コロナ増えてる。 コロナで7割の人が自炊の頻度が増えた!自炊で困ってることは?食費は増えた?(ファイナンシャルフィールド)

「コロナ離婚」って本当に増えてるの? そして、その対策は「悪いのは私達じゃなくて、全部コロナのせい」という発想?

コロナ増えてる

NHKの情報によると: 「北九州市内では、先週金曜日まで23日連続で感染が確認されていませんでした。 このうち27人の感染経路がわかっていません。 」 とありました。 この情報を見ると、現時点での北九州市のコロナ感染者を発見する検査体制は健全に機能していて、感染者を発見する技術が高まっているように思います。 PCR検査の結果が分かる期間が、以前の5分の1くらいに短くなっていて、 5倍くらいにスピードアップしているように思います。 北九州市では、今回の第2波で発見した感染者数が第1波と同じ人数に達したようです。 今回の第2波で発見できる感染者の数が、第1波で発見した感染者数の4倍程度発見できるならば、 それは、東京都の様に、感染者を十分な割合で発見できるということであって、 感染者を可能な限り発見して未発見の感染者を少なくするということだと思います。 従来の検査体制の4倍くらいの感染者を発見できる検査体制が働いているという事だと思います。 その様に完全な検査が出来ているならば、今回の第2波に完全に対応できて早期に抑え込む事ができると思います。 しっかり検査して正確な情報をつかんで対策するなら、この第2波に十分に対応できるだろうと考えます。 この当時のPCR検査は、 検査対象者を厳選するため、検査対象者をコロナが悪化した人に限り、感染から概ね1か月以上経った人を検査していた。 新型コロナの場合は、 感染から2週間後に生きるか死ぬかが決まり、 3週間後には死んでいる。 4週間経ってもまだ生きている人は回復している人、 ほとんど治っている人であり、 PCR検査しても陰性になる可能性が極めて高かった。 初期の検査体制では、この様に検査が遅く、感染者が感染から回復して感染者で無くなる時期にPCR検査していました。 北九州市の感染の報告のデータからは、今回の北九州市でのPCR検査体制は、このような以前検査体制の弱点が解消されて、良い体制で検査されているように感じています。

次の

新型コロナウイルスの感染者数が日本国内で増えてる。

コロナ増えてる

Contents• ウーバーイーツ需要自体は増えてる ウーバーイーツの需要自体は増えてます。 特に首都圏は全体の注文自体は増えてますね。 皆家に籠って外出したくないのでしょう。 筆者もそうです。 コロナウイルスに感染したくありませんからね。 自分だけならまだしも家族に移したらもう大変です。 高齢者もいたらなおさらです。 大事な家族の猫にだって移りますからね。 では配達員の稼ぎは増えたのか?というと実はそうでもないんです。 配達員の稼ぎは減ってる。 以前より稼げなくなってる 実は配達員の稼ぎ自体は減ってます。 それも結構厳しく減ってます。 というのも全体の注文数は増えても配達員一人あたりに振られる注文はずっと減ってるからですね。 一人当たりの件数が減れば稼ぎも落ちるわけで世間だけでなく配達員にとっても厳しい状況なんです。 テレビでウーバーイーツが忙しいなんたら言ってたのは確実にヤラセですね。 需要以上に配達員の供給が増えすぎてるため なぜ振られる件数が減ってるかというと配達員自体が爆増してるからです。 同じエリアでも見たことない人だらけですからね。 マックの前などウバック持った配達員だらけです。 恐らくこのコロナ禍で失職状態の人が多く、少しでも稼ぎを求めてウーバーに流れ込んでるんだと思います。 完全に供給が需要を上回っちゃってる状態なんですね。 休業、時短営業の店が増えて全体の件数も減りつつあるため 百貨店やショッピングモールなどは丸ごと休業になったためそれらに入ってたテナント分の注文が入らなくなりました。 また夜8時までの時短営業になる店も増えてます。 結果せっかく増えた需要自体も減りつつあります。 増えた需要が減ることで更に一人当たりに振られる件数が減り稼げなさに拍車がかかってます。 今後閉店する飲食店も増えるでしょうし恐らく更に稼げなくっていくでしょうね…。

次の

コロナウイルス問題で売上が伸びてる業種・業界まとめ

コロナ増えてる

Contents• ウーバーイーツ需要自体は増えてる ウーバーイーツの需要自体は増えてます。 特に首都圏は全体の注文自体は増えてますね。 皆家に籠って外出したくないのでしょう。 筆者もそうです。 コロナウイルスに感染したくありませんからね。 自分だけならまだしも家族に移したらもう大変です。 高齢者もいたらなおさらです。 大事な家族の猫にだって移りますからね。 では配達員の稼ぎは増えたのか?というと実はそうでもないんです。 配達員の稼ぎは減ってる。 以前より稼げなくなってる 実は配達員の稼ぎ自体は減ってます。 それも結構厳しく減ってます。 というのも全体の注文数は増えても配達員一人あたりに振られる注文はずっと減ってるからですね。 一人当たりの件数が減れば稼ぎも落ちるわけで世間だけでなく配達員にとっても厳しい状況なんです。 テレビでウーバーイーツが忙しいなんたら言ってたのは確実にヤラセですね。 需要以上に配達員の供給が増えすぎてるため なぜ振られる件数が減ってるかというと配達員自体が爆増してるからです。 同じエリアでも見たことない人だらけですからね。 マックの前などウバック持った配達員だらけです。 恐らくこのコロナ禍で失職状態の人が多く、少しでも稼ぎを求めてウーバーに流れ込んでるんだと思います。 完全に供給が需要を上回っちゃってる状態なんですね。 休業、時短営業の店が増えて全体の件数も減りつつあるため 百貨店やショッピングモールなどは丸ごと休業になったためそれらに入ってたテナント分の注文が入らなくなりました。 また夜8時までの時短営業になる店も増えてます。 結果せっかく増えた需要自体も減りつつあります。 増えた需要が減ることで更に一人当たりに振られる件数が減り稼げなさに拍車がかかってます。 今後閉店する飲食店も増えるでしょうし恐らく更に稼げなくっていくでしょうね…。

次の