ゆうちょ投資信託速報。 ゆうちょ銀行の投資信託を評価、つみたてNISA対応ファンドがおすすめ

「貯金と誤認」苦情相次ぐ ゆうちょ銀投信 不適切販売 現場も問題視|【西日本新聞ニュース】

ゆうちょ投資信託速報

経営者になると、資産運用の勧誘を受けることが増えます。 実際にお金を持っているかどうかは別として、やはりお金を持っている可能性が高い属性なので、 銀行や証券会社から投資信託の購入を勧められることも多いです。 日本最大の金融機関である「ゆうちょ銀行」でも投資信託を販売しています。 とても馴染みのある銀行なので安心している社長も多いと思いますが、実は「 ゆうちょ銀行が販売している投資信託のラインナップは良いとは言えない」です。 何も知らないまま買ってしまうと、資産運用どころか汗水をたらして稼いだお金を失いかねません。 今回は、ゆうちょ銀行で投資信託を買うべきではない理由を解説します。 また、どうしてもゆうちょ銀行でファンドを購入する場合、これなら選んでも良いというものをピックアップします。 ゆうちょ銀行が扱う142本の投資信託を調査 ゆうちょ銀行は記事執筆時点で142本の投資信託を扱っています。 今後、取扱商品数が増える可能性はありますが、これだけの品揃えをすべて調査すれば、 顧客本位の営業をしている銀行か、そうでないかは判断できます。 今回は、142本の投資信託をすべて調査しました。 良い投資信託を選ぶためのヒント 資産運用のプロではない一般の方が、投資信託を選ぶ上で大切なポイントは3つあります。 インデックスファンド• 低コスト(信託報酬が低い)• ノーロード(購入時手数料0円) まず1つめ「 インデックスファンドを選ぶ」というルールについて。 投資信託には大きく2つの種類があります。 インデックスファンド• アクティブファンド インデックスファンド(別名:パッシブファンド)とは、日経平均株価やNYダウ、TOPIX(東証株価指数)のような「 特定の指数(インデックス)に連動するタイプの投資信託」です。 この手の投資信託は、後述する信託報酬(コスト)が低めに設定されています。 対するアクティブファンドとは、投資のプロが全力で勝負し、特定の指数(インデックス)を上回るリターンを追求するタイプの投資信託です。 このように説明すると、アクティブファンドはあたかもハイリターンをもたらす投資信託のように聞こえます。 しかし現実は、アクティブファンドは信託報酬(コスト)が高額であることが多く、過去のデータを見ても 長期的には、ほとんどのアクティブファンドはインデックスファンドに勝てない結果となっています。 こうした事実を正しく受け止め、プロではない私たちは インデックスファンドによる運用にこだわることが大切です。 2つめ。 投資信託には「運用者に支払う手数料」がかかります。 コスト差し引き後の価格が、基準価格(投資信託の株価)に反映される仕組みです。 実際に手数料を払い込むわけではないので、私たちはコストを負担しているという感覚を覚えにくいです。 しかし、投資信託の手数料「信託報酬」は、 ファンドを保有している期間中、継続して徴収されます。 よって、年率0. 1%でも信託報酬の低いファンドを選ぶことが、高いリターンを手にするためにはとても大切です。 投資信託のコストが長期的なリターンに驚くほどの影響を及ぼすことも、過去のデータからわかっています。 購入時手数料が0円の投資信託のことを「 ノーロードファンド」と言います。 ノーロードファンドを選ぶことも、良い投資信託を選択する上では欠かせない要素です。 インデックスファンドはたった14% こうした事実をふまえて、ゆうちょ銀行の取り扱い商品を調査します。 調べてみると、ゆうちょ銀行が取り扱う142本のうち、 インデックスファンドは16本しかありませんでした。 インデックスでもアクティブでもない、様々な資産を組み合わせる「バランスファンド」を除外した本数は112本です。 よって、ゆうちょ銀行は全体の約14%がインデックスファンド、残り86%がアクティブファンドを販売していることになります。 先ほど述べた「良い投資信託を選ぶルール」に則れば、この時点で選べる商品数がかなり絞られてきます。 毎月分配・隔月分配の数が4割超 毎月分配型投信・隔月分配型投信は、これまで個人投資家に人気がありました。 しかし、毎月分配型ファンドの多くが「投資したお金をそのまま吐き出しているだけ」の状態にありました。 (にもかかわらず、運用会社は運用額に応じた信託報酬を得ていたのです) 投資したお金が毎月戻ってくるだけならまだしも、分配金には税金がかかります。 すでに毎月分配型・隔月分配型投信は業界で問題視されており、一時は大人気でしたが、最近はほとんど見かけなくなりました。 しかし、ゆうちょ銀行の販売している投資信託のラインナップを見ると、全体の4割超が毎月分配型や隔月分配型という「良いとは言えない商品」なのです。 真剣に資産運用を考える経営者は、このような「ワナ」にかかることなく、正しい商品を選ぶことがとても重要です。 これまで見てきたとおり、ゆうちょ銀行の取り扱う投資信託のラインナップは良いとは言えません。 決して選んではいけないようなファンドだらけです。 とても残念な結果です。 では、インデックスファンドの信託報酬はどうでしょうか。 ゆうちょ銀行でインデックスファンドを選ぶなら ゆうちょ銀行が取り扱う16本のインデックスファンドの中から、さらに厳選をすすめます。 「良い投資信託を選ぶ3つのルール」• インデックスファンド• 低コスト(信託報酬が低い)• ノーロード(購入時手数料0円) に則り、信託報酬(コスト)が低い投資信託だけに絞り込んでみました。 すると、驚くことに 低コストなインデックスファンドと呼べるものは3本しかなかったのです。 インデックスファンドだからと言って、すべて良いと言うわけではありません。 高コストなインデックスファンドでは意味がありません。 しかし、ゆうちょ銀行が取り扱う 16本のインデックスファンドのうち、13本はコストが高く選ぶべきではない商品でした。 10年以上、資産運用をしている私にとって、この結果は衝撃的でした。 多くの国民が利用している、国内最大の金融機関が「 顧客がほとんど儲からないような投資信託ばかり売っている」のです。 国民を豊かにするためにも、ゆうちょ銀行にはいち早く、この問題を解消してほしいと切に願います。 ゆうちょ銀行で買える投資信託で選んでも良いと思えるのは、次の3本です。 ファンド名 信託報酬 つみたて日本株式(TOPIX) 0. 198% つみたて先進国株式 0. 22% つみたて新興国株式 0. いずれも、 三菱UFJ国際投信という資産運用会社が運用しています。 もしゆうちょ銀行で投資信託を購入するのであれば、上記3つのファンドに限定しておくことを強くおすすめします。 最強の低コストで運用したい方へ しかし、「つみたてんとう」シリーズは「店頭販売向け」の商品であり、実は 「ネット限定販売」の投資信託だと、より低コストなインデックスファンドが選べます。 現在、個人投資家の中でも最も支持されている投資信託は 「eMAXIS Slim」シリーズです。 eMAXIS Slimシリーズの投資信託は、すべてが 業界最低水準の低コストで運用され、話題となっています。 私がお伝えしたい重要な事実は、「eMAXIS Slim」も「つみたてんとう」も、三菱UFJ国際投信が運用しており、 事実上同じ商品だということです。 私たちが購入した投資信託は、 そのまま運用に回されるわけではありません。 実際に運用を行うのは「 マザーファンド」と呼ばれる巨大な投資信託です。 投資信託は私たちから集めたお金を、マザーファンドに委託します。 マザーファンド(親ファンド)は小ファンドから集めたお金を使って実際の運用を行います。 そして、ゆうちょ銀行で販売している「eMAXIS」も「つみたてんとう」も、ゆうちょ銀行では販売していない「eMAXIS Slim」もすべて、三菱UFJ国際投信の商品なので、 同じマザーファンドで運用されているのです。 当然、運用で得られるリターンは同じになります。 差がつくのは「コスト(信託報酬)」だけです。 同じ結果を得ているはずなのに、低コストな「eMAXIS Slim」を買っている投資家は高いリターンを得ることができ、「つみたてんとう」や「eMAXIS」を買っている投資家は、わずかなリターンに甘んじることになるのです。 「信託報酬」は、運用会社と販売会社が受け取る手数料です。 高コストなインデックスファンドを買ってしまうということは、運用会社と販売会社を儲けさせ、 リスクを追っている私たち投資家のリターンを確実に減少させる要因です。 信託報酬を比較すると以下のようになります。 投資先 eMAXIS つみたてんとう eMAXIS Slim 日本株式(TOPIX) 0. 44% 0. 198% 0. 154% 先進国株式 0. 66% 0. 22% 0. 10989% 新興国株式 0. 66% 0. 374% 0. ネット証券では、楽天証券、SBI証券、マネックス証券などがより高い次元でしのぎを削っています。 ネット証券の投資信託の取扱本数は2,000本を超えており、インデックスファンドも種類が豊富です。 (その中でも最強のファンドがeMAXIS Slimです) 中でも特におすすめなのは「楽天証券」での投資信託の購入です。 楽天証券では、 投資信託の保有額10万円につき毎月4ポイントを付与するという独自のサービスを提供しています。 これは 年率換算すると0. 048%となり、投資信託を保有し続ける限り、その残高に応じて毎月もらえます。 つまり、楽天証券でeMAXIS Slimを買えば、通常の信託報酬よりも さらに実質0. 048%のコスト減が見込めるということです。 繰り返しますが、投資信託の信託報酬は年0. 1%の差が大きく影響します。 わずかなコストを無視することは将来のリターンに大きな影響を及ぼします。 加えて、楽天証券では「 楽天カードを使って投信積立ができるサービス」を提供しています。 を使って投信積立すると、積立金額の1%のポイントが貯まり、さらに運用コストを下げることができます。 (カードによる毎月の積立上限は5万円まで)• ネット販売限定の低コストなインデックスファンドを選ぶ• 保有中に継続的にポイントを獲得して実質コストを削減• 楽天カードを使った積立で購入時に1%のポイントを獲得 この3つの方法を活用することで、他のどの投資家よりも低コストの資産運用を実現できます。 記事にあるゆうちょのeMAXIS3本はゆうちょのサイトで2017年12月29日をもってご購入 新規・追加 および新規の自動積立契約の取り扱いを終了しておりますと書かれています。 つみたてんとうシリーズが登場したからだと思います。 楽天証券は近く、投信の購入時手数料が無料になるらしいので、選択する価値はすごくあると思います。 ゆうちょにこだわりがある人にはつみたてんとうシリーズを買うのがいいと思います。 他に記事で気になったのが、毎月分配型ファンドの多くが「投資したお金をそのまま吐き出しているだけ」の状態にあり投資したお金が毎月戻ってくるだけならまだしも、分配金には税金がかかります。 最近はほとんど見かけなくなりました。 という部分です。 そのような元本払戻金(特別分配金)には税金はかからないはずですよね。 また検索するとファンドランキング等で毎月分配型投資信託をよく目にします。 これは私の主観ですが。 分配があるないどちらにしても、高値掴みが怖いので、いつ買うか迷いますね。

次の

ゆうちょの投資信託ってどう?投資信託や積立NISA、解約の方まで解説

ゆうちょ投資信託速報

ゆうちょ銀行は、2018年度の投資信託の販売で社内規定に違反した不適切な契約が、70歳以上の高齢者を対象に1万9591件あったことを明らかにした。 日本郵政グループでは、かんぽ生命保険による保険商品の不正販売が発覚して大きな問題となり、調査が進められている段階だ。 金融庁も立ち入り検査に入った。 その実態がまだ明らかになっていない中で、今度はゆうちょ銀の投資信託の不適切販売がこれだけの数に上ることが判明したのだから深刻だ。 相次ぐ不祥事は、日本郵政グループ全体の信頼を失墜させた。 徹底調査による全容解明が不可欠である。 不適切販売は、9割に当たる1万7700件がゆうちょ銀の直営店で、残り1割の1891件が販売委託先の郵便局で確認された。 社内規定では、高齢者に投資信託を販売するに当たっては、勧誘時と契約時の2回、健康状態や投資信託への理解度を確かめることになっているが、これが守られていなかった。 販売に関わった社員は内部調査に対し「確認の手間をかけたくなかった」「確認しなくても問題にならないと思った」などと述べている。 投資信託は預貯金と違い、元本割れしてしまうリスクをはらむ。 だからこそ丁寧に説明し、十分に納得してもらった上で販売しなければならない。 基本中の基本である。 手間をかけたくなかったなどとする言い分は論外と言うほかない。 少なくとも社内教育が徹底されていなかったことは明らかである。 再教育が求められる。 かんぽ生命保険の不正販売で明るみに出たような過剰なノルマが背景になかったかどうかも疑われる。 ゆうちょ銀は否定したが、この際、現場の実態をしっかり調べ上げる必要があるだろう。 うやむやにしたままでは、同様の事態が今後また発生しかねない。 ゆうちょ銀は投資信託を購入した全ての高齢者、計約23万5千人を対象に、投資信託に元本割れするリスクがあると理解して契約したかどうかなどを問う顧客調査も始めており、不適切販売の件数はさらに増える可能性が高い。 会見では経営陣が不適切販売について「重く受け止めている」と謝罪した。 その上で、この問題を受けて現在自粛している郵便局での投資信託の販売を10月下旬には再開したいとの方針を示した。 だが実態がはっきりしない段階で再開を口にするのは拙速と言わざるを得ない。 経営姿勢が問われる。 十分な意思確認がないまま契約させられた高齢者にとっては、大切な生活資金をないがしろにされた思いだろう。 解約希望があれば誠意を持って対応し、元本割れした場合は速やかに補填(ほてん)する必要がある。 顧客第一の姿勢で臨まなければ、信頼は遠のくばかりだ。

次の

ゆうちょ銀行でスマートファイブを買う前に知っておきたいこと【投資信託の評判と口コミ】|ROGOLOG ロゴログ

ゆうちょ投資信託速報

こんにちは、ポンコツ勤め人ことななしです。 今回は僕も利用しているゆうちょ銀行の投資信託の評判について本当のところどうなのか紹介したいと思います。 ゆうちょの投資信託商品の販売は2005年からとほかの銀行と比べると歴史は浅いですが、全国の郵便局ネットワークにより現在233のゆうちょ銀行店舗と投資信託取扱郵便局で投資信託商品の購入ができます。 全国どこでも同じサービスが受けられるとゆうのは本当にすごいことだと思います。 実際どこの町にも郵便局はあるじゃないですか。 僕も自宅から数分のところに郵便局があります。 さて、そんなずっと昔から僕たちに寄り添ってきた郵便局の販売する投資信託の商品はどうなのか紹介したいとおもいます。 1結論 最初から結論?と思うかもしれませんが結論です。 ゆうちょの投資信託の商品はあまり優れている商品がありません。 実際個人が投資信託を直接ネット証券などで商品を買ったほうが手数料等安く抑えられる場合が多いです。 なので、これから本格的に資産運用を始めたい方は自身でしっかりリサーチをして商品選択をした方がいいんじゃないかなと思います。 ただ、郵便局にも、つみたてNISAという商品があります。 資産運用をまったく利用したことがない方。 自分で色々調べる時間がない方。 郵便局の通帳に低い金利でお金を積んでいる方がいらっしゃるのであればゆうちょのつみたてNISAを利用して投資信託を買うのはありだと思います。 それはなぜか、次の章で説明していきたいと思います。 2ゆうちょ銀行の投資信託商品(昔) 2005年から投資信託商品を扱っている郵便局ですが、昔はゆうちょ専用の商品が多く手数料がやけに高い。 信託報酬も安いわけではないので長期に積み立てておく商品としてはあまり意味のない商品になってしまいました。 また、販売している社員が投資信託の商品の知識、内容共に知識がなくほぼ素人が販売しているのと変わりありませんでした。 そういったことから不安や不信感に繋がりゆうちょの投資信託はダメだと評判になってしまったのではないかと思います。 確かに、自分より知識がない人間に自分の大切なお金を預けるなんて怖くてできませんよね。 では今2018年の郵便局の販売状況はどうでしょう。 3ゆうちょ銀行の投資信託商品(現在) 2018年の現在は全国233のゆうちょ銀行店舗と投資信託取扱郵便局で投資信託商品の購入ができます。 2005年と比べれば取扱局、投資信託を販売する社員も増えたということになります。 年数を重ねたことで郵便局の中でも投資信託の商品を専門に扱う社員の方もいるとのこと。 昔と比べれば、知識面の不安はかなり解消されたのではないでしょうか。 ただ、すべての社員がそうであるとは限りませんが。 商品に関しても続々と新商品が発売していました。 さらに商品のラインナップが増えてくれば、郵便局で投資信託のさまざまな商品を選べるという未来もあるかもしれません。 現在はまだ投資家の方たちからすればそのレベルにない。 ということになります。 しかし、郵便局でも投資商品として優秀な商品があります。 それが、つみたてNISAの商品です。 4つみたてNISA商品 つみたてNISAとは、金融庁の基準を満たしている質のいい投資信託のみが販売できる。 という商品です。 ゆうちょ銀行もつみたてNISAの商品を取り扱っています。 基本的に郵便局で投資信託を買うとすれば、つみたてNISAの商品を買う。 一択かと思います。 なぜなら、投資信託商品を買うにあたり大切なことはいかに手数料を少なくするかにかかっています。 ゆうちょの商品は手数料が高い傾向があるため、基本的にはつみたてNISAの商品を買う。 という選択になります。 現在ゆうちょのつみたてNISAの商品は8本で少ない本数ではありますが、逆に投資信託初心者の方は迷わなくていいとも考えられます。 また、セゾン投信の商品を買いたいという方はゆうちょの投資信託はありだと思います。 日本郵便はセゾン投信の株主で、セゾンの直販以外は一般口座ではゆうちょでしかセゾン投信の商品が買えないからです。 (NISAの場合は複数の証券会社が取扱あり)ただ、大前提として自分で勉強をしてネット証券を開設した方がメリットは多いと思います。 5最後に いろいろ書いてきましたが、投資信託のような値動きがある金融商品を買うときには最終的に全て自己責任になります。 少しでも失敗するリスクを下げるために自分から積極的に知識をつけていきましょう。 nanasi36925.

次の