経済 産業 省 新型 コロナ。 ノンアルコール除菌グッズは新型コロナに効果ないの?経済産業省が検証試験実施!-生活お役立ちブログ

経産省/現時点で「次亜塩素酸水」新型コロナへの有効性不確認

経済 産業 省 新型 コロナ

新型コロナウイルス感染症対策情報• 九州経済産業局の相談窓口 電話:092-482-5447(平日・土日祝 9時00分~17時00分) (福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)• 九州内自治体 新型コロナウイルス関連ページ 九州経済産業局 新着情報• 2020年6月16日)• ) 2020年5月11日)• 2020年4月28日)• (2020年4月15日)• (2020年4月8日)• (2020年4月8日)• (2020年4月7日)• (2020年3月9日)• (2020年3月9日)• (2020年3月3日)• (2020年3月2日)• (2020年3月2日)• (2020年2月28日)• (2020年2月20日)• (2020年2月17日)• All Rights Reserved.

次の

経産省/現時点で「次亜塩素酸水」新型コロナへの有効性不確認

経済 産業 省 新型 コロナ

経済産業省は6月1日、現時点において、「次亜塩素酸水」の新型コロナウイルスへの有効性は確認されていないと発表した。 製品評価技術基盤機構(NITE)が実施している消毒方法の有効性評価の有識者による第4回検討委員会の関連資料として公表したもの。 次亜塩素酸水(次亜塩素酸を主成分とする液体)と「次亜塩素酸水」として販売されている商品について、国民の自主的かつ合理的な選択の下で有効に利用される観点から、事業者等における今後の対応における参考として、5月28日時点での知見と調査状況をもとに、販売の実態をまとめたもの。 販売実態として、「製法・原料」「液性・濃度・成分」の表示に課題があった。 希釈して用いる製品については、希釈方法について明記していない」「次亜塩素酸以外の成分について、明記していないものが多い」といった課題が指摘された。 また、 消毒・除菌等の有効性の根拠が明確でないものが多く、有効性試験を行っている場合でも、国際規格 ISO 、国家規格 JIS 、団体規格等で規定されている評価法を用いていないものがある。 そのほか、結果の表示にあたっても、試験実施時期、用いた手法、試験機関、結果等が明示されていない場合があるといった事例が報告された。 これまでに販売状況を確認できた 81 品目中、少なくとも 66 品目が空間除菌を謳って販売している。 医療機関や保育施設、福祉施設等でも従前より用いられている他、新型コロナウイルス対策として新たに飲食店等で導入する事例も見られている。 一方で、「無人空間での噴霧消毒(換気を行ってから入室)は従来から行われているが、「次亜塩素酸水」は、有人空間での噴霧を示唆する販売例が多い」「物体表面のウイルス除去か、空中のウイルス除去かが判然としない販売例が多い」といった課題が指摘された。 また、「消毒剤を人体に噴霧することは、いかなる状況であっても推奨されない。 これは、肉体的にも精神的にも有害である可能性があり、感染者の飛沫や接触によるウイルス感染力を低下させることにはならない」とのWHOの見解を紹介している。

次の

経産省、新型コロナウイルスの消毒方法まとめる 石けんに次亜塩素酸水も

経済 産業 省 新型 コロナ

・小売業(飲食店を含む): 資本金5,000 万円以下 または従業員 50 人以下 ・サービス業: 資本金5,000 万円以下 または従業員 100 人以下 ・卸売業: 資本金1億円以下 または従業員 100 人以下 ・その他の業種: 資本金3億円以下 または従業員 300 人以下 本助成金の支給限度日数は原則として1年間で100日分、3年で150日分ですが、緊急対応期間中 令和2年4月1日~令和2年9月30日)に実施した休業などは、 この支給限度日数とは別に支給を受けることができます。 令和2年6月12日付けの特例措置により、助成金の 「上限額の引き上げ」と「助成率の拡充」を令和2年4月1日 にさかのぼって適用します。 既に支給決定を行っている事業主などに対して、追加の助成額をお支払いします。 ・差額(追加支給分)も含めて支給します。 ・すでに支給した額との差額(追加支給分)は後日支給します。 差額(追加支給分)は令和2年7月以降に順次お支払します。 ・令和2年9月30日までに次の書類をご提出ください。 15掲載 ・特例措置に関するリーフレット R2. 10掲載 R2. 17掲載 R2. 5掲載 R02. 5掲載 R2. 20掲載 R2. 20掲載 R2. 12掲載(R2. 13 一部修正) R2. 12掲載 (追加支給の詳細については、このリーフレットの裏面をご覧ください。 ) R02. 5掲載 R2.

次の