ヤフー イーブック。 ヤフージャパン、イーブックイニシアティブジャパンへTOB及び第三者割当増資を実施|IT領域のM&A仲介ならGARAGE(ガレージ)

イーブックについて、ヤフーは保有割合が増加したと報告 [変更報告書No.1]

ヤフー イーブック

【ご注意】• 市場を特定したい場合は、銘柄コードに続けて拡張子(例:4689. t)をつけてください。 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 チャートについては、株式分割などがあった場合は分割日以前の取引値についてもさかのぼって修正を行っております。 前日比については、権利落ちなどの修正を行っておりません。 取引値は、東証、福証、札証はリアルタイムで、他市場は最低20分遅れで更新しています。 全市場(東証、福証、札証も含む)の出来高・売買代金に関しては、最低20分遅れで表示しています。 各項目の意味と更新頻度については「」をご覧ください。 Yahoo! ファイナンスは、、、、、、、からの情報提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

次の

ヤフーのイーブックイニシアティブジャパンに係る変更報告書 (増加) 2020年06月03日提出

ヤフー イーブック

「eBookJapan」 ヤフーは顧客基盤やマーケティングノウハウを強みとしており、電子書籍サービスの「」は女性ユーザーによる購入比率が全体の過半を占めるという。 その一方で、イーブックイニシアティブジャパンは電子書籍の豊富な知見や、作者・出版社とのリレーションを持っている。 また、ヤフーとは対称的に、男性ユーザーによる購入比率が全体の過半を占めるという。 今後は、大きく4つのシナジーに期待しているという。 具体的には、(1)双方のコンテンツ提供におけるシナジー、(2)両社が蓄積してきた販売促進手法の共有やマーケティングデータ、レコメンドシステムを活用した販売促進におけるシナジー、(3)アクセスデータやユーザーの意見を参考に改善してきたシステム開発におけるシナジー、(4)両社の過去のデータから効果の高かった施策を活用した、SEM(サーチエンジンマーケティング)の改善による集客におけるシナジーを実現できるとしている。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

[TOB価格が上がった] ヤフー、イーブックイニシアティブジャパンをTOBで買収へ。イーブックは電子書籍の勇。買収内容の考察、そしてイーブックについてまとめてみる。TOB発表のタイミングもまたすごすぎる。TOB参加者は必読。

ヤフー イーブック

《この記事は約 4 分で読めます》 2月21日、老舗電子書店「eBookJapan」(BとJが大文字)が今春以降でのサービス終了を発表、既存ユーザーは、ヤフー株式会社と株式会社イーブックイニシアティブジャパンが共同運営する「ebookjapan」(すべて小文字)へ、2月28日より移行が開始される。 また、ヤフーの電子書店「Yahoo! ブックストア」は、3月28日でのサービス終了を発表。 これで、ヤフーグループ内に3つ存在していた電子書店サービスが、今春からは一本化されることになる。 イーブックイニシアティブジャパンは、2000年5月に設立された電子出版業界では老舗のベンチャー企業。 2011年10月に東証マザーズ上場、2013年10月に東証1部へ市場変更。 2016年9月よりヤフーグループの一員になっている。 本稿執筆時点でヤフーの持ち株比率は43. 85%であるが、取締役構成から子会社として扱われる。 Yahoo! ブックストアは、PC専用だった「Yahoo! コミック」を、2011年11月に総合型書店へリニューアルする形でスタートした電子書店。 2017年3月から、イーブックイニシアティブジャパンがYahoo! ブックストアの運営業務を受託していた。 統合先の ebookjapan は、2018年7月に新サービスとして開始。 ebookjapan アプリの利用には、Yahoo! Japan IDでのログインが必要となる。 2018年10月からは、eBookJapan(BとJが大文字)で購入した本も、Yahoo! Japan IDを連携すれば閲覧可能になっている()。 また、Yahoo! ブックストアで購入した本も、2018年12月からは ebookjapan で閲覧可能になっている()。 それぞれ統合予定であることは、本棚連携機能が始まった時点ですでに発表されており、ユーザーの移行準備は進められてきた。 今回は、そのスケジュールが明確化したことになる。 Yahoo! ブックストア終了のお知らせ ただし、本稿執筆時点では、既存サイトにある「新刊オート便」や「欲しい本に追加」といった機能が、統合先の ebookjapan にはまだ実装されていない。 2018年10月時点で当メディアがインタビューした際に「」と社長は語っていたが、その約束が果たされるのかどうかが注目される。 [3月4日追記:] なお、現代表取締役社長の小出斉氏は4月1日付で社長を退任、後任には現取締役副社長の高橋将峰氏が内定、という人事異動も発表されている。 高橋氏は、ヤフーのコマースカンパニー事業推進室 デジタルコンテンツ事業本部 本部長、株式会社ネオアルド 取締役、株式会社アニメイトブックストア 取締役なども兼務している。 参考リンク Yahoo! ブックストア終了のお知らせ eBookJapan終了のプレスリリース イーブック社長交代のプレスリリース.

次の