風邪 甘い もの。 アイスはNG!?インフルや風邪の時は絶対に食べてはいけない食品【CaSy(カジー)】家事代行サービス

風邪で喉が痛い時に効く飲み物いろいろ。甘くないものもご紹介

風邪 甘い もの

辛いものというと、唐辛子を使った料理や、カレーを思い浮かべる方がほとんどだと思います。 そういった料理にはスパイスが沢山使われていますが、 そのスパイスが風邪に効果的だということ、ご存知でしょうか? 例えば、カレーに使われる事の多いターメリックは血行改善や肝機能を強化する効果があるといわれますし、 シナモンには発汗作用があるといわれます。 また辛いものの代表格である唐辛子には、辛み成分カプサイシンが含まれていますが、 カプサイシンには発汗作用や疲労回復、健胃作用があるといわれるなど、 風邪を引いたときにこそ良さそうな成分です。 風邪を引いたときに辛い食べものを食べると良いといわれるのは、、 スパイス類に上記のような効果が期待できるからだといえるでしょう。 風邪に辛いものは良い しかし体調にもよる オススメ! 超辛そうに見えますが実はそれほど辛くない、唐辛子の風味を存分に味わえるペースト。 ご飯にもパスタにもあいます! 唐辛子好きには絶対おすすめ! 関連記事 風邪の引き始めに辛い料理を食べたら、風邪がすっきり治った。 そんな経験をした事がある方、少なくないと思います。 しかし一方で、風邪の時に辛いものは良くないという声も。 実際のところ、風邪の時に辛いものを食べるのは良いことなのでしょうか、それともやめておいた方が良いのでしょうか? 辛いものを食べると口内炎が出来やすくなる。 そんな方は結構多いようです。 根拠はありませんが、刺激物ですから口内炎ができてもおかしくはありませんよね。 今回は、辛いものを食べると口内炎が出来やすくなる理由についてお話いたします。 辛いものを食べると薄毛になる。 そんな話、聞いた事ありませんか?本当だとしたら、激辛が好きな方にはショックが大きいはず。 実際のところ、辛いものが薄毛の原因になることはあるのでしょうか? 刺激物を嫌う子供は多いですが、稀に辛いものでも平気で食べられてしまう子供もいます。 しかし、子供に辛いものを与えても良いのでしょうか?今回は、子供に辛いものを与えることの是非と、辛いものを与えた場合の影響についてお話しします。 激辛料理が大好き!でも妊娠中は赤ちゃんに影響を与えそうで怖い・・なんて妊婦さん、おられると思います。 妊娠中に辛い料理を食べるのは良くない事なのでしょうか? 激辛料理を頻繁に食べていると、味覚障害になるときいたことはありませんか?そういわれると確かにそのような感じもしますが、本当のところはどうなのでしょうか。 唐辛子などの辛味成分が原因で、味覚障害になることはあるのでしょうか? 激辛料理大好き!と連日のように辛い物を食べたり、マイ唐辛子を持ち歩いている方もおられると思います。 しかし、気になるのが体の健康への影響。 メリットもデメリットもある辛い料理、果して激辛料理は体に良いのでしょうか?それとも悪いのでしょうか? 激辛料理が好き。 でも授乳中だから食べられない…なんて我慢をしているお母さん、おられると思います。 母乳はお母さんの血液からできていますので、辛い物を食べるのは良くないというのは一理あることです。 しかし実際のところ、授乳中のお母さんが辛い物を食べるのはNGなのでしょうか? 激辛料理には痩せるイメージがあります。 ですが、辛い料理を食べた翌日に顔がむくんだり、体重が増えることは珍しくありません。 ひょっとすると、激辛料理はダイエットには向かないのでしょうか? 激辛料理を食べた後、お尻が痛くなった経験をされている方は少なくないと思います。 結構つらいですよね。 しかし、なぜ辛い物をたべるとお尻が痛くなるのでしょうか?.

次の

風邪の時に辛いものを食べるのは良いこと?それともダメなこと?

風邪 甘い もの

「疲れている時は甘いものが欲しくなる。 だから甘い物をたくさん食べれば疲れやだるさから解放される」 と思い込んでいませんか? 実はこれが 体のだるさや疲れの原因になっているんだそうです。 というのは血液中の 血糖値が大きく関わっているんだそうです。 血糖値とは血液中のブドウ糖がどのくらいの割合で存在するのかを示す数値で、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の指標にもなっています。 そもそも体のだるさを感じている時は「低血糖」で、元気な時には「高血糖」になっているので、人は高血糖を求めて甘い物を欲しがるんだそうです。 ところが高血糖が続くと、喉の渇きや瀕尿、疲労感や倦怠感、ストレスなどを感じることになるんだそうです。 つまり体がだるいのは血糖値の高いまま過ごしていることが要因になっていることがあるんだそうです。 しかし、人は甘い物を食べ続けても痛みや苦しみ、見た目の変化が無い限り高血糖のまま過ごしていることが場合が多いんだそうです。 あわせて読みたい: 空腹時に甘い物を食べると体がだるくなる 人は血糖値が上がるとインスリンが分泌されて血糖値を下げようとしますが、お腹が空いている時に甘い物を食べると体のだるさを誘います。 たまにものすごい空腹感を感じることはありませんか? そんな時に暴飲暴食に走ってしまうこともあるのではないでしょうか? これが血糖値が下がり過ぎている証拠なんだそうです。 つまり血管が破れやすくなったり詰まりやすくなったりするのです。 血管が老化していけば血流が悪くなるので体温が下がりだるくなるのです。 血糖値が高くなる糖尿病はこうした症状が顕著に現れます。 私の母が糖尿病なので、こうした現象をよく目にします。 夕方になるとお腹が空きすぎて何かを食べないと我慢できないようです。 母が通っている病院の専門医は、「甘いものは食べないほうがいいけど、どうしても食べたかったら食事の直後に食べるように」と言います。 食事の直後であれば甘いものを食べても糖の吸収が遅れるからだそうです。 白砂糖を多く含んだ食べ物は体がだるくする 甘いものと言っても果物の甘さは大して問題ないですが、白砂糖を使ったものを食べつづけていると体がだるくなることがあります。 というのは白砂糖を大量に摂取するとビタミンB1が大量に使われるので、糖分をエネルギーに変える役割を担うビタミンB1が不足してしまいエネルギー不足になってしまうからです。 つまり、ビタミンB1が不足すると体がだるくなったり疲れやすくなったりしてしまうのです。 また、精神病や認知症もビタミンB1不足が原因とも言われています。 さらにビタミンB1が不足するとカルシウムも奪われてしまうために骨も弱くなります。 あわせて読みたい: スポンサーリンク 血糖値が下がり過ぎた時の症状 血糖値が下がり過ぎると体がだるくなるだけでなく、次のような症状も現れます。 極度の疲労感 めまい 頭痛 心臓がバクバクする イライラする 不安感を感じる これだけならまだましなほうで、糖尿病の患者が低血糖になると身動きができなくなり大量の汗が出ます。 そんな時は医者から処方されたブドウ糖を食べています。 私の母は何度も低血糖を経験しているので、その時の辛さはよくわかります。 人の体は急激な変化に弱い 人の体は常に安定した状態を保とうと働いています。 よく気温の変化についていけず体調を崩す人がいますが、これはその人が急激な温度の変化に対応していないために体調を崩してしまうのです。 空腹時に冷たいものを飲んだり食べたりすると下痢をすることもありますよね。 寒いのを我慢して風邪を惹いたりすることもありますよね。 こんなことを繰り返しているうちに体がだるくなってしまうのです。 これと同じで空腹時に甘いものを食べるという行為は血糖値を安定させようとしている働きを邪魔しているようなものなのです。 ほかに思い当たる節がないのに体がだるいと訴えている人は、一度甘いものを我慢してみてはいかがでしょうか。

次の

風邪の時に辛いものを食べるのは健康によくない?体を温める食べ物は?

風邪 甘い もの

Sponsored Link 実は甘い物はあまり食べないほうがいい えっ?風邪ひくと甘い物ほしくなるけど・・ と思った方も多いかと思いますが、実は甘い物は風邪を引いた時はあまり食べないほうがいいんです。 その理由として、• 風邪を引くと胃腸が弱る• 甘い物(糖分)は胃に長く停滞して負担となる• 血糖値が上がり過ぎると、その後、急激に下がり低血糖になる• ビタミンB群不足になり、疲労感が出てくる などがあります。 順番に説明してみると、 1)風邪を引くと胃腸が弱る 風邪を引いた時は、免疫に対する抵抗力が低下しているんですよね。 胃腸は身体的にも精神的にもストレスに弱いため、風邪を引くと消化不良をおこしてしまうんです。 風邪を引くときは胃腸からという事もよくありますし、私もストレスで胃を壊して、風邪を引いた事があります。 なので、胃腸が弱っている時に、消化に悪い甘い物を食べると負担になるという事なんです。 2)甘い物(糖分)は胃に長く停滞して負担となる 次に、 甘いもの(糖分)は消化されにくいものが多く、胃に長く停滞して、弱った胃腸に負担をかけ続けてしまう、やっかいな代物なんです。 3)血糖値が上がり過ぎると急激に下がり低血糖になる さらに、甘い物を食べると血糖値というものが上昇しますが、その後インスリンというホルモンの影響で、急激に減少します。 血糖値が減少し、 低血糖となると脳のエネルギー源となるブドウ糖も減少。 そうすると脳にエネルギーが供給されず、誤作動を起こして疲労感を感じてしまうんですね。 4)ビタミンB群不足になり、疲労感が出てくる また、 ビタミンB不足になるとエネルギー代謝が落ちます。 ビタミンBは甘い物のいわゆる糖分をエネルギーに変えるため、甘いものを取り過ぎると消費され過ぎて、ビタミン不足していきます。 甘いけど消化がいいものはOK! けど、甘いものが食べたい時はどうしたらいいのか?という時は、甘いけど消化がいいのもを取りましょう。 甘いけど消化いいものとは、• カステラ• ゼリー• ビスケット なんかですね。 アイスとか欲しいと思う人多いと思いますけど、アイスはダメです。 アイスは冷たいので刺激物となり、胃腸に負担がかかるので、ダメなんです。 欲しいからいいのでは?と思うかもしれませんが、いいか?悪いか?というと悪いです。 赤ちゃんが食べるおやつなんかがだいたい甘くても消化がいいもののようですね。 飲み物だとポカリとかアクエリアスとかを少量ずつ取るといいです。 甘い物で消化がいいのは、ブドウ糖を使用した食べ物。 一番消化吸収がいいので、ブドウ糖は負担が少ないんです。 風邪の時の体にいい甘いものとは? ずばり、 ハチミツ・レモン汁です! これは疲労した体にすぐ栄養となり、エネルギーとなってくれます。 またビタミンCも含まれているので、疲労回復に役立ちます。 作り方• 適当なビン• レモン• はちみつ レモンとハチミツをビンに入れておくだけ。 飲み方 作ったはちみつ・レモン汁ををスプーン2・3杯コップに入れてお湯で薄めるだけ。 超簡単で飲みやいのでぜひ試してみてください。 風邪の時に甘い物を食べるなら気を付けておきたい事 甘い食べ物は風邪を引いたときは、「なるべく控える」けど、• スポーツ飲料• ゼリー(糖分少ないもの)• カステラ• ビスケット などは、冷えておらず、胃腸を刺激しないので食べてもOK! ハチミツ・レモン汁は簡単に作れるおすすめの甘い食べ物(飲み物)なので、ぜひ試してみてください。 こちらの記事もおすすめです! Sponsored Link.

次の