給与 計算 エクセル 関数。 【エクセル】「VLOOKUP関数」使いこなしワザ!自動入力で保険料や源泉税などのややこしい計算を乗り切ろう

【エクセル】「VLOOKUP関数」使いこなしワザ!自動入力で保険料や源泉税などのややこしい計算を乗り切ろう

給与 計算 エクセル 関数

この記事の目次• この給与計算シートで何ができるのか?• 給与の支給金額から、社会保険料・源泉所得税の控除額を自動計算• 随時改訂が必要かどうかの判断 をする機能を持っています。 随時改訂については、2016年4月の標準報酬月額の上限アップによる随時改定には対応できていませんが、通常の2等級変化した場合のパターンは判断できます。 1枚のシートに全員分・全期間分の給与を一覧形式で入力しているようになっています。 そのため、給与データを使って、後工程の処理(仕訳に直す)をする場合、データの抽出が簡単です。 当然、1枚のシートに入力されている給与で、適用すべき社会保険料率や源泉徴収税額表が違うものが混在します。 そこで、このエクセルシートでは、支給月や勤務月に応じて、社会保険料率、源泉徴収税額を自動判定するようにしています。 たとえば、平成28年3月支給分と平成28年4月支給分では、適用される健康保険料率が自動で変わるようになっています。 会社情報・従業員情報の入力 まず、最初に、会社の情報と従業員の情報を入力します。 このエクセルシートを使う、細かいメリットとして、事前に料率テーブルを設定しておける点があります。 当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、弥生給与を使っていると、料率を変更したい月の処理時に変更しないとダメなんですよね(他の給与計算ソフトも同じでしょうか?)。 このエクセルシートを使うと、 いつから料率を変更するかの指定ができるので、事前に料率変更の設定をしておくことができます。 源泉所得税額計算ロジックの自動判定 源泉所得税も、年により使うテーブルを変えています。 現時点では2016年1月以降の源泉徴収税額テーブルに対応させています。 なお、源泉所得税だけは(ロジックがかなりややこしいため)設定変更を自力で行えないようにしています。 源泉所得税のテーブルが変わった場合には、このシートは使えなくなりますので、ご注意ください。 各支給・控除項目を所得税・社会保険料の計算に加味するかどうかの設定 画面イメージでは非表示にしていますが、固定残業代や、通常の残業代、その他諸手当、社宅控除などを入力する欄も作ってあります。 用途を決めていない列も準備しており、税金・社会保険のどちらに影響させるかを選べるようになっていますので、ほぼどんな支給形態にも対応できると思います。 例えば、自社商品を従業員に低額で販売した場合の源泉源泉税加算なども対応できます。 随時改定が必要かどうかの判定 固定給に変動があり、支給額が2等級以上変化しそうかどうかの判定ロジックを入れています。 随時改定が必要な場合には、次のような感じで表示されます。

次の

【Excel講座】時間計算を使って勤務表を作る5つのポイント

給与 計算 エクセル 関数

この記事の目次• この給与計算シートで何ができるのか?• 給与の支給金額から、社会保険料・源泉所得税の控除額を自動計算• 随時改訂が必要かどうかの判断 をする機能を持っています。 随時改訂については、2016年4月の標準報酬月額の上限アップによる随時改定には対応できていませんが、通常の2等級変化した場合のパターンは判断できます。 1枚のシートに全員分・全期間分の給与を一覧形式で入力しているようになっています。 そのため、給与データを使って、後工程の処理(仕訳に直す)をする場合、データの抽出が簡単です。 当然、1枚のシートに入力されている給与で、適用すべき社会保険料率や源泉徴収税額表が違うものが混在します。 そこで、このエクセルシートでは、支給月や勤務月に応じて、社会保険料率、源泉徴収税額を自動判定するようにしています。 たとえば、平成28年3月支給分と平成28年4月支給分では、適用される健康保険料率が自動で変わるようになっています。 会社情報・従業員情報の入力 まず、最初に、会社の情報と従業員の情報を入力します。 このエクセルシートを使う、細かいメリットとして、事前に料率テーブルを設定しておける点があります。 当たり前じゃないかと思われるかもしれませんが、弥生給与を使っていると、料率を変更したい月の処理時に変更しないとダメなんですよね(他の給与計算ソフトも同じでしょうか?)。 このエクセルシートを使うと、 いつから料率を変更するかの指定ができるので、事前に料率変更の設定をしておくことができます。 源泉所得税額計算ロジックの自動判定 源泉所得税も、年により使うテーブルを変えています。 現時点では2016年1月以降の源泉徴収税額テーブルに対応させています。 なお、源泉所得税だけは(ロジックがかなりややこしいため)設定変更を自力で行えないようにしています。 源泉所得税のテーブルが変わった場合には、このシートは使えなくなりますので、ご注意ください。 各支給・控除項目を所得税・社会保険料の計算に加味するかどうかの設定 画面イメージでは非表示にしていますが、固定残業代や、通常の残業代、その他諸手当、社宅控除などを入力する欄も作ってあります。 用途を決めていない列も準備しており、税金・社会保険のどちらに影響させるかを選べるようになっていますので、ほぼどんな支給形態にも対応できると思います。 例えば、自社商品を従業員に低額で販売した場合の源泉源泉税加算なども対応できます。 随時改定が必要かどうかの判定 固定給に変動があり、支給額が2等級以上変化しそうかどうかの判定ロジックを入れています。 随時改定が必要な場合には、次のような感じで表示されます。

次の

Excel「給与・賞与計算、賃金台帳」エクセル無料テンプレート【使い方解説】|たっくんの自由帳

給与 計算 エクセル 関数

保険料や源泉税などの計算では、対象額の範囲に応じて金額が変わります。 料金表や税額表を見て金額を決定するのは、ミスを生むので避けたいですね。 VLOOKUP関数を使えば、報酬月額に応じて自動で金額を算定でき、大変便利です。 料金表は、左端列を小さい順に並べておくのがポイント。 一覧表は別のシートに作り、範囲に名前を付けておくと、 VLOOKUP関数の入力が簡単に済みます。 表の左端列は小さい順に並べます。 最後に、Enterキーを押します。 表のB列とC列は表を見やすくするために入れています。 なくても問題ありません 名前が登録され、名前ボックスに表示されます。 最後の「1」は近似値検索を指定しており、一覧表の左端列の金額の範囲で検索します。 例えば123,589では、110,000~124,999(6行目)が検索されます。 商品型番など、完全一致で検索する場合は「0」を指定します。 保険料や源泉税などの計算には必須のテクニックです。 覚えて使ってみましょう。

次の