手足 口 病 かゆい。 手足口病になった時!かゆみ止めにムヒはおすすめ?

手足口病について

手足 口 病 かゆい

手足口病っていうと子どもがかかる夏風邪というイメージがあるけど、大人もかかるらしい! しかも、なかには深刻化するケースがあるみたい・・・。 何だかこわいな。 そもそも手足口病って、手と足と口がどうなっちゃうの? 三大夏風邪の一つ「手足口病」 風邪というと、寒い時期にひくものというイメージがありますが、暑い夏でも風邪をひくことがありますよね。 それは、インフルエンザウイルスのように低温低湿の環境を好むウイルスがいる一方で、高温多湿の環境を好むウイルスもいるからです。 高温多湿時に元気になるウイルスが引き起こす風邪が、いわゆる夏風邪です。 「手足口病」は、「ヘルパンギーナ」「プール熱(咽頭結膜熱)」とともに、三大夏風邪の一つとされています。 手足口病とは、そのインパクト大の名のとおり、手のひら、足の裏、口の中に痛みをともなう発疹が現れる夏風邪です。 発疹は米粒大でやや盛り上がっており、水疱化するものもあります。 また、かかった場合、3割程度は発熱をともないます。 手足口病にかかるのは乳幼児が多く、子どもを持つ親には知られた病気です。 しかし、子どもだけがかかるのでなく、大人でもかかるので注意が必要です。 大人がかかると症状が重めに 実は、手足口病は、子どもよりも大人のほうが、症状が重く出やすいことが特徴です。 まず、発疹の痛みは大人のほうが強く出ます。 とにかく痛く、足裏などにひどく出ると歩けないほどになります。 また、インフルエンザにかかる前のような、全身倦怠感、悪寒、関節痛、筋肉痛などの症状が出ることがあるのも、大人の特徴です。 身近に、手足口病にかかったお子さんなどがいない場合、多くの大人は発疹が出ても手足口病には思い至らないため、「何だ、このよくわからない発疹は?そういえば体もだるいし、いったい何?」ということで病院に来られるパターンがほとんどです。 また、1度かかって免疫ができても、何度もかかる場合もあります。 それは、ひとくちに手足口病といっても、ウイルスがいくつもあるからです。 メインは「コクサッキーウイルスA6・A16」「エンテロウイルス71」で、まれに「コクサッキーウイルスA10」によるものもあります。 あるウイルスにかかれば、そのウイルスに対する免疫はできますが、他のウイルスに感染すると、また発症してしまいます。 インフルエンザウイルスに、A型、B型など複数のタイプがあるのと同じです。 そのため、かかったことのないウイルスと接触すると、何度も発症することになるのです。 手足口以外にも症状が 手足口病は、かかった人の咳、くしゃみなどから感染する飛沫感染で、ウイルスの侵入門戸は口であるため、発疹も口内が最初と考えられます。 ただし、実際には手足口、ほぼ同時に症状が出るという印象でしょう。 口の中の発疹は見えにくいため、まず手足の発疹で気づく場合がほとんどだからです。 口の中の発疹は口内炎と同じような感じなので、「口内炎ができたなあ」と思っていたら実際には手足口病だった、ということもあります。 ただし口だけでなく、手足の発疹も認められないと、手足口病という診断はつきません。 また、発疹が、手足口以外にひじ、ひざ、お尻などに見られることもあります。 特に近年では、手足口に加えてお尻に出る傾向が強くなっています。 これはおそらく、ウイルスが少しずつ変異しているからだと考えられます。 危険な合併症につながることも 手足口病は、抗ウイルス薬はないため、かかった場合は、熱を下げたり、発疹の痛みを抑えたりする解熱鎮痛剤による対症療法が中心となります。 多くの場合は、一週間程度で治っていきます。 ところが、なかには「髄膜炎」「小脳失調症」「脳炎」といった中枢神経系の合併症や、「心筋炎」「神経原性肺水腫」「急性弛緩性麻痺」などを引き起こすケースもあります。 高熱が続いたり、頭痛、嘔吐などの症状が見られたりした際は、すぐに医療機関を受診してください。 その症状、手足口病かも!? 夏期に次のような症状が見られたら、手足口病かもしれません。 勝手に自己判断せず、早めに医療機関を受診しましょう。 口内炎ができており、よく見ると手や足にもうっすら発疹のようなものが出ている• 口の中が痛く、熱がある• なんだかよくわからない発疹が、手足やほかの箇所に見られる• 風邪の前触れのような悪寒がある• 全身がだるい• 関節痛や筋肉痛を感じる 手足口病に大人がかかるケースで最も多いのは、自身のお子さんがかかり、そこからもらうというパターン。 お子さんがかかったあとに、これらの項目のうち一つでも当てはまれば、かかっている確率は高いといえます。 お子さんのいない大人でも、公共交通機関などの場で子どもと接触することはありますから、免疫力が落ちていればかかってしまいます。 症状の出方はまちまちですが、チェックがつく項目が多いほど、かかっている確率は高いといえるでしょう。 手洗い、うがいは念入りに 予防するには、かかった子どもの看病をする際に感染しないよう、十分気をつけることと、免疫力を高めること。 それ以外に方法はありません。 手足口病は基本的には飛沫感染ですから、かかった人の唾液などが口の中に入らなければ感染を防ぐことができます。 全ての風邪予防にいえることですが、やはり手洗い、うがいは念入りに行ってください。 また、お子さんがかかった場合、看病する大人は要注意。 必ずマスク着用で接し、いつも以上に手洗い、うがいをきっちりと行なってください。 また、ウイルスは便中にも出ます。 便から感染する糞口感染は少ないですが、オムツ替えのあとは、いつもより念入りに手洗いをするようにしてください。

次の

手足口病のかゆみはいつまで?対処法は?塗り薬は何を使えばいい?

手足 口 病 かゆい

手足口病で水ぶくれ以外の症状は出ないことが多い では発熱は3分の1くらいの人に出現し、たいていの場合は高熱になることはありません。 数日から1週間ほどで自然と治っていくのがほとんどです。 水ぶくれが目に見える前に、痛みやかゆみを感じる人もいます。 まれに、で下痢になることもあります。 さらにごくまれなことですが、で激しい頭痛、意識がぼーっとするなどの症状が出たときは緊急事態を疑って、すぐに病院に行ってください。 水ぶくれ以外の症状は、では出ないことが多いです。 子供の年齢によってはかゆみなどを感じていてもうまく伝えられません。 「水ぶくれの前に発熱やかゆみが出るはずだ」と思っていると、水ぶくれが出たときに「発熱がなかったからではない」と間違った考えが浮かんでしまうかもしれません。 手足口病のこんな症状は急いで病院へ はごくまれに重症になります。 の初期症状に気付くのが遅れてもあまり問題にはなりませんが、危険な症状は見逃さないように気を付けてください。 で(ずいまくえん)、小脳 失調症(しょうのうしっちょうしょう)、脳炎、、神経原性(しんけいげんせいはいすいしゅ)、急性弛緩性 麻痺(きゅうせいしかんせいまひ)といった 合併症を起こした場合は、全身の状態が悪くなります。 この場合の症状は、 ひどい頭痛が出たり、意識がぼーっとしたり、息苦しくなったりするというものです。 また、特に子供ではで口の中に水ぶくれができると、痛いことで飲食ができず脱水になることがあります。 1日以上飲食ができないような状態になった場合も要注意です。 皮膚や口の中が乾燥していたり、ぐったりしていたら脱水かもしれません。 の悪化した状態が疑われる時は、迷わずに行ってください。

次の

手足口病は大人でも発症する?かゆみや痛みの期間はいつまで続く?

手足 口 病 かゆい

スポンサードリンク 湿疹が出てから消えるまでの期間 手足口病はウィルス感染です。 感染してから発症までの期間は個人差がありますが2~5日です。 この潜伏期間には手足口病の特徴である発疹などの症状は見られません。 この潜伏期間を経て発熱とほぼ同時に手足を中心に、人によっては全身に白や赤っぽい湿疹や水疱がポツポツと出てきます。 発熱した日を含めて3~4日目が湿疹や水疱が最も多くなるピークとなります。 5日目からだんだんと茶色くなって減っていき、7~10日でほとんど痕が残らず消えていきます。 個人差はありますがこの湿疹がかゆみを伴う場合があります。 その場合、掻き壊してしまったりすると水疱の中のウィルスが他へ感染して新しい水疱や湿疹ができたりとびひになったり悪化する可能性もあるのでその場合は消えるまでの期間は長くなる事もあります。 口の中も手足と同じ時期に出始めますが、その水疱がつぶれて口内炎になり痛み出します。 発熱や水疱の出始めから3日くらいでつぶれて痛みが出てきます。 3日目~1週間くらい続いて口内炎は回復へ向かいます。 スポンサードリンク 湿疹・水疱が悪化から完治までの経過 手足口病の初期症状は発熱や喉の痛みでいわゆる風邪の症状です。 発熱は全体の3分の1くらいなので発熱しない事も多く、発熱してもあまり高くならない事がほとんどです。 感染から3~4日目に発熱と同じ頃口の中や手のひら、足底・足背・膝の裏やお尻などに2~3mmの白や赤っぽい湿疹や水疱が出始めてます。 それから更に3~4日目で湿疹のピークを迎えます。 だんだんと水疱の大きさや形が変わって来る事もあります。 4~5日目には湿疹が茶色くなってきたり水疱が吸収されて乾いてきたりします。 そして発症から7~10日程でほとんどが痕もなく綺麗に治ります。 もし痕が残っても虫さされと同じで数ヶ月もすれば綺麗になります。 しかし湿疹が出始めてからピーク時までに掻き壊してしまったりすると水疱の中のウィルスから別の人が感染したり、とびひになり湿疹が悪化したりします。 口の中は酷いと水疱が大きくなり口の中が水疱だらけという事もあります。 そうなると完治までの期間はまた長くなります。 そして治ってくる途中には湿疹や水疱のできた部分の皮が日焼けの後のように剥けてくる事もあります。 無理して剥かずに自然に任せる事で痕も残らず綺麗に治ります。 スポンサードリンク 悪化させずに早く治す方法 早く治すと言っても手足口病のウィルスに働きかける薬はありません。 したがって基本的には自分の自然治癒力に任せる事になるので、悪化させない、と言うのが基本になります。 悪化しなければ発症から一週間もあればいわゆる治った、と言われる状態になります。 湿疹はかゆみを伴う場合があるので、掻き壊してとびひなど細菌感染が起こった水疱には抗生物質や軟膏が処方されます。 また、掻き壊す前のかゆみのある水疱は乾燥させるためにカチリと言う亜鉛軟膏やかゆみを止める為に抗ヒスタミン剤などが処方されます。 ステロイドは免疫抑制効果が作用し免疫が低下してしまうのでウィルスを増殖させ悪化させてしまうので注意が必要です。 薬を塗ったベタベタをお子さんが嫌がるようならピンポイントだけ塗ってガーゼや絆創膏でカバーしてしまうのもいいです。 かゆみ対策 体の湿疹は軽症ならムヒやウナコーワなど市販のかゆみ止めでも効果があります。 まずかゆみを止める事です。 また、保冷剤で患部を冷やしたり可能であれば水風呂や冷たいシャワーも効果があります。 温かいお風呂に入ってしまうとかゆみが増してしまいます。 拭く時はポンポンと軽く叩くようにして優しく拭きます。 こすると摩擦でかゆくなったり水疱がつぶれる可能性もあります。 石鹸やシャンプーも湿疹に刺激となるので悪化する事があります。 更に湿疹が出ている内は直射日光からの刺激を避け、なるべく長袖長ズボンが良いでしょう。 口内炎対策 口の中は水疱がつぶれて口内炎になって痛み出すので、口内炎を素早く治す事が必要になってきます。 まず、塩水うがいがあります。 患部を殺菌して洗い流します。 イソジンもいいと言われますが、子供は塩水うがいをお勧めします。 小指の頭くらいの塩を湯のみ3分の1ほどの水で溶いて濃い目の塩水でブクブクうがいをします。 最初はしみても、効いてくれば痛みは和らぎます。 また、はちみつも殺菌作用があって口内炎の治療には直接塗るのがいいのです。 瞬間ツーンと痛いけど甘くて美味しいから子供は喜びます。 1歳未満ははちみつにはボツリヌス菌が含まれるため、使用しないでください。 最後に口内炎パッチです。 患部に直接貼るシールタイプ。 シールと言っても、植物「ムラサキ」の根っこから抽出したシコンエキスで作られています。 この生薬成分が粘膜を修復し消炎してくれます。 この様に体や口内、それぞれに色んな方法があるので湿疹を早く治したい・早く消したいと思ったら悪化させない為に試してみてください。 その他、手足口病ついて症状や対処法を以下に詳しくまとめていますので、ぜひご覧ください。

次の