汗疹 の 治し 方。 汗疱の原因と治し方・対策

お尻の汗疹~種類と簡単な治し方

汗疹 の 治し 方

首の周りやわきの下、肘・膝の裏、ベルトや下着で締め付けのある部分など、 汗をかきやすくムレやすい部位に、 赤みをもった小さなポツポツ(小丘疹)が 急速に現れます。 強いかゆみを伴い、 ちくちくした感じや 熱感を覚えることもあります。 一般によくみられる、赤みやかゆみを伴うあせもは 「紅色汗疹」と呼ばれますが、このほかに 「水晶様汗疹」と呼ばれる、 かゆみや赤みを伴わないあせももあります。 水晶様汗疹は、皮膚のごく浅い部分に汗がたまって起こるもので、 透明の小さなポツポツ(小水疱)ができますが、かゆみなどの症状はほとんどなく、1日~数日で消えていきます。 乳児の顔によくできますが、大人でも発熱時などにみられることがあります。 対処・予防法は? 衣服や室温を調整し、 涼しい環境で過ごすようにしましょう。 シャワーをこまめに浴びるなど、 皮膚を清潔に保つようにすることも大切です。 通気性や吸湿性がよく、肌あたりのよい 木綿などの衣類を選んで着用しましょう。 髪の毛がかかる 額や 首元などもあせものできやすい部位です。 汗をかく時期には 髪を結ったり髪留めでとめるなどの工夫もしてみましょう。 素肌につける アクセサリー類もあせもを助長することがあるので注意しましょう。 通気をよくし、汗をかかない環境で過ごすことで、 通常は数日で自然に治まりますが、炎症やかゆみを抑える市販薬(OTC医薬品)を使用してみてもよいでしょう。 汗を大量にかく状態が改善されない場合は、あせもが治らず 湿疹化したり、皮膚を掻くことで細菌感染が起こり、 とびひなどに進展することがあるため、 掻かないようにすることが大切です。 掻いてしまってもキズができにくいように、爪は短く切っておきましょう。 症状が重いときや、なかなか治らないときには医療機関(皮膚科)を受診しましょう。

次の

お尻の汗疹の治し方。大人がなる原因と予防対策これですべすべ!

汗疹 の 治し 方

あせもって、できたことありますか? 大抵のひとは、経験ありますよね。 かゆくてかゆくて、かきむしってしまう気持ち、わかります。 でもでも、それでは余計にかゆくなってしまい、後悔します。 そういう感じでしょうか。 それでは、少しあせもについて書かせていただきます。 あせもとは、大量に汗をかいたときに表面にある細い汗管が詰まって炎症を引き起こしたものです。 汗管にたまった汗は、周りの皮膚に漏れ出し、赤いぶつぶつや水膨れになります。 夏、蒸し暑い場所で、汗が乾かないところにできやすいです。 例えば、首や背中・曲げたりする関節、ひじやひざの内側などが気を付けたいところですね。 そもそも、汗はなんのためにかくのでしょうか? まず1つ目は、暑くなりすぎた体を冷やすため。 次に皮膚の表面を保湿し細菌から守るためなど、汗をかくメリットも多くあるのですが、 汗は時間とともにデメリットへと変化していきます。 ですので、汗を放置することは危険です。 あせもができたところに細菌が侵入し、飛び火となり、体中に広がりやすくなり、 悪化することもありますので、早めの対処が必要です。 予防として、汗をため込まないようにこまめに汗を拭き、乾く状態に保つことが大切です。 もし、あせもがもしできてしまったら、汗管に溜まった汗を石鹸などで洗い流すのが効果的です。 汗をたくさんかいたあとは、シャワーを浴びるだけでも、悪化を防ぐことができます。 夏の子供の遊びにおすすめは、水遊び!! お子様のあせも予防にぴったりです。 プールや海、川遊びなど汗をかいてもすぐに流せる水遊びがいいですね。 お庭やベランダ、お風呂場でも十分楽しめます。 子供の楽しくかゆくならないので、機嫌もよく楽しい夏が過ごせそうですね。 勿論、エアコンなどで、空調を整え、汗をかかないようにするのも1つの手ではありますが、 子供が動く量でのエアコン設定では親は寒すぎかもしれません。 せっかくの夏の楽しみを子供とともに味わってみるのもいいのではないでしょうか? 目次• 氷や保冷剤などで冷やし、皮膚の感覚をにぶらし、 なるべくかかないようにがんばります。 冷たい濡れタオルで抑えるだけでも効果的です。 あせもと湿疹の違いとは? あせもは、前文でも書かせていただきましたが、簡単に書くと汗管が詰まって炎症した状態です。 あせもは、赤く盛り上がり、痛痒い紅色汗疹(こうしょくかんしん)、 水膨れをともなう水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)、 部分的に盛り上がり、汗がかけない深在性汗疹(しんざいせいかんしん)の3種類あります。 次に湿疹とは、赤く乾いたぶつぶつ、盛り上がった状態にもなります。 湿疹はアトピー性皮膚炎や食物アレルギーなど、種類も多く原因が特定されにくいものが多くあります。 湿疹は、乾燥によりできるので、皮膚の保湿や低刺激の石鹸を使用し、 それでも治らない場合は、重症にならないために病院への受診をお勧めします。 まとめ あせもについて学べましたか?あせもは、出来ない努力をし、出来てもかきむしらない努力が必要です。 あせもが悪化し、飛び火になると治るのに時間がかかり大変です。 そうならないために、汗をかく度にこまめに拭き、洗い流しましょう。 体を清潔に保つことがイよりも大切です。 では、快適な楽しい夏をお過ごしくださいね。

次の

あせもの治し方と予防法 | 食べ物の栄養・効能を中心に紹介

汗疹 の 治し 方

ここの所、連日暑い日が続いています。 こう暑いと、どう頑張っても 汗をかいてしまいますよね。 実は、私も相当な汗っかきです。 外出していると、特に激しい運動をしている訳でもないのに、数分で汗まみれ。 携帯しているハンカチもグッショリです。 制汗剤は使ってますが、モノの役に立ちません。 こうやって、一日中汗にまみれていると、もう一つ困った問題が起こります。 そう、 あせもです。 私は特に のどのあたりに出来やすくて、その耐え難い痛痒さに悶絶するのが毎年のお決まりです。 子供なら、親に何とかしてもらう所なのでしょうが、私はまがりなりにも大の大人。 自分で何とかしなければいけません。 何とか賢い 治し方はないものかと、調べまくった事があります。 これは、その時のお話です。 最近の大人のあせも事情 先にもいいました様に、私の夏には あせもはつきものでした。 しかし、最近はわたしの様に汗っかき体質でなくとも、 あせもで悩ませられる大人の方が増えている様です。 そもそも、日本の夏は高温多湿。 高い気温とじっとりと湿度の高い空気。 近年はそれに温暖化による気温上昇も加わり、さらに不快度指数が高まっています。 その中に閉じ込められ、ましてや外出や仕事などで動き回れば、数分で汗だくになるのも当然というものでしょう。 一昔前なら、電車内や百貨店等、「涼しくて汗がひく」と感じる場所がたくさんありましたが、近頃は、エコを気にしてそうそう低めの温度設定にしないところが増えているのも、 大人の あせも増加に一役かっている様です。 そもそも、 大人の あせもは高温の環境下で長時間の肉体労働をする人に出来やすいと言うのが常識でしたが、最近は上記の様に猛暑や節電の影響で、 職業に関係なく悩ませられる人が増えている様です。 そもそもあせもとは? 人間が汗をかくのは、高温や運動などで上昇し過ぎた体温を気化熱で下げるため。 つまり、汗をかく事事態は、 人体をを守るための重要な生体活動です。 しかし、その汗も放置してしまうと、汗が排出される器官、 汗管が詰まってしまいます。 排出されない汗は表皮内に溜まって、 炎症を起こします。 これが、 あせもとなります。 一般的に見られる あせもは、 赤い発疹が出来て、強い疼痛を伴うタイプ。 皆さんも体験した事がある、あれです。 ちなみに専門用語で、 紅色汗疹(こうしょくかんしん)と言うそうです。 あせもの出来やすい部位は、首回りや脇、胸の下、お腹回り、ひじの内側、足のつけ根など、 衣服や皮膚同士が密着する部分です。 ただでさえ汗が溜まりやすく、不快になりやすい場所ですが、 あせもが出てしまうと不快指数さらに倍です。 あせもが出来ても、とりあえずガマンしとく人も多いでしょうが、 大人は子どもに比べて 傷痕が残りやすい傾向があります。 痒さに耐え切れず、掻いて 重症化すると、目立つ痕を残してしまう可能性があります。 たかが あせもと侮らず、しっかりと治す事が大切です。 大人のあせもの治し方 生活の見直しを あせもが出来た場合、悪化しないうちに治してしまう事が大切です。 あせもの早い 治し方としては、 大人であればまず自身の普段の 生活を見直してみましょう。 最近では、エコの観点から就寝中に エアコンを切る人が多いです。 しかし、 室温が高いと寝汗をかき、 あせもが悪化する可能性があります。 あせもが悪化して痒みが増すと、 大人と言えど知らず知らずのうちに患部を掻いてしまいます。 すると患部に傷がつき、 細菌感染による化膿を引き起こしてしまう可能性があります。 あせもが治るまでは、 エアコンを上手に利用して 余計な発汗を防ぎ、痒みを悪化させない事が大事です。 食生活について 食生活においても、注意すべき点があります。 辛い食べ物や アルコールの摂取は体温を上昇させて、余計な発汗を促します。 最近は激辛ブームだったりしますが、なるべく控える様にしてください。 入浴の際の注意 また、患部は 清潔を保つ事が大事ですが、 熱い湯船につかるのはやはり発汗を促すために良くありません。 ぬるめのお湯を使うか、 シャワーで済まし、患部は ゴシゴシ擦らない様にしてください。 使用する薬について あせもにつかう薬ですが、 ステロイド外用剤が抗炎症作用があるので適しています。 掻いて悪化させてしまった場合は、細菌感染を抑える目的で、 抗生物質が配合されたものが良いと思われます。 最後に、あせもの予防策について触れてみましょう。 あせもを予防するには? あせもが出来ない様にするには、 肌を清潔に保つことが基本となります。 かいた汗はすぐに洗い流す事が理想的ですが、日に何回もシャワーを浴びるのは現実的とは言えないでしょう。 そこで、次の様な方法が効果的です。 汗をかいたら、 タオルなどでこまめに拭き取りましょう。 その際、 乾いたタオルは水分だけ吸って老廃物を肌に残してしまうため、、 濡らしてかたく絞ったものを使うと効果的です。 外出時には、最近多く市販されている 顔・体用のウェットティッシュを携帯する事をお勧めします。 屋外レジャーや、ジム通い等大量の汗をかく時は、 着替えの衣類を持って行き、帰宅したら、早めに 入浴して汗を洗い流しましょう。 肌に密着する衣類、特に下着等は、 吸汗速乾性能がある素材で出来たものを、選ぶ事も大事です。 まとめ 今年は季節の早いうちから暑い日が続いています。 あせもに悩まされる人も多くなる事でしょう。 大人の知識を駆使し、賢い 治し方、 予防方を実施してください。 しかし、より確実な治し方は素人判断に頼らず、専門の医療機関である皮膚科に相談する事です。 そこであれば、薬剤も適したものを処方してくれます。 あせもくらいでと思わず、いざという時には、大人としての判断をしてください。

次の