もう し に たい 人生。 人生やめたいです。 生きててなんもいいことありません。 最近は...

人生、詰みです。もう終わりだと思います。

もう し に たい 人生

人生を「毎日が苦痛だ」と感じているあなたへ 息の詰まるような、殺伐とした雰囲気の職場。 不毛で虚しい人間関係。 心が押し潰されそうなストレスや苦痛。 それらが繰り返されるだけの毎日。 誰も、自分のことをわかってくれない。 誰も、自分の辛さをわかってくれない。 「人生は苦痛でしかない」 「もう、楽になりたい・・・・」 そんな思いに苦しみながら、毎日を苦痛とともに生きる人がいる。 劣等感・コンプレックスに苦しみ、 他人に対して湧き上がった憎しみ、怒りの感情に苦しみ、 幸せそうな人を見て嫉妬する自分に苦しみ、 やりたくない仕事のストレスに苦しみ、 人生を覆う巨大な恐怖・不安・絶望に苦しみ、 我慢を続けて生きることに苦しみ、 心無い相手からの理不尽な口撃に苦しみ、 無理して自分を演じ、周りに合わせて生きることに苦しみながら。 もし、職場で「もう疲れた」などとこぼしても、 「皆我慢してるんだよ!お前だけじゃないんだ!」 「私の方がもっと疲れてるから!」などと返されるのだろう。 そうなると、もう何も言えなくなる。 「苦しさ」なんて、比べるものじゃない。 人それぞれ「耐えられること」と「耐えられないこと」は違うのだから。 毎日を苦痛とともに過ごしている人に対して、 「人生は厳しいものだ。 苦痛なんて当たり前」 「皆それぞれ我慢して生きてるんだよ」という人がいる。 それはそれで一理あるが、 生きることが苦痛になっている人にそれを言ったら、 余計に絶望し、追い込んでしまうことになりかねない。 「今苦痛だから、自分の人生は失敗なのだろう」 「今苦痛なのは、自分の人生が間違っていたからだろう」 「今までの人生は、無駄だったんだろう」 という極端な方向に走りがちである。 「もう楽になりたい」の落とし穴 「苦痛な状態」がずっと続くと、人の心は弱り、最後には折れる。 そして、大半の人間は「自立的に人生を生きること」を放棄し、 自分の人生から目を逸らして「もう楽になりたい」という思いだけで生きるようになる。 この、目先の「楽になりたい」という発想は危険である。 「楽になること」と「幸せになること」は、実は全く関係がないのだ。 心が弱った人間の「楽になりたい」は、とかく裏目に出るような行動、選択をしがちである。 例えば、時々、駅で列車が遅延することがある。 電光掲示板を見ると「列車と人が接触」と表示される。 言いようのない、後味の悪さに襲われる。 「列車に飛び込む人」は「思考」して、そんな行動をとったのではない。 そこにあったのは 「もう楽になりたい」という感情だけである。 絶望しかなかった「私の人生の限界」 私が、人生で最初に「この状態」に陥ったのは高校3年の時だった。 当時の私は、シャイな性格の「イギリスの60年代ロック・ポップス」を愛する少年で、 周囲の「勉強・スポーツ・ケンカの強さ」で評価される価値観にまったく馴染めなかった。 その内「異分子」と見なされたのか、 数人のクラスメートからバカにされたり、すれ違う毎に「気持ち悪い」と言われるようになった。 最初は気にしなかったが、それが数ヶ月続いた頃には、どんどん心が弱っていった。 当時好きだった同学年の女の子にも言われたが、 「ナイフで心臓を刺された」ような気がしたのを覚えている。 過度なストレスから体調を崩しという神経症に罹ってしまった。 授業中に精神的なプレッシャーとパニックに襲われるようになり、汗と震えが止まらなくなった。 そして、ある時とうとう限界を迎え、自宅に引きこもるようになってしまった。 唯一の心の拠り所だったクラシックギターの教室も、何も言わずに辞めてしまった。 強烈な挫折感に襲われ、自分の人生の全てを諦めた。 そこからは、一日の大半を寝て過ごすか、起きている時は、 ボンヤリと音楽を聴くか、ゲームをして過ごすことしか出来なくなった。 その時の心境は 「もう楽になりたい」ただそれだけだった。 目の前の現実から、とにかく逃げたかった。 そして引きこもった結果、 更なる「ドツボ」にハマった。 毎日ずっと家にいると、当然心が荒んでくるし、身体も弱ってくる。 心の苦痛はさらに膨れ上がり、抜け出し難い悪循環に陥った。 鬱病、パニック障害、自臭症に苦しみ続ける日々。 やがて喜怒哀楽といった「感情」がなくなり、人とまともに会話すら出来なくなった。 あの頃の私は、人間を辞めていた。 幸い、今はこうやって元気に人生を謳歌しているが、 最悪の場合「ずっと引きこもり続けた未来」も有り得た。 そこから助け出してくれたのは、幼馴染の親友だった。 彼とは今でも親交がある。 感謝しかない。 「もう楽になりたい」の行動は裏目に出やすい 例えば、あなたがブラック企業で働いていて、 過酷な生活でストレスが溜まり「もう楽になりたい」となると「正常な判断」が出来なくなる。 なんとかその場だけを凌ごうとしたり、上司から何を言われても盲目的に従ったり、 まるで家畜のように、ただ流されて生きるだけになってしまう。 前述のような「楽になりたいから自殺する」という、 本末転倒としか言えない行動をとってしまう人もいる。 「目先」しか見えなくなるから、将来を見据えた「長期的な視点」がなくなるから、 今の「苦痛な状況」を良くしていく為の選択が出来なくなってしまう。 いわゆる「思考停止の状態」に陥りやすいのだ。 「人生の苦痛」から楽になる唯一の方法 苦痛な現状から抜け出す為の「ゴール」を設定しよう もし、今あなたがこういった状況にいるのであれば、 「自分は、これからどうしていきたいのか?」 「どんな人生を送りたいのか?」 「どうすれば、幸せに生きられるのか?」を、ゆっくり考えてみよう。 目先の「楽になりたい」に囚われるのではなく、 長期的な視点を持って、状況を良くしていく「戦略」を練ろう。 結局、「楽になりたい」という思いからの「行動」や「選択」は、 その大半が、その場しのぎか裏目にしか出ない。 今の「悪循環」から抜け出したり、人生を「変化」させるパワーを出せないのだ。 もちろん、今の体勢を立て直すために、休んだり立ち止まることも大切である。 ただ、あくまでそれらの選択は「自分の幸せ」というゴールに繋がるものである必要がある。 そして、 自分の状況を良くしていく為には「楽しいこと」を見付けようとすることも大事だが、 まず「楽しさや幸せを感じられる心」を育てることが重要である。 心が疲弊している時は、何を見ても悲観してしまうもの。 心が元気だと、ちょっとしたことでも幸せを感じられるものだ。 「人生は自分の心次第で決まる」• 「心が変われば、行動が変わる」• 「行動が変われば、現実が変わる」 この『原理原則』を意識しながら、ゆっくりと前に進んでいこう。 私自身も「もう楽になりたい」という思いだけで生きている時期があった。 川に流される落ち葉のように、ただただ周りの状況に翻弄されるだけの、 「受け身の生き方」しか出来なかった。 しかし、今は違う。 自己成長を志し、理想に向かって日々試行錯誤し続けた結果、 自分の人生を「自由自在に生きる」ことが出来るようになった。 私達は、人間の「心の仕組み」について何も知らないから、 自分の「感情」や「情動」に振り回されてしまう。 しかし、「心の仕組み」を学び『上手な意識の使い方』を修得することで、 自分に「自信」と「誇り」を取り戻して、 前向きに生きることが出来るようになる。 それこそが、私が提供している 『ライフコーチング」という技術である。 私のコーチングセッションを受けることによって、 劇的に人生を好転させたり、理想のゴールを達成していく人をたくさん見てきた。 「コーチングって何ですか?」と質問をいただくことが多いが、いつも私はこう答えている。 コーチングとは「人生を切り拓く力」を手に入れる技術である、と。 どんなに絶望的な状況からでも、人生を立て直す事はできる 一度きりの人生。 泣いて生きても、笑って生きても、いつか終わりが訪れる。 出来ることなら、後悔せずに「やり切った」と笑いながら幕を降ろしたい。 自分の人生のフィナーレを、美しく飾りたい。 その為に「今」立ち上がる。 どんな小さなことでも良いから「今」自分に出来ることをやる。 ただ、人それぞれ「状況・環境」「抱えている悩み」は違うもの。 あなたは「もう手遅れだ」と思っているかもしれない。 大丈夫。 そんなことはない。 人生、生きてさえいれば何とかなる。 廃人のような日々を過ごしていた私が、今では『人を助ける仕事』をしている。 「自分という存在」を心から信頼し、肯定し、楽しみながら生きている。 人は、生きている限り、何度でもやり直せる。 おそらく、今、あなたは疲れている。 そんな時は、最優先で休息を取ろう。 誰に文句を言われてもいい。 あなたには休日を取得する権利がある。 診断書を貰って提出したら、会社は何も言えない。 まずは「自分の状態」を立て直そう。 傷病手当を貰った後に転職してもいい。 自分が殺される位なら、逃げていい。 それは「戦略的撤退」である。 仕事なんて、探せばいくらでもある。 自分に合った「最高の職場」が見付かるかもしれない。 人間には「無限の可能性」がある。 もちろん、あなたにも。 ゆっくりと、前に向かって歩き出そう。 そして、もしあなたが「今は、自分1人で解決するのは難しい」 と感じているのであれば、 メンタルトレーナー木下空の 『公式LINE 無料人生相談』をご活用ください。 思いもしなかった「解決の突破口」が見つかるかもしれない。 公式メルマガに登録していただいた方限定の『特典』として、 無料で 「LINE 人生相談」をプレゼントしています。 30代会社員、管理職、 経営者が抱える「仕事のストレス」「事業のプレッシャー」「人間関係の問題」「折れやすいメンタル」を最短1回〜6回のセッションで解消し、「現場のマネジメント能力」「仕事で圧倒的な結果を出す能力」「目標達成能力」を修得させるメンタルトレーナー。 自身も元国営企業に17年間在籍。 大企業特有の腐った体質、政治的な駆け引き、弱肉強食の人間関係の中をゼロから這い上がり、異例のスピードで管理職に昇進。 300人以上の部下をマネジメントした経験を活かし、メンタルトレーナーとして活動を始める。 コーチングの世界的権威から学ぶなど、これまで自己投資に使った金額は1500万を超える。 あらゆる自己研鑽を重ねた末に完成させた『マネジメンタルコーチング』は、会社員が抱える悩みやコンプレックスを解消し、劇的な成長を手に入れる『唯一無二の技術』として定評がある。 よく読まれている記事• 8,400件のビュー• 6,500件のビュー• 6,300件のビュー• 6,300件のビュー• 5,900件のビュー• 3,900件のビュー• 3,600件のビュー• 2,900件のビュー• 2,500件のビュー• 2,300件のビュー カテゴリー• アーカイブ•

次の

人生なんて30年で充分だ・・・老衰したい

もう し に たい 人生

売れっ子から懐かしのスターまで、芸能人が驚きの近況を報告する番組「じっくり聞いタロウ~スター近況 秘 報告」(毎週木曜深夜0時12分放送)。 5月21日(木)の放送では、大ヒットCMで大ブレイクした俳優・清水章吾が、全盛期から離婚、さらには自殺未遂まで波乱に満ちた人生を大暴露! 俳優・清水章吾は1958年に15歳で俳優デビュー。 2002年にチワワの"くぅ〜ちゃん"と共演したアイフルのCMがきっかけで大ブレイク。 実は、あの"くぅ〜ちゃん"を選んだのは清水。 現場にプードルやダックスフントなどいろんな犬種が7匹用意されていた中から、「一緒にやるから懐かないといけない。 だから一番懐きそうで優しそうな犬でくぅ〜ちゃんを選んだ」と、後のチワワブームを巻き起こすきっかけとなった人気犬誕生秘話を。 しかし、現場ではまったく懐かず撮影では苦労をしたそうで「毎回テイク30〜40までいった」と知られざる裏話も明かした。 CMは好評で4年間シリーズ化。 チワワもCM人気で高級犬となり、清水も60万円で購入した。 すると「どんどん増えちゃった。 他の犬種もほしいとなって」となり、多い時は18匹も飼っていたという。 CM出演後、清水は仕事も激増。 世界的モデルのナオミ・キャンベルとTBCのCMでの共演や、ドラマ出演のオファーもたくさん舞い込むようになり名脇役として不動の地位を確立し、まさに公私共に順風満帆のように思えたが、それも長くは続かなかった。 ドラマで犯人役が多かったことから、視聴者が"また清水さんが犯人?"と推測してしまうため「ちょっとした役で出演しても、"あの人犯人かもしれない""あの人があんな役をやるわけない"となっちゃう」という弊害が生まれ、仕事が激減したという。 そんな窮地に立った清水に高いギャラを得られる「通販番組」の仕事が舞い込んでくる。 これで生活も安泰かと思われたが、一切オファーが来なくなる失態を犯してしまう。 通常のグルメ番組では先にタレントブロックの撮影をしたあとに料理の撮影をするが、商品が命である通販番組の場合は商品を先に撮影したあとにタレントのリアクションを撮影することが多い。 そんな中、共演していた某大物女優が撮影を待たされることに怒ってしまい、彼女に煽られ清水も一緒に怒り、以来仕事の依頼が来なくなったという。 ここから清水の波乱の人生が始まる。 昨年、40年以上連れ添っていた妻から離婚を切り出され、それを承諾。 3人の子どもは奥さんが引き取ることに。 仕事も家庭も失ったこの時が絶望の淵だったという彼は、自殺をはかる。 「僕がこんなにつらいんだったら消えちゃおうと思った。 もう消えちゃいたいなって。 遺書を書いて、きちっとベッドを整えてサヨナラって、本当に消えようと思った」と、当時の心境を吐露する清水。 睡眠導入剤を40錠ぐらい飲んで意識を失っている彼を家族が発見して病院へ。 「 3日後に 気が付いた時には救急病院でICUに入っていた」と語る。 退院後、住む家のあてがなく市役所の福祉課に紹介してもらったという清水は「役者としていい経験をさせられた。 こういう事もあるんだ。 またやれよって事なんだなと」と振り返る。 現在、家賃3万5000円のアパートで1人暮らしをしている彼は「そこら辺のおじさんの役でいいからやってみたい。 役者をやってみたい。 あと3年くらいはやりたいです」と、芝居への思いを語った。 この放送は、「」で期間限定配信中です!.

次の

もう帰りたい!女性100人が人生でいちばんつらかった飲み会7つ

もう し に たい 人生

死ねるのなら、死ぬのもいいと思います。 これって自殺幇助、、、? でも、僕も長い間アトピーで、子供のころは給食もスナック菓子も食べられず、学校に弁当持ってったり、痒くて鋏の刃で体を研ぐようにしたり(マジです)高校ではアトピーのせいか体中が火傷みたいになって体液が出るので包帯ぐるぐる巻いたり、20代まで夜なんか殆ど眠れなかったり、それで学生時代はいじめられて、今まで友達も出来ず、恋人も出来ず、セックスも出来ず、最近は健康を崩し、母親はパーキンソン病、自分はニートとお先真っ暗です。 死ねればいいです。 とにかく、死ねれば文句は言いません。 でも、生きてるんです。 未だに。 とにかく、安らかになりたいです。 死ねれば勝ちです。 死ねればね。 でもなかなか難しいですよ。 自殺するのは。 どこまで追い込まれれば自殺するのか考えます。 路頭に迷って、餓死で、っていうのは避けたいです。 せめて、それぐらいは赦して欲しいですね。 ここまでひどい人生なら。 下には下があるんでしょうけど、それぐらいは、、、。 とにかく、、、死ねるのなら死ぬのもいいと思います。 僕的には、死ねれば人生初めての成功、って感じです。 特に、これからの社会もあまりいい期待は出来そうにない、というかひどいことになりそうなので、今は様子見、って感じで、生きてないほうが何ぼか懸命な判断だと思います。 母親は生むな、生きてる人間は自殺した方がいい。 自分の良心から、人には多分、そうアドバイスします。

次の