ウェンツ 英語。 【2020】ウエンツ瑛士の英語力が上達!留学先や期間は?

ウエンツ瑛士

ウェンツ 英語

8月28日放送のバラエティ番組「火曜サプライズ」(日本テレビ系)で、MCを務めるタレントのウエンツ瑛士が9月末で芸能活動を休止し、10月から英国・ロンドンに留学してミュージカルの勉強をすると発表した。 3年前からロンドンで舞台に立つ夢を持っていたというウエンツは「たとえ誰かに迷惑をかけても、達成したいと夢であると自分の中で確認できましたし、それ以上の恩返しをするという覚悟ができましたので、今回留学するという決断をしました」と明かした。 留学期間は1年半で、それ以降は日本で芸能活動を再開する見通しだ。 英国留学と聞いて、気になるのはウエンツの英語力だが、厳しい見方が出ている。 ウエンツはアメリカ人の父と日本人の母を持つハーフだが、英語はさっぱりだというのだ。 「2017年9月2日、都内で行われた出演映画『禅と骨』の初日舞台挨拶で、ウエンツの英語力のなさが暴露されています。 ウエンツは日系アメリカ人を演じましたが、共演者の豪州出身芸人のチャド・マレーンから『こんなにウエンツさんが、英語ができへんとは』と苦笑されていました」(芸能記者) しかしウエンツには秘策があると芸能記者は続ける。 「今年1月16日放送の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)で、ウエンツは学生時代に実践していた驚愕の勉強法を明かしています。 実家にいるとき限定ということでしたが、夜、生まれたままの姿で勉強するそうです。 親がいつ起きてくるかわからないから緊張感が増すとウエンツは説明していました。 おかげで高校時代は成績が上がったというから効果はあったのでしょう。 実家に戻るか、誰かを自宅に呼び、この方法で勉強すれば英語も上達するはずです」 1年半後、キングスイングリッシュは身についているのやら? (石田英明).

次の

ウエンツ瑛士の学歴|出身高校中学校や大学の偏差値|全裸で勉強していた

ウェンツ 英語

【目次】• 小学4年生から5年間、NHK教育番組『天才てれびくん』に出演、 当時はお笑いキャラというより二枚目キャラとして子供とその母親世代の人気を集める。 『天才てれびくん』卒業後、ジャニーズなどからスカウトがありながら、全て断り芸能界を一時引退した。 ウェンツ瑛士の留学理由とは? ウェンツ瑛士さんは、活動休止の際に、留学の理由について下記の様にコメントしております。 「10月から留学することになりました。 9月末をもって日本の活動を一時休止し、ロンドンで演技の勉強をします」と自らの口で報告した。 留学期間は1年半。 「3年前から、ロンドンで舞台に立ち続けたいという夢を持ち始めました。 この数年、日本にいながら夢に近づく方法を考えましたが、迷惑をかけても達成したい夢だと確認できた」 と決断の理由を説明した。 なんでも、 2014年、28歳の時に出演したミュージカル 『天才執事ジーヴス』に出演したのがミュージカルにのめりこんだきっかけの様で、そこから突き詰めていった結果、「留学したい」と決断された様です。 正式な発表はありませんでしたが、ここからは予想ということでお伝えしていきます。 アメリカのブロードウェイと並び、ロンドンのウエストエンドは、 ミュージカルの本場!! ・オペラ座の怪人 ・ライオンキング ・レ・ミゼラブル などなど、確かに誰もが知っているミュージカルですね! ウエンツ瑛士さんは、ロンドンの舞台に立つことを目指して留学したのでこのウエストエンドシアター付近だと予想されます。 そこで、調査した結果、ミュージカルを中心に演劇を学べるスクールが数多く点在します。 1ヶ月くらいの短期間のものから、3年近くの長期のものまで様々なコースがあるそうです。 演技が出来て、歌は歌えても日本語ではダメでしょうね。。。 一体、どのくらいの英語力をお持ちだったのでしょうか? ドイツ系アメリカ人の父親を持つウエンツ瑛士さん、きっと自宅では英語と日本語を喋り、バイリンガルな環境で育ってきたのでは?と考えておりましたが、、、、 実は、英語力が乏しく、日本人離れした見た目とは違って英語が苦手だったそうです。 しかしながら、、、 2020年3月10日放送のバラエティー番組『火曜サプライズ』にてウエンツ瑛士さんが出演! なんでも、ヒロミさんがウェンツが真面目に勉強しているのか?心配で番組のアポなし企画で会いに行ったそうです。 留学の基礎である英語力もつき、ミュージカルの勉強もしっかり出来たことでしょうね! これから、日本でのミュージカル出演も増えることでしょう。

次の

ウェンツ瑛士はなぜ留学したの?現在の英語力や帰国の理由とは?

ウェンツ 英語

もくじ• ウエンツ瑛士の英語力がヤバい!【火曜サプライズ】 2020年3月10日に放送された「火曜サプライズ」。 そこに1年半ぶりとなるウエンツ瑛士さんの姿が映し出されました。 ウエンツ瑛士さんといえば、ウエストランドの舞台に立ちたいと、2018年10月から、レギュラー番組を降板し、単身英国に留学していたことでも知られています。 ウエンツ瑛士さんは、 「父親はドイツ系アメリカ人、母親は日本人」というハーフです。 お父さんとお母さんは、ウエンツ瑛士さんと違い英語はペラペラ。 確かお兄さんもいて、アメリカのスクールに通っていたりと留学経験者で、ご両親と同じように英語はペラペラなのだそう。 同じ家庭にいながら、なぜウエンツ瑛士さんだけ話せないのか不明ですが・・・。 「英語を話せる遺伝子がどこにあるのかわからない」 と自分で語るほど、英語が話せないことでも有名でした。 そのウエンツ瑛士さんが、単身英国に留学をし、異国の地で舞台に立つというのですから、留学が公表された当時は、驚きの声があがりました。 英語も話せないのに大丈夫なのか・・・と思いきや、1年半ぶりにその姿を見せたウエンツ瑛士さんは驚きの姿を見せます。 あんなにも苦手だった英語が、まるでずっと現地に住んでいる人のように、流暢にペラペラになっているのです。 この姿に、ネット上でも 「英語がペラペラになっている!」「ウエンツ瑛士の英語が上達してる!」などの声が相次ぎました。 大変です!ウエンツさんペラペラです!! — 暫定。 全く話せないと語っていたウエンツ瑛士さんですが、この1年半の間にいったい何があったのでしょうか。 何か特別な勉強方法でもあったのか、気になります。 ウエンツ瑛士さんは、 ロンドンにあるウエストランドの舞台に立つために留学。 2019年の12月に朝日新聞の取材を受けたウエンツ瑛士さんは、ロンドンでの生活を以下のように語っていました。 これは何度も聞かれることなのですが、留学直前は単語を覚えるぐらいの勉強程度で、本当に英語ができなかったので、ロンドンでは演劇のレッスンに通うかたわら、語学学校にも通いました。 ですが、初日に間違って同名の別の学校に行ってしまうほどで。 引用:朝日新聞 ロンドンに行く前は、 「単語を覚える程度の勉強」だったそうです。 現地にいって、英語のできなさに困ることも多かったのか、 「演劇レッスンに通うかたわら、語学学校にも通っていた」と話しています。 ところが、初日に間違えて同名の別の学校にいってしまうという失敗も。 言葉の分からない慣れない土地での生活は、大変だったようですね。 なんとか入学したものの、振り分けられたのは5段階の下から2番目のクラス。 3カ月ほどはまともに会話もできなくて、まして英国の冬は日が短くて毎日太陽を浴びられなかったこともあって、一時はうつのようになってしまった。 引用:朝日新聞 舞台に立つ華やかな夢を追いかけて、意気揚々と留学したはいいものの、 「はじめの3か月はまともに会話出来なかった」と語っています。 何事もはじめの3か月は大変とよく言いますが、ウエンツ瑛士さんもはじめの3か月は、会話が成り立たず、苦労されたようです。 一時期は、うつのような状態になったウエンツ瑛士さんですが、徐々に英語力を身に着けていきました。 英国に留学してから1年近くたった2019年12月には、イギリスの自宅と火曜サプライズのスタジオを中継で結び、ヒロミさんと会話。 ところは、2020年3月10日に、映し出されたウエンツ瑛士さんは、お茶の間の人々が驚くほどペラペラに・・・! 街中の店員さんとも笑顔で会話できるまでに上達していました。 ウエンツ瑛士さんがこれほどまでに短期間で英語が上達したのは、語学学校に通っていたのもあると思いますが・・・。 おそらく、異国の地で話さなければならない環境に身を置いてみて、必死ながらもがむしゃらに過ごしているうちに、徐々に英語力がついていったのではないでしょうか。 よく英語を覚えるには、 「耳でたくさん聞くのがいい」と言いますが、まさにそれを地で実践したからこそ、上達できたのではないかと思います。 いつまでの話せなければ、現地で生活するのにも困りますからね。 いやでも、身についてしまったのかもしれません。

次の