セミナー 物理 基礎 物理。 【東大生が書いた】セミナー物理の使い方・レベル・評価・勉強法

セミナー物理基礎・物理 使い方評判レビュー

セミナー 物理 基礎 物理

セミナー物理とは 物理の問題集の中で、おそらく最も広く使われている問題集です。 学校での採用率が高く、日常学習から入試対策まで幅広く、数多くの問題が載っています。 特に公式確認や基礎問題が充実しており、はじめの問題集としておすすめの一冊となっています。 「物理基礎」,「物理」の基本~入試レベルの学習内容を網羅した授業併用・自学自習用整理演習書です。 より セミナー物理の特徴 セミナー物理の特徴をざっくりまとめると以下のようになります。 基礎から発展まで網羅的に収録された多数の問題• 問題集より分厚い充実した解答• 簡潔にわかりやすくまとめられた公式 セミナー物理の基本情報 教材名 セミナー物理基礎+物理 出版社 第一学習社 サイズ A4判 ページ数 問題集:360ページ・別冊解答:456ページ 価格 税込979円(本体価格:890円) 販売 塾・学校用教材 セミナー物理の構成 問題集 力学・熱力学・磁気・電気・波動など7つの章に分かれています。 まとめ テーマの最初の数ページは重要事項や公式のまとめが載っています。 図や表も用いながらわかりやすくまとめられています。 プロセス 公式の単独での使い方を確認する問題です。 解答がそばにの載っているため、すぐに確認することができるようになっています。 基本例題 学習した事項や公式を問題の中で理解するための例題です。 問題文のそばに解くための指針と解説が載っています。 基本問題 学習した事項や公式の理解と定着のための基本的な問題です。 発展例題 やや発展的な例題です。 基本例題と同じく、問題文のそばに解くための指針と解説が載っています。 発展問題 大学入試過去問が中心となる、やや発展的な問題です。 すべての問題に解答の方針を立てるためのヒントが用意されています。 それぞれ例題が2題程度、基本問題が10題程度、発展問題が5題程度あります。 章の最後には総合問題があり、国公立大学や有名私立大学を中心とする過去問が10題程度収録されています。 解答冊子 別冊解答は456ページと問題集本体を100ページ近く超えるボリュームとなっています。 答えのみを示した解答・解答のポイントがまとめられた指針・模範解答としての解説・関連事項を補う注など、充実した内容となっています。 セミナー物理の難易度 公式に数字を当てはめるだけの問題から大学入試レベルの問題まで幅広く網羅されています。 章末の総合問題は国立一般入試レベルの難易度の高い問題(東京大学など)もあるにはあるのですが、地方国公立大学や 中堅私大からの出題が中心となっています。 センター試験や中堅私立大学、定期試験の対策なら本書でかなりカバーできますが、難関大学入試の物理対策になると本書の勉強のみでは不十分でしょう。 どんな人におすすめか? 物理の勉強をがっつりしたい人なら誰でも 大学受験に向けて物理を学びたい人から、授業の理解の基礎的な確認をしたい人まで、幅広い人におすすめです。 基礎的な問題や解説が特に充実しているので、初学者にもおすすめです。 苦手な単元の基本的な問題を解きたい人 他にも、1つの分野が細かい単元に分かれていることから、後から苦手な部分のみ確認し復習するという用途にも適しており、本格的に受験勉強を始めた方にもおすすめできます。 セミナー物理の使い方 順番通りに問題を解いて理解を深めれば、物理に関しては十分な実力を得ることができます。 ただ全体的に問題数が多く、やはり基礎的な問題が多いので、十分に理解できている分野は飛ばして次に進みましょう。 当然のことではありますが、特に基本問題で解けない問題がある場合、基礎的なところの見落としがある可能性が高いので、よく復習しましょう。 セミナー物理で勉強するときの注意点 問題の量がかなり多い 問題数が多いので、途中でだれてしまうことが多いかもしれません。 そんなときは、基本問題だけ解いて発展問題は飛ばし次の章に行ったり、1日毎に小さな目標を建てて進めていくなど工夫して頑張りましょう。 参考書としては使えない 本書は参考書ではなくあくまで問題集なので、公式や現象の結果などは簡単にまとめられていますが、なぜその公式が導かれるのか、それにどんな意味があるのかというような理解を深める部分はありません。 ですから、他の教科書や参考書で理解を進めながら、本書でその定着度合いを確認していくというように勉強していくべきです。 セミナー物理の後に取り組むべき問題集 大学受験を目標にしているのであれば、本書に取り組んだ後は大学別の過去問に挑戦してみましょう。 志望する大学がかなり難しいようであれば、過去問に手を付ける前に更に難しい問題集を試すのも手です。 セミナー物理を使った人の声 私は大学受験対策として本書に取り組みました。 それ以前あまり真面目に勉強していなかったのもありますが、コツコツ取り組んだ結果、以前と比較して物理の偏差値を20以上あげることができました。 やや分量は多く大変に感じることもあるかもしれませんが、内容は非常に充実しています。

次の

セミナー物理基礎+物理に関する質問一覧

セミナー 物理 基礎 物理

セミナー物理とは 物理の問題集の中で、おそらく最も広く使われている問題集です。 学校での採用率が高く、日常学習から入試対策まで幅広く、数多くの問題が載っています。 特に公式確認や基礎問題が充実しており、はじめの問題集としておすすめの一冊となっています。 「物理基礎」,「物理」の基本~入試レベルの学習内容を網羅した授業併用・自学自習用整理演習書です。 より セミナー物理の特徴 セミナー物理の特徴をざっくりまとめると以下のようになります。 基礎から発展まで網羅的に収録された多数の問題• 問題集より分厚い充実した解答• 簡潔にわかりやすくまとめられた公式 セミナー物理の基本情報 教材名 セミナー物理基礎+物理 出版社 第一学習社 サイズ A4判 ページ数 問題集:360ページ・別冊解答:456ページ 価格 税込979円(本体価格:890円) 販売 塾・学校用教材 セミナー物理の構成 問題集 力学・熱力学・磁気・電気・波動など7つの章に分かれています。 まとめ テーマの最初の数ページは重要事項や公式のまとめが載っています。 図や表も用いながらわかりやすくまとめられています。 プロセス 公式の単独での使い方を確認する問題です。 解答がそばにの載っているため、すぐに確認することができるようになっています。 基本例題 学習した事項や公式を問題の中で理解するための例題です。 問題文のそばに解くための指針と解説が載っています。 基本問題 学習した事項や公式の理解と定着のための基本的な問題です。 発展例題 やや発展的な例題です。 基本例題と同じく、問題文のそばに解くための指針と解説が載っています。 発展問題 大学入試過去問が中心となる、やや発展的な問題です。 すべての問題に解答の方針を立てるためのヒントが用意されています。 それぞれ例題が2題程度、基本問題が10題程度、発展問題が5題程度あります。 章の最後には総合問題があり、国公立大学や有名私立大学を中心とする過去問が10題程度収録されています。 解答冊子 別冊解答は456ページと問題集本体を100ページ近く超えるボリュームとなっています。 答えのみを示した解答・解答のポイントがまとめられた指針・模範解答としての解説・関連事項を補う注など、充実した内容となっています。 セミナー物理の難易度 公式に数字を当てはめるだけの問題から大学入試レベルの問題まで幅広く網羅されています。 章末の総合問題は国立一般入試レベルの難易度の高い問題(東京大学など)もあるにはあるのですが、地方国公立大学や 中堅私大からの出題が中心となっています。 センター試験や中堅私立大学、定期試験の対策なら本書でかなりカバーできますが、難関大学入試の物理対策になると本書の勉強のみでは不十分でしょう。 どんな人におすすめか? 物理の勉強をがっつりしたい人なら誰でも 大学受験に向けて物理を学びたい人から、授業の理解の基礎的な確認をしたい人まで、幅広い人におすすめです。 基礎的な問題や解説が特に充実しているので、初学者にもおすすめです。 苦手な単元の基本的な問題を解きたい人 他にも、1つの分野が細かい単元に分かれていることから、後から苦手な部分のみ確認し復習するという用途にも適しており、本格的に受験勉強を始めた方にもおすすめできます。 セミナー物理の使い方 順番通りに問題を解いて理解を深めれば、物理に関しては十分な実力を得ることができます。 ただ全体的に問題数が多く、やはり基礎的な問題が多いので、十分に理解できている分野は飛ばして次に進みましょう。 当然のことではありますが、特に基本問題で解けない問題がある場合、基礎的なところの見落としがある可能性が高いので、よく復習しましょう。 セミナー物理で勉強するときの注意点 問題の量がかなり多い 問題数が多いので、途中でだれてしまうことが多いかもしれません。 そんなときは、基本問題だけ解いて発展問題は飛ばし次の章に行ったり、1日毎に小さな目標を建てて進めていくなど工夫して頑張りましょう。 参考書としては使えない 本書は参考書ではなくあくまで問題集なので、公式や現象の結果などは簡単にまとめられていますが、なぜその公式が導かれるのか、それにどんな意味があるのかというような理解を深める部分はありません。 ですから、他の教科書や参考書で理解を進めながら、本書でその定着度合いを確認していくというように勉強していくべきです。 セミナー物理の後に取り組むべき問題集 大学受験を目標にしているのであれば、本書に取り組んだ後は大学別の過去問に挑戦してみましょう。 志望する大学がかなり難しいようであれば、過去問に手を付ける前に更に難しい問題集を試すのも手です。 セミナー物理を使った人の声 私は大学受験対策として本書に取り組みました。 それ以前あまり真面目に勉強していなかったのもありますが、コツコツ取り組んだ結果、以前と比較して物理の偏差値を20以上あげることができました。 やや分量は多く大変に感じることもあるかもしれませんが、内容は非常に充実しています。

次の

セミナー物理基礎+物理の特徴と使い方

セミナー 物理 基礎 物理

こんにちは、yuです。 物理は現象を理解するまでが難しく、それまでに多くの受験生が挫折すると思います。 物理が得意だったわたしも物理を学び始めたことは、理解に苦労していました。 今回はそんな物理を学び始めるのにぴったりの参考書だったセミナー物理について解説したいと思います。 セミナー物理は学校で配布される参考書だけあって、基礎から発展問題までがしっかり網羅されており、取り組むだけで自然と物理の理解が進む構成となっています。 わたしもこのセミナー物理で基礎を築いたおかげで、物理が得意になっていきました。 学校で配布される問題集だけあって、受験物理の参考書で最も使われているであろうセミナー物理。 その特徴、レベル、効率的な使い方を徹底的に解説します。 この記事の目次• セミナー物理の構成・特徴 セミナー物理の問題数 テーマ 問題数 プロセス 164題 基本例題 88題 基本問題 373題 発展例題 52題 発展問題 167題 総合問題 60題 演習問題 32題 論述問題 20題 セミナー物理の構成 まとめ セミナー物理ではまず各章のはじめに まとめのページがあります。 このページでは簡単に公式などがまとめられており、見開きでその章で学ぶべき項目を確認することができます。 このページは本当に良くまとまっているので、セミナー物理を仕上げたあとでも公式の確認に使うことができます。 プロセス その章で学ぶ上での知識の確認程度の問題です。 基本例題 基本例題からが本格的な問題になります。 基本例題では公式を用いてその章の典型問題の解き方を解説付きで確認します。 基本問題 基本問題では基本例題で学んだ典型問題の解き方や、その章で習った公式の使い方を習得できるように典型問題が配置されています。 問題数がすべてのテーマで多いことからわかるように、 基本問題の網羅性はセミナー物理の特徴といっても良いでしょう。 発展例題 発展例題では基本問題で学んだ考え方をベースに受験標準レベルの問題にトライします。 基本例題と同じく問題のすぐ下に解説があります。 発展問題 発展問題では発展例題と同じく、受験標準レベルの問題で構成されています。 受験標準レベルとは言っても、 基本問題で学んだ考え方をベースにいくつかの解放を組み合わせれば解ける問題で構成されています。 基本的にはこのレベルの問題を難なく解けるようになっていれば、物理が得意だと思っていいでしょう。 総合問題 エネルギーまでの力学、単振動までの力学、熱力学、波動、電気、磁気、原子それぞれの章のまとめとなっているのが総合問題。 本格的な入試問題で構成されており、難易度も高い問題が揃っています。 演習問題・論述問題 難関大学の対策用に記載されている問題がこちら。 物理を理解するためにも取り組んでおきたい問題で構成されています。 セミナー物理の特徴 セミナー物理の特徴はなんといっても 基礎の基礎の問題から入試問題レベルの問題までが網羅的に記載されていることです。 センター試験のように難しい問題を解く必要がなく、網羅性を要求されるを要求される試験対策にはぴったりです。 また章ごとに 基礎から発展まで演習することができるので、スムーズにレベルアップすることができます。 多くの高校がこの参考書を配布しているだけはあると思います。 セミナー物理のレベル・難易度 セミナー物理の対象者は? セミナー物理を使う対象者は 物理を初めて勉強する人・ センター試験で高得点を狙いたい人向けだと思います。 基本問題の割合が多いことからも、セミナー物理は本格的な受験物理の問題集の中では難易度は低めです。 その分、初めて勉強する人にとってはスムーズにレベルアップすることができるでしょう。 また忘れてしまいがちな典型問題も網羅的に記載されているので、難問・奇問を解くことが要求されないセンター試験対策にも最適です。 センター試験に対しては? 上記で述べたように セミナー物理はセンター試験対策には最適な問題集です。 その理由をもう少し詳しく述べます。 一番の理由は 基礎的な問題が網羅的に収録されている点です。 373題の基本問題で基礎的な問題や公式の運用、典型問題を徹底的に学ぶので、学習に漏れが生じることはほぼありません。 センター試験は基本的な問題を漏れなく問われます。 またセンター試験の難易度がセミナー物理の発展問題より、少し易しいぐらいであることも理由の1つです。 基本問題を繰り返し解いて典型問題をマスターし、発展問題もある程度解けるようになっていれば、センター試験では高得点が狙えるでしょう。 どのレベルまでならセミナー物理で対応できるのか? 発展問題・総合問題まで繰り返し解き、完全に内容を理解することができれば旧帝大でも十分通用するレベルまで物理の実力を高めることができるでしょう。 物理の問題は難問でもいくつかの典型問題の解放を組み合わせれば、解くことができます。 したがって実は物理の実力を高める近道は典型問題を網羅的にマスターすることです。 この点においてセミナー物理は他の問題集の追随を許していないので、セミナー物理をしっかり取り組めば、旧帝大にも通用するレベルまで実力は達します。 セミナー物理の効果的な使い方 それではここから物理の初学者を対象としたセミナー物理の効果的な使い方を説明していきます。 まずは基本問題を完璧にしよう 物理を学ぶうえで最も大切なのが基礎です。 どんな難問も基本問題をいくつか組み合わせたパターンで構成されています。 そのため、基礎をおろそかにした状態でいくら難しい問題にトライし続けても物理の実力が高まることはまずありません。 よって まずは各章でどんな公式があり、それはどのような問題で使え、どのような現象であるのかを基本問題に掲載されている典型問題で徹底的に覚えましょう。 初学者の場合、基本問題でも難しく感じてしまうと思います。 わたし自身もそうでした。 しかし2度3度繰り返す度に、徐々に理解できる問題が増えます。 繰り返し解くと時間がかかってしまいますが、このプロセスを大切にすることが物理の実力を飛躍的に伸ばすことにつながります。 発展問題に取り組んでその分野をマスターしよう 発展問題は受験標準レベルの問題で構成されています。 それでも基本問題さえ完璧にこなして公式の運用方法を理解しておけば、ある程度解けると思います。 ただ解けなくても特に問題はありません。 基本問題同様に、受験標準レベルでもだいたいは典型問題だからです。 したがって、 発展問題も幾度か繰り返して、解き方・内容の理解をしましょう。 基本問題をマスターしていればこの作業はそれほど難しくないはずです。 もし公式の使い方などがわからなければ、すぐに基本問題に戻って使い方を確認しましょう。 この作業の積み重ねが大切です。 わからないことをひとつずつ無くすことが確かな実力につながります。 発展問題までを完璧にしたら総合問題にトライ 発展問題を繰り返し解いて理解したら総合問題にトライしてみましょう。 総合問題は長文の本格的な入試問題で構成されています。 また各単元の章末的な位置づけで、発展問題とは異なって各章で学んだ内容の複合問題が出題されています。 したがって初めて見る内容の問題が多いので、どのように考えたら解けるのかといった思考力を養うのに最適な問題となっています。 基礎問題・発展問題で学んだ解法を総動員してトライしてみましょう。 複合問題とは言っても、一問一問の解き方はこれまでと同じだと気づくでしょう。 粘り強く取り組んで、初見の内容の問題に対する思考力を総合問題で養ってください。 総合問題までを難なくこなせるレベルになれば、自信を持って物理が得意であると言えるでしょう。 セミナー物理の次に取り組むべき問題集 セミナー物理は物理初学者の段階からスムーズにレベルアップすることができます。 しかし発展問題の数が基本問題の数の半分以下であることからもわかるように、受験標準レベルの典型問題の網羅性に欠けます。 そこで、セミナー物理の次には以下の問題集に取り組むと良いでしょう。 名問の森 多くの受験生が愛用しているのが、この名問の森。 典型的なパターン問題が網羅されており、解き方のストックを蓄えるのに最適な問題集です。 セミナー物理で物理の基礎を築いた後だからこそ、効率的に名問の森を使えます。 <名問の森の使い方の記事はこちら> 標準問題精講 わたし自身も現役時代はセミナー物理のあとにこちらの問題集を使用しました。 名問の森がパターン問題のストックを増やす問題集なら、こちらの 標準問題精講はストックを増やしつつ、思考力も養える問題集です。 一問一問が長文の問題で難問ばかりで構成されています。 公式の使い方や現象を理解していなければ、解けない問題が多いため、基礎の大切さを痛感する問題集です。 じっくりと考えて問題を解ことで、物理の実力をもう一段上のレベルに高めてくれる問題集です。

次の