ブラッド オレンジ ワイン。 【楽天市場】【送料無料】ブラッドオレンジジュース (タロッコジュース) 1L×6本セット オランフリーゼル[冷凍食品]【北海道・沖縄・離島は追加送料がかかります】:トスカニー イタリアワイン専門店

ORANGE WINE

ブラッド オレンジ ワイン

宇和島産ブラッドオレンジを使用したフルーツワインを発売する(16日、松山市) JAえひめ南(愛媛県宇和島市)は宇和島産のブラッドオレンジのみを使用したフルーツワインを開発し、23日から県内の飲食店などで発売する。 同JAは、糖分を加えず同オレンジ果汁だけで醸造したワインは世界でも初めてとしている。 フルーティーで飲みやすいとして女性らにPRし、産地の知名度向上を図る。 「ブラッドオレンジフルーツワイン」は1本300ミリリットル入りで2500円。 2019年に収穫した果実10トンを原料に6000本製造した。 赤い果肉が特徴のブラッドオレンジは、愛媛県が全国の生産量シェアの9割以上を占める。 同JAでは19年に栽培面積約32ヘクタールで335トンが生産された。 ワインは知名度向上を狙った同JAなどが、6年かけて開発した。 同オレンジの糖度は12度前後で、ブドウの20度以上に比べると低い。 糖分を加えずに醸造するのは困難だったが、果汁を濃縮することで商品化に成功したという。 秋田県内の企業が製造し、同JAと卸売業の名門サカイ(宇和島市)が販売を手掛ける。 愛媛県内のほか、東京などの飲食店や百貨店での提供を目指す。 同社の松為教輔社長は「ワイン好き以外にも、低アルコールを好む層にも楽しんでもらえたら」と話す。

次の

宇和島産ブラッドオレンジ 果汁100%ワイン販売 23日から(気象ニュース 2019年12月17日)

ブラッド オレンジ ワイン

ブラッドオレンジジュース 品種 [ ] ブラッドオレンジには、3つの有名な品種がある。 スペインの「Sanguinello」に、そのSanguinelloが変異してできたとされるイタリアの「Tarocco」、そして、シチリア島の「Moro」である。 なお、その他の品種として次のようなものがある。 Khanpur• Washington Sanguine• Ruby Blood• Sanguigna Doble Fina• Delfino• Red Valencia• Burris blood Valencia orange• Vaccaro blood orange• Sanguigna grossa rotonda• Entre Fina blood orange• Sanguinello a pignu 栄養と利用 [ ] ブラッドオレンジは、他の多くの柑橘類と同じく、の補給源として適している。 他の一般的な柑橘類の相違は、も得られる点である。 他に、やの補給源ともなる。 果肉を食べることで、も摂取できる。 利用法としては、生食だけでなく、やの原料ともなる。 や、果皮を香辛料として用いた(も参照)、ブラッドオレンジで香り付けされたなども存在する。 ブラッドオレンジの産地として知られるでは、薄切りにしたブラッドオレンジ、同じく薄切りにしたの、とで作る、冬のが有名である。 出典 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 Rapisarda, P; Paolo Rapisarda, Fabiana Fanella, and Emanuele Maccarone 2 May 2000. Journal of Agricultural and Food Chemistry 48 6 : 2249-2252. Nicolosi, E. ; Deng, Z. ; Gentile, A. ; La Malfa, S. ; Continella, G. ; Tribulato, E. 2000. "Citrus phylogeny and genetic origin of important species as investigated by molecular markers". TAG Theoretical and Applied Genetics 100: 1155• Reuther, Walter; Leon Dexter Batchelor, Herbert John Webber January 1967. "Horticultural Varieties of Citrus". Citrus Industry: Crop Protection. Volume I: History, World Distribution, Botany, and Varieties revised ed. University of California.

次の

世界初「ブラッドオレンジ」のワイン発売へ

ブラッド オレンジ ワイン

奈良県のJAならけんが同県大和郡山市などと連携して商品化したのは、市特産のイチジクで造ったワインだ。 今年2月の発売から1カ月ほどで在庫がほぼなくなるなど、想定を上回る売れ行きとなっている。 発売初年となる今年は、同市産イチジクを約1トン使って、約1800本(1本720ミリリットル)のワインを製造。 市内の大手量販店や東京都内の県アンテナショップ、JA直売所などで販売している。 市は「現状、製造する醸造所の在庫がほぼ底を突き、想定を超える売れ行きだ」と話す。 商品名は「無花果(いちじく)の一滴」(希望小売価格は1496円)。 イチジクの香りが程よく感じられ、さっぱりとした甘味が特徴だ。 JAと市、市商工会などでつくる協議会が、地元農産物の6次産業化を目指し、商品開発を企画した。 奈良県は全国7位のイチジク産地で、同市は県内生産量の9割を占める。 現在、市内の栽培面積は23ヘクタールで、年間約450トンを生産している。 JAは「イチジクワインは見た目がおしゃれで、女性や若者から好評。 特産のイチジクのPRにもつなげたい」と話す。 愛媛県のJAえひめ南は、管内が生産量日本一を誇るブラッドオレンジを使ったワインを販売している。 JAによると、ブラッドオレンジを使ったワインの開発は世界初。 特殊な製法で濃縮した果汁を100%使う。 果実の特徴を生かした高級感ある香りと濃い赤色が特徴で、若者や女性から人気を集めている。 商品はアルコール分5%と低めに設定し、1本300ミリリットル(2500円)と飲み切りサイズ。 宇和島市の道の駅やインターネット、東京都内の県アンテナショップなどを通じて、昨年12月の発売から約1900本を販売した。 ブラッドオレンジは、ワイン用ブドウに比べて糖度が低く、発酵が進みにくいのが特徴。 濃縮果汁の開発や、かんきつに適した酵母を探し、商品化までに6年かかった。 香りの良さを残すため、熱を加えない特殊な濃縮技術を持つ湘南香料(東京都中野区)が発酵ベースを開発。 酵母は秋田県総合食品研究センターのオリジナル酵母を選んだ。 JAは「ブラッドオレンジの知名度が広がって、販売の底上げにつながってほしい」と強調する。

次の