歩く と すね が 痛い。 すねが筋肉痛になってしまう3つの原因と治し方を紹介!

ウォーキング時足のすねが痛い原因と効果期待大の解消、対処法

歩く と すね が 痛い

1 坐骨神経痛ですねが痛む時の原因は? 坐骨神経痛ですねが痛む時の原因は、神経圧迫や神経が骨に触れているということではなく、筋肉が固まってしまったことにあります。 すねの痛みは神経痛のような痛みかと思います。 ですが、筋肉が固まってしまった場合でも、そういったいわゆる神経痛のような痛みの原因になるのです。 安静にしている時はあまり痛くないけれど、歩いたり、長時間立ったままの状態が続くと痛くなる。 そんな状態なら、神経ではなく筋肉が原因ですね。 2 すねの痛みはここが原因になりやすい 坐骨神経痛に伴うすねの痛みは、筋肉が固まったことに原因がある場合が多いです。 では、どこの筋肉が原因になりやすいかというと主に2か所あります。 股関節周りの筋肉• すねの筋肉 写真をご覧ください。 股関節周りと、すねにバツ印を付けています。 ここにある筋肉が固まってしまうと、坐骨神経痛特有の痛みの原因になります。 すねが痛むのだから、すねの筋肉が原因というのは分かる。 でも、股関節の筋肉はちょっと離れ過ぎなのではないだろうか?こう思う方は多いかもしれませんね。 ですが、筋肉が固まった場合、離れた部分にも痛みを出すという特徴があります。 こういった痛みを関連痛と言い、股関節周りだけではなく臀部の筋肉が原因になることもあるのです。 3 坐骨神経痛だから神経が原因では? 坐骨神経痛ですねが痛むのだから、原因は神経ではなくやっぱり神経なのでは?と思う方は多いでしょう。 では、なぜ神経ではないと言えるのかについて解説します。 3-1 神経圧迫なら常に痛みがなければおかしい 坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などに伴う症状のことです。 そして、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症は、神経が圧迫されて痛みやしびれが出るとされる病気。 ですが、たとえ神経圧迫の状態になっていても、圧迫されているというだけの方は多いです。 つまり、神経が圧迫されてはいるけれど、痛みの原因になっているわけではないということ。 神経圧迫が原因なら、常にすねが痛くなければおかしいです。 ですが、痛い時もあれば、痛くない時もあるなら神経ではなく筋肉が原因です。 3-2 神経が原因ならもっと重度な症状が出る すねの痛みが神経に原因があるならば、痛み以外にももっと重度な症状が出なければおかしいです。 例えば、椎間板ヘルニアに伴い麻痺や膀胱直腸障害という症状が出ることがあります。 すねは痛いけれど、こういった症状がないなら神経が原因とは言えません。 4 すねの痛みに痛み止めは効く? 坐骨神経痛ですねに痛みがある時に、病院で処方してもらった痛み止めを飲んでいるという方は多いのではないでしょうか?そして、飲んでいるけれども痛いままという方も。 痛み止めが効くのは、炎症が原因の痛みと神経が原因の痛みです。 そのため、股関節周りやすねの筋肉などが固まったことによる痛みに薬は効かないことが多いです。 ロキソニンは炎症に対しての薬。 リリカは神経に対しての薬。 どちらも間違った薬ではありませんが、筋肉を緩めるという作用がないため効果があまりないのです。 5 すねの痛みに湿布は効く? 坐骨神経痛ですねの痛みがある場合に、湿布を患部に貼れば良いのではないか?と思う方は多いのではないでしょうか。 そして、実際に貼ってみたという方も。 湿布はどういう効果があるかというと、炎症による痛みを抑えることです。 そのため、すねの痛みが炎症による場合なら湿布は有効。 ですが、そうでなければ効果は期待できません。 炎症の痛みは、寝ている時に出ることが多いです。 夜寝ていてすねの痛みで目が覚めるなら炎症が原因。 そういうことがなければ、筋肉に原因があるということですね。 6 坐骨神経痛ですねが痛む時にやってはいけないこと 坐骨神経痛ですねが痛む時に、やってはいけないことがいろいろとあります。 その中でも代表的なのがウォーキング。 これはお勧めできません。 痛みを我慢してでも運動しないと、筋力が落ちそうで心配。 だからウォーキングと考える方は多いです。 ですが、これは症状を長引かせたり悪化の原因になりがちです。 筋肉が固まったことが原因なのに、ウォーキングでさらに筋肉を使うといつまでも筋肉が固まったままになるためです。 だから、ウォーキングはしないで欲しいのです。 7 筋肉が原因ですねが痛む場合はどうすればいい? 坐骨神経痛になりすねが痛む。 そして、その原因が神経圧迫や炎症ではなく固まった筋肉にあるなら、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。 固まった筋肉に鍼の治療をする方法。 ですから、痛み止めの薬や湿布などがダメな場合でも、痛みの発生源となっている筋肉を直接施術するという方法があるのです。 歩くとすねが痛い、立ったままでいると徐々にすねが強く張ってくる。 そんな場合なら、筋肉が原因なのでトリガーポイント鍼療法での施術が可能です。 8 坐骨神経痛ですねが痛む方へ 坐骨神経痛ですねが痛む場合に、神経が原因ではなく筋肉が原因というのは意外に思った方も多いのではないでしょうか。 そして、股関節周りの筋肉という、すねから離れた部分の筋肉が原因で痛みが出るということも。 ですが、こういったことはすべて事実なのです。 筋肉が原因ということが分かれば、痛み止めが効かなくても、湿布が効かなくても少し安心ではないでしょうか。 何も効果がないと、不安ばかりになってしまいますものね。 坐骨神経痛と名前が付いていても、たとえ神経圧迫の状態にMRIの結果が出たとしても、筋肉が原因で痛みが出ることはあるのです。 坐骨神経痛の痛みの原因や、そして、筋肉が原因の場合に対するトリガーポイント鍼療法という施術。 こういった事実もあるということを知ってもらえればと思います。 まとめ• 坐骨神経痛ですねが痛む場合の原因は、神経圧迫や神経が骨に触れているということではなく固まった筋肉にあることがほとんど• 股関節周りやすねの筋肉が固まってしまうことで、坐骨神経痛特有の締め付けられるような痛みの原因になる• すねの痛みの原因が筋肉にある場合は、痛み止めや湿布は効かないことが多く、またウォーキングで痛みが長引いたり悪化することもある.

次の

脛(すね)の外側が痛くなる原因:2018年10月31日|カラダドクター整体院のブログ|ホットペッパービューティー

歩く と すね が 痛い

スネの張りの原因、前脛骨筋とは 前脛骨筋はスネの前を覆い、内くるぶしの前を通過して足底の内側、土踏まずのあたりに至ります。 前脛骨筋の働き この前脛骨筋はつま先を持ち上げる動き(背屈)と足首を内側に捻る働き(内反)をします。 背屈(つま先を上げる) 内反(親指を内側に捻る) この動きをしたら、問題のあるスネの前の筋肉に力が入るのを実感出来ると思います。 なぜ前脛骨筋が張ったり、痛むのか? 理由は2つあります。 理由1 足を持ち上げて前に出そうというフォーム マラソンなどの長距離走では膝を上げる、つま先を前に出そうという意識は必要ありません。 正しい姿勢、重心の位置で走れば、足の着地位置は自ずと自分の骨盤上に定まるので無理につま先を持ち上げて前に出す動きにはなりません。 前脛骨筋はあまり使いません。 しかし猫背や腰折れでお尻が落ちるような姿勢になると 猫背 腰折れ尻落ち 無理に足先を前に押し出さないと進まないから前脛骨筋を大いに酷使することになるのです。 理由2 フォアフット系ランナーが着地時にニーインする。 フォアフットで着地する高速ランナーがひとつ間違えると発症します。 フォアフット真横 このように膝が正面に向いていれば問題はありません。 正面写真ok しかしこの動画のように膝が内側に倒れこむと発症の恐れがあります。 すでに収縮して硬くなっている前脛骨筋を捻るようにストレスをかけることになるのです。 このニーイン状態は前脛骨筋痛以外の障害の誘因になります。 この傾向のあるランナーは要注意です。 前脛骨筋痛解決法2 まず着地時の膝の向きに注意してジョグをするのが有効です。 膝がまっすぐ足の中指と同じ方向を向くイメージです。 これを確認します。 あるいは筋力的な問題で着地時にぶれるような場合は大腿四頭筋を鍛えるのが有効です。 これは以前ご紹介したをご参照下さい。 ジョギングをしながら是非チェックしてみてください! 前脛骨筋の痛み、張りに対してご自分で出来るケアについて、2019年9月18日のブログでご紹介しました。 よろしければも合わせてご覧ください。 ランニング指導ご検討の方はまで。 お身体の不調でお悩みの方はにお気軽にご相談ください。 表参道にて柳鍼灸院を経営。 また「柳鍼灸院ランニングクラブ」を主催するランニングコーチ。 フルマラソンの自己ベストは2:53:04(2020別府大分マラソン)。 現役の市民ランナー。 53歳。 48歳から本格的にマラソンを始める。 アメリカンフットボールという瞬発力勝負のスポーツからフルマラソンという持久走の競技に転身。 フットボールコーチで培った合理的な練習方法と、治療家として培った解剖学や運動学の知識を駆使して、市民ランナーをサポートする。 2002年に柳鍼灸院を開設し、様々な競技のスポーツ障害の治療に励む。 怪我の治療と競技復帰のリハビリ、そして再発予防のためのトレーニング指導などを長らく行う。 施術、指導したアスリートの数は二千人を超える。 主なスポーツ歴はアメリカンフットボール。 大学、社会人で11年間QBとして活躍。 引退後フットボールコーチとして三度の日本一を経験するなど日本フットボール界の最前線でおよそ30年間活躍。 オービックシーガルズ、富士通フロンティアーズに所属。 最近の投稿.

次の

ウォーキング時足のすねが痛い原因と効果期待大の解消、対処法

歩く と すね が 痛い

「すねの筋肉がすぐに疲れてだるくなる気がする」 すねの前側にある筋肉が張っている感じがあってなんとかしたいと思われている方、原因に合わせた対処をきちんとする必要があります。 すねの筋肉が張っている、凝っているような気がされていると思いますが、• 筋肉疲労によって起こっているものなのか?• 坐骨神経痛などですねの前側に問題が起こっているか? という原因に大きくわけることができます。 神経痛で出ているのであれば• 片足のすねに症状が出ている(両足のすねがだるいということはあまりありません)• 腰痛持ちである• しびれている感覚が脚にある• すねを触れるだけで痛かったり感覚が違ったりする などがあります。 当てはまるのがある方は神経痛の可能性を考えたほうがよさそうなのでこちらをお読みください。 「」 今回は、先ほどのような症状が当てはまらなくてすねの前がだるい・疲れやすいという方は、• そのような症状が出やすい原因はなにがあるのか?• すねの前の筋肉をほぐすためのセルフケアの方法は? などが気になると思いますが、その原因について詳しく紹介していきたいと思います。 原因を知らないときちんとした根本的な解決につながりませんので是非お読みください。 「原因は楽になってからでいいから、やっぱりまずは楽になる方法が知りたい」 という方はこちらをお読みいただければと思います。 「」 すねの前側の筋肉が張るのは歩きに問題がある すねの前の筋肉(前脛骨筋:ぜんけいこつきん)が緊張してしまっている状態にあると考えられます。 この筋肉は主に足先を上に向けるような動きをする働きをする筋肉です。 前脛骨筋が過緊張状態になってしまうには• 筋肉をすごくたくさん使っている• 筋肉の使い方に問題がある ような状態にある可能性がありますが、だいたい歩いているときの状態にあらわれます。 実際にどのような状態なのか、前脛骨筋が疲れやすくなる歩きを紹介していきますので当てはまるかみてみましょう。 ゆっくり歩きはすねが疲れやすくなる 歩くときに1番すねの筋肉に負担がかかりやすいのは、歩く速度が遅くて1歩1歩の歩幅が狭いことです。 歳を重ねるにしたがって、歩く速度が遅くなり歩幅が自然に狭くなる傾向があります。 歩くときに、足を持ち上げて前に出す時に足首が下に向いてしまったらつまづいてしまいます。 そうならないように足先を下向かないようにするのが『前脛骨筋』の働きです。 これが、歩く速度が遅かったり歩幅が狭くなると、その足先を持ち上げておく滞空時間が長くなりますので筋肉がその分長い時間しっかり働いて足先を持ち上げつづけないといけません。 それによって筋肉が疲れが溜まりやすくなってしまいます。 スポンサーリンク つまづき予防に脚を持ち上げるのはいいの? ご年配の方の中には 「最近段差がないはずのところなのにつまづいて転んでしまった」 ということで、つまづかないために太ももをあげて歩くような指導をされる方もいます。 脚を持ち上げて歩けばつまづかなくなりますが、はたしてこんな不自然な歩き方をしていてよいのでしょうか? いったんこんな歩き方を身に着けてしまうと、普通の歩き方には戻れません。 戻してしまうと前よりもつまづきやすくなってしまうからです。 つまづく方は、つまづくことが問題でそれを脚をあげればいいと思われるかもしれませんが、実はその原因は歩いているときの 『重心が下がっている』のが1番の問題でその結果として足先が地面にひっかかりやすくなっているのです。 しっかりと背筋を頭上に向かって引き上げて歩けばほとんどの方はつまづかなくなりますので、不自然に太ももをあげる歩き方はやめて背筋をしっかり伸ばす意識を練習しましょう。 履いている靴はきちんと自分にあっていますか? すねの前側が疲れやすい人の中には履物に問題がある方が多いです。 足のサイズより靴が大きい サイズが合っていないと、靴の中で足が動きますのでそれを安定させようと余計な力が入ってしまいます。 靴ひもをきちんと毎回結んでいない 靴ひもを毎回結ぶのが面倒で、そのまま脱ぎ履きするくらいにしかひもを締めていないと、靴の中で足が動いて余計な力が入ります。 スリッパやつっかけをよく履く 鼻緒のついた草履などは指で鼻緒をつかんで履物が安定しますので問題ありません。 スリッパ・サンダル・つっかけなどはそのままでは脱げやすいので前脛骨筋が過緊張して脱げないようにします。 ウォーキングに適していない靴 靴があまりにも歩くのに適していない靴や安物だったりする場合は変える必要があります。 少なくともこれらについて当てはまるなら早急に改善することが必要です。 スポンサーリンク とにかく歩く量が多くて疲れてしまっている 歩いているときに使われる筋肉の状態には特に問題はなくても、単純に使い過ぎだったら疲労が溜まって筋肉が張ってきます。 ご自分の普段歩いている時間や距離を振り返ってみられて当てはまるようなら• 歩く時間や距離を短くできないか?• 連続して歩かないで途中で休憩をはさむことができないか?• ウォーキングシューズなど靴を見直す などできることをされることが大切です。 現代の生活環境で歩き過ぎですねが疲労を起こすというのはよほどでないと起こりません。 それよりは最初の歩き方や靴の環境がきちんとできていないことの方を入念にチェックすることをお勧めします。 1番大切な対策は、足が疲れにくい環境づくりをすること すねの前側の筋肉が疲れないように改善するためには、疲れにくい・疲れを翌日に持ち越さない環境を作ることです。 そのためには、できることは• 歩き方を変える 足先をやたら無理にもちあげるような歩き方をしたり、だらだら歩かないで姿勢よく歩くようにする• 靴を考える 靴ひもを毎回きちんと結ぶ、靴のサイズや種類などをきちんと自分の歩きにあったものにする• 風呂にゆっくり浸かる よく歩いた日にはお風呂にしっかり浸かるのも大切なセルフケアにつながります などがあります。 これら歩くときの環境をきちんと見直していくことが足が疲れにくい身体にするためのコツです。 環境改善を進めながら一緒に体操やストレッチをとりいれていくと効果がきっちり出てくれます。

次の