大阪 市立 大学 商学部。 大阪市立大学商学部・大学院経営学研究科

大阪市立大学商学部・大学院経営学研究科

大阪 市立 大学 商学部

前期日程-合格者成績推移 センター試験 年度 配点 最低点 平均点 最高点 2011 500 344. 6 384. 8 424. 4 2012 500 339. 3 390. 0 424. 4 2013 500 314. 6 369. 8 429. 0 2014 500 331. 1 374. 4 411. 1 2015 500 332. 8 376. 4 418. 5 2016 500 343. 5 377. 3 415. 2 2017 500 356. 9 390. 9 457. 5 2018 500 339. 2 386. 8 422. 3 2019 500 365. 6 398. 6 444. 1 2020 500 357. 2 387. 5 441. 5 個別学力検査等(2次試験) 年度 配点 最低点 平均点 最高点 2011 500 213. 8 261. 1 346. 5 2012 500 225. 0 286. 5 368. 2 2013 500 233. 5 292. 1 372. 2 2014 500 212. 2 260. 4 342. 1 2015 500 222. 4 268. 8 358. 6 2016 500 189. 8 236. 9 293. 1 2017 500 216. 6 265. 9 346. 8 2018 500 228. 0 286. 3 347. 1 2019 500 210. 2 253. 5 321. 5 2020 500 211. 7 259. 8 330. 6 総点 年度 配点 最低点 平均点 最高点 2011 1000 614. 2 645. 9 729. 5 2012 1000 639. 3 676. 5 775. 4 2013 1000 618. 8 661. 8 791. 6 2014 1000 601. 1 634. 8 711. 2 2015 1000 612. 9 645. 2 775. 4 2016 1000 583. 4 614. 1 689. 5 2017 1000 621. 8 656. 8 745. 9 2018 1000 639. 0 673. 1 759. 1 2019 1000 618. 0 652. 1 741. 2 2020 1000 614. 8 647. 3 745. 5 後期日程-合格者成績推移 センター試験 年度 配点 最低点 平均点 最高点 2011 600 496. 2 509. 7 532. 4 2012 600 419. 8 497. 8 534. 2 2013 600 463. 6 487. 8 542. 4 2014 600 458. 8 483. 9 525. 8 2015 600 496. 2 508. 1 536. 4 2016 600 485. 6 506. 5 554. 6 2017 600 508. 2 522. 3 540. 4 2018 600 485. 0 506. 2 553. 0 2019 600 518. 6 531. 9 576. 0 2020 600 497. 8 516. 1 544. 2 過去問 次の2冊で直近8ヵ年分になります。

次の

大阪市立大学商学部の情報(偏差値・口コミなど)

大阪 市立 大学 商学部

商学部ホームページ 理念 1880年開設の大阪商業講習所を源流とする大阪市立大学商学部は、130年をこえる歴史と伝統があります。 戦前は現在の一橋大学、神戸大学とともに「三商大」の一角を担い、わが国有数の学部として、今日まで常に日本の経営学・商学・会計学の分野をリードしてきました。 経済を構成する最小単位であり、社会における財・サービス生産の担い手である「企業」。 商学部では「企業」の活動を通して、「生きた経済」を学びます。 常に見据えているのは「現実」ですが、「理論と実務の統合」を学風とする本学部では、理論や歴史も大切にしています。 本学部での教育の最大の特徴は、少人数でのゼミナール制度を採用していることです。 教員との親密で徹底的な討論を通じて自分の頭で物事を考え、それを明確に表現できる能力を養うために、きめ細かな教育が行われています。 実社会との交流を重視する「考える実学」を基礎に、時代を見通せる能力の育成をめざします。 都市に基盤を置き世界的な視野に立って、経営学・商学・会計学に関する教育研究の発展をめざします。 先端的な研究の成果を活かした教育の発展をめざします。 人材の養成に関する目的その他の教育研究上の目的• 経営学・商学・会計学の学問的知識を身につけ活かすことのできる人材を育成する。 課題発見能力と解決能力を身につけた個性と社会性あふれる人材を育成する。 (商学科)• おもに企業のマネジメントで活躍し、社会の持続可能な発展に貢献する人材を育成する。 (公共経営学科)• 3ポリシー ディプロマ/カリキュラム/アドミッション ポリシー ・ディプロマポリシー 学位授与の方針 、カリキュラムポリシー 教育課程編成・実施の方針 、アドミッションポリシー 入学者受入の方針 については、以下よりご覧いただけます。 学科構成• 商学科• 公共経営学科 卒業生の進路 商学部 エヌ・ティ・ティ・データ、関西電力、キヤノン、神戸製鋼所、住友商事、住友電気工業、積水化学工業、田辺三菱製薬、東京海上日動火災保険、トヨタ自動車、日本アイ・ビー・エム、日本放送協会、野村證券、富士フイルム、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行 他 大阪市立大学大学院、東北大学大学院 取得可能資格 商学科 中学校教諭1種免許状〈社会〉 高等学校教諭1種免許状〈地理歴史〉 高等学校教諭1種免許状〈公民〉 高等学校教諭1種免許状〈商業〉 公共経営学科 高等学校教諭1種免許状〈商業〉 この他に、実務経験により、受験資格が得られる免許・資格があります。 学部において取得できる教員免許については、今後変更される場合があります。

次の

大阪市立大学の偏差値 【2020年度最新版】

大阪 市立 大学 商学部

A ベストアンサー どうも質問を見る限り、あなたのなかでもう「答え」は出ている気もします。 (笑 法曹になりたいのでしたら、市大に行かれるべきでしょう。 公務員になる気がないのなら、なおさらです。 政策学部に言ったところで、つまらないだけではないですか?もっとも、今の志望なんてコロコロ変わるものですから、こういうのは半分勢いで決めるしかないのですが・・・ 法曹になりたいのならば、法学部に行くべきですね。 その後、京大・阪大・市大・神大・同大などの法科大学院を目指せるよう、頑張って下さい。 一部では、語学も必要なようですよ。 入学試験の難易度は、おしなべてあまりかわらないでしょう。 今は、国公立と私立の偏差値的な微妙なランキングが気になるかもしれません。 でも、市大と同志社でどちらかが一方的に社会的評価が低いということは考えにくいですから、あとは殆ど好みの問題でしょう。 対応できないと辛いかも。 地味ながら総じて優秀、という雰囲気。 まあ、こんなところでしょうか。 どうも質問を見る限り、あなたのなかでもう「答え」は出ている気もします。 (笑 法曹になりたいのでしたら、市大に行かれるべきでしょう。 公務員になる気がないのなら、なおさらです。 政策学部に言ったところで、つまらないだけではないですか?もっとも、今の志望なんてコロコロ変わるものですから、こういうのは半分勢いで決めるしかないのですが・・・ 法曹になりたいのならば、法学部に行くべきですね。 その後、京大・阪大・市大・神大・同大などの法科大学院を目指せるよう、頑張って下さい。 一部では、語... A ベストアンサー ものすごく単純な話をしますね。 日本の国民のかなりの人数が関東・首都圏に住んでいて、若年人口はさらに多い比率になっています。 なので、関東に住んでいる人(私もですが)は、基本的に、地方の大学はほとんど知りません。 知っているとしてもスポーツを通してとか、予備校での知識とか、大学での本質ではないところで知っているだけということが多いようです。 大阪大を地方国公立大とか、九州大と同位置とか思っている人がけっこういるんじゃないかな? で、話を戻して、 今も昔も、早稲田大は、私立の最高峰。 天下の東京大の滑り止め(併願校)です。 国立大理系学部が基礎研究を軸に設立されたことに対抗して、実社会に役立つ大学を目指して、実学に特化した大学とも言えます。 なので、現在では私学の学究の府の頂点は慶應大に譲ってしまった感がありますが、今でも有能な卒業生を輩出し、なを維持しています。 神戸大は動きが少ない国公立大の中では珍しく、近年上昇中の大学で、京都大の滑り止め(第二志望校)の位置づけを確保しつつあります。 本来は私学では同志社、国立では大阪大がこの位置をしめるべきなのですが、大阪大はセンター試験重視のため、センター試験に失敗した京都大志望者にはつらいところがあり、神戸大がその位置を占めつつあります。 また、教えている内容も、国立大としては独自のものがあるので、一度サイトなどで見られては? 基本、入試面からの大学の位置づけとしては大差ないというのがホントのところではないでしょうか? 先生が神戸大を薦められたと言うことは、主要教科の学力が高く、しかも5教科バランス良く成績がよい科目があるということですよね。 社会にとってはこのバランスの良い人間を育てることは大切なことです。 ほどほど万能でかつ専門を持っている人が理想ですからね。 親御さんや先生が国立大を勧める最大の理由が、社会に出るための最低限の知識である高校の授業で5教科をきちんと勉強して送り出せるからです。 大学では、高校ほど幅広くは勉強しませんからね。 専門の勉強は大学からで十分です。 また、高校の先生としては親御さんの経済的な負担についても考えないといけませんから。 東京の私立校のように金持ちばかりが通っているというわけでもないですからね。 ただ、人生はあなたのモノですから、あなたがきちんとした理由を持って早稲田大に行きたいなら、その旨を説明して、自分の選択を通すべきです。 世の中、平等ではありません。 経済的な問題がないかは、きちんと親御さんと相談されたうえでの話でですよ。 また、あなたは一つ勘違いをされているかも。 あなたは現在、高校2年生ということですよね。 現在の学力バランスが分からないので、何ともいえませんが、普通なら、現時点で難易度が高いのは神戸大の方です。 受験時の難易は早稲田大の方が高いですが、これは入試科目数を絞って受験勉強をした結果によるモノです。 これから5教科の成績を伸ばしていく方が難しいのはカンタンな理屈でしょう? その意味でも、国立大に興味がないなら、早稲田大に向かって早めに対策を始めた方が良いと思いますよ。 早稲田はかなり独自な入試問題が出ます。 単純な高校の学習の延長線で受かる国立大とはちょっと違いますので、気をつけてくださいね。 ものすごく単純な話をしますね。 日本の国民のかなりの人数が関東・首都圏に住んでいて、若年人口はさらに多い比率になっています。 なので、関東に住んでいる人(私もですが)は、基本的に、地方の大学はほとんど知りません。 知っているとしてもスポーツを通してとか、予備校での知識とか、大学での本質ではないところで知っているだけということが多いようです。 大阪大を地方国公立大とか、九州大と同位置とか思っている人がけっこういるんじゃないかな? で、話を戻して、 今も昔も、早稲田大は、私立... Q 弟が名古屋在住で地方受験で、高望みだった第一希望群の同志社大学経済学部と明治大学商学部を受けて両方受かりました。 国立大学はセンターでかなり失敗してしまったとのことなので、見込みはないそうです。 学費の払い込みも準備しており、ほぼどちらかに決めることになるそうなんですが、どちらの大学がいいでしょうか? 両校の良い点、悪い点、OBOGの方のご意見もうかがいたいです。 弟はもともと経済系学部志望です。 同志社経済のほうが明治商より少し偏差値的には上と聞いています。 また明治商は明治の看板学部で学内でのステータスは若干他学部より高いと聞いたことがあります。 少ないデータで、根拠にもならないですがわたしの知人の両校のOBの人は同志社はやや育ちがいい感じで少しプライドが高い、明治は少ししみったれているが、インテリ臭さがないといった印象です。 わたしが彼にアドバイスしたのは、将来の就職を見据えたとき、東京の明治にいくってことは東京での就職に影響されることになるよ、ととりあえず言いました。 まだ東京で就職とかUターンで地元に帰って就職とか全く想像つかないとは言っていましたが。 また、わたしは関西圏の事情には少し疎いので教えていただきたいのですが、京都の同志社にいくということは関西の中心である大阪の大手企業への就職へ影響されることになるのでしょうか?また関西大手企業の事情として、東京に本社機能を移転している企業が多いと聞いています。 多数の会社の本社が東京に移転するということは、大阪で就職活動しても、事実上東京で働くことになるのでしょうか?あるいは全国展開の上場企業でも関西地域採用枠で関西圏中心の勤務などがあったりもするのでしょうか? どうかアドバイスお願いします。 弟が名古屋在住で地方受験で、高望みだった第一希望群の同志社大学経済学部と明治大学商学部を受けて両方受かりました。 国立大学はセンターでかなり失敗してしまったとのことなので、見込みはないそうです。 学費の払い込みも準備しており、ほぼどちらかに決めることになるそうなんですが、どちらの大学がいいでしょうか? 両校の良い点、悪い点、OBOGの方のご意見もうかがいたいです。 弟はもともと経済系学部志望です。 同志社経済のほうが明治商より少し偏差値的には上と聞いています。 また明治商... A ベストアンサー 同志社でも明治卒でもありませんが、某企業の人事部にいます。 就職を重視するなら結論はズバリ「同志社」でしょう。 No.9の方は一般的な知名度で明治を推してますが人事担当者にはそんなこと全く関係ありません。 ついでに言うと「東京六大学」は単なる野球のリーグです。 良く「東京の名門大学」の代名詞と勘違いしている方がいるのですが・・・。 確かに同志社に進んだ場合、西で就職する方がアドバンテージは大きいですが、同志社・関西学院あたりまでなら全国でも立派に通用しますよ。 当社は東京が本社ですが、採用には「西枠」があり、事務営業系なら関関同立あたりのイキが良いのがたくさん入社してます。 ある程度実力で採用が決まるのはもちろんですが、一般的に企業は厳しい学校ランクを持っていることを認識して下さい。 私立大学で同志社より明らかに上と断言できるのは(学部によるが)早慶上智だけです。 Q 今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。 他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。 そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を いくつか見させていただいたのですが、 その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が いくつかあったので質問させていただきました。 例えば、 ・帰国子女に甘い ・外国語ができれば入れてしまう ・実際学生や卒業生も英語だけできるという人が多い ・早慶とは区別されて下に位置する(これは一般的なようですが) などです。 特に『外国語だけ』という意見が目立って気になります。 この評判は本当なのでしょうか? できるだけ詳しい方、上智大学に近い方などに答えていただけると嬉しいです。 卒業生でしたら個人的な意見でも良いので。 上智以外受からなければどのみち仕方ないのですがどうぞよろしくお願いします。 今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。 他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。 そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を いくつか見させていただいたのですが、 その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が いくつかあったので質問させていただきました。 例えば、 ・帰国子女に甘い ・外国語ができれば入れてしまう ・実際学生や卒業生も英語... A ベストアンサー 元塾講師です。 帰国子女に甘いというのは事実です。 今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。 帰国子女はまず間違えません。 勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。 その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません) 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。 特に国語はよくできた問題が多く(全然だめなものも一部ありますが)過去問は論理力を養成するには言い教材になります。 ただそれらをしっかり教えられる高校・予備校教師が少ないのが現状で上智の問題の良さを世間が認識していないのが現状です。 理由は早慶より少し下のレベルで入学者が少ないため扱われることが少ないためです。 ただ、マーチとは一線を画す理由もここにあると思ってます。 マーチは論理力がなくても暗記一辺倒で合格できますから。 知っている人からすれば「上智の外語学部出身者」は一目置く存在のはずです。 大学としては確かに早慶に次ぐ順位という扱いですが外国語学部に関して言うと早慶と差はありません。 上智、もしくはそれ以上の大学の人はそうではないことは十分知っています。 上智大学は素晴らしい大学と思いますが、早慶と比べると「キャンパスが小さい」、「学生・卒業生数が少ない」、「専門的な勉強はできるが一般教養や幅が広い交流がしにくい」等のデメリットはあるかもしれません。 内部進学がある早慶などの大学では彼らからその大学の雰囲気を勉強しながら生活するのが楽ですが上智にはそれがありません(勿論国立大学もですが)。 ただそうしたことがない方がいい場合もあるので何とも言えません。 英文を勉強するには非常にいい環境です。 ただOB・OGが少ないことなどで就職活動で早稲田より若干落ちることはあります。 ただ、大学名で落とされることはまずありません。 最終面接で「幹部に早稲田が多いから」というレベルで落ちるだけです。 しかし面接でも勉強した内容はよく聞かれるので、上智で一生懸命勉強した方が印象は良くなるのは言うまでもありません。 乱文・長文で申し訳ないですが参考になれば幸いです。 元塾講師です。 帰国子女に甘いというのは事実です。 今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。 帰国子女はまず間違えません。 勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。 その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません) 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。 特に国語はよくできた問題が多く(全... A ベストアンサー No4の者です。 今はどうか知りませんが、一昔前の早稲田には「科目履修制限」というものがありました。 何かと言うと「1年間で履修できる科目数に上限がある」というものです。 この制度によって、「1年生の時に大量に単位を落とした結果、2年生に進む前に留年が決定」する哀れな人がたまにいました。 早稲田の場合、5年生とか6年生という呼び方になるので、大学を卒業するまでに5年以上かかることが1年生の時に確定してしまうということです。 たいていの大学では、「履修制限」なんて非情な制度はないので、1年生の時にたくさん単位を落としても、2年生以降で頑張れば挽回して4年で卒業できる 可能性がある はずです。 あるいは、3年まででたくさん単位を取り、4年生の時はゼミに出て論文を書くだけ、という状況にできます。 早稲田では、3年まで全優の人であっても、例えば4年の時に試験前に交通事故に遭って入院すれば、単位不足で留年する恐れがあります。 やむを得ない事情があっても、学校に行って試験を受けなければ普通は単位を取れませんから 今の早稲田に「履修制限」制度があるのかどうか知りません。 ただし、この制度は「学生が多すぎるから」設けられたものでしょう。 早稲田の学生が校舎や教員の割に多すぎるのは他の方が指摘されるように「早稲田の伝統」なので、「履修制限」が現存していても不思議はないと思います。 また、他の方も指摘されるように学生が多すぎる早稲田では、学年の3~4割?の学生はゼミに入れず「ゼミなしっ子」になり、就職に不利になります。 この段階で「勝ち組・負け組」に分かれると言って良いでしょう。 誰も、入学時には自分がゼミに入れないなんて思わないわけですが、ゼミの総定員が学生数より明らかに少ないので、ゼミなしっ子は確実に発生していました。 考えてみればとんでもないことです。 「履修制限」「ゼミなしっ子」、いずれも入学してから知って「ウソだろ!」と驚愕することです。 早稲田のパンフレットには一切書いてありません。 なお、早稲田が阪大に勝るのは「学生の多様性」「大都会の刺激」でしょう。 大学時代にいろんな人と接して人生経験を積みたいのなら、阪大より早稲田です。 まあ、そんな変な人生経験は積まない方が安全かもしれませんし、変な世界に走ってしまうウブな学生も毎年一定数います。 No4の者です。 今はどうか知りませんが、一昔前の早稲田には「科目履修制限」というものがありました。 何かと言うと「1年間で履修できる科目数に上限がある」というものです。 この制度によって、「1年生の時に大量に単位を落とした結果、2年生に進む前に留年が決定」する哀れな人がたまにいました。 早稲田の場合、5年生とか6年生という呼び方になるので、大学を卒業するまでに5年以上かかることが1年生の時に確定してしまうということです。 たいていの大学では、「履修制限」なんて非情な制度はない... Q 上智大学外国語学部(英語以外)と早稲田大学文学部に合格しました。 どちらも落ちるか、一方しか受からないと思ってたのに、2つとも受かって悩んでいます。 語学や国際関係学に興味があるので、上智が良いのかなと思っていましたが いざ早稲田に受かってしまうと、ネームバリューや規模の大きさにちょっと惹かれます。 また、今年の学部改変で早稲田文学部では以前の外国文学各コースに語学もプラスしたようで、 語学&国際エキスパートの上智or語学もまぁできるネームバリュー抜群の早稲田という選択になり難しくて・・・ 将来就きたい職業は具体的に決まっていません、公務員から企業就職まで幅広く考えています。 英語以外の語学は全くの未経験です。 帰国子女でもありません。 自宅は四国ですから、どっちを選んでも上京して一人暮らしをします。 いろいろな方に、いろいろな観点からアドバイスいただけたら嬉しいです。 どうか宜しくお願いいたしますm( )m A ベストアンサー こんにちは企業で学生採用やってます。 どちらにしようか困ってるんですね。 将来何したいかも入学後ってことですね。 ワイワイ学生生活楽しく満喫なら早稲田。 しっかり勉強でも、学生生活もってなら上智。 両方の大学も企業から信頼もあるし申し分ないでしょう。 ただ、早稲田の文学部の就職は同大学の他学部 より落ちるようです。 求人数で。 とにかく早稲田の文学部ならメインキャンパスから 少し外れますが高田馬場付近なので 賄い付き下宿街などあったり、安アパートも 近くにあります。 早稲田界隈は 学生街で学生っぽい生活が過ごせます。 早稲田価格でランチ、ディナーお腹いっぱいになる お店がワンサカあり、とても全て通えません。 さらにサークル活動も早稲田が上です。 スパーフリーもどきや他大とつながってるサークルも いっぱい、公認非公認、同好会などそれはそれは 活動が自由です。 気をつけてください。 犯罪に巻き込まれます。 特に地方出身者は 巻き込まれやすいです。 上智の四谷はビジネス街なので周囲の雰囲気が 学生っぽくありません。 安い店もないし。 アパートは東京郊外へ出ないと安くないし 通学上朝ラッシュは地獄です。 ただ、将来国際的な仕事に就きたいなら 上智がお勧めです。 求人もそれなりのところから 来ています。 上智の外国語学部なんて 受かろうと思っても受かりにくいところですよ。 上智でも早稲田ほどではありませんが サークルちゃんとありますし、 どちらを選んでもいいと思います。 ネームバリューはこの際捨てて 第3者の目から再度考えてみてください。 楽しい学生生活お祈りいたします。 いいな、私も学生と会うたびあの頃に 戻りたいと思いながら、地方からでて東京に 住んでいます。 こんにちは企業で学生採用やってます。 どちらにしようか困ってるんですね。 将来何したいかも入学後ってことですね。 ワイワイ学生生活楽しく満喫なら早稲田。 しっかり勉強でも、学生生活もってなら上智。 両方の大学も企業から信頼もあるし申し分ないでしょう。 ただ、早稲田の文学部の就職は同大学の他学部 より落ちるようです。 求人数で。 とにかく早稲田の文学部ならメインキャンパスから 少し外れますが高田馬場付近なので 賄い付き下宿街などあったり、安アパートも 近くにあります。 早稲田... Q 今年受験をした現役生の男子です。 名古屋市立大学 人文社会学部 現代社会学科 上智大学 文学部 新聞学科 に合格しました。 市大は国公立の第一志望、上智は私立の第一志望で、ともに興味のある分野を学ぶ事ができ、やりたい事もあります。 それぞれの大学に魅力を感じ、どちらに進学しても良いと思っているので決めかねています。 自分は愛知の者で、将来的には在名の大手企業 特に運輸系のJR東海か名古屋鉄道 に就職したいと考えているので、名古屋における就職の有利さを進学先決定のキーポイントにしようと思っています。 上智大学は名古屋での知名度は高くはありませんし、名古屋の土地柄、在名企業には地元国公立大卒の方が有利だと思うのですが、どうでしょうか。 学費など金銭面や学習環境の差などは考えず、名古屋の企業への就職のしやすさという点だけをみると、どちらの大学を選択するのが賢明でしょうか。 情報やアドバイスをいただけるとありがたいです。 A ベストアンサー 大学が 就職のためだけと考えるのは 寂しいですね。 4年間の学びの時間から 人間としても大きく変わるチャンスが 得られます。 なんか 何十年も前の考え方のようにきこえます。 就職だけのための大学選び。 自分も 名古屋の大学でした。 で、今は 東京で活動していますが、 こちらでしか 得られないものはあります。 もちろん、地元でしかえられないものもあるでしょう。 僕としては、 若い頃に 家を離れ 東京という地で学ぶのも 大きな意味があると思いますが……。 本当に 学びたいことのある大学! 自分を成長させられる可能性のある大学! そんな尺度で考えるのも大事かも。 今は 大変な時代ですが、 4年後は全く読めませんね。 精一杯 悩んで 決めて下さいね。 Q 千葉在住の受験生の父親です。 愚息は当初(2週間前迄)東大希望でした。 しかし、センター試験が8割程度しか出来なかったという事で、進路を変更することとなりました。 受験校は東北大学と早稲田大学です。 本人の第一志望は東北大学で、旧帝国大学のブランドに引かれているようです。 彼が在学の高校は県立の進学校です。 卒業生の半数以上が国立で、東大や京大にも10名程度進学しておりますので、彼自身のプライドがあるようです。 私としては、昨今の厳しい就職や生活費も余りかからない早稲田大学を進めたいと思っております。 そこで、同じような条件で受験活動中の方や、既に両校に在学の方に、アドバイスをいただきたくお願いいたします。 いずれの大学も受験していない段階での質問で恐縮ですが、時期が迫っておりますので、至急アドバイスをお願いいたします。 A ベストアンサー 東北大学と思います。 私自身が、東北大学と早稲田大学の両校に合格しましたが、国立大学で学費の安さを考慮し躊躇せず東北大学を選びました。 (当時) 正解だったと考えています。 1)研究第一主義 2)学費の安さ が主な理由ですが、総じて皆良く勉強するのでそういう意味での刺激は一定期待できると思います。 数々の輝かしい業績は大学に入って初めて知ることとなりました。 仙台は支店経済ですが、東北地方の中心地であり街自体が非常にコンパクトにまとまっています。 一方で東北という自然に溢れた環境は非常に住みやすい処だと思います。 (卒業後、既に就職で上京していますが、「仙台は住みやすい」という意見は卒業生ほぼ全員一致しています) 下記は参考まで。 alumni. tohoku-university. alumni. tohoku-university. thomsonscientific. htm 東北大学と思います。 私自身が、東北大学と早稲田大学の両校に合格しましたが、国立大学で学費の安さを考慮し躊躇せず東北大学を選びました。 (当時) 正解だったと考えています。 1)研究第一主義 2)学費の安さ が主な理由ですが、総じて皆良く勉強するのでそういう意味での刺激は一定期待できると思います。 数々の輝かしい業績は大学に入って初めて知ることとなりました。 仙台は支店経済ですが、東北地方の中心地であり街自体が非常にコンパクトにまとまっています。 一方で東北という自然...

次の