エンテロ バクター クロアカ。 エンテロバクター・クロアカ

日常診療レベルで検出される微生物について

エンテロ バクター クロアカ

学名 和名 登録件数 1 Saccharomyces cerevisiae さっかろみせす・せれびしえ,サッカロミセス・セレビシエ 280 2 Thanatephorus cucumeris 70 3 Gluconobacter frateurii ぐるこのばくたー・ふらつりい,グルコノバクター・フラツリイ 67 4 Asaia bogorensis あさいあ・ぼごれんしす,アサイア・ボゴレンシス 61 5 Rhizopus oryzae りぞぷす・おりぜ,リゾプス・オリゼ 56 6 Streptomyces sp. 51 7 Aspergillus oryzae あすぺるぎるす・おりぜ,アスペルギルス・オリゼ,米麹菌 51 8 Zygosaccharomyces rouxii 50 9 Rhizobium sp. 49 10 Pseudomonas aeruginosa しゅーどもなす・えるじのーさ,シュードモナス・エルジノーサ,緑膿菌 46 11 Escherichia coli えしぇりきあ・こり,エシェリキア・コリ,大腸菌 46 12 Bacillus subtilis ばちるす・さぶてぃりす,バチルス・サブティリス,枯草菌 39 13 Pichia anomala 38 14 Rhodotorula mucilaginosa ろどとるら・むしらぎのーさ,ロドトルラ・ムシラギノーサ 37 15 Lentinula edodes しいたけ,シイタケ 34 16 Athelia rolfsii 33 17 Tricholoma matsutake まつたけ,マツタケ 30 18 Rhizobium radiobacter りぞびうむ・らでぃおばくたー,リゾビウム・ラディオバクター 29 19 Hebeloma radicosum ながえのすぎたけ,ナガエノスギタケ 29 20 Torulaspora delbrueckii 28 21 Pseudomonas fluorescens しゅーどもなす・ふるおれっせんす,シュードモナス・フルオレッセンス,蛍光菌 27 22 Pyricularia oryzae 26 23 Pichia membranifaciens 25 24 Flammulina velutipes えのきたけ,なめこ,なめすすき,なめたけ,ふらむりな・べるてぃぺす,ゆきのした,エノキタケ,ナメコ,ナメススキ,ナメタケ,フラムリナ・ベルティペス,ユキノシタ 25 25 Candida albicans かんじだ・あるびかんす,カンジダ・アルビカンス 25 26 Williopsis saturnus var. saturnus 24 27 Debaryomyces hansenii var. hansenii 24 28 Zygophiala jamaicensis 23 29 Schizosaccharomyces pombe しぞさっかろみせす・ぽんべ,シゾサッカロミセス・ポンベ 23 30 Saccharomyces bayanus 23 31 Penicillium chrysogenum ぺにしりうむ・くりそげなむ,ペニシリウム・クリソゲナム 23 32 Monascus purpureus 23 33 Bacillus sp. 23 34 Aspergillus niger あすぺるぎるす・にがー,アスペルギルス・ニガー,黒麹菌 23 35 Sphingomonas sp. 22 36 Lipomyces starkeyi 22 37 Corynespora cassiicola 22 38 Rhodosporidium toruloides 21 39 Prasinoderma sp. 21 40 Penicillium spinulosum 21 41 thraustochytrid 20 42 Pichia sp. 20 43 Botryotinia fuckeliana 20 44 Yarrowia lipolytica 19 45 Pichia manshurica 19 46 Pichia farinosa 19 47 Penicillium janthinellum 19 48 Malassezia furfur まらせじあ・ふるふーる,マラセジア・フルフール,癜風菌 19 49 Leucosporidium scottii 19 50 Glomerella cingulata 19 51 Cryptococcus albidus 19 52 Aspergillus sojae 19 53 Streptomyces griseus subsp. griseus 18 54 Pseudomonas syringae しゅーどもなす・しりんがえ,シュードモナス・シリンガエ 18 55 Fusarium oxysporum ふさりうむ・おきしすぽらむ,ふざりうむ・おきしすぽらむ,フサリウム・オキシスポラム,フザリウム・オキシスポラム 18 56 Eurotium chevalieri 18 57 Cochliobolus sativus 18 58 Aspergillus versicolor あすぺるぎるす・べるしからー,アスペルギルス・ベルシカラー 18 59 Aspergillus flavus あすぺるぎるす・ふらーぶす,アスペルギルス・フラーブス 18 60 Saccharomyces paradoxus 17 61 Pseudomonas putida しゅーどもなす・ぷちだ,シュードモナス・プチダ 17 62 Pseudoalteromonas sp. 17 63 Penicillium digitatum 17 64 Klebsiella pneumoniae くれぶしえら・にゅーもにあえ,クレブシエラ・ニューモニアエ,肺炎桿菌 17 65 Hormoconis resinae 17 66 Fusarium solani ふさりうむ・そらに,ふざりうむ・そらに,フサリウム・ソラニ,フザリウム・ソラニ 17 67 Emericella nidulans var. nidulans 17 68 Bacillus pumilus ばちるす・ぷみるす,バチルス・プミルス 17 69 Issatchenkia sp. 16 70 Aspergillus ochraceus 16 71 Aspergillus fumigatus あすぺるぎるす・ふみがーつす,アスペルギルス・フミガーツス 16 72 Zygosaccharomyces fermentati 15 73 Streptomyces hiroshimensis すとれぷとまいせす・ひろしめんしす,ストレプトマイセス・ヒロシメンシス 15 74 Saccharomyces pastorianus 15 75 Pleospora herbarum 15 76 Pediococcus pentosaceus ぺでぃおこっかす・ぺんとさせうす,ペディオコッカス・ペントサセウス 15 77 Myxococcus fulvus みくそこっかす・ふるばす,ミクソコッカス・フルバス 15 78 Micronectriella nivalis 15 79 Kluyveromyces marxianus 15 80 Geotrichum candidum 15 81 Enterococcus faecalis えんてろこっかす・ふぇかーりす,エンテロコッカス・フェカーリス 15 82 Cristulariella moricola 15 83 Aureobasidium pullulans 15 84 Xanthomonas oryzae きさんともなす・おりざえ,キサントモナス・オリザエ 14 85 Trichophyton mentagrophytes とりこふぃとん・めんたぐろふぃてす,トリコフィトン・メンタグロフィテス,毛瘡菌,趾間菌 14 86 Streptomyces hygroscopicus subsp. hygroscopicus 14 87 Saccharomyces mikatae 14 88 Lactobacillus plantarum subsp. plantarum 14 89 Glomerella tucumanensis 14 90 Gibberella fujikuroi 14 91 Eurotium repens 14 92 Eupenicillium javanicum var. javanicum 14 93 Aspergillus awamori 14 94 Williopsis californica 13 95 Talaromyces flavus var. flavus 13 96 Streptomyces lavendulae subsp. lavendulae 13 97 Streptomyces abikoensis すとれぷとまいせす・あびこえんしす,ストレプトマイセス・アビコエンシス 13 98 Pseudomonas sp. 13 99 Pseudocochliobolus lunatus 13 100 Pleurotus ostreatus ひらたけ,ヒラタケ 13 101 Pleurotus cystidiosus 13 102 Pichia acaciae 13 103 Penicillium islandicum いすらんじあ黄変米菌,ぺにしりうむ・いすらんじくむ,イスランジア黄変米菌,ペニシリウム・イスランジクム 13 104 Neurospora crassa 13 105 Monascus ruber 13 106 Lyophyllum shimeji だいこくしめじ,ほんしめじ,ダイコクシメジ,ホンシメジ 13 107 Isaria farinosa 13 108 Curvularia trifolii 13 109 Chlorella sp. 13 110 Aspergillus oryzae var. brunneus 13 111 Trametes versicolor かわらたけ,カワラタケ 12 112 Streptomyces fradiae すとれぷとまいせす・ふらでぃあえ,すとれぷとまいせす・ろぜおふらばす,ストレプトマイセス・フラディアエ,ストレプトマイセス・ロゼオフラバス 12 113 Shiraia bambusicola たけノ赤団子病菌,タケの赤団子病菌 12 114 Scolicotrichum graminis 12 115 Saccharomycopsis fibuligera 12 116 Pyricularia grisea 12 117 Pycnoporus coccineus ひいろたけ,ヒイロタケ 12 118 Mucor hiemalis f. hiemalis 12 119 Lipomyces tetrasporus 12 120 Isaria tenuipes 12 121 Exophiala jeanselmei えきそふぃあら・じぇんせるめい,エキソフィアラ・ジェンセルメイ 12 122 Eupenicillium euglaucum 12 123 Dendryphiella salina 12 124 Conioscypha varia 12 125 Candida sake 12 126 Calonectria rigidiuscula 12 127 Alternaria alternata あるてるなりあ・あるてるなーた,アルテルナリア・アルテルナータ 12 128 Alcanivorax sp. 12 129 Actinoplanes sp. 12 130 Zopfiella lundqvistii 11 131 Umbelopsis isabellina 11 132 Tremella mesenterica こがねにかわたけ,コガネニカワタケ 11 133 Talaromyces ucrainicus 11 134 Talaromyces emersonii 11 135 Staphylococcus aureus subsp. aureus 11 136 Salmonella enterica subsp. enterica 11 137 Rhodotorula minuta 11 138 Prasinococcus sp. 11 139 Phytophthora nicotianae 11 140 Penicillium verruculosum 11 141 Penicillium thomii 11 142 Penicillium canescens 11 143 Pavlova sp. 11 144 Paecilomyces variotii 11 145 Monascus pilosus 11 146 Microsporum gypseum みくろすぽるむ・じぷせうむ,ミクロスポルム・ジプセウム,石膏状小胞子菌 11 147 Gluconobacter oxydans ぐるこのばくたー・おきしだんす,グルコノバクター・オキシダンス 11 148 Candida versatilis 11 149 Candida tropicalis かんじだ・とろぴかりす,カンジダ・トロピカリス 11 150 Candida krusei かんじだ・くるーせい,カンジダ・クルーセイ 11 151 Candida kefyr かんじだ・けふぃーる,カンジダ・ケフィール 11 152 Bradyrhizobium sp. 11 153 Botryotinia squamosa 11 154 Bacillus amyloliquefaciens ばちるす・あみろりくえふぁしえんす,バチルス・アミロリクエファシエンス 11 155 Aspergillus candidus 11 156 Acetobacter pasteurianus あせとばくたー・ぱすつりあぬす,アセトバクター・パスツリアヌス 11 157 pennete-diatom 10 158 Zygosaccharomyces bailii 10 159 Tricholoma fulvocastaneum 10 160 Staphylococcus aureus すたふぃろこっかす・あうれうす,スタフィロコッカス・アウレウス,黄色ぶどう球菌,黄色ブドウ球菌 10 161 Saccharomyces castellii 10 162 Rhodotorula glutinis var. glutinis 10 163 Pythium vanterpoolii 10 164 Pythium ultimum var. ultimum 10 165 Pythium aphanidermatum 10 166 Pichia angusta 10 167 Penicillium italicum 10 168 Paecilomyces lilacinus 10 169 Nocardia sp. 10 170 Mrakia frigida 10 171 Micromonospora sp. 10 172 Melanconium fuligineum 10 173 Kluyveromyces thermotolerans 10 174 Gluconobacter thailandicus ぐるこのばくたー・たいらんでぃかす,グルコノバクター・タイランディカス 10 175 Gluconacetobacter xylinus ぐるこんあせとばくたー・きしりぬす,グルコンアセトバクター・キシリヌス 10 176 Eupenicillium pinetorum 10 177 Conidiobolus coronatus 10 178 Bacillus licheniformis ばちるす・りけにふぉるみす,バチルス・リケニフォルミス 10 179 Bacillus cereus ばちるす・せれうす,バチルス・セレウス 10 180 Aspergillus clavatus 10 181 Ambrosiozyma platypodis 10 182 Verticillium lecanii 9 183 Trichoderma viride 9 184 Synechococcus sp. 9 185 Streptomyces olivochromogenes すとれぷとまいせす・おりぼくろもげねす,ストレプトマイセス・オリボクロモゲネス 9 186 Stachybotrys chartarum すたきぼとりす・ちゃーたらむ,スタキボトリス・チャータラム 9 187 Saccharomyces yakushimaensis 9 188 Saccharomyces naganishii 9 189 Saccharomyces kluyveri 9 190 Rhizobium rhizogenes りぞびうむ・りぞげねす,リゾビウム・リゾゲネス 9 191 Pseudocochliobolus geniculatus 9 192 Pichia veronae 9 193 Phialophora heteromorpha 9 194 Penicillium glabrum 9 195 Paenibacillus sp. 9 196 Morchella esculenta あみがさたけ,アミガサタケ 9 197 Gliomastix murorum var. murorum 9 198 Frateuria aurantia ふらてゅりあ・あうらんてぃあ,フラテュリア・アウランティア 9 199 Flammeovirga sp. 9 200 Emericella rugulosa 9 201 Dichotomomyces cejpii var. cejpii 9 202 Cochliobolus miyabeanus 9 203 Clonostachys rosea 9 204 Cladosporium cladosporioides 9 205 Chlamydomonas sp. 9 206 Chaetomium globosum 9 207 Aspergillus terreus あすぺるぎるす・てれうす,アスペルギルス・テレウス 9 208 Aspergillus tamarii 9 209 Zygosaccharomyces florentinus 8 210 Zygosaccharomyces bisporus 8 211 Zygoascus hellenicus 8 212 Wallemia sebi わーれみあ・せび,ワーレミア・セビ 8 213 Verticillium fungicola var. fungicola 8 214 Tubakia rubra 8 215 Tubakia dryina 8 216 Trichoderma virens 8 217 Tremella fuciformis しろきくらげ,シロキクラゲ 8 218 Talaromyces trachyspermus 8 219 Sterigmatomyces halophilus 8 220 Serratia marcescens せらちあ・まるせっせんす,セラチア・マルセッセンス,霊菌 8 221 Scopulariopsis brevicaulis すこぷらりおぷしす・ぶれびかうりす,スコプラリオプシス・ブレビカウリス 8 222 Schizosaccharomyces japonicus 8 223 Schizophyllum commune しぞふぃらむ・こむーね,すえひろたけ,シゾフィラム・コムーネ,スエヒロタケ 8 224 Salmonella enterica さるもねら・えんてりか,さるもねら・これれすいす,ぶたこれら菌,サルモネラ・エンテリカ,サルモネラ・コレレスイス,ブタコレラ菌 8 225 Saccharomycodes ludwigii 8 226 Saccharomyces unisporus 8 227 Saccharomyces exiguus 8 228 Pythium spinosum 8 229 Psychrobacter sp. 8 230 Pichia ohmeri 8 231 Phytophthora sojae 8 232 Penicillium vulpinum 8 233 Penicillium viridicatum 8 234 Penicillium roqueforti 8 235 Penicillium griseofulvum ぺにしりうむ・ぐりせおふるばむ,ペニシリウム・グリセオフルバム 8 236 Penicillium crustosum 8 237 Penicillium corylophilum 8 238 Penicillium charlesii 8 239 Penicillium brevicompactum 8 240 Paracoccus sp. 8 241 Neosartorya fischeri var. spinosus 8 242 Myrothecium verrucaria 8 243 Microbispora rosea subsp. rosea 8 244 Metschnikowia koreensis 8 245 Metarhizium anisopliae 8 246 Marinilactibacillus psychrotolerans まりにらくてぃばちるす・さいくろとれらんす,マリニラクティバチルス・サイクロトレランス 8 247 Leucocoprinus birnbaumii こがねきぬからかさたけ,コガネキヌカラカサタケ 8 248 Lampteromyces japonicus つきよたけ,ツキヨタケ 8 249 Lactobacillus sp. 8 250 Hanseniaspora uvarum 8 251 Halophytophthora vesicula 8 252 Guignardia endophyllicola 8 253 Gluconobacter albidus ぐるこのばくたー・あるびだす,グルコノバクター・アルビダス 8 254 Gibberella zeae 8 255 Geomyces pannorum 8 256 Flexibacter tractuosus ふれきしばくたー・とらくつおさす,フレキシバクター・トラクツオサス 8 257 Eupenicillium parvum 8 258 Eupenicillium ochrosalmoneum 8 259 Endocalyx melanoxanthus var. melanoxanthus 8 260 Diaporthe citri 8 261 Debaryomyces hansenii var. fabryi 8 262 Coprinus cinereus うしぐそひとよたけ,ウシグソヒトヨタケ 8 263 Colletotrichum acutatum 8 264 Chlorella saccharophila 8 265 Chitinophaga arvensicola 8 266 Candida guilliermondii かんじだ・ぎりえるもんでぃ,カンジダ・ギリエルモンディ 8 267 Candida etchellsii 8 268 Candida boidinii 8 269 Byssochlamys fulva 8 270 Beauveria bassiana 8 271 Bacillus circulans ばちるす・さーくらんす,バチルス・サークランス 8 272 Aspergillus ustus 8 273 Aspergillus phoenicis 8 274 Asaia krungthepensis あさいあ・くるんぐさぺんしす,アサイア・クルングサペンシス 8 275 Arthrinium phaeospermum あるすりにうむ・ふぁえおすぺるむむ,アルスリニウム・ファエオスペルムム 8 276 Armillaria mellea ならたけ,ならたけもどき,はりがねたけ,ナラタケ,ナラタケモドキ,ハリガネタケ 8 277 Acrophialophora levis 8 278 Absidia coerulea 8 279 unicellular-rhodophyte 7 280 Williopsis pratensis 7 281 Westerdykella dispersa 7 282 Vibrio sp. 7 283 Verticillium dahliae 7 284 Umbelopsis ramanniana 7 285 Trichosporon sp. 7 286 Trichophyton rubrum とりこふぃとん・るぶるむ,トリコフィトン・ルブルム,紅色菌,紅色白癬菌 7 287 Trichometasphaeria turcica 7 288 Trichoderma harzianum 7 289 Torulaspora maleeae 7 290 Tetrapisispora arboricola 7 291 Taphrina coerulescens 7 292 Talaromyces wortmannii 7 293 Streptosporangium sp. 7 294 Streptomyces violaceoruber すとれぷとまいせす・ばいおらせおるばー,ストレプトマイセス・バイオラセオルバー 7 295 Sporidiobolus salmonicolor 7 296 Sphingobacterium multivorum すふぃんごばくてりうむ・まるちぼらむ,スフィンゴバクテリウム・マルチボラム 7 297 Sesquicillium candelabrum 7 298 Sclerotinia trifoliorum 7 299 Saturnispora saitoi 7 300 Rhodotorula diffluens 7 301 Rhizopogon rubescens しょうろ,ショウロ 7 302 Pythium irregulare 7 303 Pseudocochliobolus nisikadoi 7 304 Pseudeurotium zonatum 7 305 Pichia pijperi 7 306 Pichia nakazawae var. akitaensis 7 307 Phytophthora capsici 7 308 Phialophora fastigiata 7 309 Penicillium rugulosum 7 310 Penicillium purpurogenum var. rubri-sclerotium 7 311 Penicillium palitans 7 312 Penicillium herquei 7 313 Penicillium funiculosum 7 314 Penicillium aurantiogriseum 7 315 Paecilomyces marquandii 7 316 Paecilomyces carneus 7 317 Neosartorya fischeri var. glabra 7 318 Nannochloris sp. 7 319 Mesorhizobium loti めそりぞびうむ・ろてぃ,メソリゾビウム・ロティ 7 320 Memnoniella echinata 7 321 Lyophyllum decastes はたけしめじ,ハタケシメジ 7 322 Limnoperdon incarnatum 7 323 Lepista nuda むらさきしめじ,ムラサキシメジ 7 324 Lentinus lepideus まつおうじ,マツオウジ 7 325 Kazachstania gamospora 7 326 Hebeloma spoliatum あしながぬめり,アシナガヌメリ 7 327 Hamigera avellanea 7 328 Gluconobacter cerinus ぐるこのばくたー・せりなす,グルコノバクター・セリナス 7 329 Gliocladium catenulatum 7 330 Fonsecaea pedrosoi ふぉんせけあ・ぺどろそい,フォンセケア・ペドロソイ 7 331 Filobasidium floriforme 7 332 Eupenicillium cinnamopurpureum 7 333 Eupenicillium brefeldianum 7 334 Endocalyx melanoxanthus var. grossus 7 335 Emericella variecolor var. variecolor 7 336 Debaryomyces polymorphus var. polymorphus 7 337 Cellulophaga lytica せるろふぁが・らいてぃか,セルロファガ・ライティカ 7 338 Candida utilis 7 339 Candida parapsilosis かんじだ・ぱらぷしろーしす,カンジダ・パラプシローシス 7 340 Brettanomyces bruxellensis 7 341 Bacillus megaterium ばちるす・めがてりうむ,バチルス・メガテリウム 7 342 Arachniotus ruber 7 343 Aphanoascus fulvescens 7 344 Actinomadura sp. 7 345 Acremonium potronii あくれもにうむ・ぽとろにい,アクレモニウム・ポトロニイ 7 346 Vibrio vulnificus びぶりお・ばるにふぃかす,ビブリオ・バルニフィカス 6 347 Vibrio comitans 6 348 Verticillium psalliotae 6 349 Ustilago trichophora 6 350 Tubakia japonica 6 351 Trichothecium roseum 6 352 Tremellochaete japonica つぶきくらげ,ツブキクラゲ 6 353 Tolypocladium niveum 6 354 Tilletia barclayana 6 355 Thysanophora penicillioides 6 356 Thielavia aurantiaca 6 357 Taphrina wiesneri 6 358 Talaromyces leycettanus 6 359 Talaromyces helicus var. helicus 6 360 Streptomyces viridochromogenes すとれぷとまいせす・びりどくろもげねす,ストレプトマイセス・ビリドクロモゲネス 6 361 Streptomyces olivaceus すとれぷとまいせす・おりばせうす,ストレプトマイセス・オリバセウス 6 362 Streptomyces cinnamoneus すとれぷとまいせす・しんなもねうす,ストレプトマイセス・シンナモネウス 6 363 Streptomyces aureofaciens すとれぷとまいせす・あうれおふぁしえんす,ストレプトマイセス・アウレオファシエンス 6 364 Stenotrophomonas maltophilia すてのとろほもなす・あふりかな,すてのとろほもなす・まるとふぃりあ,ステノトロホモナス・アフリカナ,ステノトロホモナス・マルトフィリア 6 365 Sporobolomyces roseus 6 366 Sphingomonas macrogoltabidus すふぃんごぴきしす・まくろごるたびだ,スフィンゴピキシス・マクロゴルタビダ 6 367 Sordaria fimicola 6 368 Sclerotinia sclerotiorum 6 369 Saccharomycopsis schoenii 6 370 Rhizomucor pusillus 6 371 Rhizobium vitis りぞびうむ・びてぃす,リゾビウム・ビティス 6 372 Pythium sylvaticum 6 373 Pythium porphyrae 6 374 Pythium graminicola 6 375 Pycnococcus sp. 6 376 Pseudomonas chlororaphis しゅーどもなす・くろろらふぃす,シュードモナス・クロロラフィス 6 377 Pseudogymnoascus roseus 6 378 Pseudocochliobolus eragrostidis 6 379 Pseudocochliobolus australiensis 6 380 Pseudallescheria boydii しゅーどあれしぇりあ・ぼいじい,シュードアレシェリア・ボイジイ 6 381 Prototheca zopfii 6 382 Plagiostoma phragmiticola 6 383 Pichia capsulata 6 384 Phytophthora porri 6 385 Physalospora piricola 6 386 Peziza ostracoderma 6 387 Petriella setifera 6 388 Penicillium velutinum 6 389 Penicillium melinii 6 390 Penicillium expansum ぺにしりうむ・えくすぱんさむ,ペニシリウム・エクスパンサム 6 391 Penicillium echinulatum var. echinulatum 6 392 Peloronectriella sasae 6 393 Paracoccus pantotrophus ぱらこっかす・ぱんととろふぁす,パラコッカス・パントトロファス 6 394 Neocosmospora vasinfecta 6 395 Myxococcus flavescens みくそこっかす・ふらべっせんす,ミクソコッカス・フラベッセンス 6 396 Mucor circinelloides f. circinelloides 6 397 Microsporum canis いぬ小胞子菌,みくろすぽるむ・かにす,イヌ小胞子菌,ミクロスポルム・カニス 6 398 Metschnikowia pulcherrima 6 399 Melampsora humilis 6 400 Leptosphaerulina trifolii 6 401 Leptosphaerulina australis 6 402 Lenzites betulina かいがらたけ,カイガラタケ 6 403 Laetiporus sulphureus あいかわたけ,ますたけ,アイカワタケ,マスタケ 6 404 Lactobacillus rhamnosus らくとばちるす・らむのーさす,ラクトバチルス・ラムノーサス 6 405 Lactobacillus brevis らくとばちるす・ぶれびす,ラクトバチルス・ブレビス 6 406 Lactarius hatsudake あいたけ,はつたけ,るりはつたけ,アイタケ,ハツタケ,ルリハツタケ 6 407 Kocuria varians こくりあ・ばりあんす,コクリア・バリアンス 6 408 Kluyveromyces lactis var. lactis 6 409 Kluyveromyces aestuarii 6 410 Kloeckera apiculata 6 411 Kazachstania zonata 6 412 Hypocrea nigricans 6 413 Halolactibacillus halophilus はろらくてぃばちるす・はろふぃるす,ハロラクティバチルス・ハロフィルス 6 414 Gluconacetobacter liquefaciens ぐるこんあせとばくたー・りくふぁしえんす,グルコンアセトバクター・リクファシエンス 6 415 Gloeocercospora sorghi 6 416 Gelasinospora reticulata 6 417 Fusarium oxysporum f. tulipae 6 418 Fusarium oxysporum f. fragariae 6 419 Flavobacterium sp. 6 420 Fennellia flavipes 6 421 Exiguobacterium sp. 6 422 Eurotium amstelodami 6 423 Eupenicillium shearii 6 424 Eupenicillium crustaceum 6 425 Epicoccum purpurascens 6 426 Enterococcus faecium えんてろこっかす・ふぇしうむ,エンテロコッカス・フェシウム 6 427 Emericella quadrilineata 6 428 Emericella nidulans var. dentata 6 429 Eleutherascus lectardii 6 430 Doratomyces nanus 6 431 Dietzia sp. 6 432 Debaryomyces maramus 6 433 Cystofilobasidium capitatum 6 434 Cunninghamella echinulata var. elegans 6 435 Corynascus sepedonium 6 436 Coriolus hirsutus あらげかわらたけ,アラゲカワラタケ 6 437 Coriolus consors 6 438 Cladosporium sphaerospermum 6 439 Chaetomium cochliodes 6 440 Cephaloascus fragrans 6 441 Candida zeylanoides 6 442.

次の

・医療用医薬品再評価結果 平成16年度(その3)について(◆平成16年09月30日薬食発第930002号)

エンテロ バクター クロアカ

日常診療レベルで検出される微生物について 【日常診療レベルで検出される微生物について】 A)グラム陽性球菌 1)ブドウ球菌 1. 黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus) 強い病原性を有する。 皮膚軟部組織感染症の代表的起炎菌。 表皮ブドウ球菌(Staphyolococcus epidermidis) 人の皮膚などの有力な常在菌。 希に起炎菌となることもある。 腐生ブドウ球菌(Staphylococcus saprophyticus) 若い婦人の膀胱炎の起炎菌となることもある。 耐性菌は少ない。 2)レンサ球菌(Streptococcus) 1. 化膿レンサ球菌(S. AOSなどを産生する病原性レ ンサ球菌。 猩紅熱、丹毒、蜂窩織炎、膿皮症、咽頭炎、扁桃炎、気管支肺 炎、中耳炎などを起こす。 治癒後二次的にリウマチ熱、関節リウマチ、急 性糸球体腎炎などを起こすことがある。 緑色レンサ球菌(S. viridance)とも呼ばれ、細菌性心内 膜炎の起炎菌となる。 肺炎球菌(Streptococcus pneumoniae) 旧名:肺炎双球菌(Diplococcus pneumoniae)。 呼吸器感染症の代表的起炎菌。 インフルエンザウイルスなどの感染により、 気管支粘膜上皮細胞が傷害されると自家感染し肺炎を起こす。 小児では、 髄膜炎の主要原因菌の一つで、中耳炎、副鼻腔炎を起こすこともある。 第三世代 セフェム系も有効であるが、使うべきではない。 内服用セフェム系薬剤は肺組織への移行 が、ペニシリン系に劣るため適当でないが、重症例では第二世代セフ ェムが適応となる。 アミノグリコシド系は効かない。 3)腸球菌(Enterococcus):従来はStreptococcus属に含まれていたが独立し た。 8菌種が知られているが、重要なのは以下の3菌種である。 大便レンサ球菌(E. faecalis) 2. ヘシウム菌(E. faecium) 3. アビュウム菌(E. avium) 人の腸管内、尿道口、外性器、口腔などに常在している。 病原性は低いが、 希に細菌性心内膜炎、敗血症、髄膜炎、尿路感染症、胆道感染症を含む腹 腔内感染症の起炎菌となることがある。 faecalis はペニシリン耐性菌はほとんどないため、ペニシリン系薬 剤(ABPC)が、第一選択。 その他の薬剤では、ミノマイシン、チ エナムなどが適応となる。 avium もほとんどの株がペニシリンに耐性であり、ミノマイシン、 タリビット、バクタなどが適応となる。 B)グラム陽性桿菌 1)バシラス 1. 炭疽菌(Bacillus anthracis) 炭疽の病原菌。 主に草食動物(ヒツジ・ウシ・ウマ・ヤギなど)の間で発 生する伝染病で急性の侵入局所の潰瘍と敗血症を特徴とする。 人の炭疽菌 感染は動物に接触する機会の多い獣医師、牧畜業者、毛皮業者などに見ら れる。 皮膚炭疽、肺炭疽などを発症するが希。 弱毒生菌ワクチンがある。 セレウス菌(Bacillus cereus) 希に米飯のなかで増殖し、食中毒を起こす。 2)リステリア菌(Listeria monocytogenes) 小児、老人で化膿性髄膜炎、敗血症を起こすことがある。 成人では感染防 御能の減退した患者で本菌による感染が認められる。 ゲンタマイシンの併用がより効果的。 ミノ マイシンも有効(但し、新生児には骨への影響を考慮し避ける)。 3)コリネバクテリウム(Corynebacterium sp) 1. ジフテリア菌(Corynebacterium diphtheriae) ジフテリアの起炎菌。 人が唯一の宿主で、菌は通常鼻咽腔に存在する。 伝 染は患者または保菌者からの飛沫感染で、小児の罹患が多い。 菌は局所の みで増殖するが、強い菌体外毒素を産生する。 C)グラム陽性嫌気性球菌 1)ペプトコッカス(Peptococcus) 1. ペプトコッカス Anaerobic Staphylocociiの異名をもつ。 ペプトストレプトコッカス(Peptostreptococcus) Anaerobic Streptocociiの異名をもつ。 ともに口腔、上気道、腸管、 腟および皮膚の常在菌であるが、脳膿瘍、敗血症、創傷感染、腹部術後感 染などの起炎菌となる。 粘膜面に多いのでそれが傷つけられたとき炎症の 原因となり易い。 D)グラム陽性嫌気性桿菌 1)クロストリジウム(Clostridium) 1. クトストリジウム・デフィシール(C. difficile) 各種抗生物質の使用中または使用後に本菌の産生する毒素(エンテロトキ シン)により発症する偽膜性腸炎が注目されている。 培養困難なため、エ ンテロトキシンを検出するCDチェックにより診断する。 や や有効性は劣るが、コレスチラミンも軽症例では用いられる。 破傷風菌(Cl. tetani) 破傷風の病原体。 土に汚染された傷口の小さく深い創傷(足の刺傷、交通 外傷など)に、ぶどう球菌などの感染が起こり、組織が局所的に破壊され ると血行が止まり、嫌気状態が作られる。 そこで、破傷風菌が増殖を開始 し、地上最強の菌体外毒素(テタノスパスミン)が産生される。 ボツリヌス菌 典型的な毒素型食中毒の起炎菌。 ヘドロの中に多い。 本菌の産生する毒素 は破傷風毒素と並んで地上最強の毒性物質である。 ガス壊疽菌 ウェルシュ菌(Cl. perfringens)、悪性水腫菌(Cl. septicum)、気腫疽菌 (Cl. chauvoei)、ノビイ菌(Cl. novyi)が知られている。 いずれも土の中 に広く分布しており、土に汚染された組織障害の大きい外傷後にガス壊疽 を起こすことがある。 またウェルシュ菌の耐熱性株は感染型の食中毒を起 こす。 E)グラム陰性通性嫌気性桿菌 1)ヘモフィルス ヘモフィルス・インフルエンザ(Haemophilus influenzae)が有名。 口腔 内に常在する細菌で、感染防御機構が局所的に低下したときに発症する( 自家感染)。 従って気道・呼吸器感染症、鼻・副鼻腔炎、化膿性中耳炎、 化膿性髄膜炎などの起炎菌となる。 他に、眼瞼炎の起炎菌となるヘモフィ ルス・アエギプチウス(H. aegyptius)と軟性下疳の起炎菌であるヘモフィ ルス・ドゥクレイ(H. ducreyi)がある。 従って、内服では、 オーグメンチン、ユナシン、タリビット、セフスパンなどを用いるの が無難。 注射薬では第三世代セフェムが著効する。 2)大腸菌(Escherichia coli) 腸管内常在菌。 生体と共生・発症の二面を有する。 尿路、腹腔内感染症の 代表的起炎菌。 経口剤ではタリビットが、 優れている。 3)シトロバクター(Citrobacter) シトロバクター・フレウンデー(C. freundii)、シトロバクター・デヴェ ルズス(C. diversus)の2菌種が知られている。 尿、喀痰、胆汁から検出 されることが多い。 前者は第三世代セフェムも含め、多剤耐性菌が多いた め、菌交代症の起炎菌としても重要。 第三世代セフェムの乱用により、本 菌による感染症が今後増加する恐れがある。 4)クレブジエラ(Klebsiella) 肺炎桿菌(K. pneumoniae)が代表的菌種。 他に、クレブジエラ・オキシト カ(K. oxytoca)が病原性を有する。 気管支肺炎、中耳炎、尿路感染、髄膜 炎、腹膜炎、敗血症などの原因となる。 第二世代以降のセフェム系薬剤が適応となる。 内服では オーグメンチン、ユナシン、タリビットを用いる。 5)エンテロバクター(Enterobacter) 水、土、下水、人の腸管内にも常在する弱毒菌。 エンテロバクター・クロ アカエ(E. cloacae)、エンテロバクター・エロゲネス(E. aerogenes)が 代表的菌種で、免疫不全患者における続発性感染症(敗血症・髄膜炎)や 複雑性尿路感染症、胆道感染症、腹膜炎などの起炎菌となる。 消毒剤にも 抵抗性のため、院内感染の原因となり易い。 また薬剤が存在すると酵素産生量が 増加し、この酵素は高い結合親和性を持つため酵素に薬剤が奪われ作用点 に到達できないため、ほとんどのセフェム系抗生剤に対し高度耐性を示す。 第三世代セフェム耐性のエンテロバクターに対してはニューキ ノロン系(タリビットなど)を試みる。 6)セラチア(Serratia) セラチア・マルセッセンス(S. marcescens)が代表的菌種。 本菌も消毒剤に抵抗性で、多剤 耐性株が多いため、エンテロバクターの項で述べたことが本菌にもあては まる。 しかし、本菌に有効な薬剤はきわ めて少なく、セファロスポリナーゼに結合親和性の少ないモダシンか ニューキノロン系のタリビットが有効。 7)プロテウス インドール陰性菌と陽性菌に分けられる。 陰性菌としてはプロテウス・ミ ラビリス(Proteus mirabilis)、プロテウス・ペンネリ(P. penneri)陽 性菌としてはプロテウス・ブルガーリス(Proteus vulgalis)がある。 プ ロテウス・ブルガーリスは以前変形菌と呼ばれたことがあったが、現在は 使われない。 8)モルガネラ 以前はプロテウス・モルガニ(Proteus morganii)と呼ばれ、プロテウス 属に含まれていたが、発酵様式が異なるため、モルガネラ属として独立し モルガネラ・モルガニ(Morganella morganii)と呼ばれるようになった。 インドール陽性。 9)プロビデンシア モルガネラ同様以前はプロテウス属に含まれていたが、同じく発酵様式の 差から独立した。 プロビデンシア・レットゲリ(P. rettgeri)、プロビデ ンシア・アルカリフェシエンス(P. alcalifaciens)、プロビデンシア・ス チュアルティイ(P. stuartii)がある。 いずれもインドール陽性菌である。 従って、複雑性尿路感 染症、腸管汚染手術後の腹腔感染、白血病などの重い基礎疾患を有す る患者の褥瘡感染・敗血症などの起炎菌となる。 第三世代セフェムが有効であるが、モルガネラ、ペン ネリ、レットゲリなどの中には第三世代セフェムに対しても高度耐性 を示すものもあるので注意が必要。 感受性検査の結果を参考に選択。 10)サルモネラ(Salmonella) サルモネラ・チフィ(S. tyhpi)、サルモネラ・パラチフィ(S. paratyphi) サルモネラ・エンテリティディスなど腸チフス、パラチフス、感染性食中 毒の起炎菌。 Rプラスミドによ る多剤耐性菌に対しては、ST合剤が使用される。 11)赤痢菌(Shigella) シゲラ・ディッセンテリイ(S. dysenteriae)、シゲラ・フレックスネリ (S. flexneri)、シゲラ・ボイディ(S. boydii)、シゲラ・ソネイ(S. sonnei)の4菌種が知られ、いずれも細菌性赤痢の起炎菌。 12)エルシニア(Yersinia) エルシニア・エンテロコリチカ(Y. enterocolitica)、エルシニア・シュ ウドツベルコロジス(Y. pseudotuberculosis)、エルシニア・ペスチス( Y. pestis)などがある。 前2者は野生動物や家畜に広く分布し、急性腸管 感染症を発症する。 エルシニア・ペスチスはペストの起炎菌である。 セファロスポリン、アンピシリンもOK。 13)ビブリオ 寄生性のものは少なく、通常淡水や海水に分布しており、通称水中菌また は海水細菌とも言われている。 腸炎ビブリオ(Vibrio parahaemolyticus)、 コレラ菌(V. cholerae)が代表的菌種で、前者は食中毒、後者はコレラを 引き起こす。 腸炎ビブリオは日本では夏期にのみ海水から検出される。 従 って、本菌による食中毒は6月〜10月にかけて発生する。 一方、コレラ 菌はエルトール型とアジア型の2種があるが、今日見られるのはほとんど がエルトール型である。 F)グラム陰性好気性桿菌 1)シュウドモナス(Pseudomonas) シュウドモナス・アエルギノーザ(緑膿菌 P. aeruginosa)が代表的菌種。 他にセパシア(P. cepacia)、プチダ(P. putida)、フルオレッセンス( P. fluorescens)がある。 基本的には弱毒菌であるが、自然環境菌であるた め外膜が硬く、抗生物質に低感受性菌が多い。 また、耐性化しやすいため 菌交代現象、院内感染、二次感染で問題となることが多い。 とくに、免疫 力の低下した患者で注意が必要。 2)キサントモナス(Xanthomonas) シュウドモナスより独立。 キサントモナスに属するのはキサントモナス・ マルトフィリア(Xanthomonas maltophilia)のみ。 旧名はPseudomonas maltophilia。 皮膚、手指の消毒に は、ポピドンヨードが、器具の消毒にはグルタールアルデヒドが奨め られる。 内視鏡はエチレンオキサイドガス滅菌が好ましい。 クロール ヘキシジンや逆性石鹸に頼りすぎると、この菌の院内感染が増加する。 また染色体性、プラスミド支 配の両者でアミノグリコシドの不活化酵素を作るので、抗緑膿菌作用 を持つ薬剤にも耐性株が増加しつつある。 従って感受性試験の結果を 参考に薬剤を選択し、だらだらと無駄な投与を避けることが大切。 緑膿菌 感染症は生体の感染防御機構が落ちたためにおこるので、薬剤そのも のの殺菌力のみに頼らざるをえないからである。 3)アルカリゲネス(Alcaligenes) 人に対して病原性を持つ菌種として、デニトリフィカンス(A. denitrifi- cans)とフェカーリス(A. faecalis)が知られている。 敗血症、複雑性尿 路感染症の起炎菌となる。 病院内ではシュウドモナスとともに吸引器や血 液透析装置など湿気の多い部分を汚染する。 4)レジオネラ(Legionella) レジオネラ・ニューモフィラ(L. pneumophila)が代表菌種で、ほか5菌種 が知られている。 アメリカで在郷軍人に肺炎が集団発生し、その起炎菌と して広く知られるようになった。 広く土中に分布しており、加熱、乾燥、 消毒剤などには弱いが、水の中では長期に生存、時には増殖するため、冷 房装置の冷却水中で増殖した本菌が空中に散布され、それを吸引すること により肺炎が集団発生する可能性がある。 エリスロマイシン、リファンピシン、タリビットなどを使用する。 5)百日咳菌(Bordettela pertussis) 小児に百日咳を引き起こす。 6)ブルセラ(Brucella) 本来、家畜(山羊、羊、牛、豚など)に全身性感染を引き起こす病原菌で あるが、人にも感染し、波状熱の原因となる。 日本では輸入動物にブルセ ラ感染が時々見られる以外はまれ。 7)野兎病菌(Francisella tularensis) ペストに似た症状を示すリスから分離された多形性のグラム陰性球桿菌で 野兎病の原因菌。 野生の齧歯類に接触するか、山林中でダニなどに刺され て感染する。 8)フロボバクテリウム(Flavobacteirum) フロボバクテリウム・メニンゴゼプチクム(F. meningosepticum)ほか数種 が知られている。 この菌も水及び土の中に住む細菌で、院内の水場を汚染 し、院内感染の原因菌となる。 この菌による重要な疾患は未熟児の髄膜炎 で死亡率が高い。 9)アクロモバクタ アクロモバクタ・キシロスオキシダンスほか数種が知られている。 大腸の 正常菌叢の一部と考えられているが、詳しいことはわからない。 水が汚染 されて院内感染の原因となることは上述の細菌と同じ。 化膿性髄膜炎、重 症敗血症、尿路感染症、慢性中耳炎などの起炎菌となる。 ミノマイシンはこの菌にも有効。 G)グラム陰性球菌および桿球菌 1)ナイセリア(neisseria) 淋菌(N. gonorrhoeae)、髄膜炎菌(N. meningitidis)が代表的菌種。 日本では臨床分離株の30〜50%がPPNG。 注射は第三世代セフェム(静注1回で完治!と言われている)。 1日24 00万単位を持続点滴で投与する。 2)カタル球菌 ブランハメラ・カタラーリス(Branhamella catarrhalis)はグラム陰性の 球菌でかつてナイセリア・カタラーリスと呼ばれ、グラム陰性の双球菌で ある。 健康人の上気道における正常菌叢の一部であるが、最近種々の感染 症の起炎菌となることが報告され、注目されている。 3)アシネトバクター アシネトバクター・カルコアセティカス(Acinetobakter calcoaceticus) ただ一種が知られている。 水、土など自然界に広く分布する菌で、人体で も腋窩、股部など湿気の多い部位に常在している。 希に肺炎を起こすこと もあるが、多くは基礎疾患を持つ高齢者の複雑性尿路感染症、上部および 下部気道感染症、敗血症などの原因となる。 アニトラツス(subsp. anit- ratus)、ルオフィイ(subsp. lwoffi)の2亜種がある。 例外的 にスルバクタムがこの菌に対し強い抗菌力を有するのでスルペラゾン の有効性が期待される。 4)モラクセラ モラクセラ・ラクナータ(M. lacunata)が眼瞼炎の原因として知られてい る。 人の粘膜における常在菌の一部となっているものが多いので日和見感 染の原因となることがある。 H)グラム陰性嫌気性桿菌 1)バクテロイデス(Bacteroides) バクテロイデス・フラジリス(B. fragilis)、バクテロイデス・メランギ ノゲニカス(B. mellaninogenicus)などが知られている。 前者は腸管、泌 尿器生殖器など人体下部の粘膜面に多く、腹膜炎、婦人科感染症の起炎菌 となり、後者は口腔粘膜など人体上部に多く、脳膿瘍、肺膿瘍などの原因 となる。 ミノマイシン、ク リンダマイシンも有効であるが、R因子による耐性株が見られるので 注意が必要。 2)フソバクテリウム(Fusobacterium) フソバクテリウム・ムクレアタム(F. mucleatum)など約10種が知られて いる。 口腔内常在菌で口内炎、上気道炎、胸膜炎などの起炎菌となる。 I)その他 1)マイコプラズマ マイコプラズマは細菌壁を欠いた特殊な細菌で、肺炎マイコプラズマ( M. pneumoniae)は原発性異型肺炎の原因となる。 原発性異型肺炎は学童か ら青年と老人に多くみられ、オリンピックの年に流行すると言われている。 ミノマイシン、エリスロマイシンを使用する。 2)カンピロバクター(Campylobacter) 微好気性菌。 カンピロバクター・コリ(C. coli)、カンピロバクター・ジ ェジュニ(C. jejuni)、カンピロバクター・フイタス(C. fetus)の3種。 人で問題になるのは前2者。 食中毒性の下痢を起こす。 エリスロ マイシン、アミノグリコシド、タリビットが有効。 ・参考文献 1. 横田 健他:臨床に役立つ微生物の知識 ライフ・サイエンス 1987 2. 感染症の化学療法 日本臨床 1988 日本臨床社 3. 感染症の動向と抗生物質 Medicina Vol. 23 No. 10 1986 医学書院 4. 酒井克治:最新抗生剤要覧 薬業時報社 1988 5. 植手鉄男:抗生物質 選択と臨床の実際 医薬ジャーナル社 1987 6. 川名林治ほか:標準微生物学 医学書院 1987 7. 水島 裕ほか:今日の治療薬 1989年版 南江堂 1989 |||.

次の

・医療用医薬品再評価結果 平成16年度(その3)について(◆平成16年09月30日薬食発第930002号)

エンテロ バクター クロアカ

【要約】 【構成】 エンテロバクター属に属し、植物の生長促進作用を有する微生物を直接種子等に塗布し、土壌中に播種するか、または当該微生物を土壌中に混合した後、これに種子等を播種することを特徴とする農作物の栽培方法並びにエンテロバクター属に属し、植物の生長促進作用を有する微物を添加した養液栽培用肥料液を用いて苗または農作物を養液栽培することを特徴とする農作物の栽培方法。 【効果】 本発明によれば、農作物等の栽培にあたり植物の生長促進作用を有する新規微生物を用いることにより、有用な農作物の栽培を効率よく行うことができる。 【特許請求の範囲】 【請求項1】 エンテロバクター属に属し、植物の生長促進作用を有する微生物を直接種子等に塗布し、土壌中に播種するか、または当該微生物を土壌中に混合した後、これに種子等を播種することを特徴とする農作物の栽培方法。 【請求項2】 エンテロバクター属に属し、植物の生長促進作用を有する微生物がエンンテロバクター・クロアカである請求項1記載の方法。 【請求項3】 エンテロバクター属に属し、植物の生長促進作用を有する微物を添加した養液栽培用肥料液を用いて苗または農作物を養液栽培することを特徴とする農作物の栽培方法。 【請求項4】 エンテロバクター属に属し、植物の生長促進作用を有する微物エンンテロバクター・クロアカである請求項3記載の方法。 【発明の詳細な説明】 【0001】 【産業上の利用分野】本発明は農作物の栽培法に関し、詳しくは植物の生長促進作用を有する新規微生物を用いて農作物を栽培する方法に関する。 【0002】 【従来の技術、発明が解決しようとする課題】植物の根圏または根面には多種多様の微生物が棲息しており、生物の生育,病害の発生等に多大の影響を与えている。 したがって、これらの根圏微生物の中から産業上有用な微生物を分離し、これを農業生産性の向上のために利用しようとする試みは従来から行われており、多数の研究報告等がある。 【0003】例えば窒素固定菌は空気中の窒素を固定することにより植物の三大栄養素の1つである窒素を植物に供給しているし、或種の菌根菌は土壌中の燐の利用効率を高め、植物の必須元素である燐を植物に供給することによって植物の生長を促進することが知られている。 また、土壌中には多種多様の植物病原菌が棲息しているが、これら病原菌に対して拮抗作用を有する微生物も存在していることが知られており、たとえば拮抗微生物としてシュードモナス属に属する細菌などが分離され、その利用に関する研究が行われている。 【0004】しかしながら、菌根菌は活物寄生菌であるため、その培養には植物体そのものが必要であり、工業的にこれを多量培養することが困難である。 そのため、未だ実用化されるには至っていない。 さらに、窒素固定菌は工業的に多量培養が可能であっても、これを土壌に散布すると、土壌中の菌数が経時的に低下する。 その結果、窒素の固定量が低下するので、市販窒素肥料を使用した場合との経済性の比較において問題があるとされている。 また、拮抗菌の多くは植物病原菌の生育に対する拮抗物質(抗生物質)を生産するため、植物の生育に対しても多かれ少なかれ生育阻害作用を示す場合がある。 【0005】 【課題を解決するための手段】本発明の目的は、多量培養が容易で、植物根圏および根面への定着性が良好であり、しかも植物の生長を促進する作用を有する有用微生物を植物根菌より分離し、当該微生物を多量に培養した後、農作物等の栽培効率を向上させるために応用する方法を確立することにある。 【0006】本発明者らは、上記目的を達成させるため、広く植物根菌から植物の生長促進作用を有する微生物の検索を行い、キュウリの根菌土壌から分離されたエンテロバクター属に属する新規微生物、エンテロバクター・クロアカがキュウリをはじめとして多種類の有用農作物の生長を促進すること等本発明の目的に合致することを見出し、本発明を完成したのである。 【0007】すなわち本発明は第1に、エンテロバクター属に属し、植物の生長促進作用を有する微生物を直接種子等に塗布し、土壌中に播種するか、または当該微生物を土壌中に混合した後、これに種子等を播種することを特徴とする農作物の栽培方法に関する。 また、第2の本発明は、エンテロバクター属に属し、植物の生長促進作用を有する微生物を添加した養液栽培用肥料液を用いて苗または農作物を養液栽培することを特徴とする農作物の栽培方法に関する。 【0008】本発明に用いる新規微生物、エンテロバクター・クロアカ Enterobacter cloacae は本発明者らによってキュウリの根圏土壌から分離されたものであり、以下に示す菌学的性質を有している。 【0009】1.形態 1 細胞の形および大きさ:桿菌、0. 8〜1. 5〜3. 0ミクロン 2 細胞の多形性:無 3 運動性:有(周毛性の鞭毛で運動) 4 胞子:無 5 グラム染色:陰性 6 抗酸性:陰性【0010】2.各培地における生育状態 1 肉汁寒天平板培養:菌体は顕著な色素を生産せず、淡黄色のクリーム様を呈して生育する。 生育は旺盛である。 2 肉汁寒天斜面培養:上記 1 と同じ。 3 肉汁液体培養:全体が混濁しながら生育し、菌膜は作らない。 4 肉汁ゼラチン穿刺培養:極めてゆっくり液化される。 5 ミルク培養:液化、凝固、pH変動などの顕著な変化は認められない。 【0011】3.生理学的性質 1 硝酸塩の還元:陽性 2 脱窒反応:陰性 3 MRテスト:陰性 4 VPテスト:陽性 5 インドールの生成:陰性 6 硫化水素の生成:陰性 7 デンプンの加水分解::陰性 8 クエン酸の利用:陽性 9 無機窒素源:硝酸塩,アンモニウム塩を窒素源として利用する。 10 色素生成:可溶性および非可溶性色素の顕著な生産は認められない。 生育のpHは中性付近が適している。 さらに、各種の生理的性質からエンテロバクテリアッセ科の中でもエンテロバクター・クロアカ Enterobacter cloacae に所属させることがもっとも適当である。 本菌株は微工研条寄第1529号(FERM BP-1529 として工業技術院微生物工業技術研究所に寄託されている。 【0015】次に、第1,2の本発明について説明する。 上記エンテロバクター・クロアカの如きエンテロバクター属に属し、植物の生長促進作用を有する微生物を、植物の種子1粒当り106 〜1010個の割合で塗布した後、土壌中に直接塗布するか、または土壌1g当り105 〜108 個の割合で当該微生物を土壌中に混合し、この土壌中に種子を播種することにより、植物の生長を促進させることができる。 また、養液栽培の場合は、栽培養液中に上記微生物を106 〜108 個/mlの割合で混合し、栽培期間中に必要に応じて当該微生物を追加することによって植物の生長を促進することができる。 【0016】農作物の栽培にあたり、上記微生物を接種する効果は、まず第1に根の生長促進作用として現われ、次いで茎葉部の生長が促進される。 【0017】本発明が適用される植物はその種類等が制限されないが、特に農作物が好適である。 ここで、農作物とは殻物,野菜,花卉,果樹等のすべての農作物並びにこれらの収穫物を意味する。 また、植物には苗も包含され、例えばキュウリ,カボチャ,ナス,トマト,メロン,西瓜等の野菜類の苗や花卉類の苗、イネ等の穀物類の苗などすべての有用植物の苗を挙げることができる。 また、本発明において種子等とは種子のほかジャガイモ等の塊根類にあってはその種芋なども包含される。 さらに、養液栽培とは水耕法,砂耕法,礫耕法,ロックウール法等すべての養液栽培を意味する。 【0018】 【実施例】次に、本発明を実施例により詳しく説明する。 参考例1 1 エンテロバクター・クロアカ Enterobacter cloacae の多量培養グルコース1. 0%,ペプトン0. 5%,KH2PO4 0. 1%,MgSO4 ・ 7H2O 0. 05%を含む液体培地(以下、M培地と称する。 実験区は以下の通りである。 対照区:育苗用土壌をそのまま使用した。 種子塗布区:エンテロバクター・クロアカの培養液(菌数:1. 【0020】結果を表1に示すが、対照区では地上長10cm以下のSサイズの苗が37%を占めたのに対し、土壌添加区では、Sサイズの割合が6%であり、種子塗布区においても、Sサイズの割合が18%と、対照区に比較して少なかった。 【0021】以上のようにエンテロバクター・クロアカで処理することにより大型で健丈な苗を育苗することが出来た。 【0022】 【表2】【0023】 2 キュウリの栽培上記の如くして得られた苗をハウス土壌に80cm間隔で定植し、ハウス内自然温度,自然光の条件で3ヶ月間キュウリを栽培した。 肥料は無機肥料(カセイ14号)を必要に応じ根元に添加した。 また、栽培2週間目よりアブラ虫駆除のため、ダイシストン(商品名 を必要に応じて施用した。 試験結果を表2に示す。 【0024】表から明らかなように、土壌添加区,種子塗布区共に対照区に比較して地上部が大きく、またキュウリ収穫量も対照区に比較して8〜12%増加した。 【0025】 【表3】【0026】 3 エンテロバクター・クロアカの根面への定着栽培期間中、経時的に根をサンプリングし、根面に生育するエンテロバクター・クロアカの菌数を測定した。 根面微生物の測定は土壌微生物実験法(土壌微生物研究会編,養賢堂出版)380ページ記載の方法に準じて行った。 また、エンテロバクター・クロアカはマーチン培地(グルコース1%,ペプトン0. 5%,KH2PO4 0. 1%,MgSO4 ・ 7H2O 0. 05%,ローズベンガル 0. 0033%,寒天2. 0%,pH 6. 結果を表3に示す。 【0027】 【表4】【0028】実施例2サニーレタスの種子2粒を4cm角のウレタンマットに播種し、大塚ハウス肥料1号0. 15%,同2号0. 実験区は以下の通りである。 なお、エンテロバクター・クロアカは1週間に1回、合計4回添加した。 エンテロバクター・クロアカは参考例1の方法と同様の方法で培養し、実験に供した。 試験結果を表4に示す。 【0030】 【表5】【0031】表から明らかなように、エンテロバクター・クロアカ添加により収量および根重量の増加が認められた。 実験区は以下の通りである。 【0033】対照区:菌無添加土壌(黒土)を使用した。 添加区:エンテロバクター・クロアカを1. 【0034】なお、エンテロバクター・クロアカは、参考例1と同様にして調製した。 イネの苗の平均茎葉長は対照区で16. 3cm,添加区18. 4cmとなり、対照区に比して113%の生長を示した。 実験区は以下の通りである。 【0036】対照区:菌無添加土壌(黒土)を使用した。 添加区:エンテロバクター・クロアカを1. 【0037】なお、エンテロバクター・クロアカは、参考例1と同様にして調製した。 結果を表5に示す。 【0038】 【表6】【0039】表から明らかなように、添加区は対照区に比較して平均重量が135%となった。 実験区は以下の通りである。 【0041】対照区:エンテロバクター・クロアカ無添加の黒土で栽培。 【0042】なお、エンテロバクター・クロアカは、参考例1と同様の方法で培養し、実験に供した。 試験結果を表6に示す。 【0043】 【表7】【0044】表から明らかな如く、エンテロバクター・クロアカ添加により茎葉長の増加が認められた。 【0045】 【発明の効果】本発明によれば、農作物等の栽培にあたり植物の生長促進作用を有する新規微生物を用いることにより、有用な農作物の栽培を効率よく行うことができる。 【代理人】 【弁理士】 【氏名又は名称】久保田 藤郎• 農作物の栽培法• 当サイトではIPDL(特許電子図書館)の公報のデータを著作権法32条1項に基づき公表された著作物として引用しております、 収集に関しては慎重に行っておりますが、もし掲載内容に関し異議がございましたらください、速やかに情報を削除させていただきます。

次の