絢香 みんな 空 の 下 歌詞。 絢香/みんな空の下

絢香「みんな空の下」は高い壁を乗り越えたい時に聴きたい曲!前向きになれる歌詞の意味とは?!

絢香 みんな 空 の 下 歌詞

本日ご紹介するのは、圧倒的な歌唱力と表現力でデビューから現在も尚、精力的に活動を続けるシンガーソングライター 『絢香』さんのナンバーから。 『絢香』 さんは、16歳の時に福岡の音楽塾ヴォイスの門を叩き、当初は毎週末に大阪から福岡まで新幹線で片道4時間かけて通っていたとのこと。 『三日月』は 『絢香』さんの代表作ですが、デビュー前から温められていたものなのですね。 音楽塾ヴォイス在籍時にできた曲とのことです。 同年12月に、第39回日本有線大賞で最優秀新人賞、第48回日本レコード大賞の最優秀新人賞を受賞し、『NHK紅白歌合戦(第57回)』に初出場を果たしました。 2009年4月には俳優の水嶋ヒロさんと結婚予定であるとの報道を受けて、記者会見を開き「2009年2月22日に入籍。 デビュー翌年からバセドウ病を患っていて治療に専念するため、歌手活動を年内で休止する」と発表しました。 2011年11月に自社レーベルを設立、活動を再開し、10周年を経て現在も勢力的に活動を続けている。 そんな 『絢香』 さん の数ある名曲の中から今回ご紹介する曲は 『みんな空の下』(作詞・ 作曲:絢香) 2009年7月にリリースされた10枚目のシングルで、花王「アジエンス」のCMソングにも起用されました。 この曲は、元々友達のために作ったものですが、気が付けば自分にぴったりの曲になってしまったとのことです。 バセドウ病の治療のための活動休止前の最後のステージ、そして活動再開後の最初のステージ、共に紅白歌合戦ですが、いずれも 『みんな空その下』を披露しているのは、 『絢香』さん自身にとっても、厳しい時期を乗り越えるための重要な曲となっていたからでしょう。 本当に強い人間とは、本当の優しさを持つ人間のこと。 心の底から相手のことを思いやる気持ちを持てる人こそ、優しくそして強い人間。 『人の心の痛みを想像し寄り添える人』。 強い人間は自分も辛い・悲しい・厳しい経験をし、それを乗り越えている。 だからこそ他人の心の痛みにも寄り添える。 『相手のことを考え、時には厳しくすることもできる勇気を持った人』。 相手の顔色を窺い、間違っていると思っても相手に合わせ我慢してしまうことは本当の優しさではない。 相手のことを思い、間違っていることを正すために、はっきり言葉で伝えることができる人が本当の優しさを持っており、強い人間である。 『困った人に手を差し伸べることができる人』。 自分のためだけでなく他人のために力を使える人は、強いパワーを持っており、心の優しい人間である。 『相手に対して感謝の気持ちを持てる人』。 どんな些細なことでも当たり前と思わず相手に対して感謝の気持ちを持てる人は、当たり前のことがありがたいことだと実感できる人。 辛い・悲しい・厳しい経験をし、それを乗り越えた強さを持っているからこそ、些細なことでもありがたいことだと実感でき、相手に対して心の底から感謝することができる。 『いつも笑顔の人』。 人生山あり谷ありなのでいつも笑って過ごせるものではありません。 笑顔でいるには強さが必要です。 いつも笑顔でいられる人は、苦難を乗り越える力を持っており、どんな状況でもポジティブに考えられる思考の持ち主である。 辛い時こそ笑顔に、悲しい時こそ笑顔に、これができる人は本当に強い人間である。 「笑う門には福来る」ということわざがありますが、笑顔にはすさまじいパワーがあります。 楽しいと笑顔になりますが、逆に笑顔を作ると沈んだ気持ちも浮いてきて楽しい気持ちになるのです。 そして誰かが笑うと周りの人にも笑顔が連鎖します。 いつも笑顔でいられる人は、周りの人にもパワーを与えることができる素敵な人です。 私も強い人間になりたい。 そして周りの人にもパワーを与えられるようになりたい。 少しでも多くの人が、この歌を聴いて、この記事を読んで強くなるきっかけになってもらえればと思います。

次の

絢香 みんな空の下 歌詞

絢香 みんな 空 の 下 歌詞

2006年にメジャーデビューしてから精力的な活動を続けていた絢香でしたが、デビュー翌年から甲状腺の病気である バセドウ病を患い、治療を続けていました。 そして、治療に専念するために2010年より活動を休止することを発表し、「みんな空の下」が活動休止前の最後の作品となりました。 元々は友人に向けて書いたという「みんな空の下」ですが、活動休止前というタイミングでふり返ると まるで自分のことを歌っているように感じたと語られています。 その後、絢香は自主レーを設立して2011年より活動を再開しますが、活動再開後の最初のステージとなった第62回NHK紅白歌合戦で披露した曲も「みんな空の下」でした。 絢香自身にとっても、 厳しい時期を共に乗り越えた重要な曲となっているのではないでしょうか。 アカペラで歌い上げたMVにも注目 「みんな空の下」というタイトルにも表れているように、この曲では 「あなたはひとりじゃない」という励ましのメッセージが歌われています。 聴く人にそっと寄り添って背中を支えてくれるようなは、絢香の歌唱力が合わさることでより説得力をもって響いてきます。 辛いときにもつい我慢して気を張ってしまうことを「優しさ」だと語り、「言葉なくても 伝わるあなたの想い」と理解を示してくれるは、聴いているとスッと気持ちが楽になるようなパワーがあります。 今までの努力や苦労を認めて、 「何度も高い壁を乗り越えてきたんだから大丈夫」と励ましてくれるメッセージには、心が救われます。 そして、そんなメッセージを受け取ることで 「自分はひとりじゃないんだ」と思うことができます。 無闇に「頑張れ」と伝えるのではなく、 そっと背中を押してくれるような「みんな空の下」の。 「悔しかったよね」と寄り添ってくれる言葉が、頑張りすぎて気を張っていた人の心には温かく響くのではないでしょうか。 泣いてしまうような日々も今花開くための準備期間だったんだ、と語る歌詞のメッセージは、誰もが抱えているであろう辛い思い出を救ってくれます。 「同じ空の下 願う人がいる」や「見守ってるよ 遠い場所から」という歌詞からは、自分のことを想ってくれている家族や恋人、友人などの大切な人が思い出されます。 自分が大切な人のことを想っているように、相手も自分の幸せを願ってくれている。 そうやってみんな同じ空の下にいるから、自分はひとりじゃない。 この曲のメッセージは、聴く人にそう思わせて優しく励ましてくれます。

次の

みんな空の下

絢香 みんな 空 の 下 歌詞

2006年にメジャーデビューしてから精力的な活動を続けていた絢香でしたが、デビュー翌年から甲状腺の病気である バセドウ病を患い、治療を続けていました。 そして、治療に専念するために2010年より活動を休止することを発表し、「みんな空の下」が活動休止前の最後の作品となりました。 元々は友人に向けて書いたという「みんな空の下」ですが、活動休止前というタイミングでふり返ると まるで自分のことを歌っているように感じたと語られています。 その後、絢香は自主レーを設立して2011年より活動を再開しますが、活動再開後の最初のステージとなった第62回NHK紅白歌合戦で披露した曲も「みんな空の下」でした。 絢香自身にとっても、 厳しい時期を共に乗り越えた重要な曲となっているのではないでしょうか。 アカペラで歌い上げたMVにも注目 「みんな空の下」というタイトルにも表れているように、この曲では 「あなたはひとりじゃない」という励ましのメッセージが歌われています。 聴く人にそっと寄り添って背中を支えてくれるようなは、絢香の歌唱力が合わさることでより説得力をもって響いてきます。 辛いときにもつい我慢して気を張ってしまうことを「優しさ」だと語り、「言葉なくても 伝わるあなたの想い」と理解を示してくれるは、聴いているとスッと気持ちが楽になるようなパワーがあります。 今までの努力や苦労を認めて、 「何度も高い壁を乗り越えてきたんだから大丈夫」と励ましてくれるメッセージには、心が救われます。 そして、そんなメッセージを受け取ることで 「自分はひとりじゃないんだ」と思うことができます。 無闇に「頑張れ」と伝えるのではなく、 そっと背中を押してくれるような「みんな空の下」の。 「悔しかったよね」と寄り添ってくれる言葉が、頑張りすぎて気を張っていた人の心には温かく響くのではないでしょうか。 泣いてしまうような日々も今花開くための準備期間だったんだ、と語る歌詞のメッセージは、誰もが抱えているであろう辛い思い出を救ってくれます。 「同じ空の下 願う人がいる」や「見守ってるよ 遠い場所から」という歌詞からは、自分のことを想ってくれている家族や恋人、友人などの大切な人が思い出されます。 自分が大切な人のことを想っているように、相手も自分の幸せを願ってくれている。 そうやってみんな同じ空の下にいるから、自分はひとりじゃない。 この曲のメッセージは、聴く人にそう思わせて優しく励ましてくれます。

次の