あしたでんき 一人暮らし。 あしたでんきが優秀すぎる!評判・口コミの良さと安い料金でデメリットなし

あしたでんきは一人暮らしだって安い!高くなる可能性があるのはこんな人です

あしたでんき 一人暮らし

ネコさん あしたでんきの一人暮らしの電気料金シミュレーション比較 詳しい比較の前に、一人暮らしの電気使用量に関してお話させてください。 そもそも一人暮らしの平均の電気代は? 有限会社ひのでやエコライフ研究所さんが公表している、 一人暮らしの平均使用量は240kWh。 2014年値 しかし、総務省の統計 2017年 が公表している電気代の平均は、年齢やライフスタイル、地域で変わってきます。 公表されている調査結果には使用電気量の記載はありませんでしたが、 ライフスタイルの違いによる使用量の差でしょう。 34歳以下の世帯は、学校や仕事で家を空けることが多く、電気使用量も少なくなる人が多いはずです。 とはいえ、在宅ワークがメインの人、コンロがIHの家、ペットがいる家庭など、様々だと思うので、 今回は240kWhを平均電気使用量として、5つのパターンで電気使用量を比較しました。 使用量別シミュレーション比較の結果 30A 120kWhの場合 30Aにして使用量は1つ前の比較と同じ120kWhに設定しました。 電気使用量 従来電力 あしたでんき 東北電力エリア 30A 120kWh 3,219円 3,120円 東京電力エリア 3,243円 3,120円 中部電力エリア 3,386円 3,120円 関西電力エリア 2,474円 2,640円 中国電力エリア 2,520円 2,880円 九州電力エリア 2,986円 2,760円 アンペアを30Aに上げただけで、関西・中国電力エリア以外は『あしたでんき』の方が安くなりました。 『あしたでんき』は電気使用量が多いほどお得になりやすい料金システムですが、 一人暮らしの家庭にもおすすめできる電力です。 40A 350kWhの場合 電気使用量 従来電力 あしたでんき 東北電力エリア 40A 350kWh 9,573円 9,100円 東京電力エリア 9,824円 9,100円 中部電力エリア 9,694円 9,100円 関西電力エリア 8,583円 7,700円 中国電力エリア 8,944円 8,400円 九州電力エリア 8,737円 8,050円 一人暮らしにしては、かなり多めの電気使用量です。 たくさん使うなら文句なしで『あしたでんき』をおすすめします。 解約金や契約期間の縛りもないので安心 あしたでんきはいつ解約しても違約金などは発生しません。 なので、お引越しの可能性がある人も安心してください。 また、電力会社の変更で電気の質が変わることもなく、単純に電気代が安くなるだけなのでおすすめの節約法です。 支払い方法はクレジットカードのみ 支払方法がクレジットカードの一択です。 口座振替やコンビニ決済できないので注意してください。 あしたでんき一人暮らし評判と口コミ 一人暮らしに限定した評判や口コミはあまり多くありませんでしたが、参考になりそうなものをピックアップしました。 以下はアンペアについてです。 超余計なお世話だけど、契約アンペアじゃなく使った容量だけが料金計算に反映される「あしたでんき」勧めたい。。 わが家一人暮らしなのに契約アンペア50あるけど電気代前と変わってない。 50Aあればさすがにブレーカーも落ちないかと — mig 6iw あしたでんきのメリットは契約アンペア関係なく基本料金が0円なこと。 一人暮らしでも50Aにしている方もいるようです。 ちなみに、あしたでんきに切り替える前に契約アンペアを上げると、基本料金が高くなる分を契約中の電力に請求されてしまうのであしたでんきに乗り換えてから対応してもいましょう。 固定費を少しでも浮かすため、電力会社を一人暮らしにオススメらしい「あしたでんき」に変えてみた。 あまり期待はしてないけど月額少しは変わるかな — GURIWORKS guriworks 一人暮らしの使用量だと、大幅な節約が見られないかもしれませんが、積み重なれば額としてはかなり広がってきます。 アパートやマンションが建物単位で一括受電契約していなければ、一人暮らしの方も電力を切り替えることをおすすめします。

次の

あしたでんきの評判は?契約して分かった全情報【2020年7月】

あしたでんき 一人暮らし

こんにちは、マメじゃないけど損はしたくない理系主婦のみおです。 をご覧いただき、ありがとうございます。 月々の電気代が10,000円以下で 電気代を節約したいと思っているお家におすすめの新電力会社が「あしたでんき」です。 あしたでんきでこれだけ安くなる 東京電力からあしたでんきへ変更した場合の料金シミュレーション 世帯人数 東京電力(従量電灯B) あしたでんき(標準プラン) 一人暮らし(月150kHh) 4,930円 3,900円 二人暮らし(月280kWh) 9,704円 7,280円 3人世帯(月370kWh) 12,455円 9,620円 4人世帯(月400kWh) 13,372円 10,400円 5人世帯(月450kWh) 14,901円 11,700円 あしたでんきの概要 あしたでんき (東京電力の関連会社) 基本料金 標準プラン…0円、たっぷりプラン…3,000円 供給エリア 東北電力エリア、東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリア、中国電力エリア、九州電力エリア 契約期間 なし 解約違約金 なし 支払い方法 クレジットカード払い 特徴• 基本料金が0円(標準プラン)• 料金がシンプルでわかりやすい• 料金が最安水準• 契約期間の縛りなし/解約金なし• 東京電力の関連会社なので実績があり経営基盤が安定している こんな人におすすめ 月々10,000円以下の電気料金で電気代を安くしたい人 あしたでんきは東京電力の関連会社のが運営している電力会社です。 基本料金が0円で使った分の電気代だけ払えばいいシンプルでわかりやすい料金プランです。 一人暮らしや二人暮らしにおすすめの電力会社 基本料金が0円で使った分の電気代だけ払えばいいシンプルでわかりやすい料金プランです。 月々の電気代が10,000円以下の価格帯で料金が最安値です。 一人暮らしや二人暮らしにおすすめの電力会社です。 あしたでんきの料金プラン あしたでんきの料金プランは2つあります。 標準プランもたっぷりプランも基本料金はゼロ円でつかった分だけの電気代を払います。 一般的な家の電気の使用量だと、まず標準プランになります。 東京電力からあしたでんきへ変更した場合の料金シミュレーション 世帯人数 東京電力(従量電灯B) あしたでんき(標準プラン) 一人暮らし(月150kHh) 4,930円 3,900円 二人暮らし(月280kWh) 9,704円 7,280円 3人世帯(月370kWh) 12,455円 9,620円 4人世帯(月400kWh) 13,372円 10,400円 5人世帯(月450kWh) 14,901円 11,700円 あしたでんきなら、一人暮らしで月1,000円、二人暮らしで月2,500円、3~5人家で月3,000円くらい電気代が安くなる可能性があります。 新電力は一人暮らしではそこまで安くならないことが多いのですが、あしたでんきは一人暮らしでも電気代の節約効果がみこめます。 電力会社を変えてみたいけど、万が一戻したいときがあったらどうしよう。 あしたでんきなら解約金が発生しないので、辞めたくなったらなにも気にせずに解約できるよ。 あしたでんきは契約期間の縛りもなく、解約違約金も発生しません。 東京電力の関連会社なので実績があり経営基盤が安定している 新電力会社の中でもあしたでんきの特徴は、東京電力の関連会社ため、電力販売に関して実績がある会社なので安心感があります。 北海道電力エリア、北陸電力エリア、四国電力エリア、沖縄エリアはサービス対象外 あしたでんきの1番のデメリットは、北海道・北陸・四国電力エリアがサービス対象外なことです。 北海道・北陸・四国電力エリアで電気代安くするには、あしたでんきと同じくらいの料金プランのLooopでんきがおすすめです。 支払い方法はクレジットカードのみ あしたでんきの支払い方法はクレジットカードのみです。 口座振替はできません。 お客さまへ この度は【あしたでんき】にお申し込みいただき、誠にありがとうございます。 お申し込みメールアドレスのご確認のため、以下のURLをクリックしてください。 ログインすると自動でメールアドレスの認証が完了します。

次の

【一人暮らし】Looopでんきで得する人&損する人【3分でわかる】

あしたでんき 一人暮らし

あしたでんきの特徴 ・基本料金0円 各地で「最安値」水準の低料金 ・東京電力が設立 出光や伊藤忠商事なども出資 ・CO2排出量が多く環境負荷が大きい ・9月30日までの申し込みで5千円分のAmazonギフト券 「あしたでんき」はTRENDE株式会社(トレンディ)の電力サービスです。 TRENDEは東京電力ホールディングスの子会社で、設立当初の本社は東電本店内。 また、役員以下社員数名も東電からの「出向」ということで、東電のサブブランドという位置づけの新電力です。 本体である東京電力管内にも「低料金」で進出していることには驚きがありますが、それに対しトレンディの役員は「他社に取られる前に自社でやる」と答えています。 サービス内容や料金体系(詳しくは後述)は、先行して参入して契約を順調に伸ばしているを強く意識しているとうかがわせる内容となっています。 私自身、自宅で3ヶ月間利用したので使い勝手なども含めて詳しく解説していきます。 関連記事• 料金プランとサービスの解説 乗り換えでいくらお得になる? 乗り換えで、電気料金がどれくらい安くなるのでしょうか。 世帯人数別に、平均的な電気使用量のご家庭をシミュレーションしてみました。 基本料金0円に、一律単価の従量料金が加算される料金体系でと同じです。 Looopと比べて全ての地域で0. 関連記事• 解約時の違約金は? 契約上は1年契約となっていますが、途中で解約しても 違約金の発生はありません。 いつでも自由に解約できます。 私も3ヶ月で解約していますが、違約金などは取られていません。 キャンペーン情報 2020年9月30日までの申込みで 5千円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを実施しています。 なお、この「5千円分」は当サイトの試算には含めていないので、シミュレーション結果よりもお得になります。 電気使用量の「見える化」 他の多くの新電力と同様に、ウェブのマイページから自宅の電気使用量をグラフで確認することができます。 わが家のグラフ 1日の時間別、1日単位、月単位のグラフがあります。 時間帯ごとの使用量(kWh)に加え、料金も一緒に表示してくれる点は便利です。 データの更新は数時間ごとに行われます(2019年夏頃までは1日1回の更新だった) 他のほとんどの新電力は「30分単位」の使用量を確認できますが、あしたでんきは「1時間単位」となっています。 あしたでんき側としては、「この方が見やすいので、あえてそのようにしている」とのことです。 あしたでんきの評価 メリットやデメリットを含め、私の視点から解説していきます。 一人暮らし世帯では割高になる場合も 上で紹介した料金シミュレーションの結果を見れば一目瞭然ですが、一人暮らし世帯では大手電力会社よりも「割高」となってしまう可能性があります。 あしたでんきは基本料金がゼロ円なので、基本料金が安い15Aや20Aからの切り替えではメリットが小さくなるためです。 逆に、一人暮らしでも30Aや40Aで契約している場合は「あしたでんき」が他の新電力より大幅に割安になる可能性があります。 また、あしたでんきの「たっぷりプラン」は4人暮らし世帯の標準使用量でもトントンか割高です。 使用量が少ない世帯でも電気代が安くなる新電力会社もあるので、「」を参考に他社を検討してください。 関連記事• 支払い方法がカードのみ 支払い方法はクレジットカードのみです。 コンビニ払いはもちろん、口座振替にも対応していません。 あしたでんきと比べると若干、親指でんきの方が料金単価が高く設定されていますが、口座振替に対応しています。 関連記事• 顧客対応は? 会社によって大きな差がある「顧客対応」ですが、あしたでんきはどうなのか。 私は実際に契約しているので、何度か問い合わせていますが 速さ・質ともに問題は無いと思います。 例えば2018年8月にメールで問い合わせたところ、4時間12分後に返信が来ました。 2019年12月に問い合わせた際にも翌日に返事が届きました。 また、あしたでんきのコールセンターは年末年始を除く「年中無休」なのもGoodです。 土日祝が休みという新電力も多いので、あしたでんきのサポートは使いやすいと言えます。 CO2排出量が多い あしたでんきは電源構成を公表していませんが、環境省を通じて2020年1月に公表されたCO2排出係数によれば1kWhあたりのCO2排出量は766g 2018年度実績 と、 CO2排出量がきわめて多いと言わざるを得ない成績でした。 あしたでんきが参入しているエリアの大手電力会社すべてと比較しても排出量が多く、乗り換えることでCO2排出量を増やしてしまうデメリットがあります。 例えば東電と比較して65. 競合と比較しても、の2. 2倍、の1. 5倍の排出量となっています。 同じ量の電気を使っても、二酸化炭素の排出量を大幅に増やしてしまいます。 関連記事• 今後の展開にも注目 将来的には家庭に太陽光パネルや蓄電池の導入を進め、それらの設備を活用して家庭間で電気の融通(売買)が出来る仕組みを構築するというビジョンを示しています。 2019年から東京大学やトヨタ自動車とともに、太陽光発電やプラグインハイブリッド車を活用した実証実験を行ったほか、2020年には大手総合商社の伊藤忠商事とも提携してこの分野での技術開発を進めています。 単なる電力の販売に留まらない取り組みに力を入れている会社です。 関連記事• 「あしたでんき」ならではのメリットも 他の電力会社には無いメリットがあります。 ブレーカーが落ちにくくなる 他のほとんどの電力会社では、アンペア数に応じて基本料金が変わる仕組みを取り入れています(関西、中国電力は一律の基本料金) アンペア数を大きくすれば一度に多くの電気を使えるためブレーカーが落ちにくくなりますが、その分毎月の基本料金が高くなるジレンマがあります。 「あしたでんき」の場合、基本料金が掛からないため 契約アンペア数に縛られずに済むという利点があります。 30Aでも60Aでも、基本料金は掛かりません。 実際に「あしたでんき」を契約したわが家では、もともと40Aで契約していましたが、乗り換えを機に 60Aに変更してもらうことが出来ました。 無料で60Aになりました! あしたでんきのサイトにも「切り替え後にアンペア変更が可能です」と書いてあります。 あしたでんきとLooopでんきの比較 最後に、サービス内容がよく似ているLooopでんきと比較して終わります。

次の