クロス バイク 空気 入ら ない。 意外と知らない自転車の空気の入れ方!失敗しない正しい方法を解説

今さら聞けない……自転車の空気の入れ方!解説マニュアル|CYCLE HACK

クロス バイク 空気 入ら ない

メンテナンスの基本は空気入れから始まる 自転車は空気が命。 自転車は基本的に空気がなければ走ることができません。 空気入れはメンテナンスの基本中の基本となります。 空気をしっかり管理することでパンクのリスクを相当減らすことができます。 私は乗るたびに空気の管理を行っています。 そのおかげで前回パンクしたのがいつだったか思い出せないくらいパンクしていません。 空気口(バルブ)は主に3種類 日本の生活の中から生まれたママチャリは独自の発展をしてきました。 まさに日本人の体形やスタイルに合った自転車です。 一方で欧米からやってきたスポーツ自転車は様々な点でママチャリと異なります。 それは空気を入れる空気口の形も違いがあり、世界中の自転車には主に3つの空気口(以下バルブ)が存在します。 仏式バルブ(フレンチバルブ、プレスタバルブとも言います) 米式バルブ(シュレーダーバルブとも言います) 英式バルブ(ウッズバルブ、ダンロップバルブとも言います) 仏式バルブはロードバイクをはじめとしたスポーツ自転車に一番多く採用されているバルブです。 入れ方がわからなくて困ってしまうのはおそらくこの形状ではないでしょうか。 米式バルブは、仏式バルブに比べて太い形状でMTBやBMXなど太めのタイヤに採用されるバルブです。 自動車やオートバイと同じ形状で、例えばガソリンスタンドでも空気の補充ができます。 英式バルブはママチャリに採用される、おなじみのバルブです。 では、入れ方がわからない、難しいと言われる仏式バルブの空気の入れ方を手順を追って詳しく説明していきます。 仏式バルブの空気の入れ方 1.仏式バルブ対応の空気入れを用意する まずは、仏式バルブに対応するポンプを準備します。 2.タイヤを押してみて空気の具合をチェック まず空気を入れる前に、タイヤ全体をチェックします。 最初にタイヤの空気がどれくらい残っているかタイヤを押してチェックしましょう。 また、異物が刺さっていたり、摩耗によってタイヤが割れていないどうかチェックも必要です。 3.先端のキャップを外す 仏式バルブの先端にはキャップが付いています。 これを左に回して外します。 すると、仏式バルブの形状が表れます。 このキャップは黒い場合が多いですが、透明のものやカラフルなものもショップで売っていたり、アクセントとして楽しめるアイテムでもあります。 4.バルブの先端を最後まで緩める キャップを外したら、バルブの先端を指でつまみ、左に回し緩めていきます。 緩み切った時点で止まる仕組みです。 バルブの先端を緩めなければ、空気入れを差し込んでも空気はいっこうに入ってきません。 5.バルブの先端を2,3回軽く押して空気を抜く バルブの先端を最後まで緩めたら、指の腹でバルブの先端を軽く2,3回押します。 そうすると「プシュッ、プシュッ」と微量の空気が抜けていくのがわかります。 こうすることで空気入れを挿入した時にバルブ内で空気が詰まって入れづらくなるのを防ぐ効果があります。 6.空気入れの口金を差し込む 空気入れの口金をバルブに対して垂直に差し込みます。 その際奥までしっかり差し込んでください。 差し込みが甘いと空気がしっかり入らず、「シューシュー」と脇から抜けていってしまいます。 空気がうまく入れられないほとんどの人はここでつまずいているのです。 7.口金を固定するためレバーを上げる 空気入れを奥まで差し込んだら、バルブからポンプが外れないようにレバーを上げてロックを掛けます。 ポンプメーカーによっては最初にレバーが上がった状態で、固定するときにレバーを倒すものもあります。 8.適正空気圧までポンピングする 空気入れを固定したら、空気を入れていきます。 ロードバイク、クロスバイク、MTBそれぞれタイヤのサイズや太さが異なりますので、空気を入れる量も変わってきます。 たとえばこの写真のようにタイヤのサイドに空気をどれくらい入れたら良いか表示されています(適正空気圧)。 画像にはbarとpsiの2種類の気圧単位で表示されています。 psiはポンド・スクエア・インチの略。 意味は1平方インチあたりに何ポンドの圧力がかかるかを表わします。 主にロードバイクをはじめ高圧を保つタイヤに使用される単位です。 barはMTBなどの太いタイヤを中心に利用される単位です。 自動車やオートバイにも利用される単位です。 空気入れの気圧計をチェックしながら、表示されている適正空気圧まで入れていけば簡単です。 仏式バルブを使用している自転車をお持ちであれば、 空気圧計が付属したポンプを強くおすすめします。 特に細いタイヤは、空気の量が適正よりも少ないとパンクしたりトラブルを起こしやすいからです。 9.固定を解除し、真上の方向に抜く 適正空気圧まで空気を入れたら、レバーを戻し、口金を真上の方向に向かって抜きます。 【注意するポイント】 このように真上の方向ではなく、斜めに抜いてしまうと、バルブの先端を曲げてしまったり、せっかく入れた空気が抜けてしまうことがあるので注意しましょう。 特にロードバイクのように高い気圧を入れるタイヤは一気に空気が抜けていますので、要注意です。 10.バルブの先端を締める(右回し) ここからは、空気を入れる前と逆の手順を踏んでいきます。 右に回してバルブの先端を締め込みます。 強く締める必要はありません、7,8割の力で良いでしょう。 11.先端のキャップを締める バルブ先端にキャップを取り付けます。 12.空気入れ完了 これらの手順を守れば、しっかりと空気を入れることができると思います。 もし万が一空気が入らないのであれば、以下のような原因が考えられるので、参考にしてみてください。 空気入れの口金のサイズが合わない A. お使いの空気入れが仏式バルブに対応していない可能性があります。 空気を入れようとしても固くてハンドルが下まで降りない A. 仏式バルブの先端を緩めましたか?もし緩んでいるのであれば、先端を2,3回押しましたか?先端を押すことで、仏式バルブ内の空気のつまりを解消し、空気がうまく入っていきます。 空気を入れると半分くらい横から漏れてる気がする A. 口金を奥までしっかりと入れましたか?差し込みが甘いと横から空気が漏れていってしまいます。 しっかり差し込んだらレバーを90度に起こすのも忘れずに。 米式バルブを使用しています。 空気入れの手順は仏式とどう違うのですか? A. まず米式バルブに空気を入れるには、米式対応の空気入れが必要です。 最近の空気入れは仏式米式両対応のものが多いので、購入の際は表記を確認してください。 入れ方は仏式バルブのような先端を緩める形状ではありません。 先端のキャップを外したら、ポンプの口を奥までしっかり差して、レバーで固定します。 適正まで入れ終わったら、レバーを解除し、真上に抜きます。 この手順は仏式と同様です。 ではここからは、初めて空気入れを買う方や買い替えを考えている方におすすめのアイテムをご紹介しましょう。 おすすめのポンプ 主に自宅やレース会場、トランポ先の駐車場など、出発前に使用することの多いフロアポンプは、エアボリューム管理の正確さや、口金の精度、ゲージの見やすさなどで選ぶとよいでしょう。 プロ PRO フロアポンプ ツール・ド・フランスや世界の有名なレースに参戦しているプロロードレースチームの要望を取り入れ開発されたシマノPROの空気入れです。 ハンドルのグリップ性が高く、握りやすい構造です。 ロードバイクなどの細いタイヤに空気を入れる場合、最後の方になると空気圧の反発力で押しにくくなってしまうのですが、ジョーブロースポーツ3は比較的楽にサクサクと入れられます。 ユーザーに優しい点として、長期間使用し、部品が消耗しても修理部品がほとんど手に入るので、新しいポンプを買いなおす必要がありません。 ジョーブロースポーツ3の空気圧計は空気圧の単位であるbarとpsiの両方で利用できます。 適正空気圧の目盛りにあらかじめメーター上にある黄色の印を置いておけば、迷うことなく空気を入れることができるでしょう。 番外編:携帯用ポンプ 携帯用ポンプは主に走行中にパンクした時の使用が目的です。 軽量化のためミニサイズで機能を最低限に絞っているものも多く、空気の充填に時間がかかったり、空気圧の管理が難しいといったデメリットがあります。 だけど、お家用と携帯用、両方買うほど予算がないよ~!というアナタにはこんなモデルをお勧めします。 TOPEAK トピーク ターボ モーフ G ターボモーフGは携帯用としてはやや大きな部類(全長35㎝)ですが、フロアポンプ同様に空気圧計が付属し、地面に立ててしっかりポンピングすることができるので、携帯用の中では非常に使いやすいモデルです。 ただし小さなボディに機能を凝縮させた分、フロアポンプよりも割高です。

次の

これで完璧!自転車の空気の入れ方マニュアル

クロス バイク 空気 入ら ない

一見万能な自転車メーカーポンプ 有名な自転車メーカーのジャイアントの携帯ポンプ「CONTROL MINI1+」。 エアーゲージがあり、仏式と米式のバルブに対応する「自転車初心者に魅惑的」な一品…だと思ったのだけど…。 一見、何でもアリの最強ポンプのようですが、万能タイプなだけで、高圧域でのポンピングはかなりの力が必要でした。 男性が顔を真っ赤に一生懸命力んでも実質6気圧位までしか注入できず、クロスバイク初心者ナビの主人公さん、密かにちょっと失敗してしまった携帯ポンプです。 「その当時」のポンプの話であり、今、 ビアンキや ジャイアントの空気入れを持っている人を否定しているわけではなく、ひとつの経験談であることを前置きした上で解説していきます。 「空気を入れる」なので、押して空気を抜く必要はありません。 基本的にはフロアポンプでの空気の入れ方と同じです。 タイヤのチューブバルブを携帯ポンプの穴に差し入れて押し込んだ後、固定用のレバーを引き起こしてロックをかけます。 レバーを引き起こし、固定します グッと差し込み レバーで固定する 海外では「ハンドポンプ」と呼ばれる場合もある携帯用のエアーポンプ。 メーカーや製品によって、レバーのロックの方向は逆の場合があるので、臨機応変に作業していきましょう。 両手で固定しつつポンピング 知る人ぞ知る、密かに高等な筋トレ的な空気入れ作業の開始です。 体重をかけてポンピングをするフロアポンプと違い、携帯ポンプでは一般的に胸筋を鍛えるような体勢で空気を入れなくてはならず、腕力や胸筋力勝負になってしまいますので、良い物に出会いたいものです。 後半に「良い物」のヒントをポロリしておきます。 タイヤに高圧まで空気を入れたら バルブを傷めないように両手でしましょう 腕や胸筋をプルプルガクガクさせながら、8気圧前後空気を入れられたとします。 この際にバシュッと大きな音と共に空気が一瞬漏れますが、いつものことなので大丈夫。 レバーを倒し、エアーポンプをチューブから離す レバーを解除し バシュっと抜く 注意点としては、タイヤチューブのバルブから携帯ポンプを ひっこぬく方向を考えて「引っ張り抜く」ようにしましょう。 一度、痛い思いをしてみるとその意味がわかります。 大怪我はしませんので、一度何にも考えずにガン!と手をぶつけてみた方が今後のためになるのかも。

次の

これで完璧!自転車の空気の入れ方マニュアル

クロス バイク 空気 入ら ない

もしどちらもお持ちでない場合は、用意していただくしかありません。 ちなみに、ママチャリ用の空気入れでは指定の空気圧まで入れらない場合が多いです。 手順が間違っていないか 基本的な部分ですが、手順が間違っていたら空気が入りません。 もう一度確認してみてください。 キャップをはずす• バルブの先を緩める• バルブの先端を上から軽く押して軌道を確保• 空気入れを接続 この順番です。 抜けているところはないでしょうか? 仏式変換アダプターの取り付け 空気が入らない場合に一番多いのが、上に挙げたアダプターを使っている場合かと思います。 このアダプターですが使い方にポイントがありまして、先にアダプターをバルブに取り付けないといけません。 アダプターをチューブのバルブに取り付けて、それから空気入れを接続するという順番です。 ここを間違ってしまうとエアー漏れをおこしてなかなか入らないといったことがあります。 ただし使い方が正しくても、アダプターや空気入れによっては空気が入りにくいものもあります。 ヘッドの固定方法 仏式の空気入れには、バルブへ固定する際に、ヘッドのレバーを曲げて固定するタイプとレバーを伸ばして固定するタイプがあります。 間違っているとユルユルなので、間違うことはないと思うのですが、一応確認してみてください。 空気入れ自体の問題 あとは空気入れ自体に問題がある場合もあります。 価格の安い空気入れだと、固定がうまくいかず空気漏れをおこしやすいものもあります。 この場合は空気入れを替えるだけで別世界のように楽になりますので、そのような空気入れを使っていると思われる方は、買い替えてしまうことをおすすめします。 私も使っているものなのですが、この空気入れ使いやすいです。 3000円しないぐらいですので、よかったら試してみてください。

次の