かたじけない 漢字。 かたじけないの意味や語源は?お礼の類語や使い方・返答の方法も

かたじけないの使い方や意味は?類似の言葉や用法などを紹介!

かたじけない 漢字

「かたじけない」は漢字では「忝い・辱い」と書き、 「恐れおおい、もったいない」「面目ない、恥ずかしい」「ありがたい、感謝する」という意味でして、 現代で言うと、感謝の気持ちで一杯です。 とうお礼の言葉です。 使い方• お礼の場合(有り難い時) 何かを手助けしてもらった 時に「かたじけない」• 相手に感謝(感謝・恩に着る) 仕事の穴埋めをしてくれて恩に着る 時に「かたじけない」 ちなみに、江戸時代なら「かたじけのうございます」とよく時代劇では耳にします。 まとめ こんなグタグタな本当に文章でかたじけない。 最近では時代劇でしか耳にしない言葉。 あまり使われなくなった言葉。 でも、日本語の奥深さがとても伝わりますね。 そんな日本語を、少しでも後世に伝えていければ良いですね。 今日も一日お疲れ様でした。

次の

「忝い」の読み方って?ヒントはひらがな6文字…正解はコレ!

かたじけない 漢字

ビビったー!などと若者が驚いたときに良く叫んでいるのを良く見かけます。 現代での意味は驚いたやびっくりした感情を表す時の言葉ですね。 このビビるですが実は平安時代にはすでに使われていた言葉なんです。 このビビるのいみですが 平安時代に着ていた鎧が出す音「ビンビン」から来ています。 戦争に行くときに一斉に兵士たちが動くと来ていた鎧同士が触れ合い擦れて「ビンビン」と音がするんですね。 それをビビる音と呼んでいたそうです。 平家と源氏の戦いなどで有名な平家が一斉に飛び立った小鳥たちの羽ばたく音を源氏の軍隊が攻め込んできた音だと勘違いして逃げてしまった事が由来しています。 また江戸時代でもこのビビったという言葉ははにかむという言葉の意味でも使用されていました。 かたじけないを敬語で言う場合はかたじけないと表現する事が可能ですら今ではこうした言葉を使う事はあまりないので普段職場で使う場合は一般的な現代のお礼の言葉「ありがとう」を使う方が良いでしょう。 かたじけないと同じように日本には古い時代から現代まで使われ続けている言葉があります。 若者が使う言葉の中にもそうした言葉があり、それが定着化しつつありますよね。 中には意味がそのまま同じで伝わっている言葉もある事には驚きましたね。 かたじけないの様な古き良き日本の歴史のある言葉をいつまでも大切に語り継いでいけると良いですよね。

次の

「面目ない」の意味と使い方、「申し訳ない・かたじけない」との違い

かたじけない 漢字

「忝い」の読み方と意味 「忝い」の読み方は「かたじけない」です。 感謝の意や謝辞をあらわすときに用いられます。 ほかには「恐れ多い」「恥ずかしい」という意味もありますが、「恥ずかしい」という意味ではあまり使われていません。 使い方は、「ここまでしてもらって、かたじけない」のように使います。 時代劇などで聞き覚えがある人も多いのではないでしょうか。 ちょっと古くさい印象があると思いますが、実は今でもビジネスシーン等で用いられる言葉なのです。 ただ、一般的にはひらがなで「かたじけない」と書かれるので、見慣れない人のほうが多いでしょう。 「忝い(かたじけない)」の語源 「忝い(かたじけない)」の語源は、文語の「かたじけなし」からきていると言われています。 「忝い(かたじけない)」は、恐れ多いという日本人独特の感情や性格を表現する言葉と言えます。 「忝い(かたじけない)」は、「ありがとう」という言葉がなかった時代に、代わりの言葉として使われていました。 「忝い(かたじけない)」の類語と英語 「忝い(かたじけない)」の類語には「恐れ多い」「恩に着る」「ありがたい」「申し訳ない」などがあります。 また、「忝い(かたじけない)」を英語で言うと、「Thank you. 」です。 英語にすると途端にわかりやすくなりますね笑。 「かたじけなくも」は、恐れ多くも~といった意味になり、「かたじけなくも気にかけていただきました」のように使います。 相手に謙遜していることを表す言葉です。

次の