小型トラック 求人。 神奈川県、小型トラックドライバーの求人検索結果|トラックマンジョブ

トラック・配送・宅配・セールスドライバーの転職・求人情報|正社員ならJOB 静岡

小型トラック 求人

需要の高い4tトラック 数あるトラックの中でも最もポピュラーなのが4tトラックです。 運送会社のドライバーの募集要項を見るとよくわかるのですが、 トラックのドライバーの求人は中型免許を取得しているかどうかで有利不利が大きく変わりますし、 もし免許を持っていない場合でも社内の取得支援制度などでサポートしてもらえるケースが非常に多いのです。 仕事をするにあたって中型免許が必須となる裏返しと言えますね。 そして、その中型免許で運転できる最小サイズのトラックが4tトラックなのです。 積載量のそれなりに多い中型車、その中で最も小さいサイズであるがために小回りの聞きやすい4tトラックは需要が高く、運送業のほか、建設業や農業といった業種でも活躍しています。 普通乗用車が総排気量2000cc以上ですから、4tトラックは3倍以上の排気量をもっているということになりますね。 山間部などの不整地でも走行できたり、作業車として広く活躍できたりするのは、この排気量によるところが大きいのです。 ただし、繰り返しになりますが、この数字はあくまでも目安に過ぎません。 同じ4tトラックでも車両のメーカーや車種、年式などによって排気量に差異があるという点には注意が必要です。 もし特定の車種について正確な数値を知りたければ、メーカーの仕様書などを確認しておいたほうがよいでしょう。 大型トラック・2tトラックと比較すると 4tトラックの排気量は先述のとおり。 普通乗用車と比べてかなり大きいことはわかりましたが、他のトラックと比較した場合はどうなのでしょうか。 大型トラック 大型トラックの排気量は9000cc~30000ccの範囲と言われています。 10tトラックなどはこの区分ですね。 山間部の工事現場などで大型トラックが出入りしているのを見たことのある方は多いかと思います。 工事現場や建築現場などで大型トラックが重宝されるのは積載量ゆえなのですが、地面が不安定な場所に進入していけるのがなぜかと言えば、それは大きな排気量があるからなのです。 もちろん、一口に大型トラックと言ってもメーカーや車種、サイズは様々。 それによって排気量も変わってきますから、 自社で使っているトラックについて正確に知りたい場合などは仕様書などを確認することをおすすめします。 2tトラック では逆に4t車よりも小さな車両、たとえば2tトラックの場合はどうでしょうか。 2tトラックの排気量は概ね3000cc~5000ccほどに収まります。 やはり車体が小さいぶん4tトラックよりは控えめですが、それでも普通自動車と比べれば2倍近くの排気量がありますから、運送業者以外にも農業用などに使われているところをよく見かけます。 排気量が大きいと ところで、そもそも排気量の大小によって何が変わるのでしょうか。 排気量が大きいことで得られるメリットを確認していきましょう。 加速が滑らか 排気量が大きいということは、エンジンのパワーがあることを意味します。 馬力があるのでそのぶん加速がスムーズになるのです。 トラックの用途は荷物を運搬することです。 普通自動車では運べないものを積載して走行するのが大前提ですし、重量物を取り扱うことも日常茶飯事。 そんなときにエンジンのパワーが小さくては、荷物の重さに負けてしまってなかなか加速できませんよね。 排気量が大きければ大きいほど、荷物を積んで運転する際にストレスを感じずに済むのです。 車内が静か 馬力の大きなエンジンでは、回転数を上げなくてもスムーズに走行することができます。 エンジンの回転数を上げると、そのぶん音が発生しますよね。 よく「軽自動車はうるさい」という話を聞きますが、それは軽自動車でスピードを維持するためにはエンジンをより多く回さなければならないためなのです。 エンジンの馬力がある、すなわち排気量の大きい車両にはその必要がないため、走行中でも車内が比較的静かです。 排気量が少ないと 次に、排気量が少ないことによるメリットについて見ていきましょう。 燃費が下がる これまでの説明からだけだと排気量は多ければ多いほどよいと思ってしまうかもしれませんが、 排気量が少ないことにもメリットがないわけではありません。 というのも、排気量の少ない車のほうが燃費はよいからです。 排気量が多いということは、それだけ大量の燃料を消費するということでもあるのです。 税金が安くなる また、自動車を運用するにあたっては税金のことも忘れてはいけません。 トラックも自動車である以上、様々な税金がかかってきます。 そして、排気量の違いでも支払う税額に違いが出ます。 1000cc未満の普通車であれば3万円ほどで済むのですが、6000ccを超える車両だと11万円以上も払わなければなりません。 排気量が多ければ多いほどいいとは限らない、というのはこのようなコストの面も含めての話なのです。 トラックのエンジンは小型化が進む 現在は何事においてもエコ化が叫ばれる時代であり、自動車はその中でも代表的な分野と言えるでしょう。 環境への配慮やコスト削減のため、トラックのエンジンも小型化してきています。 そのため、だんだんと排気量が少なくなってきているのです。 この傾向は今後も続くと考えられます。 まとめ 4tトラックは排気量6000cc~8000ccと大きなエンジンパワーを持っているため、不整地での走行や作業に向くほか、加速をスムーズに行えるなど運転も安定します。 近年ではエンジンの小型化によって排気量が少なくなってきていますが、エンジンそのものの性能が上がっていることもあって、経済的に使用できるというメリットも新たに生まれています。 年収UPさせる!ドライバーのお仕事を無料検索(全国の求人情報) 「今より年収をUPさせたい。。 」 「夜勤が辛い。。 」 などを感じている方は、 転職すべきタイミングです。 なぜなら、現在、日本のドライバーは減少傾向にあるので、ドライバーとして転職すれば、 今より年収の高い・労働条件が良い会社から内定をGetできる確率がかなり高いからです! しかし、中には間違って 年収の低い・労働条件の悪い会社に転職してしまい、 後悔している人もいます。 その理由は、 転職前に情報収集を行っていないからです。 もっとより良い会社があるにも関わらず、 面倒くさいという理由で、あまり探さずに転職を決めてしまっているのです。 そこで私はドライバーのお仕事の 検索サイトの利用をオススメしています。 ドライバー専門の無料求人検索サイト 物流企業が多い地域を中心に、全国でかなり豊富な求人情報を扱っている検索サイトです。 10代~60代以上の全ての年齢に対応していおり、様々な条件で検索することが可能ですので、 とりあえず検索して見ることをおすすめします!.

次の

大型ドライバーの求人・転職情報サイト【はたらいく】でお仕事探し

小型トラック 求人

「ドライバーbiz」とは? ドライバーbizは、全国のドライバー求人に特化した求人情報ポータルサイトです。 ドライバー求人に関連する、近距離から長距離、ルートなど配送距離毎にお仕事を調べることができ、ドライバーだけでなく運行管理者や倉庫作業の求人情報を掲載しています。 4tトラック運転手などの大型トラック運転手、軽トラックや乗用車などの小型トラック、タクシーや引っ越しドライバーまで様々なドライバー求人を検索することができます。 また、正社員雇用だけでなく、アルバイトや業務委託などの雇用形態や働きたい求人の特徴を使い、細かい検索も可能です。 ドライバーのお仕事をお探しの方は、ドライバーbizで希望する条件に合う求人情報をお探しください。 日本国内の物流・運輸業界は右肩上がり 日本国内の物流・運輸業界は、オンラインでの買い物が増加傾向にあり、さらにはネットやアプリで簡単に商品を売買できるサービスも増え、物流・運輸業界全体の経済的な成長は引き続き右肩あがりの状態が続いています。 この業界について、世間一般の認識は「稼げるけどキツイ業界」と思われがちですが、現代では変わりつつあります。 なぜなら、昨今のドライバー不足や事故の増加、環境への配慮などを考える運送業者が増えてきているからです。 また、各地域のトラック協会が指導を行っているため、安心して仕事を行える環境が整っている業界です。 多くの企業がドライバー不足で悩んでいる 日本国内でのドライバー不足の問題を感じている企業は少なくありません。 ドライバー職の有効求人倍率は高い水準が続いており、引き続き「ドライバー不足」状態が継続している状況です。 求人については、労働環境は改善されましたが、燃料や車両の価格上昇が原因で経営コストが上がり、昔ほど稼ぐことは現実的に難しくなっています。 それでも月給40万円を稼ぐドライバーもおりますし、平均しても20~30万は稼ぐことは可能です。 運送会社もドライバーにできるだけ長く働いてもらいたいと考えていますので、優遇された職業ではないかと思います。 ドライバーのお仕事特徴 ドライバーは、依頼を受けた指定の荷物を、荷揚げ場所から荷卸し場所まで配送する仕事です。 長距離を走る事が多く、トラックの中で睡眠をとることもあります。 多少の体力と経験が必要な職種ですが、人間関係のわずらわしさなどがないので、ストレスの少ない仕事と感じる人も多いようです。 大型免許、フォークリフト、玉掛けなどの資格をお持ちの方は採用に優遇されることがあります。

次の

神奈川県、小型トラックドライバーの求人検索結果|トラックマンジョブ

小型トラック 求人

運送業界の全体像について トラックドライバーは昔と比べて現在は非常に働きやすい環境が整っています。 現在 ドライバー不足が深刻な問題となっており、国土交通省の発表した下記のグラフからもわかる通り、どの運送業者も 仕事は多くあるにもかかわらず、その仕事をさばける人員がいないため困っている状態です。 休日日数や給料は一般的な会社員並みの水準が用意されることも珍しくありませんし、休憩も確実に取るように指示されます。 あまり表には出てきませんが、ここ数年の 運送業界はクリーンな環境が整っていて非常に働きやすいですよ。 また小回りが利く事から、山奥や田舎の細道でも活躍しています。 2トン車が主に行う仕事はバン・ウイングボデーでの配送で、多くは地元住民や地元中小企業への配送になりますので一般の方と触れ合うことができます。 一般の方は働いている姿をしっかりと見ていますので、非常に素直な評価をしてくれます。 「ご苦労さま」「いつもありがとう」そんな言葉をかけてもらえるのでやりがいは抜群でしょう。 待遇面では 月給18万円~22万円程度、年間 休日数は100日以上が一般的ですが、運送業者によっては 月給25万円以上を稼げる場合もありますので要チェックです。 自分の慣れ親しんだ街で働きたい、話すことが好きで地域の方と触れ合いたいという方や、 未経験者・女性ドライバーに小型のトラックドライバーがおすすめです。 4トン車は2トン車と比べてボデーサイズが非常に大きくなっており、輸送能力が高いため短~中距離配送が主となっています。 稀に長距離便があり、常に変化があるのが特徴です。 待遇面では月給20万円~30万円程度、年間休日は小型と同じく100日以上が一般的です。 長距離便を主に行う場合は月給35万円を狙うことも可能です。 運送業者が使用する4トン車のボデーは主に「バン・ウイング」「平ボデー」「タンクローリー」があります。 それぞれのボデーによる仕事内容は下記にまとめます。 バン・ウイング車での仕事 4トン ウィング車 主に様々な種類の荷物が混在している雑貨便や、製造業の製品を運ぶ部品便があります。 雑貨便の場合は手積み手下ろしがある場合が多く、少し体力が必要な場合があります。 しかし多様な商品を様々なお客様へ配送するため、単調な仕事になりにくいといえます。 逆に部品便の場合は、パレット積みが多くフォークリフトでの作業が多いため 肉体的な負担は低いです。 しかし製造業と専属便契約をしている場合が多く、毎日決まった工場との往復をするため非常に単調な仕事といえます。 変化を求める方は雑貨、フォークリフトで体力を温存したい方は部品便がおすすめです。 平ボデーでの仕事 4トン 平ボディー 平ボデーは非常にタフな作りとなっているため鉄鋼業の専属便となる場合が多いです。 鉄鋼業の専属便では、製造工場間での配送がメインとなってきます。 工場間配送がメインということで単調な仕事のように感じますが、 鉄骨の積み方にはコツがありパズルを組み立てるような楽しさがあります。 また都市開発や大規模施設の建設などによって特需が生まれることも多く、 給料が高くなることやボーナスが多く出ることがしばしばあります。 そのため他のボデーの車より 比較的稼げる傾向にあるようです。 タンクローリーの仕事 タンクローリーでの仕事は燃料の輸送・牛乳の配送・化学薬品の配送等様々ですが、共通して液体を運ぶことに特化した仕事です。 また中型のタンクローリーは地場での近距離配送がメインとなります。 燃料配送の場合は主に建設現場の重機やビニールハウスの暖房設備に補充していきますが、牛乳等その他の液体については製造工場~加工工場の往復が多くなります。 燃料配送の場合冬場に多く稼働するのですが、その他液体の配送と比べて年間を通して見ると待遇面では違いはあまりありません。 時期が集中するかしないかの違いといっていいでしょう。 大型トラック トラックドライバーの花形はなんといっても大型トラックでしょう。 体力的に少々辛い部分もあるかとは思いますが、その稼ぎやかっこよさは他では語れません。 待遇は一般的な水準が定まっておらず運送業者や荷主によって差がありますが、未だに 月給50万円を稼ぎ出す人もいるので夢が詰まっています。 運送業者の大型トラックには本当に多種多様なボデーがありますが、今回は代表的なものを4種類ご紹介します。 バン・ウイングでの仕事 小~大型車では最も数の多いトラックです。 中型車でもご紹介した部品便、雑貨便はもちろんのこと、大型トラックでは冷凍車もメインに入ります。 そして大型バン・ウイングの仕事は主に中~長距離便で、中には1 週間以上かけて走ることもあります。 大型トラックの部品便は中距離便 県内の端~端程度 が多く、大手部品メーカーの子会社化されている運送業者もあります。 親会社が大手部品メーカーであるため安定してクリーンな環境で働く事ができます。 しかし大型トラックの部品便では「前二軸」と呼ばれるシャシーを使うことが多く、小回りが利かないため初心者では運転が難しいとされています。 雑貨便も部品便同様、多くは中距離便で仕事内容は中型トラックの場合とほとんど変わりません。 中型トラックに比べて給料がやや高くなることが魅力でしょう。 冷凍車は長距離便が多く全国各地を巡業するような形がメインになってきます。 しかし比較的多く稼ぐことや、 全国各地を巡って旅気分を味わうことができるため人気があります。 シャシーは総輪エアサス車・後輪エアサス車が主流ですので乗り心地も申し分なく、長距離を走るドライバーには優しい作りとなっています。 平ボデーでの仕事 平ボデーは中型トラックと同じく鉄鋼業者を荷主とすることが多いのですが、仕事の内容は少し異なります。 製造工場間の配送はもちろん行いますが、直接現場に配送することも多くあります。 そのため現場が変わるたびに納品場所が変わるのであまり単調な仕事にはなりません。 また中型トラックの際にも書きましたが、特需により多く稼ぐことが可能で、その稼ぎは冷凍車に引けを取りません。 また長距離便は比較的少ないため、家に帰る時間を多く取ることができます。 家族と過ごす時間を多く取りたい方、多く稼ぎたい方にはおすすめです。 タンクローリーでの仕事 大型 ウィング車 大型タンクローリーでの仕事は主に燃料輸送で、指定の少し離れた基地で輸送用の燃料を補給した後、ガソリンスタンド等に輸送をしながら帰社します。 基本的には中距離便が多く、場合によっては半日で仕事が終わることもあります。 しかし冬場は繁忙期なので非常に忙しくなってきます。 待遇は月給25万円・年間休日100日程度と運送業界では普通の水準です。 キャリアカーでの仕事 大型 キャリアカー 大型トラックで特徴的なのがキャリアカーでしょう。 キャリアカーは乗用車を何台もまとめて輸送することができ、日本の車社会には欠かせない存在です。 大型キャリアカーでの仕事は主に港から自動車を積み込み自動車ディーラーに納車することです。 その他にも中古車オークション会場から輸送する場合もあります。 様々な自動車を間近に感じられるため、車好きにはもってこいの仕事といえます。 また部品便と同じく大手自動車メーカーの子会社化されている運送業者もありますので、 給料や休日日数面での待遇は比較的良い場合が多いです。

次の