世界 最 弱 オセロ ai。 【最弱黑白棋AI】「人工智障」讓你想輸都輸不了?閉著眼睛都能贏過的黑白棋AI!

「世界最弱のオセロAI」が話題…一体何のために作ったの?開発者に聞いた

世界 最 弱 オセロ ai

世界最弱のオセロAI負けるのが難しすぎwwプレイはこちら! AVILEN社CTOである吉田拓真さんという方が作ったオセロAIが弱すぎると話題になっています! こちらがその本人のツイートになりこちらからその最弱AIとのオセロ対戦が楽しめます! 僕もやって見ましたがまったく負けることができなくて難しかったです。 逆転の発想。 【画像で見る:最弱オセロの遊び方】 今回公開された「最弱オセロ」は、PC・スマホを問わずに楽しめるゲーム。 通常は「盤面の石を1つでも多く自分の色に染めた方が勝ち」というルールですが、最弱オセロはその真逆。 盤面上に1つでも自分の石を残さないことで勝ち、つまり負ければ勝ちというルールが採用されています。 ゲームのリリースから間もなく、TwitterではAVILEN社CTOの吉田 拓真( TakuAtCoder1)さんが「負けられるなら負けてみてくれ!」とツイートし、4000件以上のリツイートされるなど話題に。 「AIが負けるように駒を配置してくるから勝つのと同じくらい難しい…」「10回以上やりましたが絶対負けること出来ないですね。 まいりました」「負けようとしても勝ってしまう!強い(いや、弱い!か?)」など、AIにどうしても負けられない人たちからの悲鳴が上がっています。 ねとらぼ編集部でもこのゲームをプレイしてみたところ5戦5勝。 何とか角を取らないでおこうと思っても、どんどん追い詰められて4つ角を取ってしまい、AI相手にボロ勝ちの状態が繰り返されました。 なお記事執筆時点(7月28日12時時点)でのAI戦績は120勝101795敗26引分となっています。 yahoo. 逆に負けた人は誇って良いのがおもしろいですねww 逆に本気で負けてみた!っていう動画が話題に!.

次の

【最弱黑白棋AI】「人工智障」讓你想輸都輸不了?閉著眼睛都能贏過的黑白棋AI!

世界 最 弱 オセロ ai

世界最弱のオセロAI作りました すでにたくさんの方にプレイされて、いまの戦績は5勝2110敗4引き分け! 負けられるなら負けてみてくれ!— 吉田 拓真 TakuAtCoder1 このAIを使ったゲームが、7月25日の夜に公開された「最弱オセロ」。 リリースされてから間もない、7月25日の22時52分時点では「5勝2110勝4引き分け」と、AIが圧倒的に負けている。 そして、公開されてから約7日経った、8月1日の19時00分時点では「1729勝465804敗73引き分け」と、勝ち数は増えたものの、圧倒的に負けている。 一体、何のために作ったのか? 「最弱オセロ」の開発者でAVILENのCTO、吉田拓真さんに開発した理由を聞いた。 当時、囲碁AI「アルファ碁」が出てきて、自分も同じようなものを作りたいと思い、興味を持ちました。 それに加え、ディープラーニング(深層学習)の勉強もしたかった、という面もあります。 その動画もAIを使っていて、そのAIは負けようとはしてくるのですが、それほど弱くはなかったため、もっと弱いAIを作ろうと考えました。 負けるコツはある? まず前提として、「最弱オセロ」が打つ手は、一手一手すべてに意味があるので、最初の一手から考えて打つ必要があります。 コツとしては、あくまでも私の予想ですが、相手の打てる場所を減らすように打っていくことです。 オセロは相手が打てる場所を減らすことが大事で、そうすると、終盤、自分が好きな場所に打てるようになるかもしれません。 あとは、相手になるべく角をとらせることでしょうか。 「最弱オセロ」に人間では負けられないと思っていました。 理由は定かではありませんが、公開した日(7月25日)の夜から多くの人に広まり、オセロの有段者がプレーしていて、「最弱オセロ」がかなり研究されているようなんです。 有段者に何度もやって研究されると、人間が「最弱オセロ」の弱さを上回ってしまうということだと思います。 「最弱オセロ」が勝ってしまっていることについては、私はとても興奮していて、みなさんが楽しんでくれているとプラスに捉えています。 あくまでも一時的なので、今は元に戻しています。 2つ目は、AI自体を学習させたこと。 3つ目は、「何手先まで読む」という設定を変えたことです。 元々は7手先だったのを9手先にしました。 どんなことに応用しようと考えている? 正直なところ、あまり考えていません。 あくまでも会社全体での遊び、エンタメです。 ただ、「最弱オセロ」によって、AI時代の可能性を感じました。 「最弱オセロ」に負けるコツは教わったので頑張って負けてみよう。 そして、吉田さんの開発理由は「ディープラーニングの勉強」のためということだったので、今回の反響を糧に、世界を驚かすようなAIを開発してくれることを期待したい。

次の

【最弱黑白棋AI】「人工智障」讓你想輸都輸不了?閉著眼睛都能贏過的黑白棋AI!

世界 最 弱 オセロ ai

世界最弱のオセロAI作りました すでにたくさんの方にプレイされて、いまの戦績は5勝2110敗4引き分け! 負けられるなら負けてみてくれ!— 吉田 拓真 TakuAtCoder1 このAIを使ったゲームが、7月25日の夜に公開された「最弱オセロ」。 リリースされてから間もない、7月25日の22時52分時点では「5勝2110勝4引き分け」と、AIが圧倒的に負けている。 そして、公開されてから約7日経った、8月1日の19時00分時点では「1729勝465804敗73引き分け」と、勝ち数は増えたものの、圧倒的に負けている。 一体、何のために作ったのか? 「最弱オセロ」の開発者でAVILENのCTO、吉田拓真さんに開発した理由を聞いた。 当時、囲碁AI「アルファ碁」が出てきて、自分も同じようなものを作りたいと思い、興味を持ちました。 それに加え、ディープラーニング(深層学習)の勉強もしたかった、という面もあります。 その動画もAIを使っていて、そのAIは負けようとはしてくるのですが、それほど弱くはなかったため、もっと弱いAIを作ろうと考えました。 負けるコツはある? まず前提として、「最弱オセロ」が打つ手は、一手一手すべてに意味があるので、最初の一手から考えて打つ必要があります。 コツとしては、あくまでも私の予想ですが、相手の打てる場所を減らすように打っていくことです。 オセロは相手が打てる場所を減らすことが大事で、そうすると、終盤、自分が好きな場所に打てるようになるかもしれません。 あとは、相手になるべく角をとらせることでしょうか。 「最弱オセロ」に人間では負けられないと思っていました。 理由は定かではありませんが、公開した日(7月25日)の夜から多くの人に広まり、オセロの有段者がプレーしていて、「最弱オセロ」がかなり研究されているようなんです。 有段者に何度もやって研究されると、人間が「最弱オセロ」の弱さを上回ってしまうということだと思います。 「最弱オセロ」が勝ってしまっていることについては、私はとても興奮していて、みなさんが楽しんでくれているとプラスに捉えています。 あくまでも一時的なので、今は元に戻しています。 2つ目は、AI自体を学習させたこと。 3つ目は、「何手先まで読む」という設定を変えたことです。 元々は7手先だったのを9手先にしました。 どんなことに応用しようと考えている? 正直なところ、あまり考えていません。 あくまでも会社全体での遊び、エンタメです。 ただ、「最弱オセロ」によって、AI時代の可能性を感じました。 「最弱オセロ」に負けるコツは教わったので頑張って負けてみよう。 そして、吉田さんの開発理由は「ディープラーニングの勉強」のためということだったので、今回の反響を糧に、世界を驚かすようなAIを開発してくれることを期待したい。

次の