こむら返り 予防 法。 急な足のつり、こむら返りをすぐに治す方法と足のつり4つの予防策|カンポフルライフ by Kracie

急な足のつり、こむら返りをすぐに治す方法と足のつり4つの予防策|カンポフルライフ by Kracie

こむら返り 予防 法

体の力を抜く こわばってしまいがちですが、何とか痙攣した足をリラックスさせてください。 楽な角度を見つける 痙攣した箇所は強くマッサージしがちですが、これは筋肉や筋にダメージを与え、肉離れにつながる恐れもあります。 まずは痛くない角度を探ってください。 ゆーっくりストレッチ 楽な角度を見つけたら、じわじわストレッチをしてください。 このストレッチが脳への伸長ストッパーの伝達機能を向上させ、急な収縮を止めてくれます。 足首をまわす 筋肉の緊張状態を解きほぐすために足の力を抜いて、足首を回します。 ひざを立てて寝る 上記の方法は応急処置なので、根本的な解決にはなりません。 足を伸ばした状態では同じ事が起こりうるので、足を伸ばさないようクッションなどをひざ裏に仕込み、足が伸びきらない状態にしておくといいでしょう。 高濃度の電解質を摂取(ポカリスエットなど)• 1日1リットル以上の水の摂取(できればミネラルウォーター)• 毎日浴槽に20分は浸かる(体を温める)• 偏食をしない(バランスよく食べる)• ストレッチやリンパマッサージを行う(疲労物質をため込まない)• 毎日睡眠時間を6時間以上とる(十分安息を取り、疲労回復を計る) 全部を実行するのは難しいという方は、1. だけでも試してみてください。 かなり楽になるはずです。 それでも改善されなければ、 病気が原因の筋肉痙攣もあるので、お医者様にご相談した方がいいかもしれません。 最後に、疲労や栄養の偏り以外に、実は「冷え」も足がつる大きな原因の一つです。 温度変化が激しく寒さが本格化すると、過ごしやすい初秋の間は姿を現さなかった「隠れ冷え」が表面化し、足のつる原因となってくる事があります。 足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態が起こり、急に伸ばそうとしてロックがかかり、足がつるという事もあるのです。 寝入りばなや熟睡中、寝覚め頃にやたらと足がつるという方は、冷えも疑ってみた方がいいかもしれません。

次の

こむら返りの原因と対処法|予防も覚えてふくらはぎに睡眠を|きになるきにする

こむら返り 予防 法

を再掲載しています。 こんにちは、美容研究家の境貴子です。 「こむら返り」、いわゆる「足が攣る(つる)」という経験は誰にでもあると思います。 この時期に地味に増えるお悩みの一つなので、今回は 足がつった時の対処法と予防法をご紹介します。 足がつった時の対処法と予防法 足がつる主な原因 足がつるというのは、筋肉痙攣(けいれん)の一種で、筋肉やその周囲の筋、腱が許容範囲以上に伸びてしまうことで起こる現象です。 原因は大きく2つあり、それは肉体疲労と栄養不足ですが、多くの場合は筋肉疲労、水分不足、電解質の不足、寒暖の急激な変化、神経系の伝達機能低下など、いくつかの要素が重なって起きます。 肉体疲労が原因となる理由 アキレス腱を代表とする腱の中には、「これ以上筋肉を伸ばしてはいけない」という事を脳に伝達する機能があり、これによって私たちは適度な伸縮を繰り返し、体を動かしています。 しかし、筋肉を酷使したり疲れがたまりすぎていると、疲労物質である乳酸がこの伝達機能を低下させます。 これによって正常な信号が送れなくなるため、伸長のストッパーが外れた状態となり、異常を感じた肉体が急激に収縮させようとして、足がつりやすくなるわけです。 栄養不足が原因となる理由 私たちは食物からバランスよく栄養を摂取することで、体内のイオンバランスを保っています。 ところが、ダイエットや偏食によって栄養が偏ると、このイオンバランスが崩れます。 脳に様々な伝達を送るのに必要なイオンが不足すると、やはり伸長のストッパー機能が外れた状態となり、異常を感じた肉体が急激に収縮させようとして足がつりやすくなります。 境式・足がつった時の対処法 こむら返りは寝ている時に起こりやすく、それが原因で寝不足になる方もいらっしゃいます。 寝ぼけながらの対処は本当に辛いものですが、これだけ覚えておいていただければ、次回からは慌てずに対処できると思います。 体の力を抜く こわばってしまいがちですが、何とか痙攣した足をリラックスさせてください。 楽な角度を見つける 痙攣した箇所は強くマッサージしがちですが、これは筋肉や筋にダメージを与え、肉離れにつながる恐れもあります。 まずは痛くない角度を探ってください。 ゆーっくりストレッチ 楽な角度を見つけたら、じわじわストレッチをしてください。 このストレッチが脳への伸長ストッパーの伝達機能を向上させ、急な収縮を止めてくれます。 足首をまわす 筋肉の緊張状態を解きほぐすために足の力を抜いて、足首を回します。 ひざを立てて寝る 上記の方法は応急処置なので、根本的な解決にはなりません。 足を伸ばした状態では同じ事が起こりうるので、足を伸ばさないようクッションなどをひざ裏に仕込み、足が伸びきらない状態にしておくといいでしょう。 高濃度の電解質を摂取(ポカリスエットなど) 2. 1日1リットル以上の水の摂取(できればミネラルウォーター) 3. 毎日浴槽に20分は浸かる(体を温める) 4. 偏食をしない(バランスよく食べる) 5. ストレッチやリンパマッサージを行う(疲労物質をため込まない) 6. 毎日睡眠時間を6時間以上とる(十分安息を取り、疲労回復を計る) 全部を実行するのは難しいという方は、1. だけでも試してみてください。 かなり楽になるはずです。 それでも改善されなければ、 病気が原因の筋肉痙攣もあるので、お医者様にご相談した方がいいかもしれません。 最後に、疲労や栄養の偏り以外に、実は「冷え」も足がつる大きな原因の一つです。 温度変化が激しく寒さが本格化すると、過ごしやすい初秋の間は姿を現さなかった「隠れ冷え」が表面化し、足のつる原因となってくる事があります。 足が冷えると筋肉が収縮して緊張状態が起こり、急に伸ばそうとしてロックがかかり、足がつるという事もあるのです。 寝入りばなや熟睡中、寝覚め頃にやたらと足がつるという方は、冷えも疑ってみた方がいいかもしれません。

次の

こむら返りの原因・予防法・治療

こむら返り 予防 法

夜中に足がつる理由 骨盤のゆるみ 就寝中は立っている時とは違い、横になると下半身に体重がかからないので、骨盤がゆるみます。 このゆるみが足の筋肉とも関係しているようです。 骨盤がゆるむとそれにつながる足の筋肉も持続的に引き伸ばされる形になります。 そうすると、伸ばされたふくらはぎの筋肉は元の状態に戻ろうとします。 この、急激に筋肉が収縮した瞬間に足がつることがあるのです。 布団の重み 寝ている時はどのくらいの重さの布団をかけているでしょうか?意外とあなどれないのが布団の重みなのです。 真綿の重い布団をかけていると、その重さで膝が伸びてしまうため、ふくらはぎの筋肉が緊張しやすくなり、足がつるのです。 寒いからといって毛布を何枚も重ねている人も要注意です。 寝ている間の水分不足とミネラルバランス 睡眠中は動かないからといって汗をかいていないわけではありません。 冬の寒い間でも一晩の間にコップ1杯分の汗をかいているといわれています。 汗をかくと水分が不足するだけでなく、身体のミネラルも失われるので足がつりやすくなるのです。 血液のミネラルバランスが悪くなると筋肉がうまくコントロールできなくなるのですが、一番影響が大きいのはカルシウムとマグネシウムです。 マグネシウムが減ってカルシウムの量が増えてしまうと、筋肉の収縮がうまくいかなくなります。 また、カリウムもこむら返りと大きく関連するミネラルです。 カリウムも筋肉を正常に動かすために必要なミネラルであり、不足すると筋肉の収縮が悪くなったり、エネルギー補給が間に合わずに、足がつりやすくなります。 身体の水分量が減ってミネラルバランスが崩れるとこむら返りや筋肉痛などが起きやすくなるので、水分不足を補うために寝る前にコップ1杯のお水を飲んでおくと良いでしょう。 特に秋から冬が注意です。 夏と違って汗をかかないために水分補給を忘れがち。 気づかないうちに身体が脱水症状になっていることもあるのです。 栄養不足 日中激しい運動をした時や、いつもよりもたくさん歩いた時に、夜中足がつりやすくなる、という人は、栄養不足が原因かもしれません。 代謝を良くするためのビタミンB1やタウリンというアミノ酸の一種が不足していると足がつりやすくなるといわれています。 ビタミンB1は疲労回復や神経伝達にも関わり、タウリンは筋肉疲労を回復させる働きがあるので、就寝中に足がつりやすい人は意識して摂取すると良いかもしれません。 筋肉量の減少 就寝中の足のつりに限ったことではありませんが、運動不足や加齢によって筋肉の量が減ることもこむら返りが起きやすくなる原因になるのです。 血管は筋肉に通っていますから、筋肉が減るということは下半身の血流も低下するということです。 血流が悪くなると栄養や酸素が足の隅まで行き渡らなくなるので、筋肉が疲労しやすく、睡眠中に足がつりやすくなるのです。 筋力の低下は日々の運動でしか予防できないので、日頃から適度な運動を心がけたいものです。 筋紡錘(きんぼうすい)の不調 筋紡錘とは、筋肉の伸縮を感知するセンサーであり、筋紡錘が筋肉の状態を脳に伝えることで、脳から筋肉に対して適切な指示が出せているのです。 ところがこの筋紡錘がうまく働いていないとそのセンサーがしっかり稼働しなくなります。 筋紡錘から適切な情報が脳に伝わらないので、脳が筋肉の状態を正しく把握できなくなります。 そうすると、必要以上に「縮みなさい」という指令が出てしまうことでふくらはぎの筋肉が収縮して足がつると考えられています。 筋紡錘が不調になる原因としては、• 立ち仕事• 運動不足• 冷え性による血行不良 などがあります。 筋肉の緊張状態が続かないように、日中でも適度にふくらはぎをほぐしてあげることが必要です。 気温の低下や冷え 夜に足がつる原因として「冷え」があります。 冬の寒い時だけでなく、夏はエアコンで室温が下がっているために急激に筋肉が収縮して足がつることがあります。 また、朝方は気温がグッと下がります。 その時に布団から足が出ていたりしてふくらはぎが冷えてしまうと、筋肉が冷えて血行不良となり収縮しやすくなるために、足がつってしまうのです。 冬はもちろんですが、エアコンをつけているのに何もかけずに寝るなど、身体が冷えるようなことをしないように気をつけましょう。 就寝中の室温はもちろん、寝るときの環境も見直してみましょう。 病気が原因!? もしそれまで足がつるということがあまりなく、頻繁に起こるようになったという場合は病気が隠れている可能性もあります。 糖尿病• 腎疾患• 椎間板ヘルニア• 脳梗塞• 脊柱管狭窄症• 動脈硬化• 静脈瘤 などです。 もし足がつる以外に、手足のしびれやむくみなどが起きている場合は早めに病院で検査を受けた方がいいでしょう。 夜中に足がつる予防 夜中に足がつって痛い思いをしないように予防を心がけましょう。 寝る前に水分ミネラル補給 水分やミネラル不足は足がつる原因となります。 ミネラル不足が気になる方は就寝前にミネラルが豊富なスポーツドリンクなど飲んでから休みましょう。 マッサージとストレッチ 筋肉疲労も足がつりやすくなります。 足が疲れたなと思ったら寝る前に、ふくらはぎを良くマッサージしたり、ストレッチなどをするなどして筋肉の疲れを取りましょう。 寝返りをうちやすい環境をつくる 布団の重みが原因で足がつるというお話をしましたが、それだけでなく筋肉は動かしていないとすぐに伸びにくくなる傾向があります。 軽めの布団で寝返りがうちやすいようにするというのも就寝中の足のつりの予防になります。 冷やさない 夜中は気温も体温も下がり、足がつりやすくなります。 寝る前に十分温かくして(特に足元)足がつる予防をしましょう。 夜中に足がつった時の対処法 夜中に限らず、足がつったときの対処法は限られています。 足がつった時の対処法の基本は下記の2点です。 ゆっくりストレッチ(つった場所を伸ばす)• 足がつった箇所を温める。 ストレッチと温める以外には漢方薬と消炎鎮痛剤を使用する方法もあります。 詳しくは「」をご覧ください。 足がつる原因人気記事• 夜中や朝方など就寝中に足がつって目が覚めた!という経験は誰にでも1度はあるのではないでしょうか。 運動中... 29,159ビュー• 足がつるのは夜寝ている時が多いかもしれませんが、運動をしている時にも足はつりやすくなります。 妊婦さんや... 14,790ビュー• 夜間就寝中に突然足がつって目が覚めるという体験を、成人であれば誰もが一度は経験をしたことがあるかと思います。... 14,373ビュー• 病気の治療を目的に服用する薬の副作用が原因で足がつる、こむら返りが起きる場合もあります。 ここで気になる... 9,953ビュー• なんだか最近、足をつることが多い...そういったことでお悩みではないでしょうか。 突発的にこむら返りで起こる激痛... 7,753ビュー 足がつった時の対処法人気記事• ひざ下の前側にある、脛 すね は後ろ側にあるふくらはぎと同様につりやすい部分のひとつです。 下肢前面から足先... 29,855ビュー• 太ももの前側はふくらはぎと比較して、つる頻度としては多くない方です。 しかし、筋肉が広範囲にわたっているため、つ... 23,915ビュー• 太ももの裏は、筋肉の総称であるハムストリングスと呼ばれる3つの縦に長い有名な筋肉から構成されています。 これらは... 19,530ビュー• 日頃からどんなに足がつる予防を心がけていても、足がつってしまうことはあるでしょう。 足がつってしまったら... 18,754ビュー• こむら返りはふくらはぎがつることを言います。 ふくらはぎ以外でも足の裏や足の指、太ももなどがつることもありますが... 13,228ビュー.

次の