デトックス スープ ダイエット。 デトックスダイエットの効果とやり方!プチ断食で痩せられるのか?

デトックススープで毒出し宣言!代謝を上げて痩せやすい体質へ

デトックス スープ ダイエット

スザンヌさん考案のデトックススープがすごい 一児の母でもありタレントのスザンヌさんが、出産後に行ったデトックススープダイエットがテレビ番組の中で紹介し、とても話題を呼んでいます。 スザンヌさんは、このデトックススープで毒素を排出し代謝を上げることで、わずか1ケ月の間に出産後の体型を大きくダウンすることに成功したといいます。 また、番組の中では、ものまねタレントの桜井ちひろさんがこのダイエットスープダイエットに挑戦し、1ケ月で7. 1kg、ウエストはマイナス17cmのダイエットを実現しました。 スザンヌさんが飲んでいたデトックススープは、野菜を使ったスープで、「毒出しスープ」や「脂肪燃焼スープ」などとも呼ばれますが、いったい身体にどのような変化が起こり、なぜ痩せることができたのでしょうか?失敗しない食べ方のコツなどはあったのでしょうか?詳しくみていきましょう。 体内に入り込んだ有害物質や、体内で不要となった老廃物などの毒素を便や尿、汗、リンパ液によって体外に排出することをいいます。 私たちの身体の中で、いちばん多くデトックスを行っているのは腸です。 デトックスを考えたときに、いちばん効率的なのが腸で行うデトックスと言われています。 また、食事で摂取した栄養などは代謝によって老廃物となります。 本来、身体はこれら体内に取り込まれた不要なものや老廃物といった毒素を便や尿、汗などから排出する解毒機能を備えていますが、取り込んでしまった量や身体の機能の働き方によっては、この排出が追いつかず体内に蓄積されてしまうことがあります。 そのために、デトックスが必要なのです。 老廃物からは酸化の原因となる活性酸素が生成されているため、老廃物が長い時間体内に停滞する状態は、細胞を傷つけたり、肌荒れ、老化の原因になったりすることも分かっています。 また、腸に老廃物が残っていると、腸の働きは鈍くなり基礎代謝が低下します。 基礎代謝の低下は、太る原因にもなるため、腸を整えることはデトックスだけでなくダイエットにも重要なポイントとなります。 このように、さまざまな不調の引き金となりダイエットの妨げになる毒素は、意識してできるだけ早く体外へ排出してあげることが大切なのです。 デトックスをすることで、少しづつ身体に嬉しい変化があらわれ、体質の改善が促されます。 その期待できる効果をご紹介します。 体内に摂取された食物繊維は腸の活動に優しく作用し、スムーズなお通じを促してくれます。 そして、腸内に留まった老廃物を食物繊維がからめて体外に排出し、痩せやすい体質へと導いてくれます。 デトックススープを飲みはじめると、早いうちからこのお通じに変化を感じる方が多いようです。 キャベツ、玉ねぎ、にんじん、セロリ、トマト、ピーマンといった、いつでも手に入る身近な野菜ばかりです。 腸内にはたくさんの細菌が生きていますが、食事の内容によって菌のバランスは日々変化します。 デトックススープに含まれる食物繊維は、良い働きをしてくれる善玉菌のエサになるため、腸内の環境を整えることにも効果的な食事といえます。 腸内の善玉菌が増えると、必要な栄養素の吸収力がアップして、不要な老廃物を早めに排出するというダイエットに適したサイクルが定着しやすくなります。 新陳代謝は、古い細胞と新しい細胞の入れ替わりです。 新しい細胞をつくり出すためには、当然、古い細胞のデトックスが必要となります。 デトックススープはこの新陳代謝を活発にするため、ダイエットに向いている方法といえるでしょう。 基礎代謝が低下する原因はさまざまですが、内臓の働きが弱まることや低体温、冷えなどもエネルギー消費量が少なくなってしまう原因のひとつです。 内臓を活性化して基礎代謝を上げるには食事がポイントです。 特に、エネルギー消費量の多い肝臓の機能を高めたり、腸の活動を整えたりすることは、低体温や冷えの改善にも期待ができます。 何かを抜くといった偏った食事のダイエットは、肝臓の機能が低下したり便秘や冷えを招いたりと、結果として基礎代謝を下げてしまうこともあります。 デトックススープは、それ自体が栄養バランスが良いことと、他の食事を制限しないため、内臓の働きを活性化し代謝をあげる効果が期待できます。 毒素が排出されないと、健康にも美容にも好ましくない方向へと体質が傾く危険があります。 特にバリア機能である免疫力が弱まると、風邪をひきやすくなったりアレルギーを発症しやすくなったり疲れやすくなったりなど、生活のクオリティーを下げてしまうこともあります。 デトックススープに使われるトマトやニンジン、キャベツは、ダイエットにはもちろんのこと、強い抗酸化作用を持ち、免疫力を強くする食材であるといわれています。 また、「食」を利用したデトックス方法には水やお茶、ジュースなどがあります。 しかし、冷たい飲み物は身体を冷やし、代謝が悪くなりやすいので、温かいスープの方が身体にも優しく、痩せる効果が促されます。 特に、身体の冷えが起こりやすい女性は、温かいものを食べるダイエットの方が、代謝を上げたり免疫力を上げたりなどの相乗効果も得られやすいでしょう。 基礎代謝を上げ、脂肪がつきにくく、痩せやすい体質へと導くデトックススープですが、ダイエット以外にも嬉しい効果がたくさん期待できることも注目される理由のひとつです。 活性酸素は、酸化力が強く細胞を傷つけてしまうため、私たちの身体はそれを防ぐ抗酸化酵素を利用して除去する機能をもっています。 通常、活性酸素は外部からのバリア機能も備えていて身体に必要なものでもありますが、問題は食品添加物や大気汚染など、不要に取り込まれた物質から発生する活性酸素です。 この必要以上に発生した活性酸素が、肌荒れや老化の原因にもなることが知られています。 老化のスピードを遅らせ美しい肌をキープするためには、活性酸素を増やす毒素を体内に長く留めておかないこと、抗酸化作用のあるビタミンCやミネラル、ポリフェノールなどを含む食事を心がけることが大切です。 デトックススープに使われるセロリやピーマン、トマトは、ポリフェノールを含むため、美肌効果やシワ、たるみ、シミなどのトラブル予防といった効果も期待できるのです。 顔や脚のむくみは、女性にとってはとても気になるものです。 むくみの原因には、水分を摂りすぎや長時間の立ち仕事などたくさんありますが、血液やリンパの流れが滞ってしまうこともむくみを招く原因になります。 血液やリンパの流れが滞る原因のひとつに、老廃物の蓄積があります。 特に汗をかきにくい方や便秘がちな方、冷えやすい方は、排出機能が正常に働きづらく、老廃物を溜め込み、溜め込まれた老廃物が血液やリンパの流れを悪くするといった悪循環を招くことがあります。 むくみをケアするためには、利尿作用のあるカリウムが役立つといわれています。 野菜にはこのカリウムが含まれていますが、カリウムは熱に弱い水溶性の栄養素のため、煮汁ごと食べられるものが理想的です。 デトックススープはその点でも効果が得られやすい食事方法といえます。 見た目にも醜いセルライトですが、このセルライトは体内の余分な老廃物が溜まり脂肪細胞が大きくなってできるものですので、放っておけばさらに老廃物を溜め込んでしまいます。 また、セルライトは代謝の乱れを招き、さらに痩せづらい体質をつくりだしてしまうため、マッサージや運動と合わせて意識的にデトックスすることが大切です。 デトックススープは、痩せる効果だけでなく、内側からもキレイを手に入れる効果が期待できる美容法でもあるのです。 ダイエット効果にプラスして、美容、健康にも効果が期待できるデトックススープは、作り方もとても簡単です。 材料には6種類の野菜、キャベツ、玉ねぎ、にんじん、セロリ、トマト、ピーマンを使用します。 使用する基本の6種の野菜を好きな大きさに切って、10~20分煮て調味料を加えるだけです。 とってもシンプルですが、野菜の旨みと栄養が溶け込んだ美味しいスープの出来上がりです。 スザンヌさんが発表したデトックススープは、ニンジンを鶏のささ身に変え、トマトはホールトマトを1缶使用し、しょうがで煮たレシピでした。 このスザンヌさん流レシピは、たんぱく質が補給できるため、筋肉量を落とすことなくダイエットができるというメリットがあります。 味付けのしょうがも、芯から身体を温めてくれるため、代謝が上がりダイエットが加速したのでしょう。 また、たんぱく質は疲労の回復を助けてくれるため、仕事と子育てをしながらも、大幅なダイエットに成功できたのだと思われます。 スザンヌさんの食べ方は「置き換え派」で、1日の1食をこのデトックススープに置き換え、あとの食事は好きなものを食べるという方法でした。 「前菜派」の食べ方は、夕食の最初のメニューにこのデトックススープを1皿以上食べるという方法です。 一般的に「置き換え派」の方が1日のカロリーが低く抑えられ、短期間で体重の変化は現れやすいですが、「前菜派」の食べ方は、食事のあとの急激な血糖値の上昇を防ぐ効果を期待でき、それによりダイエット効果に繋がるのです。 デトックス効果はどちらも同じように期待できます。 デトックススープの食べる量は、好きなだけ食べて良いというもので、ダイエット中の空腹感に悩むことはない嬉しいダイエット法でもあります。 または、小分けにしておいて1回分ずつ温めるのも便利です。 毎晩、手間暇かけて食事を作ることを考えると、時短にもつながり一石二鳥かもしれません。 【玉ねぎ】 脂肪燃焼効果、デトックス効果に期待できる。 【キャベツ】 温野菜で食べることで、活性酸素を除去に期待できる。 免疫力を上げる効果も期待。 【トマト】 強い抗酸化作用を持つリコピンにより、血液の流れをよくして代謝をアップし、脂肪をつきにくくする効果に期待ができる。 【セロリ】 カリウム、カルシウムなどのミネラルが豊富で高いデトックス効果が期待できる。 イライラの緩和にも期待。 【ピーマン】 熱に強いビタミンCが含まれている。 美容効果に期待。 デトックススープは続けるほど効果的 どんな健康法でも続けることが大切です。 デトックススープは、ダイエット効果に期待ができることはもちろん、知らず知らずのうちに取り込んでしまっている身体に害のある不要なものや、体内で発生する老廃物を排出するお手伝いもしてくれます。 不要な毒素や老廃物は、日々絶えず、私たちの身体に蓄積していきます。 デトックススープでダイエットに成功した後も、継続的にデトックスを意識することはとても大切です。 スザンヌさんはこのデトックススープを、カレーパウダーやチリソースなど、味付けを変えてアレンジしているようです。 基本は守り、しかし窮屈になり過ぎず、それでいて外し過ぎないあたりが、ダイエットを長く続ける秘訣でもあるようです。 そんなセザンヌさんのサポートもあって、ものまねタレントの桜井ちひろさんも1ケ月で7. 1kg、ウエストマイナス17cmのダイエットを成功できたのでしょう。 長くダイエットやデトックスと向き合えるために、窮屈になり過ぎず、ゆるめ過ぎず、継続する秘訣を身につけたいですね。 注目の商品.

次の

脂肪燃焼スープダイエットは安易に行ってはダメ!

デトックス スープ ダイエット

デトックスダイエットに効果のある食材やお茶!一週間で痩せるデトックススープダイエットのやり方も! 私達が生きるためには、呼吸をして酸素を取り込み、食べ物から栄養を補う必要があります。 しかし、空気の中には酸素以外にも様々なものが含まれており、呼吸によって一緒に吸いこんでしまいますし、食べ物にも栄養だけではなく、農薬など本来体には不必要なものも含まれていますが、食事をするたびに同時に摂取してしまうことは避けられません。 とは言え、体にはこのような有害物質を排出する作用が元々備わっており、取り込んだ全ての有害物質が体内に蓄積してしまうわけではありません。 ですが、有害物質をひとつ残らず排出するというのも難しいと言えるでしょう。 そこで近年、注目されているのが デトックスです。 デトックスは当初、健康や美容によい方法として知られていましたが、ここ最近はダイエット方法として人気があります。 そこで今回は、デトックスダイエットについて調べてみました。 デトックスダイエットの 効果や やり方、 プチ断食の 方法、お勧めの食材やお茶などをご紹介したいと思います。 デトックスとは? デトックスとは、英語でdetoxと書きます。 Detoxificationの略で、意味には 解毒があります。 とは言え、この場合の解毒は蜂に刺された毒を出すというものではなく、 体内に溜まった有害物質を排出する作用のことを指しています。 普段、意識している・していないに関わらず、私達の周りには多くの有害物質で溢れています。 車の排気ガスや工場の煙、紫外線、たばこの煙、化学物質、農薬、食品添加物など、知らない間に多くのものを体内に取り込んでしまっていますが、体には元々、これらの有害物質を排出する働きが備わっており、次のような比率で体内に蓄積しないように排出されています。 便75%• 尿20%• 汗3%• 爪1%• 毛髪1% デトックスダイエットとは? 私達の体には、元々デトックス作用が備わっていますが、取り込んだ有害物質が多すぎたり、排出作用が上手く働いていないと、体内にどんどんと有害物質は溜まってしまいます。 有害物質が溜まると、血液の流れが悪くなって新陳代謝が低下したり、便秘体質になったりと、太る原因が多くなってしまいますが、デトックスを意識して行うことでこのような状態を避けるだけではなく、痩せやすい体質に変えていくことができます。 つまり、 デトックスダイエットとは 体内に溜まった有害物質の排出効果を高めることで、痩せやすい体質に変えるダイエット方法となります。 デトックスダイエットの効果 デトックスダイエットによって得られる効果は、ダイエットだけではありません。 体内の老廃物の排出が促進されると、血液の流れがよくなるため、体の隅々の細胞に酸素や栄養を届けることができるようになります。 よく、便秘になると吹き出物やニキビができてしまいますが、これは血液の巡りが悪くなり肌に必要な酸素や栄養が届かなくなるのが1つの原因です。 つまり、この逆で肌にきちんと酸素や栄養が届くようになるので、 肌トラブルを解消し美肌効果がアップします。 デトックスダイエットのやり方 ここでは、デトックスダイエットのやり方についてご紹介したいと思います。 デトックスダイエットには数多くのやり方があるため、ご自身に合った方法を選ぶようにしましょう。 断食デトックスダイエット 食事を断つことで有害物質を体内に取り込むのを防ぐ方法です。 また、内臓の機能を休めることができるので、断食後はデトックス効果が高まると言われています。 白湯デトックスダイエットのやり方 白湯とは水を沸かしたお湯のことを言います。 冷たい水を飲むと内臓が冷えてしまい、新陳代謝が下がってしまうことがありますが、 お湯なら体を冷やすことはなく、むしろ内臓を温めることで働きを促進し、デトックス作用が高まると言われています。 腸内デトックスダイエットのやり方 有害物質の実に75%が便によって排出されます。 これは裏を返せば、便秘体質の方というのは有害物質を体内に溜めやすいと言えます。 腸内デトックスダイエットでは、運動やマッサージ、食生活の改善、腸内洗浄などによって腸に溜まった便を排出することでデトックスを行います。 ただし、腸内洗浄は本来医師が行うものですので、セルフで行う場合には安全などについて全て自己責任になります。 そのため、腸内デトックスは運動やマッサージ、食生活の改善を中心に行うとよいでしょう。 半身浴デトックスダイエットのやり方 半身浴では、胸から下をぬるめのお湯に浸けるため、通常のお風呂よりも長くお湯に浸かっていられることから、 汗を大量にかいてデトックス効果がアップすると言われています。 足裏デトックスダイエットのやり方 足裏には全身のツボが集まっていると言われているため、足裏をマッサージしたり足湯に浸かることにより、 新陳代謝を高めデトックス効果をアップさせることができると言われています。 リンパマッサージでデトックスダイエットのやり方 私達の体には血管と並行するようにリンパ管が通っており、体内の老廃物を収集する働きを行っています。 そのため、リンパマッサージによって リンパに刺激を与えることで、老廃物の流れがよくなり排出されやすくなります。 デトックスに効果のある食材は? デトックスに効果のある食材は野菜になります。 特に、食物繊維が多く含まれているものは、腸内環境を整えお通じの改善が期待できます。 また、他の食材に比べてカロリーが低いのに、ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれているため、新陳代謝を高めてくれるので、摂取することで効率よくダイエットを行うことができます。 一週間で痩せるデトックススープダイエットのやり方とレシピ! ダイエットのためによいと言われている食事は、野菜たっぷりで満足感が高く、体を冷やさないもの。 そんな条件にぴったりなのがスープです。 スープと一口に言っても、コーンスープやパンプキンスープなどはカロリーが高く、ダイエットには向いていません。 それよりも今、注目を集めているのが 野菜を使ったデトックススープです。 デトックススープとは文字通り、デトックス作用のあるスープのこと。 体に溜まった毒素や老廃物の排出を促すことで、代謝を上げて痩せやすい体を作るのが狙いです。 加えて、野菜中心でカロリーを抑え、お腹が満足できれば言うことなしですよね! そこでここでは、デトックススープダイエットのやり方をご紹介したいと思います。 レシピ 野菜には食物繊維が多く含まれているので、基本的には好きな野菜を使って構いません。 あくまでも一例ですが、下記を参考にしてみて下さい。 ・ ・ ・セロリ ・ ・ピーマン ・にんじん ・ これらの野菜を適当な大きさにカットして水を入れた鍋で煮込んだら、コンソメなどで味つけし、塩こしょうで味を調えて完成です。 やり方 食事の置き換えや、食事の最初にスープを飲みます。 置き換えの場合は、摂取カロリーがスープのみになるためダイエット効果が現れやすいですが、無理をせずにスープを飲んだ後に通常の食事を摂っても構いません。 しかし、いつものように食事をしてしまうとダイエットにならないので、スープでお腹を満たし、食事全体の量は抑えることを意識しましょう。 デトックスダイエットの注意点やポイント デトックスダイエットは、体に溜まった毒素や老廃物を排出して血液やリンパ液の流れをよくし、代謝をアップさせるダイエット方法となります。 通常はデトックス作用のあるスープやジュースを摂るだけで、食事に関しては特に制限がありません。 そのため、空腹のストレスを抱えることなくダイエットができるメリットがありますが、カロリーを抑えるわけではないのですぐにダイエット効果が出ないというデメリットもあります。 短期間で痩せたいという方には不向きなダイエットと言えるので、もしそのような希望がある場合は別のダイエット方法を検討してみるのがよいでしょう。 なお、デトックススープやジュースでも、短期間で効果が出る方法があります。 それは、食事に置き換えてダイエットを行うものです。 この場合、食事はスープやジュースのみになるので、摂取カロリーが抑えられ、短期間でも効果が出やすくなります。 ただし、スープやジュースだけでは体に必要な栄養が補えなくなり、体調不良を起こしやすくなってしまうので、行うならごく短い日数に留めておくのがよいでしょう。 デトックスにおすすめのお茶 デトックス効果が期待できるお勧めのお茶をご紹介します。 ヨモギ茶 ヨモギは解毒効果の高い食材として、昔から薬草として取り扱われています。 市販されているデトックス茶にも、ヨモギが使われていることが多いことからもその効果の高さが証明されています。 緑茶 日本人にとって馴染み深い緑茶も、実はデトックス効果が高いお茶として知られています。 緑茶には解毒作用以外にも、血液の流れをよくして便秘やむくみを解消する効果もあると言われています。 ローズヒップティー 血管の収縮を改善し血液の流れを促す作用や、豊富に含まれるビタミンCにより利尿効果が期待できます。 デトックスダイエットの口コミ 体の老廃物を排出するデトックス作用を促すことで、実際にどれくらいのダイエット効果があるのでしょうか。 ここでは体験者の声を集めてみました。 ・デトックスダイエットを始めて、週に1度程度だったお通じが毎日になりました。 体重は1ヶ月で1kgの減量となりました。 ・排出効果のある野菜ジュースを飲んで、2週間で2kgのダイエットに成功しました。 ・食物繊維の豊富なきのこを食べるようにしたら、便通がよくなり腸がすっきりしました。 デトックスダイエットで痩せない場合の原因と対処法 デトックスダイエットは、体の毒素や老廃物を排出して代謝をアップさせる方法です。 によって摂取カロリーを抑えたり、運動で消費カロリーを上げるものではないため、デトックスをするだけでは痩せないと考えておくのがよいでしょう。 デトックスダイエットで痩せるのは、スープやジュースを食事に置き換えて、摂取カロリーを減らしているからです。 そのため、デトックスダイエットで痩せない場合は、いくらデトックス作用のあるスープやジュースを摂っていても、それ以外の食事のカロリーが高いことが挙げられます。 なお、ダイエット中はあくまでもスープやジュースを摂るに留め、食事の置き換えにしたり、食事制限をするのは避けたいという方は運動を取り入れてみましょう。 デトックスダイエットによって、血行がよくなったりお通じが改善されると、脂肪燃焼作用が高まるため、運動によって消費されるカロリーが上がります。 デトックスダイエットの効果とやり方!プチ断食で痩せられるのか?のまとめ 冷え性やむくみ、肌荒れ、便秘、下降気味な体調など、どれか一つでも思い当たることがあれば、それは有害物質が体内に蓄積しているサインかも知れません。 有害物質が溜まっていると、いくらダイエットをしても脂肪が燃えにくく痩せづらいそうなので、まずは体内に溜まった有害物質を排出して、体をリセットしてみるのがよいでしょう。

次の

デトックススープに白菜を入れてダイエット!低カロリーなだけじゃないスゴイ魅力とは?

デトックス スープ ダイエット

【デトックススープのレシピ10選】ダイエット効果もうれしい!|おすすめ食材やダイエット中の食べ方などもご紹介します!• 最近、デトックスウォーターが流行っていて、美容やダイエットのために取り入れている方も多いと思います。 さらにダイエット効果を求めた「デトックススープ」なるものがあるのをご存知ですか?美容マニアさん大注目の「デトックススープ」のレシピや効果について、徹底解説いたします! デトックススープでダイエットしよう! テレビ等でもご紹介され、流行や美容に敏感な方や、ダイエット中の方の間で話題となっている「デトックススープ」は、手軽であり、高いダイエット効果が期待できると注目されています。 これからダイエットも始める方も、これまで頑張ってきて新たな方法を試したい方にも、おすすめです。 「デトックススープ」で、おいしく綺麗に、無理なくダイエットして、理想のボディを手に入れましょう! デトックススープとは? もともとは、冷え性の改善や肩こりを治したいという方向けに考案されたスープのレシピで、だし汁やたっぷり野菜の恵みで体質を改善するために編み出されたものなのです。 不快な症状を改善させるために取り入れていた、このスープを実際に飲んだ方のほとんどが、ダイエット効果も感じたことから、ダイエットにも良いのでは?と考えられ始めました。 そして、その特徴から「デトックススープ」と呼ばれるようになったのです。 使われる食材は? 東洋医学博士、美容心理学博士、鍼灸師であり、「さらさら堂治療院」院長である岡本羽加先生によると、スープに使われる野菜は、主にキャベツ、タマネギ、セロリ、トマト、ピーマン、ニンジンの6種類の野菜です。 これら6種類の野菜がスープの具となります。 キャベツには、粘膜を丈夫し健康に保つビタミンUが含まれ、タマネギには血液をサラサラにする効果があります。 セロリにはカリウムやカルシウムが豊富でむくみ改善などに役立ちます。 ビタミンCを豊富に含むピーマンと、メタボや肥満、高血圧に効果的なビタミン類も含まれるトマトには、美肌効果も期待できます。 さらに、ニンジンには体を温める効果があるため、代謝アップや冷え性の改善には効果的です。 そして、それらの野菜を煮るのは昆布、かつお節、鶏ガラの3種を使っただし汁で、味付けにミネラル豊富な天然塩と体を温める生姜も使います。 基本的な作り方 先ほど紹介した食材を使った、基本的な「デトックススープ」の作り方はこちらです。 1.野菜を食べやすい大きさにカットします。 2.大きめのお鍋に、出汁となる昆布、かつお節、鶏ガラスープの素と、カットした野菜、さらに水を加えます。 3.中火で20分ほど煮て、スープの量が減ってきたらその都度、適量水を加えます。 4.野菜が煮えて柔らかくなってきたら、天然塩を加えて味を調えます。 とってもシンプルで簡単なステップなので、すぐに真似できますね! どんな効果があるの? 使用される野菜には、たっぷりの食物繊維が含まれるため、便通を改善することで体の中に溜まってしまって、不調の原因となる毒素を排出してくれる働きがあります。 ドロドロの血液がサラサラと綺麗なものになれば、全身の細胞も活発化して、体調を整えたり、代謝促進の効果が期待できるのです。 これにより、ダイエット効果が得られるといわれています。 さらに、免疫力が高まるため、風邪予防にもなります。 その他にも、体に嬉しい効果がたくさんもたらされるのがこの「デトックススープ」なのです。 下記でも詳しく解説していますので、「脂肪燃焼スープでダイエット!」の項目も合わせてチェックしてみてください。 カロリーはどのくらい? 使う食材や器の大きさによっても、差があると思いますが具だくさん野菜のスープなので、基本的なカロリーはとても低くなります。 平均で、一杯分が約86キロカロリーといわれています。 参考までに、基本的な「デトックススープ」のレシピに使われる野菜のカロリーを算出してみました。 タマネギ大・・・70キロカロリー ピーマン・・・6キロカロリー セロリ・・・14キロカロリー キャベツ・・・235キロカロリー トマト中・・・40キロカロリー だし汁に使う食材のカロリーはこちらです。 昆布5g・・・7キロカロリー かつお節5g・・・17. 5キロカロリー 鶏ガラスープの素大さじ1杯・・・17キロカロリー 味付けに使う、天然塩や生姜のカロリーは以下になります。 天然塩・・・0キロカロリー 生姜1かけ(約16g)・・・5キロカロリー 効果的な食べ方は? 効果的なのは、食前にスープを一杯頂くことです。 もちろん3食前に取り入れても問題はありませんが、夕食前のみでも十分に効果を発揮します。 置き換えダイエットとして、1食分スープをたくさん食べて済ませるという方法もあります。 「デトックススープ」で置き換えをする場合は、1日のうち1食だけにするなど、やり過ぎないことも、健康的にこのスープを取り入れる方法です。 デトックススープの口コミ紹介 実際に、この「デトックススープ」を飲んでいる方の感想をご紹介します。 便秘があり、冷え性もあり、毎朝、起き上がれないほど腰や背中に痛みを感じていたという方が、「デトックススープ」をお腹が空いたときに食べるという方法で取り入れたそうです。 便秘に関してはすぐに効果を実感し、その他の不調も改善し、心身ともにとても調子が良くなったと感じているそうです。 「デトックススープ」というだけあり、体の中の老廃物を排出するパワーは凄いようです。 体から毒素をデトックスして、健康な毎日を送ることが出来そうですね! たくさん作っても安心な保存法 冷蔵庫での保存法と保存期間 「デトックススープ」は、一度にお鍋一杯に作っても、保存が効くところも魅力の1つです。 食べる際にしっかりと火を通せば、1週間程度保存できます。 この場合、ラップをかけて冷蔵庫にて保存しましょう。 お鍋がそのまま入るスペースがあればとても楽ちんですが、そんなスペースがないという方でも大丈夫です。 1食分を小分けにし、密閉容器に入れて冷蔵庫で保存し、食べる前に鍋にあけて火を通せばとてもお手軽です。 冷蔵庫で保存する場合は、1週間が期限だと捉えてください。 もっとたくさん作って長期保存したい場合は、冷凍保存がおすすめです。 冷凍での保存法と保存期間 「デトックススープ」を冷凍する場合は、そのまま冷凍するのではなく、1食分ずつ小分けにして密閉容器や、ジップロックに平らに入れて保存しましょう。 解凍と冷凍の繰り返しで、品質が劣化してしまうのを防ぐためです。 食べる際は、自然解凍後にレンジで温めてるか、お鍋にあけて火を通してください。 冷凍保存の場合は、約1カ月が期限となります。 飽きないように、色々な種類の「デトックススープ」を作りおいしたいという方におすすめです。 冷蔵保存でも冷凍保存でも、保存期限に限らず、見た目や味、匂いなどに変化や違和感を感じたら、食べるのをやめてください。 脂肪燃焼スープでダイエット! この「デトックススープ」は、もちろん飲むだけでも脂肪燃焼効果があるといわれていますが、ダイエット効果を上げる取り入れ方もあるのです。 徹底的に脂肪を燃焼し、プヨプヨを撃退しましょう! ここでは、ダイエットに取り入れる詳しい方法から、なぜ痩せられるのか?「デトックススープダイエット」のメリットとデメリットまで、ダイエットに特化してお伝えします。 体調や目的に合わせて選べる4つの方法 まずはじめに、飲み始めから1週間は、毎日飲み続けることがポイントです。 そして、さらに詳しく「デトックススープ」を使ったダイエットの方法を何点かご紹介いたします。 <方法1.夕食前に1杯食べるだけ> 夕食の最初の1皿目に、「デトックススープ」を頂くだけという、とても簡単な方法です。 もっと食べたい方は、例えば3食前や、1杯以上食べても良いですが、夕食時だけでもデトックス効果を発揮します。 その他の食事は普段通りに取れるので、精神的にも負担が少ない方法です。 <方法2.スープをたくさん食べて食事量を減らす> これは、方法1の進化版といえる方法で、たくさんスープを食べてお腹をある程度満たし、その後にとる食事の量を減らすというものです。 その他に全く食べないというわけではないので、満足感も損ねずに、効果をさらに上げることが出来ます。 <方法3.1日1食~3食をスープに置き換え> この方法は、なるべく早くダイエット効果を実感したい方におすすめの方法です。 まずは1日のうち1食をスープのみにしてみましょう。 夕食時が特におすすめです。 「デトックススープ」は、食べれば食べるだけデトックス効果があるので、お腹いっぱいになるまで食べても問題ありません。 その後、1日2食、3食をスープに置き換える日を作って行くことで、さらにダイエット効果が期待できるでしょう。 ですが、エネルギー源となる栄養素が不足したり、偏ったバランスになるので、長期間スープだけを取り続けるのは控えましょう。 <方法4.短期集中型のストイックな脂肪燃焼ダイエット> これは、1週間(7日間)の短期集中型のとてもストイックなプログラムです。 基本的な方法は、スープのみとその他の食材だけの組み合わせを1週間つづけるというもの、食べられるものに制限がありますが、デトックス効果と脂肪燃焼効果は抜群です。 詳しい方法は下記になります。 これらのような方法を摂る際には、ダイエット中でも、目標体重をクリアした後でも、普段からバランス良い健康的な食事を心がけることで、リバウンドなどを防ぐことが出来ますよ! アレンジレシピにOKな材料と作り方 先述でご紹介した基本的な「デトックススープ」のレシピでも十分に効果が発揮されます。 ですが、ダイエットのお供となると、毎日同じものというのは、飽きてきてしまう可能性がありますよね?飽きずに楽しく続けるために、アレンジレシピに使える食材と、控えた方が食材をご紹介します。 <置き換えOKな食材> ・白滝 ・こんにゃく ・春雨 ・わかめ ・貝類 ・きのこ類 ・にんにく ・唐辛子 ・一味・七味唐辛子 ・スパイスやハーブ類 ・キムチ ・味噌 ・鶏ささみ肉 ダイエット食材の定番のこんにゃく類は、低カロリーでお腹も膨れるためアレンジレシピに活躍します。 また、カロリーが低く栄養満点の貝類やきのこ類も使っても大丈夫です。 味に変化を出したい方は、脂肪燃焼効果を上げてくれる唐辛子やスパイス類を使ったり、キムチや味噌でチゲ風にしてもOKです。 <置き換えNGな食材> ・牛肉・豚肉・鶏肉・ウインナー・ベーコン・ソーセージなどの肉類 ・イモ類 ・かぼちゃ ・とうもろこし ・蓮根 ・油揚げなどの揚げ物 ・卵 ・調味油 ・砂糖 ・牛乳 ・豆乳 ・バター ・市販のルウやクリームソース 鶏のささみ以外のお肉は、基本NGです。 そして、穀物に分類されるジャガイモやサツマイモなどのイモ類や、とうもろこしも控えましょう。 かぼちゃもカロリーが高いので、「デトックススープ」には不向きです。 脂肪分や糖質の多い食材は使わないようにしましょう。 油を使う場合は、エキストラバージンのもの、オリーブオイルやごま油を使いましょう。 ダイエットのためにはおいしく続けられる工夫が大切なので、置き換えてもOKな食材を使うことでアレンジが効くのは嬉しいですね。 スープの作り方は、基本的な「デトックススープ」の手順と変わりません。 だし汁と野菜を煮込んで、味を整え、最後に生姜をすりおろして加えるだけです。 禁止事項に注意! アレンジレシピにNGな食材があることはわかりましたが、高いダイエット効果を期待して、「デトックススープ」を取り入れる方には、いくつかの禁止事項がまだありますので、注意が必要です。 なぜ痩せられるの? 「デトックススープ」のダイエット効果は、便秘の解消と代謝促進の働きが大いに関係しているといえるでしょう。 体の中に溜まった毒素をスッキリと排出し、血液がきれいにサラサラになれば、血流が回復ししっかりと体全体の機能が働くようになります。 それにより、体温が上がり、代謝がアップし、脂肪を燃焼させる基礎代謝を促進させる効果が見込まれるのです。 さらに、具だくさんのスープを食事前に頂くと、お腹も満たされ、その他のおかずや主食の量を抑えられる効果もあります。 デトックス効果があり低カロリーなスープを取り入れ、比較的高カロリーなものの摂取を抑えることで、結果的に、食事で摂る総カロリーが減り、ダイエット効果につながると考えられます。 痩せる以外にもメリットが? ダイエット効果抜群の「デトックススープ」ですが、その他にも、体に嬉しいメリットがたくさん存在します! 食物繊維が豊富に含まれた野菜をたっぷり摂ることが出来るので、「便秘解消」の効果は抜群です。 ダイエットを主な目的とせず、辛い便秘に悩まされる方も実際に取り入れる方が多く、その効果は絶大なようです。 さらに、便秘を改善し、体内の毒素を外に排出することで、吹き出物などのトラブルも緩和する作用があります。 代謝をアップさせることで、お肌のターンオーバーも正常に行えるため、「美肌効果」も期待できます。 さらに、お肌に良いとされるビタミンやミネラル類が豊富に含まれたお野菜が摂れることも理由に挙げられます。 体内の細胞を活発化し免疫力を高めるため、「体調を整える」効果もあります。 体質が改善されることで、「冷え性」や「肩こり」など、体の不調を改善する効果も得られます。 さらに、基本的なレシピの具のお野菜は、アメリカ国立ガン研究所が発表した「がん予防」となる食材でも挙げられています。 身体に良いこと満載で、おまけにダイエットも叶うという魔法のスープですね! デメリットもある…? 魔法のような「デトックススープ」にも、デメリットが存在します。 例えば、食べられない食材が入っていたりすれば、食べ続けることが難しくなってしまいます。 そして、ストイックな方法で取り入れている方には、特に注意すべき点があるのです。 それは、「デトックススープ」には人間にとって大切な栄養素であるタンパク質が少ないということです。 スープ以外の食事で、バランスよく摂れている方にとっては、デメリットにはなりませんが、その他の食事量を減らして、スープをたくさん飲むようにしている方にとっては、注意が必要です。 そのため、長期的にその方法を続けるのは控えて、普段から栄養バランスを考えた健康的な食事を摂るように心掛けましょう。 実際に痩せた人の口コミ紹介 先述の基本的な「デトックススープ」のレシピを紹介している岡本院長の「さらさら堂治療院」の患者さんが、実際に感じたダイエット効果をご紹介いたします。 まず1人目の方は、お腹が空いたと感じた時に好きな量を食べて、その他に特に食事制限もせずに、3カ月続けた結果6キロもの減量に成功したのだそうです。 この方が効果を感じ始めたのは「デトックススープ」を飲み初めて約10日後のことで、昔のズボンがするっと入ったことに感激したそうです。 2人目の方は、スープを飲み始めて3カ月で体重が9kg減!ウエストもマイナス7cmという素晴らしいダイエットに成功されています。 間食が大好きだったのに、甘いものにもあまり目が行かなくなり、現在、夕食時には、スープメインで主食やおかずも少なくて済むそうです。 夜に作って作り置きし、密閉容器に入れて職場に持参しランチのお供にもしているそうです。 あくまで、個人の例ではありますが、「デトックススープ」のダイエット効果は素晴らしく、無理なく健康的な方法だといえます。 人気のデトックススープレシピ10選! 1.スザンヌ直伝!「深イイ話」で紹介されたオリジナルレシピ ブームの火付け役となった、タレントのスザンヌさんが、日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」で紹介したオリジナルデトックススープのレシピとなります。 セロリが苦手なスザンヌさんの場合は、細かく刻んで入れるという方法で入れているそうです。 2.全ての材料を鍋に入れて、野菜が柔らかくなるまでコトコト煮込みます。 3.鍋を火からおろして、お好みで塩、スパイスなどで味付けをしたら完成です! スザンヌさんのこだわりとしては、生姜はすらずに2cmほどの大きさに切って入れるそうです。 ささみ肉も、大きめにカットし、ボリュームアップをはかり、食べ応えありの「デトックススープ」になっています。 1日1食をこのスープに置き換える方法を取り入れているそうです。 2.トマト好き必見!「具だくさんトマトデトックススープ」 これは、トマトをメインに使ったアレンジレシピです。 抗酸化作用抜群のトマトの恵みで、美肌効果も上がる嬉しい「デトックススープ」です。 2.お鍋に、お水とカットした野菜、お好みの量のトマト缶、そして生姜を入れて煮込みます。 3.お野菜とトマトの水分がなじんで来たら、コンソメと塩コショウを加えて味を調えて完成です! トマトの味をしっかりめに付けたい方は、トマト缶の量を増やすとおいしく仕上がります。 細かくされたお野菜が食べやすく、たくさん食べられるので、あまり野菜が得意でないお子様などにも喜ばれそうなスープです。 3.変化を付けたい方に!「大根と鶏ささみをプラスした和風デトックススープ」 低カロリーなうえに腹持ちが良いとされる大根と鶏ささみを加えて、和風の味付けに変化をつけたアレンジレシピです。 満足感が得られやすく、鶏ささみでタンパク質も摂れるので、ストイックに頑張る人にもおすすめのレシピです。 大根は1口大程度、にんじんは薄切りにするのがおすすめです。 2.お鍋に、カットした具材とお水、和風だしを入れて煮込みます。 3.野菜や肉が煮えてきたら、みりんを加えひと煮立ちさせ、しょうゆを加えます。 4.鍋からおろし、すりおろした生姜を入れて、味を見て、お好みで塩を加え味を調えて完成です。 しょうゆを入れ過ぎると塩分が多くなってしまいますので、だしの味とお野菜の味を楽しめるように、香味野菜を効かせてみましょう。 顆粒だしを使っても良いですが、多少塩分が含まれるので、時間があれば、昆布とかつお節でだしを取るところから始めても良いです。 4.Theシンプルアレンジ!「春雨を加えただけのヌードル風デトックススープ」 基本の「デトックススープ」のレシピに春雨を加え、ボリュームをアップさせてお手軽なアレンジレシピです。 2.鍋に、水、昆布、かつお節、鶏がらスープの素、そしてカットした野菜を入れて煮込みます。 3.野菜が柔らかくなったら、春雨を入れてさらにひと煮立ちさせます。 4.鍋を火からおろして、すりおろし生姜を加え、お好みでごま油を少し回し入れて完成です! ごま油は風味づけに入れる程度にしてください。 さらに味に物足りなさを感じる場合は、山椒や唐辛子などの薬味をかけても良いと思います。 5.エスニック好きな方に!「トムヤムクン風デトックススープ」 シンプルな味付けにも飽きてきて、さらに変化をつけたい方や、エスニック風料理が好きな方におすすめのレシピです。 ナンプラーやレモングラスを効かせて、タイ料理風の味わいに仕上げました。 2.そこに水を加えて、鶏がらスープの素、レモングラスを加え煮込みます。 3.ある程度野菜がなじんで来たら、ナンプラーを加えてさらに煮込みます。 4.味がなじんだら、火からおろして、酢を加えよく混ぜます。 お好みでパクチーをトッピングして完成です! 最初に具材を炒める油は、エキストラバージンのオリーブオイル、ごま油、ココナッツオイルなどがおすすめです。 調理用のサラダ油などは使用しないようにしましょう。 食欲をそそる豊かな香りと、酸味と辛味のバランスがちょうどいいトムヤムクン風のデトックススープは、ダイエットに飽きて来てる人におすすめです。 6.辛いもの好きな方に!「キムチチゲ風デトックススープ」 韓国料理や、辛い物が好きな方も、ダイエット中に我慢する必要ありません!腸内環境を整えてくれる乳酸菌と、代謝をアップさせるカプサイシンがたっぷりのキムチと、低カロリー野菜の王様きのこ類をふんだんに使ったレシピです。 2.お鍋にごま油をひいて、玉ねぎが柔らかくなるまで炒め、キムチを半分加え炒めます。 3.大根、きのこ類、にんじん、キャベツを入れて、すりおろしにんにくと生姜を加えからませるように、全体を軽く炒めます。 4.鍋に水を入れ、みりんを加え、野菜が柔らかくなるまで煮込みます。 5.残りのキムチも加えて軽く煮立たせ、粉唐辛子、味噌とコチュジャンで味を調えたら完成です! 筆者のキムチチゲレシピを応用したアレンジデトックススープです。 ポイントは玉ねぎと、使う分の半分のキムチを先に炒めることです。 甘みが出て、その後濃い味をつけなくてもまろやかなコクが出ます。 汗だくになりながらデトックス出来る一品です。 2.水と、その他の調味料を加えて煮込めば完成です! 調合されたカレー粉だけでももちろん良いですが、ガラムマサラ、ターメリック、コリアンダーなど、カレーに入れるスパイスを少しプラスするだけでも、風味が変わり飽きさせないアレンジとなります。 8.体の中からポカポカ!「中華風スパイスを使ったデトックススープ」 中華風のスパイスを使った体の芯から温まるアレンジレシピです。 2.鶏がらスープの素を加えて煮込みます。 3.野菜が柔らかくなってきたら、火からおろして、お好みの中華風スパイスを入れて香りづけします。 4.すりおろし生姜と塩を加えて味を調えて完成です! 基本的な「デトックススープ」レシピに、中華風のスパイスをお好みで追加するだけというシンプルなアレンジです。 これに、春雨などを加え、中華風春雨スープとして食べるのもおいしそうです。 9.スーパーフードの力を借りて!「キヌア入りデトックススープ」 美容マニアさんの間では常備食となっているキヌアを入れても、ヘルシーでも満足できる「デトックススープ」が出来ます。 お野菜などの具だけでは物足りない、春雨やこんにゃく類にも飽きたなという方におすすめのレシピです。 2.野菜がしんなりしたら、トマト、水、塩・コショウ、コンソメを加え、キヌアを入れます。 3.きのこ類を加えて、15分ほど煮込みます。 4.最後に、セロリの葉っぱ部分を加えて、塩・コショウで味を調えて完成です! キヌアは、「穀物」に分類されますが、実はほうれん草の仲間です。 正しくは「擬穀物」に属していて、ソバなどと一緒なのです。 低GIで良質なたんぱく質、ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で、デトックススープのアレンジ食材としても適しています。 10.超簡単!「圧力鍋を使った時短デトックススープ」 いくら作り置きが出来るからといって、スープを作る手間も惜しいという、超多忙な方には圧力鍋を使ったレシピがおすすめです。 通常の半分くらいの時間で出来るので、時短になります。 2.トマト缶、コンソメ、マギーブイヨン、トマトジュース、水も鍋に入れます。 3.蓋をして、低圧で強火にして沸騰させ、圧力がかかったら弱火で10分放置します。 4.約10分、低圧で煮込んだら火を止めて、15分程度蒸らします。 5.圧を抜き切った後、蓋をあけ、よく混ぜて完成です! 煮込んでいる間は、圧力鍋にすべてお任せ出来るので、効率よく物事が片づけられますね!野菜のうまみがたっぷりと溶け込んでいるので、薄味でも満足感が得られます。 まとめ いかがでしたか?とっても簡単に作れるのに、ダイエットにも健康維持にも、美容にも良い「デトックススープ」についてご紹介してきました。 中でも、ダイエットの効果はたくさんの人が実感しているようです!ストレスがかからずにダイエット出来て、体の不調まで改善してくれます。 様々なアレンジも出来るので、食卓に取り入れやすいですよね!明日から、早速始めてみたいと思った方、ぜひ、ここで紹介したレシピを参考になさってください。 実際に取り入れる際は、禁止事項をしっかりと守って、使われる食材に不安を感じる方(服用薬との副作用、アレルギーなど)は、一度担当医の方と相談してみるのも良いと思います。 おいしく食べて、美しい健康ボディを目指しましょう! 投稿ナビゲーション.

次の