内藤 哲也。 内藤哲也

内藤哲也の制御不能なカープ愛「プロ野球と新日本プロレスが、ついに再始動!」(広島アスリートマガジン)

内藤 哲也

(画像は「A! SMART MAGAZINE」より引用) 最近の内藤哲也選手の活躍が目覚しいと思いませんか? 昨年までは、何をやろうがブーイングの的となっていたのに、いまや内藤哲也 選手が中心として活躍しているユニット「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハ ポン」は、かつてのnwoを連想させ、新日本プロレスの中で大活躍。 この「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」は、内藤哲也選手がスペイン への遠征中、現地でラ・ソンブラに「ロス・インゴベルナブレス」に勧誘され、 帰国後に結成したユニット。 内藤哲也選手が活躍すればするほど、コメントにスペイン語が多くなってきて、 もう意味が分からなくなってしまいますね。 そこで、内藤哲也選手が操るスペイン語のだいたいの意味を調べてみました。 これで、会場に行っても、内藤哲也選手と一緒に盛り上げることができます ね!! 目次• 内藤哲也のスペイン語こう使いこなせ! 最近の内藤哲也選手のコメントにはスペイン語が一杯! 知らない人にとっては、まず何語か分からないかもしれませんが、 あれはスペ イン語です!! 絶妙に、日本語とスペイン語を織り交ぜたコメントをしっかりと理解しましょ う! 「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」 現在の内藤哲也選手が中心となり、新日本プロレスの中でおそらく中心となっ てきているユニット名が「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」。 スペインには「ロス・インゴベルナブレス」というユニットがあり、意味は 「制御不能な奴ら」。 日本版「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」は、「日本の制御不能な奴 ら」って意味になります。 「トランキーロ」 内藤選手が一番使っているかなという印象がありますね。 日本語での意味は「落ち着いて」らしいです。 内藤哲也選手は 「トランキーロ・・・・あっっせんなよ!」と使います。 ポイントは、トランキーロの後の数秒の間。 そして、あっせんなよを言うとき はアゴを下から上に軽く突き出すような気持ちで言い放つといいと思います。 会場でマイクパフォーマンスがあったら、「あっせんなよ」の合唱をするとい いでしょう。 「ブエナスタルデス」「ブエナスノーチェス」 「ブエナスタルデス」が「こんにちは。 」 「ブエナスノーチェス」が「こんばんは。 」 スペイン語のあいさつみたいなので、覚えておくと便利かもしれませんね。 「ブエナステルデデス大阪!!」とか 「ブエナスノーチェス両国!!」というような使い方をしているみたいですね。 これでご近所にスペインの方がいても安心です。 スポンサーリンク 「ノスオトロス」 意味は「俺たちは」。 普通に俺たちはって使った方が早いような気がしますが、日本語の間にそっと スペイン語を挟み込むことで、なんとエレガンスな感じがしませんか? 「オクパート」 最近よく使ってる印象があるのが、この「オクパート」。 言葉の響きからタコを連想してしまいますが、意味は「忙しい」です。 「今日はオクパート。 」 「オクパートじゃなけりゃ、手伝って」 のように使うと、マイナスの意味の言葉も積極的に使えると思います。 「カンサード」 「オクパート」に引き続き、マイナスイメージの言葉。 意味は「疲れた」です。 「今日はオクパートで、カンサード・・・」と使うと、もはや異次元世界の住 人になれる気がしますね。 「パレハ」 これも初期のころから内藤哲也選手は連呼してましたね。 意味は「仲間」。 「俺のパレハを連れてくる」とまだ一人で「ロス・インゴベ ルナブレス・デ・ハポン」をやっていたころ使ってましたね。 技名からついでにスペイン語の名詞をいくつか こうやってみると、スペイン語もなかなかいい感じじゃないですか? なぜか内藤哲也選手がコメントの間にスペイン語を挟み込んできてもかっこい いんですよね。 あの、独特の間の取り方というか、そこら辺を気をつけていっ たらかっこよく使いこなせるかもしれませんね。 ついでに、内藤哲也選手の技の名前から単語も覚えよう。 内藤哲也選手の技の名前もスペイン語から来ているらしいですね。 せっかくなので、ざっとまとめてみました。 よく考えてみたら、内藤哲也選手がよくブーイングを受けていたのは、一種の ナルシストというか、かっこつけというか、そういったところが鼻についてい たんですよね。 決めセリフが 「主役は・・・俺だ!」でしたもんね。 今考えると、そりゃないわって感じですもんね。 というわけで、現在の内藤哲也選手は、スペイン語と非常にマッチしていて、 キャラ作り大成功ってことで。 今後、しばらくは内藤哲也選手抜きで新日本プロレスの動向は考えられません ね。 (画像は「nwoな人々」より引用).

次の

内藤哲也の衝撃・心に残る必殺技「デスティーノ」のランキング・ベスト5!|新日本プロレス

内藤 哲也

(画像は「新日本プロレス公式サイト」より引用) 先日の1. 4東京ドーム大会で、棚橋弘至選手を破り、 まさに新時代の扉をこじ開けた内藤哲也選手。 東京ドーム大会でのこの勝利は、 2017年の新日本プロレスの1つの柱が内藤哲也選手である ということを宣言したようなもの。 そして、長らく新日本プロレスを引っ張り続けてきた 棚橋選手からの世代交代を意味するものでしょう。 内藤哲也選手は、これまで新時代を担う選手として トップ選手としてたどり着くことが中々出来なかった 印象があります。 長らく、低迷期と言ってもいいような時期を過ごし、 ようやく手に入れた栄光。 この低迷期には、本業のプロレスだけでなく、 プライベートでも色々問題があったようで。 今回は、内藤哲也選手の黒歴史時代について 何があったのか、調べてみました。 内藤哲也は結婚していた!? 内藤哲也選手って、雰囲気が男臭い、「ザ・独身」って イメージがないですか? あくまでも個人的なイメージなんですが、 家庭のイメージってあまりないですよね。 でも、驚きなんですが、内藤哲也選手は 既婚者なんですね~ 公式な発表などはなかったようですが、 2007年に結婚。 現在、子供も1人いるらしいという 情報がありますね。 2005年に新日本プロレスの入門テストに合格し、 2006年5月でデビューなんで、まだまだ新人の時代に結婚した みたいですね。 新人が結婚を公式発表するわけもないですし、 発表の機会もなく、現在まで至っているでしょうね。 過剰なファンサービス?いえ、それは不倫です 現在のヒールでも、一部の情報によるとかなりファンサービスが いいと噂の内藤哲也選手。 自身が新日本プロレスの「大・大ファン」ということもあって、 ファンを大事にするという気持ちがとても強いのかもしれませんね。 ちなみに、 「一選手である前に一ファンでありたい」と語っている そうで、現在でも新日本プロレスのファンクラブに入会しているそ うですね。 内藤哲也選手のファンサービスなんですが、 特に女性ファンに対しては、かなりのサービス精神が溢れている ようでして、ネット上にファンとの写真が結構あったりします。 女性を後ろから抱きしめたり、 キス画像多数・・・って、ファンサービスじゃなくて、 不倫ですよっ! 内藤哲也の黒歴史・・・結構派手に遊んでいた!? 実は、2012年の初めに内藤哲也選手の不倫情報が 某ゴシップサイトに掲載されてしまったそうですね。 それも、複数の女性と不倫関係にあったそうで、 某ゴシップサイトでは少なくとも4人との不倫事実が すっぱ抜かれてしまったそうです。 ここから、内藤哲也選手のプライベートの悪い噂が次々に 出てきてしまったんですね。 それまでの 女性関係のトラブルを次々に起こしていたことが 明らかにされたり、育児放棄や家族生活の放棄など・・・ これだけ派手に遊んでいたのだから、そりゃ、 結婚や家庭というものを内藤哲也選手から 感じられないわけですわ。 内藤哲也にとって2012年は本業でも黒歴史 2012年と言えば、内藤哲也選手が 右膝前十時靭帯断裂という大怪我を負って、 長期欠場となった年ですね。 長期欠場から復帰後も、 やる事なす事、なぜか上手くいかなくなったのもこの時期。 なぜか、あと一歩、トップ選手になれなかったんですよね。 大阪大会なんか、大阪の人にとって生理的に内藤哲也選手が 好きではないのか、登場しただけで激しいブーイングの 嵐だったのを覚えています。 思うに、内藤哲也選手はちょっとナルシストというか、 変にかっこつけの感じがしていたのが、嫌われていた原因の 1つのだったのではないかと思うんですね。 それを考えると、2015年はむしろそのブーイングを うまく利用し、ヒールとして人気を爆発させるまでになったと 考えると、よう耐えたなと思いますわ。 スポンサーリンク よそ見運転で愛車大破した過去!? 実は、内藤哲也選手の低迷期、2012年から2015年の間に 愛車の大破という不幸な事故もあったようです。 2013年にG1制覇した内藤哲也選手ですが、この優勝が 長期欠場からの復活劇の始まりとなるはずだったのが、 うまく上昇気流に乗ることができず。 それでも、G1優勝の自身へのご褒美だったのでしょうか、 車を購入したそうなんですね。 その車をなんと 2015年にわき見運転で廃車にするほどの事故を 起こしてしまったそうです。 道場近くの狭い道を走っていて自損事故・・・ 目の前の電柱にぶつかって、左の壁に突っ込んで 愛車大破!! 原因も、わき見運転だったそうで、 とにかく人を巻き込まず、かつ本人も怪我がなかったことだけが 不幸中の幸いだったようで。 この時期の内藤哲也選手は プロレス、プライベート共に「神ってる」ほど 踏んだり蹴ったりの状態だったみたいですね。 2007年、デビュー間もない頃に結婚し、現在、子供も1人いるとか。 そして、この調子でいけば、2017年の新日本プロレスのマットも 中心人物の1人として活躍するのは間違いないですね。 今後、どのようにIWGPベルトに絡んでいくのか? 「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」の今後の動向は どうなるのか注目ですね。

次の

内藤哲也とEVILのロスインゴはすでに存在していなかったのかもしれない

内藤 哲也

新日本プロレス・内藤哲也選手が新技・変型フェースクラッシャーについて語りました。 2020年6月15日、新型コロナウイルスの影響により興行を中止していた。 再開後最初のメインイベントは、CHAOS対ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの6人タッグマッチ。 結果はIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王者・内藤哲也選手が、新技・変型フェースクラッシャー(リバースデスティーノ?)からの正調デスティーノを勝利を収めました。 内藤 やっぱり、 この3カ月半、いろいろプロレスのことを考えましたからね。 頭のなかで何試合もやって、浮かんだアイデアのひとつであり、大会再開を待ってくれた皆さまへのささやかなプレゼントというか。 あと、オレはニュージャパンカップ優勝者を7月日の大阪城ホールで迎え撃つわけですけど 「ただ、待ってるだけじゃなく準備はしてるぜ。 ほかの出場者はこの3カ月半でなにをしてきたのか。 さあ、見せてくださいよ」っていう牽制の意味合いもありました。 パレハ ちなみに技名は? 内藤 …考えるの忘れてた(苦笑)。 そこはトランキーロってことですよ。 次出すときまでには決めてるんじゃないかな。 (引用:週刊プロレス No. 2071) まずは1つ目の理由は興行再開を待ちわびていたファンのため。 約3カ月ぶりの試合でいきなり見せた新技は 「 ささやか」どころか本当に嬉しい 「 プレゼント」でした。 続いて2つ目の理由はニュージャパンカップ2020出場者への 「 牽制」。 でのタイトルマッチに向けて、内藤選手は自粛期間中も 「 ただ待つだけじゃなく準備」をしっかりとしてきました。 これまで通りの闘い方で満足しているようでは駄目、 「 この3カ月半」の成果を見せてみろという、内藤選手なりのメッセージでした。 また、技名に関しては未定とのこと。 これまで内藤選手は数々のスペイン語の技名を採用してきました。 ・ グロリア= 栄光 ・ デスティーノ= 運命 ・ バレンティア= 勇気 ・ エボルシオン= 進化 ・ プルマ・ブランカ= 白い翼 ・ ポルボ・デ・エストレージャ= 星屑 「 次(に変型フェースクラッシャーを)出すとき」に、また新たなスペイン語の技が増えることになりそうです。 《 追記》 技名が「 エスペランサ」( Esperanza 、スペイン語で「希望」という意味)に決定!.

次の