メンマ アレンジ レシピ。 【レシピ】ブロッコリーの茎でメンマ風おつまみ

メンマを使ったレシピ・作り方一覧(13件)

メンマ アレンジ レシピ

メンマをこよなく愛する料理研究家の五十嵐豪です。 筍が美味しい時期ですが、一つ丸ごと買っても使いきれない、またはどう使っていいのかわからないという方、多いですよね。 そんな時に最強なのは「メンマ」を作ることなんです。 保存がきくし、オカズになるし、おつまみにもなります。 ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 てっぺんから中心に向かって切り込みを入れる• 鍋に筍を入れてひたひたに米の研ぎ水を入れ、鷹の爪を加え沸騰してから20~30分程度煮る• そのまま鍋でゆっくり冷ましておく *米のとぎ汁はアク抜きに欠かせません。 *米ぬかを加えればアク抜き効果がUPします。 *鷹の爪は菌の繁殖を防ぐ効果が期待できます。 切り込みから筍の皮を剥き、縦半分に切る• 筍の穂先の形に沿って親指を先端に向けて押し込むと綺麗に皮が剥ける 極みメンマを家庭で作るポイントは3つ! 1. 筍は一口サイズ強で大きめ 大きめにすることでに仕上がります。 香味野菜をゆっくり炒めて香りを移す にんにくをたくさん入れます。 (しっかり煮切るので口臭は気になりません) 3. 花椒、豆板醤の香りを弱火で引き出す スパイスと豆板醤は弱火で香りを引き出すことで焦げ付くリスクがなく香ばしい香りになります。 〈材料:作りやすい分量〉• 水煮した筍 1本分(300g)• ごま油 大さじ2• にんにく 6かけ• A 水 300ml• A 花椒 大さじ1• A 豆板醤 大さじ1• A 酢 大さじ1• A ダシの素 小さじ1 〈作り方〉• 筍は大きめに切る。 にんにくは2mm幅の薄切りにする。 鍋にごま油、にんにく、豆板醤を入れて弱火にかけ、にんにくの香りが立つまで炒める。 筍、Aを加えて水気が少なくなるまで煮る。 【アレンジレシピ1】めんまともやしの極ウマピリ辛和え 〈材料:2人分〉• もやし 1袋(200g)• メンマ 100g• ニラ 3本• かつお節 2g 〈作り方〉• ニラは3mm幅に切る。 ボウルにもやしを入れてラップをし600Wのレンジで1分加熱する。 のボウルにメンマ、ニラ、ごま油、かつお節を加えて和える。 メンマのうま味とスパイシーな辛味が淡白なもやしと相性抜群。 メンマのコリコリ食感ともやしのポリポリ食感が複雑な食感の組み合わせになって美味しい!是非やってみて! 【アレンジレシピ2】メンマ春巻き 〈材料:2人分〉• 春巻きの皮 6枚• 豚バラ薄切り肉 6枚• 醤油 小さじ1• メンマ 100g• 豚バラ薄切り肉に醤油をふりかける。 春巻きの皮に豚バラ薄切り肉、メンマをのせて巻く。 表面にごま油を塗り、1000Wのオーブントースターで5分焼く。 パリパリの春巻きの食感とメンマのコリコリ食感が絶妙に美味しいです。 豚バラの柔らかい甘味にメンマの辛ウマが掛け合わせると単体で食べるより何倍にも美味しいマリアージュになります。 極みメンマとアレンジメニューをご紹介しました。 JETROの海外進出支援事業採択を受けてシンガポールで富山県のイベントプロデュースや現地雑誌での連載やをもつ。 Jcom系列 Act OnTVの番組「男子料理道場」ではMCを担当。 学生時に所持金4万円・料理経験なしで料理研究家を始め、食のクリエイティブ制作チーム 株式会社フードクリエイティブファクトリーを創業。 サンクチュアリ出版で定期的に自由な仕事を創り出す講演会を開催する。 Twitter: ブログ:.

次の

影の主役!メンマを使ったおすすめレシピ20選

メンマ アレンジ レシピ

メンマの原料とメンマができるまで メンマの原料は麻竹(マチク)と呼ばれる台湾や中国で採れる筍です。 120センチほどに成長した筍を7月から9月にかけて収穫して、食べるところと皮や節を切り分けます。 皮や節は固く食べられないので、可食部分は少なくなります。 食べる部分を3~4時間蒸して、1ヶ月ほど発酵させます。 この発酵によって、甘味と酸味、独特な香りが出るのです。 次に3~4日ほど天日干しをします。 食べやすいようにカットして、乾燥メンマの出来上がりです。 ここから水煮メンマ、味付けメンマとなります。 乾燥メンマを水に戻す時間や製法によって、コリコリした食感や歯ごたえが変わってきます。 筍の先端部分を使ったメンマが穂先メンマと呼ばれるものになります。 発酵と天日干しを省いたメンマもあるようです。 メンマの名前の由来 「メンマ」という名前は、日本の丸松物産という会社が考案したとされています。 昭和20年代までは「支那竹(シナチク)」と呼ばれ、台湾から中国を経由して、日本に輸入されていました。 しかし丸松物産の当時の社長が「麺の上にのせる麻竹」つまり略して「メンマ」と名付けたのが現在のメンマの由来となっています。 その後、桃屋という食品会社がCMで名前を使い、「メンマ」という名前が浸透しました。 実は、麻竹の産地である台湾や中国では、麺の上にのせて食べる習慣は意外なことにありません。 乾燥メンマを水に戻し、肉や野菜と一緒に炒めたり、煮たりして食べるのが一般的です。 お酒のおつまみやラーメンにぴったり、手作りメンマのレシピ。 水煮しておいた筍をよく洗って3ミリに切ります。 ゴマ油を熱して筍を炒め、途中で輪切りにした唐辛子を加えます。 水や中華スープの素などを入れたら弱火の中火で煮込み、水分が半分ほどに減ったら、味を調節して出来上がりです。 唐辛子の量や砂糖の分量を調節することで好みの味に作れます。 おつまみにラーメンのトッピングに手作りメンマ 材料 (2~4人分)水煮した筍250gゴマ油大さじ1唐辛子1本水1. お弁当にもおすすめ、味付けメンマの作り方。 ゴマ油を入れたフライパンを火にかけてあたため、水煮してあるメンマを入れて炒めます。 砂糖、酒、みりん、醤油、めんつゆ、オイスターソースを入れて煮詰め、水分がメンマに染み込んだら完成です。 オイスターソースの味がコクがあってポイントになりますが、苦手な人は入れなくても大丈夫です。 10分で作れて簡単です。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 子供も大人も大好きなプリン。 実はイギリス発祥のスイーツなんです。 日本では、牛乳、砂糖、卵を混ぜ合わせて、カラメルソースの上に入れて蒸した、カスタードプリンが一般的ですよね。 自分で作るのは難しそうと思っている方も多いと思いますが、実は作り方のポイントさえ押さえれば、驚くほど簡単にお店のようなプリンが作れちゃいます。 この記事では、プリンの基礎知識に加え、基本のプリン、なめらかプリン、牛乳プリン、豆乳プリン、かぼちゃプリン、チョコレートプリン、プリンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

影の主役!メンマを使ったおすすめレシピ20選

メンマ アレンジ レシピ

メンマの原料とメンマができるまで メンマの原料は麻竹(マチク)と呼ばれる台湾や中国で採れる筍です。 120センチほどに成長した筍を7月から9月にかけて収穫して、食べるところと皮や節を切り分けます。 皮や節は固く食べられないので、可食部分は少なくなります。 食べる部分を3~4時間蒸して、1ヶ月ほど発酵させます。 この発酵によって、甘味と酸味、独特な香りが出るのです。 次に3~4日ほど天日干しをします。 食べやすいようにカットして、乾燥メンマの出来上がりです。 ここから水煮メンマ、味付けメンマとなります。 乾燥メンマを水に戻す時間や製法によって、コリコリした食感や歯ごたえが変わってきます。 筍の先端部分を使ったメンマが穂先メンマと呼ばれるものになります。 発酵と天日干しを省いたメンマもあるようです。 メンマの名前の由来 「メンマ」という名前は、日本の丸松物産という会社が考案したとされています。 昭和20年代までは「支那竹(シナチク)」と呼ばれ、台湾から中国を経由して、日本に輸入されていました。 しかし丸松物産の当時の社長が「麺の上にのせる麻竹」つまり略して「メンマ」と名付けたのが現在のメンマの由来となっています。 その後、桃屋という食品会社がCMで名前を使い、「メンマ」という名前が浸透しました。 実は、麻竹の産地である台湾や中国では、麺の上にのせて食べる習慣は意外なことにありません。 乾燥メンマを水に戻し、肉や野菜と一緒に炒めたり、煮たりして食べるのが一般的です。 お酒のおつまみやラーメンにぴったり、手作りメンマのレシピ。 水煮しておいた筍をよく洗って3ミリに切ります。 ゴマ油を熱して筍を炒め、途中で輪切りにした唐辛子を加えます。 水や中華スープの素などを入れたら弱火の中火で煮込み、水分が半分ほどに減ったら、味を調節して出来上がりです。 唐辛子の量や砂糖の分量を調節することで好みの味に作れます。 おつまみにラーメンのトッピングに手作りメンマ 材料 (2~4人分)水煮した筍250gゴマ油大さじ1唐辛子1本水1. お弁当にもおすすめ、味付けメンマの作り方。 ゴマ油を入れたフライパンを火にかけてあたため、水煮してあるメンマを入れて炒めます。 砂糖、酒、みりん、醤油、めんつゆ、オイスターソースを入れて煮詰め、水分がメンマに染み込んだら完成です。 オイスターソースの味がコクがあってポイントになりますが、苦手な人は入れなくても大丈夫です。 10分で作れて簡単です。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 子供も大人も大好きなプリン。 実はイギリス発祥のスイーツなんです。 日本では、牛乳、砂糖、卵を混ぜ合わせて、カラメルソースの上に入れて蒸した、カスタードプリンが一般的ですよね。 自分で作るのは難しそうと思っている方も多いと思いますが、実は作り方のポイントさえ押さえれば、驚くほど簡単にお店のようなプリンが作れちゃいます。 この記事では、プリンの基礎知識に加え、基本のプリン、なめらかプリン、牛乳プリン、豆乳プリン、かぼちゃプリン、チョコレートプリン、プリンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の