マイ バスケット。 マイバスケット

まいばすけっと

マイ バスケット

スーパーマーケットで使う「マイバスケット」は賛否両論ですが、トータルで考えると合理的なので、おすすめしたいと考え記事を書いています。 唯一ご指摘を受ける点は「マイバスケットだと詰めるのに時間がかかるので後に並んでいる人に迷惑。 」ということ。 それから、レジ担当者からも「嫌だ」という声もあります。 一方では、「清算カゴへも丁寧に詰めているので手間は変わらない」というレジ担当の方もいらっしゃいます。 マイバスケットは多くのスーパーで推奨されていますし、スーパーでもマイバスケットが販売されています。 私は生協で購入したマイバスケットを使っています。 値段は300円でした。 生協ではレジ袋削減取り組みをしていて、マイバスケットは2000年から販売を開始し、 年間4,000~5,000個売れているそうです。 それでは、実際にマイバスケットを使っての買い物の流れをご紹介します。 空のバスケットを2個車に積んでいます。 スーパーに到着し、駐車場からエレベータで売り場に向かうと、 こんな注意書きが書いてありました。 マイバスケットは大丈夫です。 売り場に着いたら、お店のカゴの下にマイバスケットをセットして買い物をします。 買うものをカゴに詰めてレジに並びます。 レジの方も、人によってスピードや詰め方のセンスが異なりますので、早くてセンスの良い方のレジへ並びます。 この方は、このお店でNo. 1です。 スピーディーで詰め方が効率的。 見ていても気持ち良くて安心です。 詰め替え後です。 量は変わりません。 あふれそうです。 これを、このままカートで運び、車へ乗せます。 軽いほうは奥、重いほうは手前です。 (基本ですね。 ) 帰宅したら、このままキッチンへ。 ここからは、各収納場所へ移動です。 カゴは空いたら、車へ戻します。 終了! 徒歩や自転車の場合は別ですが、車の場合はマイバスケットが効率的ですので、 おススメです! 清算かごに詰めたものを、その直後にすぐ隣のサッカー台で詰めなおすという事が、 とても非効率に感じます。 マイバスケット率が上がれば、サッカー台も減らせますし、清算カゴの移動作業も減ります。 トータルでメリットのほうが大きいです。 マイバスケットも安いですので、ぜひお試しください。 イオンにも売っています。 「お金をかけずに生活を豊かにする」をメインテーマにブログを書いていますが、 ポイントは『マメであること』と『時間を大切にすること』だと思っています。 また役に立ちそうなネタがありましたらアップします。 【更新】2018年12月16日 レジ担当者の方へ配慮したバスケットへの品物の詰め方を追記致します。 品物は出来る限り分類して入れます。 例えば、野菜など、冷蔵・冷凍食品など、に分けます。 乾物やお菓子なども分けました。 お米や、トイレットペーパーなどの大きいものは、別のカートに載せました。 その際、バーコードが見えるように載せます。 品物を積み終わりました。 では、レジで清算をお願いします。 大きな品物は、移動していただくことなく、カウンターから手を伸ばしてバーコードを「ピッ」としていただきます。 レジを終えました。 とても綺麗に詰めて頂きました。 車まで運んできました。 車に載せました。 買い物終了です。 以上、「マイバスケットのすすめ更新版」です。 最後までご覧いただき、ありがとうございました。 お店の立場、客の立場で、ご意見などございましたら、コメントをお願い致します。

次の

マイバスケットデビュー

マイ バスケット

こんにちは、1級建築士でヨムーノライターのusagi worksです。 スーパーでのお買い物でレジ袋が有料になることも多くなり、すっかりマイバッグの持ち歩きも当たり前になりました。 でもマイバスケットを使っている人は、まだまだ少ないように感じます。 車でお買い物に行くことの多い地域ではマイバスケットはかなり便利だと思うので、100均グッズなどで簡単なアレンジアイデアをご紹介します。 買い物の時短に!袋詰め不要のマイバスケット 週末に食料をまとめ買いすることの多いわたしは、かなり前からマイバスケットを2個も愛用しています。 レジで精算する時に、マイバスケットをお店の方に渡して直接商品を入れてもらいます。 そのため清算後に買ったものを袋に詰める必要がなくなるので、かなりの時短となります。 型崩れせず持ち運びやすいのもメリット まだ子ども達が小さい頃、1人でスーパーに買い物に行った時は本当に助けられました。 バッグと違い、重いものが入っても形が崩れないのも便利です。 上部の柔らかいものが潰れる心配もなく、安心して持ち運びできます。 そんな利点から、すっかりわたしのスーパーでの必需品となっているのがマイバスケットです。 マイバスケットの選び方 まず用意したのは、素材となるバスケット。 定番のスーパーのレジカゴと同じ、大容量のバスケットです。 ネットストアで、600円くらいで購入しました。 レジカゴとほぼ同じサイズで違う色を選ぶのがポイント レジカゴよりサイズが小さいとお買い物の最中に、スーパーの店舗カゴの下にマイバスケットを重ねてカートに乗せることができなくなります。 それとレジカゴとの見分けが付きにくいので、バスケットの色はよく行くスーパーのレジカゴとは違う色を選ぶのがポイントです。 わたしは薄いグレーと濃いグレーで悩みましたが、汚れの目立ちにくさを考慮してダークグレーを選びました。 アレンジグッズ バスケットをアレンジするために用意するもの。 とっても柔らかく繰り返し貼って剥がせるシールで、水にも熱にも強くかなり丈夫そうで高級感のあるシールでした。 そして最後にいつか活用できる時が来るはず……と大事にしまっていた、アップルマークのシール! こちらは、iPhone購入時についてきたものです(笑)。 今回は、これらを活用してみました。 アレンジしたみた まずバスケットの正面側には耐水・耐熱シールとホイルエンボスシール、セリアのシールを2種類を使ってみました。 そしてバスケットの側面側には、アップルシールを。 ダークグレーに、アップルシールの白が映えます! こうして、とっても簡単にオリジナルのマイバスケットが完成! 100均のシールとウチにあったシールで、シンプルなバスケットが自分だけのマイバスケットになりました。 まとめ マイバスケットは、普段はパントリーのユニットシェルフの上で待機しています。 少し手を加えただけなのに愛着が湧いてきて、パントリーで目にするとなんだか少し嬉しいです。 スーパーでのお買い物で買ったものを袋に詰める必要がなくなり、すっかりわたしのスーパーでの必需品となっているマイバスケット。 これからもお気に入りのシールなどでアレンジして、愛用していきたいと思っています。

次の

【レジ袋有料化】イオンのマイバスケット(レジカゴ)無料交換・返金までしてくれるので実質無料。|ポイ活のすすめ

マイ バスケット

ご来店、誠に有難うございます。 スーパーマーケットオンラインショップ運営責任者の樋口です。 このサイトは、全国のスーパーマーケット、百貨店、コンビニ、ドラッグストア等の取引先に、買物カゴやショッピングカート、ベルトパーテーション等の店舗什器や備品を卸している、製造・販売メーカー株式会社スーパーメイトが運営している通販サイトです。 業界では老舗のメーカーとして、開発力・技術力・製造力に定評あり、何十年も皆さまから支持され続けております。 この本店サイトは、業界の方から一般個人の方までも安心して購入して頂ける様、メーカーとして責任持って運営対応しております。 ご質問等ありましたら、お問合わせ頂ければと思います。 スーパーメイトオリジナルのマイバスケット。 レジ袋有料化でエコ活動として生まれたバスケットを販売しております。 買物を楽しく、普通のカゴとは違うキャラバスケットが欲しい方に! 現在、 33Lカゴのキャラクターバスケット及びマイバスケットは一時販売をストップしております。 次回の販売予定は見えておりませんが、見えましたらこのページにて発表させて頂きますので、しばらくお待ち願います。 今現在、33Lカゴ次回販売開始日は未定です。

次の