポケモンの種ごとに決まっているステータス 100体のコイキングがいても、同じコイキングという種類なのでみんな同じ種族値です。 個体値…ポケモンの個体ごとのステータス。 1〜31で決まります。 100体の野生コイキングを捕まえたら、100体の個体がいるので100通りの個体値になります。 努力値…他のポケモンを倒した時に得られるステータス ココガラを倒しまくったコイキングと、ジグザグマを倒しまくったコイキングは努力値が違います。 タマゴから産まれた時点ではまだステータスが振られていません。 個体値は1〜31の数値から決まり、31で「さいこう」と表示されます これがVと言われる。 できるだけ「さいこう」を目指しましょう。 これは持たせたポケモンだけではなく、一緒に預けたもう片方の親にも影響します。 これで高個体値ポケモンを預けた時に欲しい5つのステータスが「さいこう」なら、5Vを目指すことができます。 まあ、よくわからなくても預ける際にとりあえずどっちかのポケモンに持たせておいてください。 これは遺伝させたい性格のポケモンに必ず持たせてください。 今回は陽気のギャラドスを厳選するので、陽気のポケモンに持たせます。 かわらずのいしはワイルドエリアによく落ちていたり、育て屋前の穴掘り兄弟から入手できます。 あかいいとはものひろいで入手できます。 面倒くさい人は、ナックルシティで10bpのあかいいとを購入しましょう。 モンスターボール級になれば、20bpくらい溜まっているのでそれを使います。 育てたいポケモンを決める さて、ここまで来れば厳選に必要な機能とアイテムは揃ったので色んなポケモンを厳選することができます。 さすがについて来れてますよね…? 育てたいポケモンですが、最初は好きなポケモンを育ててみましょう!そっちの方がモチベが上がりやすいですし、強いポケモンを育ててもステータスを考えて振らないと活かしきれないからです。 次に育てるポケモンは、最初に育てたポケモンとタイプ相性が良いポケモンを育ててみましょう。 ギャラドスを最初に育てた場合、電気技にめちゃくちゃ弱いので電気を無効化する地面タイプのカバルドンを育ててみる、とか。 ギャラドス、カバルドンを育てたら特殊攻撃をするポケモンがおらず、素早さが全体的に遅い。 さらにみずタイプのポケモンを倒すのが難しそうなので、サンダースを育ててみるとか。 最初の一体を決めたら弱点を他のポケモンで補うように育てて行く所からスタートすると、なんとなく育てるべきポケモンの感覚がわかってきます。 厳選に必要なポケモンを捕まえよう そもそも厳選厳選って言うけど、何を厳選するの?って話ですよね。 陽気自信過剰 夢特性 ギャラドスの厳選では、 性格、夢特性、個体値を厳選します。 どのポケモンでも性格と個体値は必ず厳選します。 特性はポケモンによって厳選したりしなかったりです。 夢特性の場合は、レイドバトルで夢特性の厳選したいポケモンを捕まえる必要があります。 特性「ほのおのからだ」のポケモンを捕まえる 「ほのおのからだ」は手持ちの先頭に配置すると、手持ちのタマゴの孵化が早くなる特性です。 これがあれば効率よく厳選を進められます。 主にシャンデラ系全般とトロッゴン&セキタンザンが持っています。 自分はげきりんの湖にランプラーがめっちゃいたので入手しました。 どんな高個体値ポケモンを捕まえる必要があるのか?おみやげ ここからややこしくなるので、一つ一つ説明します。 ギャラドスの場合、基本的に特攻は使わないのでステータスの体力、攻撃、防御、特防、素早さが「さいこう」と表示される5Vを目指します。 そのためには高個体値同士のポケモンをかけ合わせ、コイキングを産ませなければいけません。 つまり欲しいステータスが「さいこう」と表示されているポケモンを捕まえなくてはいけません。 マックスレイドバトルで星4以上から4Vの個体が手に入るので、その個体同士をかけ合わせコイキングを産ませます。 最低でも攻撃と特防が「さいこう」と表示されるポケモンとタマゴを産ませない限り5Vは狙えません。 ではコイキングを産ませる場合、なんのポケモンを捕まえなくてはいけないのか。 結論から言えば、コイキングorコイキングと同じタマゴグループのポケモンorメタモンです。 最善なのは、高個体値コイキングand高個体値メタモンです。 例えば、メスのコイキングとオスのホエルコを預けると、コイキングのタマゴが産まれます。 これは水中2というタマゴグループだからです。 つまり違う種類のポケモンを預ける場合、厳選したいポケモンのメスが必要になります。 メタモンとのタマゴ メタモンと預けた場合、性別に関係なくもう片方のポケモンのタマゴができます。 コイキングの性別が何だろうが、メタモンと預ければコイキングのタマゴがでてきます。 性別不明のポケモンを厳選する際はメタモンと預けない限りタマゴが産まれません。 つまり、高個体値メタモン一体いれば他の高個体値ポケモンを量産する事が可能になります。 みんなが高個体値メタモンを求める理由はこれですね。 同じタマゴグループの4Vポケモンを捕まえたら、お互いの「さいこう」が欲しいステータスとちゃんと重なっていれば、5Vのポケモンを獲得できる可能性があります。 欲しい性格のポケモンを捕まえよう こちらも同じタマゴグループもしくはメタモンを捕まえます。 今回の場合は陽気のポケモンを捕まえます。 性別はコイキングと別の種ならオスを捕まえます。 できれば高個体値が良いですが、後で上記の高個体値ポケモンと預けるのでここでは拘らなくても問題ないです。 夢特性のポケモンを捕まえよう こちらは厳選したいポケモンが夢特性だった場合のみ必要になります。 交換以外では、夢特性はマックスレイドバトルで稀に出現するのでそれを狙うしか方法はありません。 ポケモンを預けてみる 欲しい性格、特性、高個体値のポケモンが手に入ったら、それぞれを遺伝させていきましょう! 厳選手順 陽気自信過剰(夢特性)ギャラドスの厳選を例にあげます。 この2体を預ける。 特に夢特性を狙う場合はせっかく5Vでも通常特性だったなんて事も多いです。 僕がコイキングを厳選した時はボックス2個と半分埋まりました。 ソシャゲでもやりながら根気よく頑張りましょう。 FGO、艦これ、アズレンはいい感じに回しながら厳選できました。

次の