かかとの痛み テーピング。 かかとに痛み・違和感がある時|テーピングの貼り方|ピップ プロ・フィッツ【ProFits】

踵(かかと)の痛みに対してのテーピング

かかとの痛み テーピング

原因・発症のメカニズム 原因 足底腱膜は足部のアーチを保持しています。 スプリングのように荷重時にショックを吸収する役目がありますが、そのためランニングやジャンプ動作などで体重刺激が足部にかかる場合、足底腱膜は繰り返しの牽引刺激によって腱が変性、微小断裂や炎症が発生しやすくなります。 また足部のアライメントも重要で、扁平足の競技者は回内足を合併しやすく、中央部の土踏まずに疼痛〈とうつう〉が存在しやすいのです。 反対に、ハイアーチ(甲高)では柔軟性が乏しく、腱膜を損傷しやすい傾向があります。 原因の一端にはオーバーユース、硬い路面(サーフェスの変化)、シューズの変更(ヒールアップが望ましい)なども挙げられます。 診断 症状 荷重時の足底部痛は、踵〈かかと〉に近い(1)腱膜起始部に最も多く発生し、続いて(2)中央部(土踏まず)、(3)遠位部の3ヵ所が好発部位です(図)。 特に起床時や練習開始時に痛みが出やすい傾向があります。 機能面では下腿と踵骨軸のなすアライメント(heel-leg alignment)が回内(中央部の疼痛)か、回外(起始部の疼痛)かをチェックして補正しましょう。 練習開始時には入念なストレッチを行ってからランニングをしましょう。 特に骨足底部内側の足底腱膜起始部は、脛骨神経の分枝である外側足底神経が介在していて、硬くなった腱膜に拘扼〈こうやく〉されたり、微小断裂のために圧痛、腫張が、時に硬結(しこり)が認められます。 治療・リハビリ 治療 急性期は局所の炎症を抑えることが先決です。 なんといっても第1選択は、局所の休息(ランニング、ジャンプ練習の休止)で、次に消炎鎮痛内服薬。 従来行われてきたステロイド注射は、頻回に行うことは避けるべきです。 足底部へ直接的、あるいは間接的(下腿などへ)に低周波、干渉波、低出力レーザーなどの物理療法を行い、痛みを和らげます。 スポーツ現場では、足底から下肢にかけてのストレッチ(写真1)、テーピングや足底板、インソール(写真2)使用などによって足底部のアーチ形態を機能的、解剖的に補正して、ショックを和らげます。 最近ではヒアルロン酸注射や体外衝撃波は有効であるという報告も散見される。 保存療法に難渋して踵骨付着部の骨棘〈こつきょく〉による疼痛が強い場合は、骨棘の骨切除術を行う場合もあります。 急性期におけるトレーニングの基本は、足に負担の軽い非荷重運動を行うことです。 リハビリ初期にはプール歩行やエアロバイクを積極的に取り入れましょう。 予防・再発予防 原因と対処方法 足底腱膜炎の原因は、トレーニング量の増加や体重の増加による足底腱膜への負担の増加(オーバーユース)が主なものですが、扁平足やハイアーチ、回内足、足底の筋力や柔軟性の低下などもその原因となります。 マラソン選手が、足底腱膜炎により踵の骨に棘ができて、それを除去する手術を受けたという話を幾つか耳にします。 足底腱膜炎には、兆候がありますので、その兆候を見逃さず、早めに対応する必要があります。 その兆候は、起床直後や長い時間座っていた後の歩行時に足の裏に強い張りや痛みが感じます。 少し歩き続けるとその痛みは消えてしまうので、対処せずに進行してしまうことが多いようです。 このタイミングでトレーニングの強度、時間を見直すことが大切です。 また、扁平足やハイアーチ、回内足、足底の筋力や柔軟性の低下がある方は、積極的にやテーピングを利用して負担を軽減させることと、タオルギャザーなどの筋力の維持向上のためのエクササイズ、竹踏みやゴルフボールを利用した足裏のマッサージなどのリラクゼーションを行うことをお勧めします。 竹踏みは洗面台の前などに置き、歯磨きのときには必ず行うように習慣化することをお勧めします。 現場評価・応急処置 前述のように動きはじめの一歩目が痛いという兆候が見られ、そのままトレーニングを継続すると、歩行、走行中に足が地面につく瞬間や離れる瞬間に痛みや違和感を感じたりした場合、足底腱膜炎を疑います。 上記の兆候、痛みがある場合には、足底に負担のかかるトレーニングを一時中断しなければならない場合があります。 ドクターに診断してもらってトレーニングの中止か軽減か、そして復帰の時期などを相談してください。 炎症や痛みがある間はアイシングを十分に行いましょう。 ランニングを一時中断する必要がある場合は、プールでのトレーニング(水泳、歩行)や自転車など足底に負担がかからないもので心肺持久力の低下を防ぎます。 自転車は本来ペダルの上に母指球をおくことが正しいのですが、症状が強い場合には、踵でペダルを踏むことで、足底への負担を減らすことができます。 リコンディショニング 予防&再発予防エクササイズ まずは足底腱膜に影響する筋群のリラクゼーションを目的として、ストレッチングを行います。 下腿や足趾(足の指)の屈筋群のストレッチング(写真1)が中心となりますが、大腿部の疲労蓄積や動きの悪さが下腿や足底への負担を増加させている場合があります。 したがって、全身のストレッチングや股関節の各方向への動きが良くなるためのエクササイズを入念に行うようにしましょう。 足底にある筋肉への強いストレッチングやマッサージなどは、症状が軽くなるまで待ち、踵より上部のストレッチング、エクササイズで足底への負担を軽減させます。 症状が軽くなってきたら、少しずつ足底の筋力強化を行います。 まずは負荷をまったくかけない状態で、足趾を自由自在に動かすことができるようにします。 足の指で「じゃんけん」を行うように動かしたり、左右に大きく開いたり、指を反らせたり、曲げたり自由自在に動かせるようにしましょう(写真2)。 次に、タオルやチューブを利用したエクササイズを行います。 タオルを足の指でたぐり寄せるようにします。 最初はタオルだけで行い、症状の改善具合によりタオルの端に水を入れたペットボトルなどを置いて、負荷を上げていきます。 このエクササイズをタオルギャザーと言います。 チューブエクササイズは底屈、背屈だけでなく、小指を内側の下に向ける動作(内反、底屈)や小指を外側から上に上げる動作(外反、背屈)のエクササイズ(写真3、4)を行うようにし、アーチを補助するための筋力向上を狙います。 さらに、安定した筋力発揮のために、バランスボードやバランスディスク(写真5)などを用いたエクササイズを行います。 バランスディスクのエクササイズでは膝関節、足関節を軽く曲げて、踏みつけるような力を加えて行い、足関節を安定させようとする筋肉を活性化させます。 シューズや床、地面など、環境面にも考慮する必要があります。 できるだけ芝や土のコースを走るようにします。 ドクターからGOサインが出たら競技復帰となりますが、その場合はやアーチを補助するテーピングなどを用いると再発予防となります。 インソールは、既成のものと、自分の足に合わせたカスタムメイドのものがあります。 カスタムメイドのインソールは、左右の足の形など人による足の形の違いに対応してくれます。 冬の時期は、球技の競技者は特に走り込みを行うケースが多くなると思います。 ランニングトレーニングを行う際は球技用のシューズではなく、ランニングシューズを利用するようにしてください。 特に、アスファルトを走る競技者は注意が必要です。 砂の上を裸足〈はだし〉で走ることは足趾をよく使いますので、競技力向上のためにも短い時間で結構ですので、取り入れてみてください。

次の

足首が痛い、そんな時に有効な対処法は『テーピング』!

かかとの痛み テーピング

このページの目次• かかとが歩くと痛い時は足底筋膜炎の可能性が! 歩く時にかかとが痛む場合、足の形、間違った靴の選び方、歩く時に足を正しく使えていないことなど様々な原因があります。 筋力の低下・立ち仕事・過度なスポーツ・ヒールの高い靴などが足に負担をかけることで足底筋膜炎となり、かかとに痛みが出ることもあります。 足底筋膜炎は40代前後の方に多くみられる症状です。 最近は高いヒールをよく履く比較的筋力の弱い若い女性にも増えています。 歩く時にかかと付近に痛みを感じる場合は足底筋膜炎の可能性が高いです。 また、激しい運動によるかかとへの刺激で一時的に痛みが発生することや、かかと部分の打撲の可能性もあります。 かかとが歩くと痛い原因 かかとが痛む原因は様々ですが、 多くの場合は足底筋膜炎の可能性が高いです。 足底筋膜炎の代表的な原因は、• 足のアーチの崩れ• 失敗した靴選びによる足への負担• 歩く時の足の使い方 などがあげられます。 足底筋膜炎は、足のアーチ(土踏まず)の崩れによって足裏の筋肉が過度に伸ばされるのが主な原因です。 足裏の筋肉はかかと付近で骨とつながっているため、歩く度に刺激されてかかとが痛むのです。 放っておくと炎症を繰り返し、筋肉が柔軟に働かなくなってしまいます。 筋肉が柔軟に働かなくなると足底筋膜に炎症が起こりやすい状態となり、悪循環を生む結果となります。 失敗した靴選びや、歩く時の足の使い方が悪い場合も足底筋膜炎のきっかけになります。 足底筋膜炎の症状 足底筋膜炎で最もよく痛みが現れるのは、 足底筋膜とかかとの骨の下側でくっついている部分です。 特に朝起きて最初に足に体重をかけたときに激しい痛みを感じます。 痛みは数分程度で一時的に和らぎますが、頻繁にぶり返すのが特徴です。 歩いている時、走っている時、長時間の安静にしている時などにも痛みが強く出る場合もあります。 痛みが強くなると、 かかとだけではなくつま先や土踏まずの辺りまで痛みが広がることもあります。 また、かかとから指の付け根まで伸びている足底筋膜が骨を引っ張られることによって「骨棘(コツキョク)」とよばれる棘が出来ることがあります。 骨棘が出来ると、歩く時に棘が刺さり痛み生じてとてもつらいです。 足底筋膜炎の判断方法 足底筋膜炎の判断方法はいくつかあります。 自分で判断する場合は、下記の項目が当てはまるかどうかを参考にしてください。 朝起きて最初の一歩目で痛みがある• 歩く時にかかとが痛む• 立ち上がった時にかかとに痛みがある• 階段の上り下りなどでかかとに痛みがある• 長時間の安静にした後にかかとに痛みがある これらの項目が当てはまる場合は足底筋膜炎の可能性が高いです。 病院ではレントゲンで骨棘が認められることで判断されることもあります。 足底筋膜炎のデメリット 足底筋膜炎になってしまうことで 歩く時に痛みが生じます。 痛みをかばうような歩き方になり、膝などの足の他の部位や、腰、背中などに負担がかかります。 膝や腰に負担がかかってしまうことで 体全体のバランスが崩れ、姿勢が悪くなる原因になってしまいます。 姿勢が悪くなると腰痛や肩こりなどの他、血行が悪くなり頭痛やむくみなどのトラブルに繋がります。 疲れやすくなったり、疲れが取れにくい体になってしまい、疲労を蓄積してしまうことで体の免疫力の低下などを引き起こしてしまいます。 あまり知られていませんが、 足のトラブルは体全体の健康を崩す大きな要因なのです。 足底筋膜炎の一般的な治療方法 足底筋膜炎は足裏のストレッチやアイシングで炎症を抑える治療法や、テーピングや足裏のマッサージなどが一般的です。 症状が酷い場合は注射や手術などで治療を行うこともあります。 足底筋膜炎の治療は長くなり、数年に渡って病院に通うこともよくあります。 定期的に整骨院などで治療を行なっている方もいらっしゃいます。 症状もゆっくりと進行するため、治療もゆっくりと気長に行う必要があります。 足底筋膜炎の自宅でできるケア 足底筋膜炎の方が自宅で出来るケアで大切なのは、 ふくらはぎと足首をしっかりストレッチして柔軟に動くようにすることです。 ふくらはぎや足首の筋肉を柔らかく保つことで、足裏の筋肉も柔らかく維持することができます。 関係ないと思われがちですが、 足の筋肉は足全体から足の裏へとつながっているからです。 足全体の筋肉を柔らかくしておくことで、足裏の筋肉を柔らかく維持して炎症を起こさないようにすることが足底筋膜炎の痛みの改善に繋がります。 しかし、間違ったケアをしてしまうと悪化したり痛みが長引く原因になることもあります。 足底筋膜炎の予防法 足底筋膜炎を予防するには、 足のアーチ(土踏まず)をしっかりと維持することが大切です。 足首やふくらはぎの筋肉を柔らかく保つことで、足裏の筋肉を柔軟に保つことができます。 そのため、普段からストレッチや運動を行うことで足底筋膜炎を予防することができます。 体重の過度な増加も足底筋膜炎の原因になることもあります。 健康的な体を維持するためにも適度な運動をすることは大切です。 運動する際は準備運動をしっかり行い、足をほぐしてから行うようにしてくださいね! 靴の選び方も足底筋膜炎の予防に 足底筋膜炎の予防には 靴の選び方も大切な要素の1つです。 靴は大きすぎたり、履いた時に緩いと感じる靴は歩く時に足裏の筋肉に負担をかけてしまいます。 靴底が薄いものは避けて、足にピッタリと合う靴を選ぶようにしてください。 意外かもしれませんが、 足底筋膜炎の方は正しく靴を選べてないことがほとんどです。 異邦人では足に合った靴のご提案もさせて頂いています。 靴の選び方が分からない時はご相談ください。 かかとが痛い時はどうすればいい? かかとが痛むときは ふくらはぎをマッサージして筋肉をほぐすようにしてください。 足の筋肉は複雑で、さまざまな筋肉が足全体につながっています。 ふくらはぎの筋肉を柔らかくほぐすことで、足の裏の筋肉もほぐすことができます。 痛みが酷い場合はアイシングをすることで、一時的に痛みを抑えることも出来ます。 テーピングをするのは、足首を固定してしまって逆効果になることもあるため注意が必要です。 また、 普段から足に負担の少ない靴を履いたり、 インソールを使用して長期的に改善を試みることもオススメです。 足底筋膜炎とインソール 足底筋膜炎の方にはインソールの使用がオススメです。 インソールは足裏のアーチ(土踏まず)をサポートする役目を担います。 アーチをサポートすることにより、歩く時のバランスの崩れを改善し、膝や腰への負担を減らすことが出来ます。 また、歩く時のかかとの痛みを軽減する効果もあります。 足底筋膜炎にはオーダーメイドインソールがオススメ! 足底筋膜炎には様々な治療法があります。 お医者さんでもオーダーメイドインソールを使った治療が行われることもあります。 毎日使用する靴に 足の形に合わせたオーダーメイドインソールを使うことで足底筋膜炎の改善に繋がることが分かっています。 足のアーチを自然な状態にサポートし、歩く時の負担を減らすことでかかとの痛みを軽減させる効果があるからです。 オーダーメイドのインソールを使用することで歩く時のバランスを正し、姿勢の改善にも繋がります。 姿勢が改善されることで膝や腰の痛みなどのトラブルが改善することもあります。 異邦人では多くの足底筋膜炎のお客様がご来店され、オーダーメイドインソールを作成させて頂きました。 まとめ かかとが歩く時に痛む方は足底筋膜炎の可能性が高いです。 足底筋膜炎は40代前後の方に多い症状です。 足の裏の筋肉の膜が炎症を起こし、 歩く時にかかとが痛みます。 足底筋膜炎になると歩く時にかかとが痛み、正しく歩くことができなくなり結果的に体全体に疾患が起こる可能性があります。 病院で治療することもできますが、治療には時間がかかることがほとんどです。 足底筋膜炎の改善には足全体の筋肉を柔らかく保つことが重要です。 足の筋肉は足裏と足全体が複雑につながっているからです。 インソールを使うことで足のアーチをサポートして足底筋膜炎の症状やかかとの痛みを抑えることができます。 インソールを使う場合は 足にピッタリと合うオーダーメイドインソールをオススメします。 足に合わせることで、 歩く時にバランスを保ち、正しい姿勢を維持することができるからです。 異邦人には かかとが歩く時に痛くて悩んでいらっしゃるお客様も多くご来店します。 多くの方は足底筋膜炎です。 オーダーメイドインソールと足に合う靴をご提案させて頂いて痛みが緩和したと喜ばれるお客様も多いです。 歩く時にかかとが痛い時はぜひ異邦人までご相談にご来店ください。 足底筋膜炎に関する関連記事• 異邦人の店舗一覧 東京都 大阪府 兵庫県 京都府 奈良県 和歌山県.

次の

ふくらはぎに痛み・違和感がある時|テーピングの貼り方|ピップ プロ・フィッツ【ProFits】

かかとの痛み テーピング

足底筋膜炎に対するテーピングの効果とは? それでは、まずは足底筋膜炎に対するテーピングの効果についてみていきたいと思います。 足底筋膜炎は、基本的に反復して足裏に負担がかかる事で引き起こされます。 筋膜が緊張し過ぎてしまったり、アーチの機能が低下した事で引き起こされ場合が多いですが、足裏はどうしても日常的に負担のかかる部分です。 テーピングだけでは、足底筋膜炎を改善するのは難しいと思います。 ですが、だからと言ってテーピングに効果がないわけではありません。 テーピングには、足のアーチを補助してくれたり、踵にかかる負担を分散する効果がありますので、 足の負担を減らすという意味でも、改善のための補助に役立ちます。 特に運動を行っている方の場合、運動前にテーピングを貼ってあげると、ケガの予防にも繋がりますので、ぜひ効果的に取り入れてみてください。 足底筋膜炎に対するテーピングの巻き方 足底筋膜炎には、 足底腱膜が緊張してしまったタイプと、緊張が低下してしまった2つのタイプが存在しています。 それぞれのタイプに合わせてテーピング法を解説してみましたので、一つ一つ見ていきましょう。 使用するテープは、今回もニトリートさんのキネシオロジーテープ5cmです。 足底腱膜が過度に緊張しているタイプ 足底腱膜の緊張が強い方の場合、腱がかかとの骨(踵骨)を引っ張る力が強くなっています。 かかとにかかる負担を分散させるために、 足底腱膜を補助しながら、踵骨を引っ張る力を弱めてあげる必要があります。 緊張タイプのテーピングはこんな方にオススメ ・ハイアーチ気味の方 ・足底腱膜が過度に緊張している方 テープの準備 それでは、まずはテープの準備をしていきましょう。 1本目は、踵から親指の付け根くらいまでの長さを図り、テープをカットしていきます。 1本目のテープを図り終えたら、今度は踵から小指の付け根までの長さを図ってください。 最後に踵の痛みが出ている所を中心に、くるぶしの下くらいまでの長さを図ります。 テープが切れると、だいたいこのような感じになっていると思います。 テープが端から剥がれるのを防止するために、角を丸めていきます。 一箇所ずつやるとめんどくさいので、このように半分に折って切ると楽です。 テープを貼っていこう 準備できましたら、実際にテープを貼っていきましょう。 まずは踵から親指までの長さを図ったテープを使っていきます。 テープを少し剥がし、踵に貼っていきましょう。 踵に貼れたら、そのまま親指の付け根に向けてテープを貼っていきます。 指を反らすようにして、しっかりと足底腱膜が伸びるようにしてください。 2本目のテープは、踵から小指と薬指の付け根を目安に貼っていきます。 こちらもしっかりと指を反らしてから貼ってください。 貼り終えると、ちょうどこのような状態になっていると思います。 最後に、3本目のテープを使用して、足裏の痛む部分を中心にして貼っていきます。 このようにテープを真ん中から裂き、剥がれるようにしておきます。 裂いた部分が痛みの中心に来るように、足裏にテープを貼っていきます。 足裏にテープが貼れたら、そこからくるぶしの方へ向かって軽く引っ張りながら貼ってください。 内側が貼れたら、同様に外側も貼ってください。 ちょうどこのような状態になっていると思いますので、これで完成となります。 アーチが崩れて機能が低下してしまった方 様々な要因から、アーチの状態が崩れてしまった方は、足にかかる荷重がうまく分散されない状態になっています。 アーチの機能をしっかりと働かせる事が大切ですので、足の状態をテーピングで整えて行きます。 アーチ崩れのテーピングはこんな方にオススメ ・アーチの機能が崩れている方 ・足底腱膜の緊張が低下している方 テープの準備 まずは、今回も踵から親指の付け根くらいまでの長さを図ります。 次に、親指の付け根と小指の付けを結ぶようにして、足を一周と少しテープが重なるくらいでカットしていきます。 3本目のテープは、足の真ん中辺りでテープを一周とちょっと図ります。 ちょうどここに第5中足骨と呼ばれる骨の出っ張りがありますので、ここを目安に図っていきましょう。 このような感じになっていると思います。 こちらもテープが切れたら、角を丸くしておいてください。 テープを貼っていこう テープが準備できましたので、実際にテープを貼っていきましょう。 一枚目のテープは、かかとから親指の付け根に向けて貼っていきます。 テープを少し剥がし、踵に貼ってください。 そのまま軽くテープを引っ張りながら、親指の付け根に向けて貼っていきます。 アーチの部分もシワにならないようにしっかりと貼ってください。 2本目のテープは、指の付けのラインを横に貼っていきます。 よく外反母趾でこの辺が外側に飛び出ている方がいますが、ここの関節を目安にしてください。 まずはテープの真ん中に切れ込みをいれ、中心から剥がれるようにしておきます。 テープを真ん中からはがれるようにしたら、足裏からテープを貼っていきましょう。 そのまま軽くテープを引っ張りながら、片方ずつ足の甲へと貼っていきます。 反対も同様に行っていきます。 3本目のテープは、第5中足骨の飛び出ている所を目安に貼っていきます。 こちらも同様に、真ん中からテープが剥がれるようにしておいて、足裏から貼ってあげてください。 軽く引っ張りながら、片方ずつ足の甲へと貼っていきます。 反対も同様に貼って完成です。 指の付け根の部分と第5中足骨のラインで足が安定してくると、アーチが崩れづらくなるため、足底筋膜炎のサポートに役立ちます。 足底腱膜の緊張が低下してしまったタイプ 足底腱膜の緊張が低下している方の場合、アーチの機能が低下しているため、足にかかる体重をうまく分散できない状態になっています。 短趾屈筋などを補助し、アーチをサポートしてあげる事が大切ですので、アーチの機能を高めるように貼っていきます。 緊張低下タイプのテーピングはこんな方にオススメ ・扁平足気味の方 ・踵の痛みが強い方 ・アーチの機能が低下している方 テープの準備 まずは毎回同じですが、踵から親指の付け根までの長さを図ります。 次に足の真ん中辺りで、一周とちょっとテープが重なるようにして図ってください。 これを2本用意します。 こんな感じになっていると思いますので、テープが切り終えたら、こちらもテープの角を取っておきましょう。 テープを少しはがして、親指の付け根に貼ってください。 そのまま踵まで貼っていきましょう。 この時に、指を軽く反らせるようにすると、足底腱膜がしっかり伸びるので良いと思います 2本目のテープは、真ん中でテープを裂き、少しめくっておきます。 だいたい土踏まず辺りを目安にして、足裏にテープを貼っていきましょう。 足裏に貼れたら、そのまま内側のアーチを持ち上げるように、テープを軽く引っ張りながら足の甲まで貼っていきましょう。 3本目のテープは、2本目と少しずらしながら貼っていきます。 こちらも2本目同様、内側のアーチを持ち上げるようにして貼ってください。 外側も同じように貼ります。 この状態でもアーチのサポートはできていますが、かかとの痛みを緩和させるために、もう一本テープを貼っていきます。 「足底腱膜が緊張しているタイプ」で紹介したように、踵からくるぶしまでのテープを用意してください。 かかとの痛む部分を中心に、くるぶしまで軽く引っ張りながら貼っていきましょう。 完成するとこのような形になっていると思います。 これでアーチをサポートして、踵骨にかかる力を分散してあげれば、足の負担も減ると思います。 テープで足の甲がきつく感じる場合は? 人によっては、テープを巻いた際に、足の甲がきつく感じる場合もあるかもしれません。 そのような場合は、足を一周巻かず、甲の部分を開けておいても良いと思います。 ただし、一周巻いていない分サポート力は落ちます。 また、足の甲は靴と擦れやすい部分ですので、ここを開けておくと、テープの端からめくれる可能性が高まります。 テープ剥がれを防止するために、新たにテープを貼ってもいいのですが、伸縮性のネットのようなものがあれば、それを使ってあげても良いと思います。

次の