ギガゴリwifi どんなときもwifi。 ギガゴリWiFiの評判。どんなときもWiFiやWIMAXとの違いを比較

どんなときもWiFi評判・口コミ~ポケットWiFiキャンペーン比較&おすすめ

ギガゴリwifi どんなときもwifi

は、株式会社メディアサービスが提供しているサービスです。 そのため、月途中の契約がイヤだという方は、翌月の1日から使えるようにあらかじめお申し込みフォームにある「備考欄」に翌月からの利用を希望する旨を記入してください。 また、確認の電話が来たときに翌月からの利用を希望する旨を伝えることも可能です。 画像出典: ギガWi-Fiでは、サイト内の「 簡単エリアチェック」に情報を入力していただくと、利用エリアでの開通確認をすることができます。 【月額料金】 「U2sプラン」 月額3,250円(税抜) 「U3プラン」 月額3,250円(税抜) 「G4MAXプラン」 月額3,480円(税抜) 目次• ギガWi-Fiのメリット ここからは、ギガWi-Fiのメリットを紹介していきます。 制限なしで使い放題 3日で10GB以上などの制限がないため、利用したいときにいつでもお使いいただけます。 大容量の通信でも問題なく使うことができます。 エリアチェックができる ギガWi-Fiの一番のメリットはこれです。 ギガWi-Fiでは、サイト内の「 簡単エリアチェック」に情報を入力していただくと、利用エリアでの開通確認をすることができます。 ギガWi-Fiのデメリット ここからは、ギガWi-Fiのデメリットを紹介していきます。 通信対応エリアは公式サイトをご確認ください。 2年契約で解約違約金がある ギガWi-Fiは、3年契約であり、途中解約になると違約金がかかります。 解約金が気になる方にはデメリットになると思います。 【解約違約金】 0〜24ヶ月目 19,800円(税抜) 26ヶ月目以降 10,450円(税抜) 更新月(25ヶ月目) 0円 2年毎に自動更新です。 解約のお申し出がない限り3年単位で自動更新されます。 端末の横にボタンがあり、そこを押して電源をON、OFFします。 液晶画面がなく、シンプルな作りとなっています。 こちらは、「U2sプラン」と同じく液晶画面はなく、端末の横あるボタンで操作します。 U3は、接続可能台数が10台のため、他の端末よりも多くのデバイスを接続できます。 液晶画面があり、電源は横にあるボタンで操作します。 画面では、充電の残量を確認することができます。 この「 G4MAX」と呼ばれる端末には、 翻訳機能と充電機能が搭載されています。 翻訳機能を使えば、英語を話すと文字で日本語変換してくれたりと以外と使えます。 充電機能は、端末にある充電をケーブルを使ってスマホに充電できるもので、スマホの充電が少なくなった時などに使えるため、ピンチの時に役立ちます。 ギガWi-Fiの評判、口コミはどうなの? 情報が入り次第、追記します。 メディアサービス、ギガWi-Fi。 ちとヤバい会社かも…。 とりあえず5月分はキャッシュバックすると言うことになったけど、8日間の解約期間がここに書いてある内容と違うこと言う。 端末発送した日からだって。 普通に出社出来るようになれば足りるのかな。 2020年4月からスタートしたサービスのため、今後の通信状況が気になるところですが、現時点では速度などに関する問題はありません。

次の

ギガゴリWiFiワールドプランとどんなときもWiFiの比較

ギガゴリwifi どんなときもwifi

ギガゴリWiFiに50GB超プランが登場! これまでは 20GBプランと 30GBプランしか存在しなかった ギガゴリWiFiに、 新たに 50GB超プランが登場しました。 そんな ギガゴリWiFiの50GB超プランですが、具体的には 月間データ容量の上限がない料金プランとなっています。 ちなみに、 ギガゴリWiFiと言えば、 3日間の合計通信量に対する速度制限のないサービスである事が特徴的でした。 ただ、 月間データ容量に対する速度制限はありましたので、あくまでも ミドルユーザーまでが対象となるサービスに過ぎなかったのです。 そんな中で、 月間データ利用量に対する速度制限もない 50GB超プランが登場しました。 ですので、 ギガゴリWiFiの料金プランの中に、実質 速度制限のない料金プランが加わった事になります。 月間データ利用量も3日間の合計通信量も決まっていないので、ギガゴリWiFiなら快適に通信をする事が出来る。 と言う事で、 WiMAXや Pocket WiFiでは 速度制限に掛かってしまうようなヘビーユーザーであっても、 ギガゴリWiFiであれば安心してインターネットを利用する事が出来る形になっています。 そんな ギガゴリWiFiに興味を持った方は、次のボタンから公式サイトをご覧になってみて下さい。 それぞれの 料金プランの違いについてですが、 月間データ容量と 月額料金に違いがあります。 それでは、 各 料金プラン毎の比較表をご覧頂きましょう。 ギガゴリWiFiの料金プラン 料金プラン 1年目 2年目~ 20GBプラン 2,350円 2,850円 30GBプラン 2,650円 3,100円 50GB超プラン 3,050円 3,500円 このように、 50GB超プランであっても、 月額料金は3,050円払えば利用する事が出来ます。 ちなみに、 Pocket WiFiの Pocket WiFiプラン2(ベーシック)に申し込んだ状態で アドバンスオプションを追加すると、 月額料金は4,380円になります。 この状況下で 月間データ容量はなくなりますが、 3日間の合計通信量は10GBまでとなります。 Pocket WiFiサービスでアドバンスオプションに申し込む事で、月間データ容量の上限がなくなる。 ですので、 ギガゴリWiFiの 50GB超プランの方が 月額料金は圧倒的に安く、しかも、 利用出来る通信量も圧倒的に多くなります。 また、 WiMAXで新たに登場した ギガ放題プランに申し込んだ場合でも、 月額料金は3,880円します。 この状態でも 月間データ容量はありませんが、やはり 3日間の合計通信量は10GBまでしかありません。 WiMAXのギガ放題プランに申し込んでいたとしても、3日間の合計通信量は10GBまでが上限となる。 と言う事で、 ギガゴリWiFiの方が WiMAXよりも安上がりで、しかも、 利用出来る通信量も圧勝しています。 そう考えると、 ギガゴリWiFiの50GB超プランがどれだけお得なのかお分かりになるかと思います。 ちなみに、 ギガゴリWiFiと契約をすると、 最初に 契約事務手数料の3,000円も必要となります。 とは言え、 この 契約事務手数料はインターネット業界ではどのサービスにも存在し、 価格設定も3,000円にしている所が多いです。 先ほど比較した Pocket WiFiや WiMAXの 契約事務手数料も3,000円ですから、そこは気にする必要はありません。 契約事務手数料の3,000円は、インターネット環境を導入する上で避けて通れないものだと考えても良い。 そんな ギガゴリWiFiですが、 契約期間は 1年契約となっています。 ちなみに、 インターネット業界では、 3年契約が基本となっています。 その中で 1年契約の料金プランを用意しているのは、かなり珍しい例だと言えるでしょう。 そして、 ギガゴリWiFiなら 契約期間の縛り期間が短いと言う事で、他に魅力的なサービスが登場した際の乗り換えが容易であると言えます。 3年縛りの契約だと、 我慢してそのサービスを利用し続ける必要性が出て来てしまいます。 3年契約のサービスに申し込んでしまうと、長い間そのサービスを利用し続ける形になってしまう。 そう言う面でも 安心出来る ギガゴリWiFi、一度検討してみるのはいかがでしょうか? そんな ギガゴリWiFiについて詳しく知りたい方は、次のボタンから公式サイトへと移動してみて下さい。 ですので、 日本全国に広がる Softbankの基地局を使って、通信を行う形になります。 ギガゴリWiFiと契約をすると、SIMフリーのモバイルWi-FiルーターにSoftbankの格安SIMを差し込んで利用する形となる。 ただ、あえて悪い見方をすると、今流行りの クラウドSIMと比較して、 ドコモや auの通信エリアには対応していない形となっています。 とは言うものの、 Softbankのスマホユーザーを考えてみて下さい。 彼らが普通に Softbankの通信回線だけで生活している事を考えると、 Softbankの通信回線にしか対応していないと言う部分は大きなデメリットであるとは言えません。 Pocket WiFiと同じ通信エリアを利用出来る事を考えると、ギガゴリWiFiの通信エリアは狭いとは言えない。 と言う事で、 クラウドSIMの通信エリアと比較すると狭くはなりますが、それでも ギガゴリWiFiの通信エリアは十分に広いです。 そこは安心して頂いて大丈夫かと思います。 ちなみに、 下り最大通信速度が150Mbpsと言うのは、 モバイルWi-Fiルーター業界で言うと何年も前の時代遅れの通信スペックになります。 それに対して、今の時代の 最新のモバイルWi-Fiルーターでは、 下り最大通信速度が1Gbps(1,000Mbps)前後の機種も続々と登場しています。 と言う事で、 ギガゴリWiFiで利用出来る通信環境は、それほど高性能であるとは言えません。 ただ、 実際に必要な 通信速度はと言うと、 下りの通信速度が15Mbpsも出ていれば十分です。 実際、 下り最大通信速度が40Mbpsの WiMAXのノーリミットモード全盛期であっても、私は十分にサービスを満足出来ていました。 下り最大通信速度が40Mbpsの状況であっても、通信速度が遅いと感じた事はなかった。 それが現実ですので、 下り最大通信速度が150Mbpsも出ていれば、かなり快適に通信する事が出来ます。 ましてや、 下り最大通信速度が1Gbpsと言うのは、必要な実用レベルを遥かに超えています。 と言う事で、 ギガゴリWiFiの通信速度については、全く心配する必要などありません。 ギガゴリWiFiだと、契約期間の自動更新あり! 既にご紹介しましたが、 ギガゴリWiFiの契約期間は1年契約になります。 具体的には、 端末発送月を1ヵ月目として、12ヵ月間の契約となります。 そして、 1年以内に 解約手続きを行ってしまうと、 18,000円もの 契約解除料が発生してしまいます。 解約する為だけにこれだけの出費は勿体ないですので、 ギガゴリWiFiの契約期間は必ず守るようにしましょう。 そんな ギガゴリWiFiの契約期間ですが、 自動更新型である事にも注意しましょう。 もし 契約更新月に 解約手続きを行わなかった場合には、 自動的に 12ヵ月の再契約が行われてしまいます。 ギガゴリWiFiで契約更新月内に解約手続きを行わなかった場合には、月額料金が高くなる形で契約期間の延長となる。 そして、 再契約となったのにも関わらず 解約手続きを行ってしまうと、 8,000円の 契約解除料が発生してしまいます。 ですので、 ギガゴリWiFiを継続利用しないと言う方であれば、 必ず 契約更新月内に 解約手続きを行うようにしましょう。 とは言え、 ギガゴリWiFiに限らず、 ほとんどのインターネットサービスが 自動更新型を採用しています。 そして、 自分で 契約更新月を管理しない限りは、 あちらから 契約更新月が近付いている事を通知してくれたりはしなかったりします。 ですので、この部分に関しては、 インターネット業界自体の悪い仕組みであると言う認識が正しいかと思います。 私自身も 契約更新月の見落としが過去にあって、その時は痛い目に遭いました。 月額料金が急に高くなったと思ったら契約更新月を過ぎていたと言う失敗は、インターネットを契約した事がある方であれば、大勢が経験済みの事である。 それからはと言うと、 スマートフォンのカレンダーに 契約更新月を設定し、通知で知らせて貰えるような仕組みにしています。 あなたも、この方法を活用してみてはいかがでしょうか? ギガゴリWiFiはクレジットカード払いで契約をする! ご紹介している ギガゴリWiFiですが、 支払い方法は クレジットカード払いになります。 一応 口座振替払いも準備中のようですが、 この記事を書いている現在では申込みが出来ない形になっています。 また、注意書きの部分に、 口座振替払いの方には20,000円の 初期契約手数料を請求すると記述されています。 ですので、費用面を考えても、 ギガゴリWiFiには クレジットカード払いで申し込んだ方が良いでしょう。 ギガゴリWiFiの支払い方法には、クレジットカード払いを選ぶのが正解。 現在、 クレジットカード払いにしか対応していないインターネットサービスはかなり多いです。 ですので、この部分は ギガゴリWiFi独自のデメリットであるとは言えません。 また、 口座振替だと 振込手数料は自分が負担する形となりますので、どのみち コストパフォーマンスが良い支払い方法であるとは言えません。 諸々の理由から、 ギガゴリWiFiは クレジットカード払いで申し込んだ方が良いでしょう。 ですから、 返却の手間はあります。 とは言うものの、 最近流行っている クラウドSIMでも、 通信端末のレンタルと言う仕組みを採用しています。 ですので、 この部分は ギガゴリWiFiだけのデメリットであるとは言えません。 最近のモバイルWi-Fiルーターでは、レンタルと言う形式が増えて来ている。 また、 通信端末を買い取らないと言う事は、 月額料金に 端末代が上乗せされていません。 つまり、 それだけ安くサービスを利用する事が出来ると言う事なのです。 サービスを解約した後は、どのみち その モバイルWi-Fiルーターを使う事が出来なくなります。 そして、 モバイルWi-Fiルーターを処分する手間だけが残ってしまう事でしょう。 そう言った事も考えると、 この 通信端末をレンタルすると言う仕組みは、自分達にとってもメリットのある仕組みだったりするのです。 それに対して、 WiMAXや Pocket WiFiでは、 高額なモバイルWi-Fiルーターをわざわざ購入しなければなりません。 WiMAXやPocket WiFiユーザーの場合、通信端末は自分で処分する必要性が出て来る。 さて、あなたはどちらの仕組みの方が良いですか? これまで、 ギガゴリWiFiと契約する上での注意点をご紹介して来ました。 これら注意点の部分をご理解頂いた方は、引き続き次のボタンから ギガゴリWiFiの公式サイトをご覧になってみて下さい。 ただ、ご紹介した内容だけでは、 クラウドSIMの方が ギガゴリWiFiよりも通信エリアが広いと言う情報だけが伝わっている事かと思います。 クラウドSIMユーザーには、ドコモ、au、SoftbankのSIMカードを、その場所に最適な形で自動割り振りされる仕組みが採用されている。 ですので、普通に考えれば、 ギガゴリWiFiよりも クラウドSIMの方が気になって来る事かと思います。 と言う事で、最後に ギガゴリWiFiの方が クラウドSIMよりも優れている点についてご紹介をしたいと思います。 クラウドSIMと契約する上での1番のデメリットは、 同時接続数の少なさにあります。 と言うのも、 クラウドSIMで採用されている大半の モバイルWi-Fiルーターだと、 同時接続数はたったの5台までしかないのです。 クラウドSIMで採用されている多くのモバイルWi-Fiルーターの通信スペックでは、同時に通信出来る機器の数が5台までしかない。 ですから、 1家族分の接続数を補うのには全然足りません。 ましてや、 これから スマート家電が主流になって行く事を考えると、 同時接続数は10台以上あって欲しいものです。 そんな状況ではあるのですが、 クラウドSIMで1番同時接続数が多い端末を選んでも、最大で8台までしか対応していないのです。 これだけの 同時接続数に対応しているのであれば、 この先の時代を見据えても安心出来ます。 と言う事で、 より利便性をと考えるのであれば、 ギガゴリWiFiに軍配が上がるのです。 各モバイルWi-Fiルーターの通信スペックにおいて、この先は同時接続数の重要性が高まって来る。 さて、 クラウドSIMよりも ギガゴリWiFiの方が気になって来た方は、次のボタンから公式サイトへと移動をして下さい。 君得ネット 「 インターネット環境を導入したいけど、結局どのサービスを選べば間違いないのかな?」 そう言う、 インターネット難民になってしまう方は後を絶たないです。 その理由ですが、 インターネットを取り扱っているお店の数は、非常に多いからです。 それらを一つ一つ比較して行く作業は、多くの時間と労力を費やしてしまう事になってしまいます。 また、 それら インターネット取扱店で実施中のキャンペーン特典の内容は、毎月変更になります。 ですので、 その 最新情報を毎月追って行く作業だけでも、とても大変だったりするのです。 そこで頼りたくなるのが、 インターネットに詳しい方が発信している情報だったりします。 ただ、 インターネットの比較サイトの中には、自分自身では使った事のないサービスを想像だけでお勧めしているサイトも非常に多いです。 しかも、その情報が正しければ良いものの、 誤った情報を平気で発信し続けているサイトも数多く存在します。 その中には、 超有名な大手比較サイトでありながら、 1ヵ月1円でインターネットを利用出来ると言うような過大広告を流し続けているケースもあったりするのです。 この 大手比較サイトの嘘情報については、 私自身も一度騙されました。 だからこそ思うのですが、 私のような失敗をしてしまう方を一人でも多く減らしたいのです。 そして、こう言った 悪どい商売を続けている大手比較サイトが儲け続けている現状も、世の中的には良くない事だと考えています。 じゃあ、 今の現状を変える為に自分に出来る事は、一体何があるのだろうか? そこで立ち上げたのが、この 君得ネットです。 このサイトを通して 正しい情報発信を続けて行く事で、 後から後悔をしてしまうようなインターネット契約をする方を減らす事が出来るのではないかと考えました。 そして、一人でも多くの方に「このサイトの記事を読んで、 良いインターネットの契約先を見付ける事が出来た。 」と喜んで貰える事を、このサイトの存在意義としたいと思っています。 自分の大切な時間を使って行う仕事だからこそ、より多くの方の人生に貢献して行きたいと考えています。 一個人がこう言う情報発信を行う強みとしては、 企業とのしがらみがないと言う部分にあるかと思います。 ですので、 より良いサービスを知ったら、すぐにそっちをお勧めする事が出来ます。 利害関係があるから 良くないサービスをいつまでもお勧めし続ける…そのような事をしなくても良いのが、 私自身気持ち的にも楽だったりします。 ですので、 家電量販店で インターネットの販売員をするような事はせず、こうして インターネットサービスをお勧めするサイトを運営しているのだと思います。 自分が実際に使って、 これは便利だと思ったインターネットサービスを世間に広める手伝いをする。 そう言う形で 世の中に貢献出来たらと思います。 私が インターネットサービスの事を語れる資格はどこにあるのかと言うと、 ADSLの時代からずっとサービスを実際に利用し続けている点にあります。 そして、 2014年の8月1日からは、 モバイルWi-Fiルーターへと乗り換えをしています。 それからずっと同じサービスを利用して続けている訳ではなく、 あえて様々なサービスを 実際に自分自身の身銭を切る形で利用し続けています。 勿論、その中には失敗もあったりしつつ、 何度も 痛い経験をしています。 だからこそ、 インターネット契約上の罠を察知する術も身に着けましたし、 実際の経験から語る事の出来る事も多くあります。 そこが、 インターネット上で情報収集をしただけで記事を書いているようなサイトとは一線を画する部分かと思います。 私の経験がより多くの方のお役に立てる事を願っています。 メニュー•

次の

【レビュー解説】ギガゴリWiFiのリアルな速度や本音を暴露!口コミ・評判も紹介

ギガゴリwifi どんなときもwifi

ギガゴリWiFiとは?5つの特徴を解説 ギガゴリWiFi ギガゴリワイファイ とは、GMOインターネット株式会社がサービスを提供してるモバイルWi-Fiルーターです。 ギガゴリWiFiには、主に以下の特徴があります。 ギガゴリWiFiの5つの特徴• それぞれの違いは以下の比較表のとおりです。 しかし、ギガゴリWiFiは、3日間の通信速度制限がありません。 よって、「月の通信量は、残っているのに3日間の通信制限に引っかかった」ということもありません。 昔、私は旅行先でビデオ通話をした後、3日間の通信制限を受けてしまい通信速度が遅いまま旅行したことがあります。 通信速度が遅いと、地図がスムーズに表示できないので、方向音痴の私には辛かったです…。 その点、ギガゴリWiFiは、3日間の通信速度制限がないので、とっても安心です。 ですが、ギガゴリWiFiは契約期間が1年間と短いので、違約金を払うリスクが少ないです。 ギガゴリWiFiの違約金と解約月の関係をまとめてみました。 ただし、更新月の20日までに解約しないと違約金が発生するので、気をつけましょう。 ギガゴリWiFiの料金プランは、以下の表のとおりです。 2年目からは月額料金が値上がりしてしまうので、注意が必要です。 契約年数 20GBプラン 30GBプラン ワールドプラン 無制限 1年目 2,350円 2,650円 3,460円 2年目以降 2,850円 3,100円 3,460円 どのプランもモバイルWi-Fiルーターの中では、最安値クラスです。 昔のモバイルWi-Fiルーターは月7GBで4,000円くらいしていたので、月20GBを2,350円で使えるのとはいい時代になりましたね。 初期契約解除とは、違約金なしで端末の契約を解除できる手続きです。 ただし、契約事務手数料の3,000円は返ってきません。 なお、ギガゴリWiFiの端末の返却先は、以下のとおりです。 【返送先】 〒132-0024 東京都江戸川区一之江2丁目11-13 ギガゴリWiFi 初期契約解除窓口宛 「使ってみたけど、思ったほど通信速度が出なかった…」「契約したけど、使う必要がなくなった…」という場合でも安心ですね。 ギガゴリWiFiの4つの注意点 ただ、ギガゴリWiFiには、以下の4つの注意点も存在します。 ギガゴリWiFiの4つの注意点• なので、「2年以上使いたい」という人には不向きです。 「料金が値上がりするのは、イヤ」という方は、契約から13カ月目の更新月 20日までに に解約するのも手です。 端末が自分のものにならないので、注意が必要です。 返送先は以下の住所です。 【返送先】 〒132-0024 東京都江戸川区一之江2丁目11-13 ギガゴリWiFi 解約返却窓口宛 なお、返送時点で端末が壊れていると20,000円の料金が発生するので、端末は丁寧に扱いましょう。 なので、1度20GBプランを選んでしまうと、無制限プランへの変更は残念ながらできません。 ギガゴリWiFiの端末は「FS030W」のみ ギガゴリWiFiの端末は「FS030W」のみです。 FS030Wのスペック• 下りの通信速度:150Mbps• 上りの通信速度:50Mbps• 連続通信時間:約20時間• 同時接続:15台 下りの通信速度と上りの通信速度は、理論値なので、実際にはこの数値より低い数値となります。 私もFS030Wを使っていますが、1日はバッテリーが持つので、重宝しています。 ギガゴリWiFiのFS030Wの通信速度を測定 ギガゴリWiFiのFS030Wの通信速度を実際に測定してみました。 ギガゴリWiFiのFS030Wの通信速度を測定状況• 計測端末:iPhone 8• 計測アプリ:• 計測日 :2020年2月5日 水曜日• 計測場所:東京都新宿区• 計測方法:5回計測して平均値を出す 「通信が混雑する」と言われる「7時台」「12時台」「18時台」で通信速度を測定しました。 これらの時間は、多くの人が通勤通学時間やお昼休みでスマホを使うため、通信速度が遅くなりやすいです。 結果は、以下のとおりになりました。 時間帯 下りの通信速度 上りの通信速度 7時台 30,83Mbps 16. 98Mbps 12時台 18. 27Mbps 6. 54Mbps 18時台 29. 21Mbps 10. 33Mbps 「ギガゴリWiFi」と「どんなときもWiFi」の比較 ギガゴリWiFiを人気の「どんなときもWiFi」と比較してみました。 今回は、通信量が無制限のプランで比較しました。 比較の結果は、以下の表のとおりです。 どんなときもWiFiは以下の記事で解説しています。 「国内だけで、インターネットができればいい」という方なら、ギガゴリWiFiの方が安いのでオススメです。 まとめ:ギガゴリWiFiはコスパの良いモバイルWi-Fiルーター ギガゴリWiFiには、以下の5つの特徴があるので、コスパのとても良いモバイルWi-Fiルーターです。 ギガゴリWiFiの5つの特徴• ただし、以下の3つの注意点もあります。 ギガゴリWiFiの4つの注意点• 端末を返却するのはお忘れなく。 確かに、あとから料金プランを変更できない点がちょっと残念です。 とはいえ、どの料金プランもモバイルWi-Fiルーターの中では最安クラスなので、お得です。 「日本国内でモバイルWi-Fiルーターを安く使いたい」と思ってい方にはギガゴリWiFiは、ベストな選択になりますよ。

次の