パナソニック 電動 シェーバー。 電気シェーバー替え刃一覧表 パナソニック

パナソニックのシェーバーを分解して電池を取り外してみた

パナソニック 電動 シェーバー

それぞれのシェーバーをチェックした所でスタッフを招集。 今回はヒゲの薄い男性、普通の男性、濃い男性の3人に集まってもらい、3つのシェーバーをそれぞれ試してもらう。 それぞれ肌質などもあるのでその辺りを確認しながら剃り心地の感想を、普段のケアを基準として評価してもらった。 ヒゲの薄い男性スタッフは気合を入れて3日伸ばしてくれたようだが、仕事で商談や外出などもある。 スタッフにヒゲをモサモサにしてもらうのは中々難しいので、実際にどんなふうにヒゲが剃れるのかは、ヒゲと肌に見立てたシートを用意したのでそちらの動画でご確認ください。 実際にスタッフに剃り心地を試してもらおう! 肌もヒリヒリしないし密着感が凄い。 もちろんちゃんと剃れている』 『肌への負担は少ないけど、その分剃れている感もあまり無い』 『密着感は少ないが、肌にはやさしい。 剃り心地も良い』 パナソニック ブラウン フィリップス 普段はパナソニックの3枚刃の電気シェーバーを使用している、ヒゲが薄いmakio。 この日の為に3日間ヒゲを剃らずに挑んできてくれたが、正直普段とそんなに変わらない。 非常にヒゲの薄いメンズだ。 パナソニックとブラウンを使った時に「あ、優しいわ〜」と感想を漏らしていた。 フィリップスも肌へは優しいのだが、ヒゲが剃れている実感が他の2つに比べて弱かったのでmakioの評価は上記のグラフの通り。 ヒゲを引っ張る事なく、しっかりと深剃りが出来てスピーディーに剃り上げたパナソニックが大好評だった。 非常に満足できる剃り心地だったようだ。 肌のヒリヒリ感も無い。 3枚刃よりもオススメできるという理由がよく分かります』 『フィリップスはヒゲを引っ張られてチクチクしますね。 敏感肌のボクにはちょっとツライ。 』 『モーターの振動が手に伝わってパワフルな印象でしたが、肌に結構優しいですね。 もう少し深剃りの実感が欲しいです。 惜しい』 パナソニック ブラウン フィリップス 朝剃らずにやってきたキン。 普段はパナソニックの3枚刃を使用しているためか、それと比べて今回の5枚刃を使用してもらうと「あ、優しいですね。 3枚だと時々ヒゲを引っ張ってチクチクするんですけど全くないですね!」喜んでいた。 その結果全ての項目が満点となり、非常に満足のいくヒゲ剃りが出来たようだ。 フィリップスは深剃りの実感が薄く、剃る時にややヒゲを引っ張られた感覚があったようでキンには合わなかったようだ。 ブラウンもmakio同様、剃った時に「優しいですね!」と感想を漏らしていたが、深剃りや密着度合い、スピーディーさでパナソニックには及ばないという評価になった。 ヒリヒリする・・・』 『ボクのような濃くて強いヒゲにはかなり難しい。 剃れない』 『深剃りが出来て肌へのダメージも少ない! 』 ブラウン パナソニック フィリップス ここまでパナソニックが高評価。 最後はヒゲの濃いトンカツに試してもらう。 トンカツは以前にを試している経験があるので、『ボクのアゴを刺激するやつじゃないですか』と、5枚刃にやや抵抗気味だ。 結果は、やはりパナソニックは刺激が強かったようであまり高い評価にならず、前回の3枚刃と5枚刃比較の時よりも評価がシビアとなった。 今日のヒゲはいつもよりも厳しい日だったのだろうか。 フィリップスは優しかったが深剃り度やスピーディーさに欠けて、ブラウンが優しく剃り上げ、かつ普段使いのシェーバーよりもスピーディーに剃り上げる事が出来たのでトンカツの最も評価の高かったシェーバーはブラウンとなった。 【総合評価の前に・・・】ヒゲと肌に見立てたシートを使って剃ってみよう!! モサモサに毛の生えたシート お湯で温めると柔らかくなる粘土で凹凸を作る 固まった粘土の上にシートを固定してプチアゴの完成 実際にシェーバーのヘッドがどのように動くのかなどを確認してみようと思って、毛がモサモサと生えたシートを用意してみた。 肌には凹凸のある部分もあるかと思うので、シートの下に筆者が平らなようで平らじゃない凹凸と、若干の斜面を作ったりしてアゴのカーブらしきものを演出した粘土を置く。 その上からシェーバーを動かして、どれくらいの剃り味なのかを確かめてみた。 パナソニックのように360度動くヘッドではないが、シェーバーを滑らかに走らせる事が出来るし、ヘッドも左右に良く動き、シートに触れている刃の部分がしっかりと肌に密着して動いているのが見て取れた。 触ってみると、パナソニックとブラウンの2つはかなり短く毛が剃れているようなさわり心地だったが、フィリップスは全体的にザラザラと痛い。 写真を拡大してみてもそこまで差があるとは思えないのだが、触ると分かるものがある。 2度ほど実験してみても同じ結果で、少し長くヒゲを整えて剃り上げているかのようなさわり心地だった。 シートの写真を拡大して見てみると、若干フィリップスが長く残っているような気がする。 この微妙な差が、時間が経った時のアゴに違いが出てくるのだろう。 男性スタッフ達が「深剃り出来ている」というのはこういう事か、と、お客様に伝える身でありながら、しみじみとシートを見て触って学ばせていただいた。 (筆者は生物学的に女) 総合評価 パナソニック ラムダッシュ ES-CLV7B ブラウン シリーズ9 9295CC フィリップス 9000シリーズ 合計点数・・・50点 深剃度 4. 3 肌へのやさしさ 4. 0 密着度 4. 3 スピーディー 4. 0 合計点数・・・46点 深剃度 3. 0 肌へのやさしさ 4. 6 密着度 4. 0 スピーディー 3. 6 合計点数・・・34点 深剃度 1. 3 肌へのやさしさ 4. 3 密着度 3. 3 スピーディー 2. 0 スタッフの満足度が高かったシェーバー1位はパナソニック! たまたま普段パナソニックの3枚刃を使っているスタッフばかりだったが、5枚刃の威力を実感して感動していた。 ただし肌の弱い方には少し刺激が強いと感じる事がありそうだ。 2位はブラウン。 肌への優しさはパナソニックを抜いて1位だが、深剃りや密着度などがあと少し及ばなかったという結果に。 パナソニックと比較するとこの結果だがスタッフの満足度は高く、良く剃れるシェーバーだという事は間違いない。 唯一駆動方式が回転式だったフィリップス。 肌への優しさは非常に良かったのだが、往復式で5枚刃のパナソニック、4枚刃のブラウンと比べると深剃度や密着度が厳しい結果となってしまった。 丁寧にやさしく剃る印象で朝バタバタしている方には不向き。 デリケートな肌で刺激を極力押さえたい方にはオススメ。 エチケットとしてもシェーバーで顔周りをキレイにしたい所だけど、肌が弱いと深剃りに負けてしまう事もあるかも知れない。 今回3人の男性スタッフに試してもらったが、makioとキンには好評だったパナソニックもヒゲの濃いトンカツには少し刺激が強すぎるという事でブラウンの評価が高かったりと、自分の好みにあったシェーバー選びが重要になる。 同じ敏感肌でも評価が分かれたりするのも難しい所だ。 今回は4つの項目でチェックしました。 その中でお客様が重要視する項目を見て、スタッフの声を参考にしていただければ光栄です。 ヒゲ剃りは毎日の習慣ですので、じっくりと商品選びのご参考としてご活用ください。

次の

ES

パナソニック 電動 シェーバー

毎朝のヒゲ剃り、めんどうですよね。 剃り残しがないように、しっかりと深剃りをしようとすればそれなりに時間がかかります。 でも、家族と暮らす人にとっては朝の洗面所は戦場。 ひとりで5分占領してしまえば、険悪な空気が漂うことは必至。 ひとり暮らしの人にとってもヒゲ剃りの時間を短縮できれば、あと5分長く寝たり、朝食をしっかり食べることができます。 そこで360. そこで判明したのは、ちょっぴり意外な事実だったのです。 刃数が多いほど深剃りができて、時間もかからないという認識です。 しかし、19台のシェーバーを集めたテストのなかで、新たな結論に達しました。 それは、 シェーバーはヘッドの「可動域」と外刃の「滑り」が重要ということ。 この2点がいいシェーバーほど、肌をしっかりとらえて深剃りができました。 協力をしてくださったIT・家電ジャーナリストの安蔵靖志氏は、 「刃の数が多くても当たらなくては意味がありません」と、この選びかたを勧めています。 肌当たりは悪くないか(20点) 肌のうえを滑るように動く、引っかかって剃りにくいなどの肌当たりの良し悪しを評価しました。 切れ味は鋭いか(20点) 得点の高いシェーバーは、ヘッドを肌に軽く当てただけでヒゲが剃れていきました。 使用感はいいか(10点) グリップの握りやすさや重さ、剃るときの動かしかたなどを総合的にチェックしています。 深剃りがしっかりできるか(20点) ヒゲ剃り後に肌をさわってみて、どれだけ深剃りができているかを評価しました。 剃り残しが少ないか(20点) 同じ回数ストロークして剃ったときに、剃り残しが少ないほどひげ剃りの手間が減少しました。 時間をかけずに剃れるか(10点) ヒゲをすべて剃るのにかかる時間です。 忙しい朝にヒゲを剃る人ほど重要な項目です。 ヘッドの「柔軟性」と外刃の「滑り」を重視して、電気シェーバーを再評価した今回のランキング。 結果はパナソニックとフィリップスの上位モデルが僅差で上位を独占しました。 これは上位モデルほどヘッドの動きが多彩で、外刃の滑りをよくするための処理が行われていたため。 もちろん剃り味もよく、深剃りもできました。 そのうえで、深剃りを求めるならパナソニック、肌への優しさを求めるのならフィリップスをおすすめします。 ブラウンは剃り味にインパクトはありませんでしたが、高級感のあるデザインは高い評価を得ました。 また、網刃の滑らかさは圧倒的でした。 結論としては、ヒゲの濃い人、深剃りを求める人は上位モデルを購入するのが間違いありません。 まずは店頭で肌に当ててみて、ヘッドの柔軟性と外刃の肌当たりを確かめ、好みの1台を選んでください。

次の

電気シェーバー比較対決 〜パナソニック・ブラウン・フィリップスで剃り比べてみた!〜 【特集】

パナソニック 電動 シェーバー

毎年、各メーカーの最新モデルを複数購入しているシェーバーマニアのがお答えします。 「深剃り向き」「敏感肌向き」「携帯向き」のおすすめのシェーバー、さらには「敢えておすすめしないモデル」まで挙げてみました。 シェーバー選びの際は是非ご参考になさってください。 【これだけは抑えて!】電気シェーバー 電動髭剃り を選ぶポイント 老舗のBRAUN・フィリップスといった海外メーカーはもとより、PANASONIC、日立など国内大手メーカーが続々と最新製品を発売し、目まぐるしく進化する電気シェーバー。 数多くの製品の中から自分に合った1台を見つけるためには、まず「駆動方式」を知ることが最も重要です。 細かい違いを挙げればキリがありませんが、最低限の知識として「 駆動方式の違い」だけは抑えておきましょう。 電気シェーバーは、大きく 往復式・回転式に分けられます。 それぞれにメリット・デメリットがあるため、ポイントを抑えておきましょう。 左右に高速で動く内刃が、外刃でとらえたヒゲをカットする仕組みです。 外刃の枚数により1枚刃~5枚刃までの電気シェーバーが存在し、刃の枚数が多いほど肌にも優しく、シェービングにかかる時間も短縮できる傾向があります。 髭が濃い・早剃りに拘る方におすすめの駆動方式です。 丸い刃が全方位からヒゲをとらえるため、あちこちを向いたクセ髭も効率よくシェービングします。 ヘッド可動域の高いモデルは肌への密着性も高く、顎や喉仏など凹凸に生えた髭にもしっかりアプローチ。 皮膚科医テスト済みモデルや、回転数の強さを調節できるモデルなどもあるため、敏感肌の方におすすめです。 こんな付加機能も要確認です! ・お風呂剃り対応かどうか お風呂剃り対応の電気シェーバーは、T字カミソリと同じような感覚で使用できる防水モデル。 普段使っているシェービングフォームやジェルなどで肌に優しく剃ることが出来ます。 肌が弱い、髭が硬いといった人におすすめ。 ・自動洗浄器は付属するか シェーバーを使用後に置くだけで衛生的な状態をキープできる自動洗浄器。 ついメンテナンスをサボってしまいがちな人は自動洗浄器付属モデルを選択肢に入れてみましょう。 ただし、自動洗浄器は手軽で便利な反面、洗浄液カートリッジの維持コストが掛かるデメリットもあります。 おおよそのコスト目安は以下のようになります。 PHILIPSは1個あたり3ヶ月使用可能。 ・電源方式の違い ・「充電式」はコードから充電しながらの使用は不可。 感電防止の観点からお風呂剃りモデルに多い ・「充電交流式」はコードから充電しながらの使用が可能です。 ・「乾電池式」はその名の通り乾電池で駆動します。 リニアモーター駆動によるパワフルな深剃り性能は他社より頭一つ抜けており、深剃りをとことん優先したい人に最適です。 ドライ剃りでも滑りがよく、スムーズに剃ることができます。 《ラムダッシュが深剃りできる秘密》 ラムダッシュには日本刀と同じ「焼く・叩く・研ぐ」という製法でつくられた「鍛造刃」が内刃に採用されており、どんな硬いヒゲもスパッと切断。 電気シェーバーにありがちなヒゲの引っかかりによる不快感を解消しています。 また、シェーバーの心臓部ともいえるモーターは、専用に開発された「」を搭載。 モーターがダイレクトに内刃を高速駆動させることでパワフルかつ圧倒的な早剃り性能を引き出しています。 041ミリ の薄刃がヒゲの根本に入り込みしっかり深剃りする構造。 外刃1枚につき1,300もの孔があり、1ストロークで多くのヒゲを根本からとらえることができます。 5Dアクティブサスペンションがどんな凹凸にも追従 一般的な電気シェーバーが前後への首振りだけなのに対し、ラムダッシュは前後・左右・上下、さらに前後のスライド・ツイストの5次元方向に動くヘッドを搭載。 アゴ下や頬の凹凸へ均一に圧力がかかりやすく、自然に密着することでダメージを軽減することができます。 さらに、スイッチひとつで洗浄から充電までこなす「全自動洗浄充電器」も付属しており、シェービング後のメンテナンスも非常に手軽。 は環境に配慮した省資源パックでありランニングコストも他社に比べ安い。 シリーズ9 9375cc Amazon限定 シリーズ9 9390cc エディオン限定 シリーズ9 9345s シリーズ9 9340s シリーズ9 9320s 年代を超えて愛される往復式シェーバーの代表格BRAUN ブラウン。 シンプルで分かりやすいインターフェイスはApple製品に多大な影響を与えたとも言われ、電気シェーバーを生み出してきた長い歴史の中でも変わることがありません。 首振りは前後のみとクラシカルな機構ですが、0. 2mmという極薄のリフトアップ刃とくせヒゲキャッチ刃が採用され、寝たヒゲ・くせヒゲを起こしてカットする性能が優れています。 《シリーズ9は様々な太さ・方向のヒゲもしっかり深剃り》 BRAUNシリーズ9は「ハイブリッド5カットシステム」とよばれる5つのカットシステムで、寝たヒゲやくせヒゲを効率的にシェービング。 腐食耐性の高いチタンコーティングされたリフトアップ刃が中央部に搭載され、極薄リフトアップ刃と連動して駆動しヒゲをとらえます。 また、シリーズ9では世界初の「人工知能ターボ音波テクノロジー」を搭載。 本体内蔵の制御システムがヒゲの濃さを自動的に感知し、音波振動を調整。 その振動により皮膚内部に隠れたヒゲまで露出させ、より多くのヒゲを根本から深剃りします。 9%除菌の自動アルコール洗浄機能はBRAUNだけ BRAUNは業界唯一のアルコール洗浄液カートリッジを採用しており、ニキビや肌荒れの元となりがちな皮脂汚れ・雑菌を99. 9%除菌することができます。 シェーバーを使い終わった後にセットし、ボタンを押すだけでシェーバーの 洗浄・潤滑化・乾燥・充電がすべて自動的に行われます。 使用していない時は10分で自動的に電源が切れる「オートオフ機能」も搭載されており無駄な電気代もカット。 洗浄液カートリッジには潤滑性を保つ成分も含まれており、オイル差しも不要でメンテナンスの手間が省けます。 シリーズ7 7899cc シリーズ7 7898cc シリーズ7 7897cc シリーズ7 7880cc シリーズ7 7865cc BRAUNのシリーズ7は、最上位モデルシリーズ9に次ぐ位置づけの3枚刃往復式シェーバー。 4枚刃であるシリーズ9に対し外刃の枚数は1枚少ないものの、「人工知能音波テクノロジー」や左右へ高速駆動する「くせ髭トリマー刃」など、BRAUN独自の機能をしっかりと踏襲した高性能モデルです。 2006年に登場したプロソニックシリーズからデザインはほぼ変わっておらず、BRAUNシェーバー愛用者は数年ぶりの買い替えの際も操作方法に迷うことはないはず。 近年では2016年にモデルチェンジが行われ、全てのシリーズ7がIPX7基準を満たした防水モデルとなりました。 シャワールームでジェルやシェービングフォームを用いたウェット剃りが可能です。 たとえば、ヒリヒリしやすい喉仏周辺などは振動を弱め、髭の密集度が高いアゴや鼻下などは振動を強めてしっかり深剃り、といった使い分けが可能です。 BRAUNの自動洗浄器「クリーン&リニューシステム」はシェーバーを使い終わった後にセットし、ボタンを押すだけ。 あとは最適な洗浄プログラムを自動判別し、洗浄・充電から刃の潤滑化まで行なってくれます。 シリーズ5 5197cc シリーズ5 5147s シリーズ5 5190cc Amazon. jp限定 シリーズ5 5140s Amazon. jp限定 BRAUNシリーズ5は往復式の3枚刃シェーバー。 トップエンドモデルのような音波振動によるカットシステムや極薄トリマーは搭載されないものの、刃の構成はシリーズ7とほぼ同じ。 さらに、本体の首振り機能や背面トリマーはシリーズ9と同じ構造であるなどコストパフォーマンスの高さが際立ちます。 さらに、2017年のモデルチェンジにより「」がシリーズ5の全てのモデルに搭載。 シリーズ7のようなカスタム機能は無いものの、制御システムがヒゲの濃さを読み取り、髭の濃いところはパワフルに、ヒゲの薄いところは優しくシェービングを行います。 防水機能5mの深さに相当する環境で測定し設計されたシリーズ5。 使用後は水道水でまるごと水洗いできお手入れも簡単。 お風呂剃りにも対応し、シェービングフォームやジェルを使用した肌にやさしいシェービングが可能です。 自動洗浄器が常に最適な洗浄プログラムを選択し刃のコンディションを維持。 セットした際に充電も行われるため、いちいち充電コードを差し込む必要もありません。 中でもは最もスキンフレンドリーなモデルであり、敏感肌に悩む男性におすすめです。 皮膚科学の第三者調査機関による試験結果からも、PHILIPSシェーバー製品内で7000シリーズが最も敏感肌にやさしいと実証済み。 《PHILIPS 7000シリーズが肌に優しい理由》 PHILIPS 7000シリーズにはリングに特殊な数千のビーズコーティングが施されており、接触面積を少なくすることで摩擦を軽減。 なめらかな肌当たりでヒリツキや肌荒れを防ぎます。 ドライ剃りはもちろんのこと、ウェット剃り お風呂シェーブ にも対応。 ジェルやフォームを用いた優しいシェービングが可能です。 ヒゲクズや皮脂汚れもしっかりと落とし清潔な状態を保ちます。 ヘッドの可動域は5方向であり、顔の凹凸に合わせてしっかりと密着。 また、ヘッドを 別売り に取り替えて肌ケアもできるなど、オプション機能も充実しています。 肌との密着性を高めることで深剃りを実現し、より少ないストローク数でなめらかな肌に仕上げます。 ヒゲ一本一本を最適な位置で捉え、V字に加工された刃が挟み込むようにスパッとカットします。 ヒゲの引っかかりを軽減し、肌へ余計な負担を掛けません。 は8方向に可動し、顎のカーブや喉仏の凹凸などにもしっかり密着し剃り残しを減らします。 使用後は自動洗浄器にセットしボタンを押すだけで洗浄、乾燥、潤滑化、充電まで自動クリーニング。 また、ヒゲの濃さや肌タイプに合わせてパワーを調節できる「3段階モード設定」を搭載。 肌の敏感な箇所は回転数を落とし、ヒゲの多い場所はハイスピードで剃ることができます。 日立のロータリーシェーバーといえば「ヒリヒリする」「深剃り向き」というイメージを持っている方も多いかもしれません。 ですが、新モデルであるは「肌への優しさ」を重視したロータリー式として進化を遂げており、往復式シェーバーに比べ非常になめらかな肌当たりとなっています。 《ロータリー式とはどんな駆動方式なの?》 一般的な往復式シェーバーが左右の往復運動でヒゲを剃るのに対し、ロータリー式は回転運動によりカットします。 イメージとしてはヒゲを引いて切るといった感じ。 切断面がなめらかで手触りの良い仕上がりになります。 往復式よりもエネルギーロスが少なく駆動音も静かで、手への振動が伝わりにくいのも特徴のひとつ。 ロータリージーソードは細身のボディであり、カミソリのように逆手持ちすることも可能。 内刃は手前に向かって回転するため、T字カミソリを動かす時と同じ要領で剃り進めていくことが出来ます。 フォームやジェルを用いたお風呂剃り ウェットシェーブ も可能。 また、日立だけの特色として「」が付属。 洗浄機能はないものの、乾燥・除菌・防臭を行うことができます。 内刃には光触媒コーティングが施されており、脂汚れやヒゲくずを浮かせ、洗い流しやすくする工夫がなされています。 5000シリーズ 5000シリーズ 5000シリーズ 5000シリーズ 5000シリーズ PHILIPSの5000シリーズは9000シリーズ、7000シリーズに次ぐ位置づけのモデル。 普及価格帯の機種ではありますが「センシティブモード」など独自機能を搭載、さらに新開発のマルチプレシジョン刃を採用するなど、上位モデルとは明確な差別化がなされたシリーズです。 《マルチプレシジョン刃で様々なタイプのヒゲに対応》 マルチプレシジョン刃の表面には多様なヘアガイドシステムが搭載。 タイプの異なる様々なヒゲをキャッチし、一本一本のヒゲをスロットに導きカットします。 また、ボタン一つで回転数をスピードダウンさせる「センシティブモード」が搭載されており、肌の敏感な箇所をシェービングする際も安心。 シェービング後はワンタッチでヘッド部分を開けられるため、メンテナンスも手軽。 まるごと水洗いはもちろん、お風呂場での使用も可能。 シェービングフォームやジェルを使用して、より肌へ優しいシェービングが可能です。 モデル名 モバイルシェーブ 駆動方式 往復式1枚刃 交換用替刃型番 販売なし 電源方式 乾電池式 単3アルカリ乾電池2本 使用可能時間 約20回 3分使用した場合 質量 120g 乾電池除く 感想とレビュー 外出先でのシェービングに特化した携帯モデル「BRAUN モバイルシェーブ M-90」は、その使い勝手の良さから長年愛されるロングセラー商品。 独自のツイスト構造はキャップと一体型になっており刃がカバンの中を傷つける心配もなし。 本体もまるごと水洗いできるため、出先でのメンテナンスも手軽に行えます。 《独自のツイスト構造だから持ち運びラクラク》 キャップは底部にくるっと回すことで延長グリップとなり、しっかりと握れる形状へ変化。 マルチパターン網刃と呼ばれる独自の一枚刃が搭載され、朝の剃り残しや夕方の気になる無精髭もしっかりカットします。 こちらも2009年発売からのロングヒットを続けており、前述のBRAUN M-90と人気を二分する定番コンパクトシェーバーです。 《お風呂剃りもできる往復式1枚刃は旅先でも便利》 シェーバー本体の中央くぼみがロックボタンになっており、押しながらスイッチをスライドさせると駆動する仕組み。 外刃の素材には日本製のステンレス刃物鋼を採用。 摩耗に強く剃り味も良いため、硬いヒゲもしっかりとカットします。 シェービングフォームや石鹸などを使用すれば、より滑りもよく、より深剃りが可能です。 刃を守るキャップのほか、旅行や出張、オフィスなどへの携帯に便利なポーチも付属します。 外刃・内刃ともに交換用替刃も販売されており、長く愛用できるモデル。 バッテリーは単3電池を2本使用で約90分間という長時間の使用が可能。 長期出張や旅先でも安心です。 発売年:2017年 発売年:2013年 駆動方式・ヘッド数 回転式・2個 回転式・2個 交換用替刃型番 3個入りのため1個余ります。 持ち運び用のシェーバーが欲しいが、往復式やカミソリではヒリヒリしてしまうという方にお勧めできるモデルです。 家庭用の上位モデルシェーバーに比べればカット性能は劣るものの、ポータブルシェーバーにもしっかりとオランダ製の刃が搭載されているのも嬉しい。 この価格帯であれば、回転式の「お試し」としてもお勧めです。 回転式の仕組みや肌当たりを試して気に入れば、ミドル・ハイスペックモデルへ移行するというのもありかもしれませんね。 ちなみにまるごと水洗い・ウェット剃りには対応していないためご注意ください。 (ヘッドユニットは取り外して洗浄できます。 約75g 乾電池を除く と軽量化された四角いボディが特徴的。 元はSANYOがSV-M701という型番で製造販売していましたが、パナソニック株式会社による三洋電機買収の際にPanasonicブランドとして復活しました。 本体は防水ではないため普段のメンテナンスはブラシがけが必要になります。 (刃を取り外しての水洗いは可能。 しっかりと乾かしから装着しましょう。 ) 同メーカーの5枚刃に比べるとこれだけ面積が違うものの、その分価格も10分の1以下。 薄くてコンパクトなためカバンの中でも嵩張りません。 ちなみにメンズシェーバーES-RS10の刃は前述のPanasonicスーパーレザーES3832Pと同一の刃が搭載されています。 バッテリーは単3アルカリ乾電池を2本使用し、約90分間の使用が可能です。 単3形充電式電池 エネループなど の使用もOK! モデル名 シリーズ1 190s-1 駆動方式 往復式1枚刃 交換用替刃型番 セット: 電源方式 充電交流式 電池の種類 ニッケル水素 充電時間 約1時間 使用可能時間 約30分 質量 160g 感想とレビュー BRAUNの「シリーズ1 190s-1」は携帯向けとして販売されているわけではないものの、160gと軽量かつ小柄な本体で持ち運びにも最適なエントリーモデル。 低価格かつモデルチェンジもほとんど無いことから愛用者も多いロングヒット製品となっています。 マルチパターン網刃と呼ばれる独自の一枚刃を搭載。 対応替え刃として「」が網刃・内刃のセットで販売されています。 付属の保護キャップを装着すると電源スイッチもカバーされる作り。 持ち運びの際などカバンの中で不意に電源が入るのを防いでくれます。 バッテリーは約1時間の充電で約30分の使用が可能です。 充電交流式のため充電コードをつなぎ給電しながらの使用も可能。 忙しい朝に「バッテリーが切れていた!」なんて時にも安心です。 BRAUNのM-90と迷うかもしれませんが、こちらは刃の交換が可能であるのがポイント。 収納ケースは付属せず、またカーブしたボディのため携帯性はM-90に劣るかと思います。 電源が取れる場所での使用が多い場合は充電交流式のシリーズ1 190s-1がパワフルで良いですね。 毎日の付き合いになる電気シェーバーですので、「よく宣伝されている」「価格が安いから」といった理由で盲目的に購入するのは控えましょう。 数千円予算を足してドイツプロダクトのシリーズ5を選択肢に入れるのが個人的には一番おすすめ。 以下の記事でより詳しく解説していますのでお時間のある方は御覧ください。 また、お風呂剃りに対応していないモデルも多く、ヒゲクズはブラシがけが必要などメンテナンス性も良くありません。 数千円足せば防水の3枚刃ラムダッシュシリーズが購入できるため、敢えてこのシリーズを選ぶ理由は多くありません。 余談ですが、メンズシェーバーシリーズの刃はラムダッシュ3枚刃シリーズと同型番であった為、替刃目的に購入したユーザー達に本体が捨てられるなんてこともありました・・・。 多種多様なラインナップを展開するのは良いですが、このような価格矛盾は解消してもらいたいところです。 パワータッチの後継機にあたりますが、ニッケル水素電池の採用、シェービングヘッドパーツの固定化、ワンタッチでヘッドの開閉ができないなど、性能の落ちた部分が多くみられます。 パワータッチやアクアタッチからの買い替えでは明らかに不満が残るかと思います。 数千円足して上位モデルにあたる5000シリーズを検討するのがオススメです。 jpで最近、数多く見かけるようになった中華シェーバー。 完全にパクリのような商品や、コピー品の替刃まで存在します。 サクラレビューをいれるような違反業者も出てきており、星5満点レビューに惑わされて粗悪品を購入してしまうケースも多いため注意したい。 聞き慣れないメーカーだった場合は メーカー名をグーグルで調べるのが鉄則。 公式サイトがヒットせず、サクラの製品レビューが検索結果に出てくるのであれば警戒すべきです。 また、そもそも ブランド名が記載されていない商品はAmazonの販売規約違反にあたるためスルーすべし。

次の