さんずい 漢字。 部首が「さんずい」の漢字一覧

さんずいに朱(洙 )の意味、読み方、熟語、使い方

さんずい 漢字

さんずいに晃 さんずいに晃と書く漢字は「滉」になります。 「滉」は水部の漢字で画数は13画になります。 「水部」とは、水を部首にもつ漢字の集まりのことです。 水部には「水・河川・川の流れ・液体」などの意味があります。 水の画数と部首内画数の10画なので、総画数が13画で、水部10画の漢字です。 JIS漢字水準では、JIS第2水準になります。 漢字検定1級・日本語能力検定では「JLPTN1」になります。 「滉」の意味は、水が深く広いことです。 「滉」の漢字を電子計算機上で取り扱うために、各規格の固有の識別コードがついています。 文字についている固有の識別コードを「文字コード」と言います。 「滉」の文字コードには、「Unicode/UCS」・「JISX0213」・「戸籍統一文字番号」・「住基ネット統一文字」などがあります。 「Unicode/UCS」の文字コードは「U+6EC9」になります。 「JISX0213」の文字コードは、「1-62-70」になります。 「戸籍統一文字番号」の文字コードは、「203230」になります。 「住基ネット統一文字」の文字コードは、「J+6EC9」になります。 次に「滉」の熟語・「滉」の音読みや訓読みを紹介します。 「滉」の熟語 さんずいに晃と書く漢字は「滉」です。 「滉」は人名用漢字なので一般的な熟語はありません。 熟語とは、複数の語や形態素が比較的強く結びつき、独立したまとまりをなす表現を指す用語になります。 「滉」は人名用漢字なので、人名の参考例を紹介します。 「滉」を含む男の子の名前には、 ・滉一(こういち)・滉季(こうき)・滉生(こうき)・滉紀(こうき) ・滉規(こうき)・滉貴(こうき)・滉基(こうき)・滉二(こうじ) ・滉司(こうじ)・滉介(こうすけ)・滉佑(こうすけ)・滉晴(こうせい) ・滉誠(こうせい)・滉太(こうた)・滉汰(こうた)・滉太郎(こうたろう) ・滉平(こうへい)・滉明(こうめい)・滉也(こうや)・滉弥(こうや) ・貴滉(たかあき)・滉人(ひろと)・滉斗(ひろと)・滉歩(ひろと)などがあります。 「滉」を含む女の子の名前には、 ・滉花(こうか)・滉美(ひろみ)・万滉(まひろ)などがあります。 次に、「滉」の音読みや訓読みを紹介します。 「滉」の音読みと訓読み さんずいに晃と書く「滉」は水部10画の漢字です。 人名用漢字なので、一般的に「滉」の熟語はありません。 「滉」の音読みは、「コウ」になります。 訓読みは「ひろい」になります。

次の

「汝」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

さんずい 漢字

さんずいに晃 さんずいに晃と書く漢字は「滉」になります。 「滉」は水部の漢字で画数は13画になります。 「水部」とは、水を部首にもつ漢字の集まりのことです。 水部には「水・河川・川の流れ・液体」などの意味があります。 水の画数と部首内画数の10画なので、総画数が13画で、水部10画の漢字です。 JIS漢字水準では、JIS第2水準になります。 漢字検定1級・日本語能力検定では「JLPTN1」になります。 「滉」の意味は、水が深く広いことです。 「滉」の漢字を電子計算機上で取り扱うために、各規格の固有の識別コードがついています。 文字についている固有の識別コードを「文字コード」と言います。 「滉」の文字コードには、「Unicode/UCS」・「JISX0213」・「戸籍統一文字番号」・「住基ネット統一文字」などがあります。 「Unicode/UCS」の文字コードは「U+6EC9」になります。 「JISX0213」の文字コードは、「1-62-70」になります。 「戸籍統一文字番号」の文字コードは、「203230」になります。 「住基ネット統一文字」の文字コードは、「J+6EC9」になります。 次に「滉」の熟語・「滉」の音読みや訓読みを紹介します。 「滉」の熟語 さんずいに晃と書く漢字は「滉」です。 「滉」は人名用漢字なので一般的な熟語はありません。 熟語とは、複数の語や形態素が比較的強く結びつき、独立したまとまりをなす表現を指す用語になります。 「滉」は人名用漢字なので、人名の参考例を紹介します。 「滉」を含む男の子の名前には、 ・滉一(こういち)・滉季(こうき)・滉生(こうき)・滉紀(こうき) ・滉規(こうき)・滉貴(こうき)・滉基(こうき)・滉二(こうじ) ・滉司(こうじ)・滉介(こうすけ)・滉佑(こうすけ)・滉晴(こうせい) ・滉誠(こうせい)・滉太(こうた)・滉汰(こうた)・滉太郎(こうたろう) ・滉平(こうへい)・滉明(こうめい)・滉也(こうや)・滉弥(こうや) ・貴滉(たかあき)・滉人(ひろと)・滉斗(ひろと)・滉歩(ひろと)などがあります。 「滉」を含む女の子の名前には、 ・滉花(こうか)・滉美(ひろみ)・万滉(まひろ)などがあります。 次に、「滉」の音読みや訓読みを紹介します。 「滉」の音読みと訓読み さんずいに晃と書く「滉」は水部10画の漢字です。 人名用漢字なので、一般的に「滉」の熟語はありません。 「滉」の音読みは、「コウ」になります。 訓読みは「ひろい」になります。

次の

【汐】の意味は?名付けのポイントを徹底解説!

さんずい 漢字

さんずいに朱 「サンズイ」に「朱」と書く「洙」の部首は「水(すい)」になります。 総画数9画で、部首内画数は「水部6画」になります。 JIS漢字水準は「JIS第2水準」になります。 「洙」の部首は「水」で、「水」を部首に持つ漢字の集まりを「水部」といいます。 「水部」には、「水・河川・川の流れ・液体」という意味があります。 「洙」の漢字は、水の画数+6画で構成されるので「水部6画の漢字」と表現されます。 「洙」の意味には、川名・山東省中部を流れて、泗水に注ぐ・洙水(シュスイ)などがあります。 次に、「洙」の熟語・「洙」の音読み・訓読みを紹介します。 「洙」の熟語・音読み・訓読み さんずいに朱と書く「洙」の意味には、川名・山東省中部を流れて泗水に注ぐ・洙水(シュスイ)などがあります。 「洙」は漢姓のひとつなので熟語には人名があります。 「洙」の文字が入った人名には、「季光洙」・「山県洙川」・「半井宗洙」などがあります。 「洙」は、朝鮮に多い姓になります。 「洙」の音読みは「シュ」です。 「洙」には訓読みはありません。 「洙」の文字を含む姓は、韓国全土に約200名が存在しているようです(2000年調査によります) 「洙」を含む「洙泗」という文字があります。 「洙泗」の読みはシュシです。 「洙泗(シュシ)」は、中国の山東省西部を流れる泗水(しすい)とその支流の洙水(シュスイ)の併称になります。 「洙泗」の流域は、孔子の生地・没地・弟子に道を講じた場所になります。 孔子の学問に「洙泗学」があります。 「洙泗学」は儒学とも洙泗の学とも言われます。 「洙」と同じ読みの漢字 さんずいに朱と書く漢字の「洙」の音読みは「シュ」です。 熟語には、人名の「季光洙」・「山県洙川」・「半井宗洙」などがあります。 「洙」には訓読みはありません。 「洙」と同じ読みの漢字を紹介します。 ・殊・須・種・主・周・首・収・殳・手・收・舟・戍・朱・咒・枢 ・取・呪・侏・茱・洙・株・娶・娵・終・蛛・棕・痩・衆・腫・溲 ・椶・鄒・銖・聚・需・趣・撞・鋳・諏・銹・數・橦・樞・麈・鍾 ・趨・鬆・繻・鰌・鰍・鬚・鑄・珠・酒・修・狩・守などになります。

次の