指数表記。 エクセルで計算すると2.43E

指数表記とは

指数表記

・回答者 No. 1 ~ No. 3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。 0E-1 1. 0E-2 1. 0E-3 1. ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。 ・よって、『2. 43E-19』とは? 2. 0000000000000000001だから、 0. 000000000000000000243という数値を意味します。 ・E-数値は 0. 1、0. 01、0. 001 という小さい数を表します。 ・数学では『2. 43E-19 だと 2. つまり、 2. 全部で10が19回 ですね。 そのセルの状態では表示できないほど、大きな、あるいは小さな数字を表現する場合に使われます。 また、Excelでは多重共線性 multicollinearity 略称でマルチコと呼ばれる場合もあります のチェックが事実上難しいため、より専門的なソフト、例えばSPSSとか、フリーならRとかJSTAT for Windowsをご検討になるといいと思います。 Q エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。 両者の違いが良くわかりません。 宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。 (例) セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3. 89444、STDEVPでは3. 741657となります。 また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る 182 、これをデータの個数13で割る 14 、この平方根を取ると3. 741657となります。 では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。 A ベストアンサー データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。 また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。 で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。 公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。 まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。 AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。 A ベストアンサー こんにちは。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 >>> ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? なんか、日本語が変ですね。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 ということですか? ・・・であるとして、回答します。 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。 重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。 しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。 98」でいいのでしょうか? いえ。 1kgf = 9.8N ですね。 力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。 そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。 こんにちは。 kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。 >>> ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか? なんか、日本語が変ですね。 「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」 ということですか? ・・・であるとして、回答します。 40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg... A ベストアンサー 質問者様はグラフに表示された数式と同じワークシートの数式を正しく作成されています。 (実際の数式ではyはなくxのところにセル参照が入っているのですよね) 元データと合わない原因ですが、グラフに表示された数式の係数の精度不足ではないでしょうか。 それが原因であれば、グラフに表示された数式の表示形式を変更して係数の精度を上げ、その数値でワークシートの数式を作り直せば多くの場合解決します。 どのような数値でも精度良く表示するためには、表示形式を指数にして小数点以下14桁にするとよいと思います。 ご存知かもしれませんが、以下念のためグラフに表示された数式の表示の変更方法を説明します。 Excel2003とExcel2007についての解説となりますが他のバージョンも大きくは違わないと思いますのでそこのところの対応はよろしくお願いいたします。 1.グラフに表示された数式を右クリック 2.2003なら「データラベルの書式設定」をクリック、2007なら「近似曲線ラベルの書式設定」を左クリックする。 3.書式設定のダイアログが出るので、「表示形式」を左クリック(2003は上、2007は左上。 最初からクリックされた状態になっている可能性あり。 ) 4.「分類」(表示形式)の「指数」を左クリック。 (「数値」はNG) 5.「小数点以下の桁数」を14にする。 (最大30だが「分類」(表示形式)が「指数」ならば15以上は無意味。 Excelの精度が15桁であるため。 質問者様はグラフに表示された数式と同じワークシートの数式を正しく作成されています。 (実際の数式ではyはなくxのところにセル参照が入っているのですよね) 元データと合わない原因ですが、グラフに表示された数式の係数の精度不足ではないでしょうか。 それが原因であれば、グラフに表示された数式の表示形式を変更して係数の精度を上げ、その数値でワークシートの数式を作り直せば多くの場合解決します。 どのような数値でも精度良く表示するためには、表示形式を指数にして小数点以下14桁にするとよいと思... A ベストアンサー こんばんは。 一次関数だからという話ではありませんけどね。 E は、そのまんま「いー」と読んで、 6E-05 は、「ろくいーまいなすご」と読む人が多いです。 E は exponential の頭文字で、指数を表します。 指数とは、なんとかのなになに乗 の「乗」のことです。 私は、人から聞かれたとき、いつもこうやって説明します。 「E の後ろの数は、ゼロの数。 5E7 だったら、5の後ろにゼロが7個で、50000000。 水素イオン濃度が、0.00001 だったら、ゼロが5個だから、 pH = 5 で酸性。 水素イオン濃度が、0.00000001 だったら、ゼロが8個だから、 pH = 8 でアルカリ性。 」 こんな感じで、無駄知識(?)もセットで覚えておくと、忘れにくいですよ。 ところで、 「6E-5」という数値が気になります。 有効数字が1桁しかないという状況はあまりないので、 たぶん、表の上端にある、列と列との境目をマウスでいじって列幅を広げると、 もっと下の桁まで出るような気がします。 (たとえば、6.1E-05 とか 6.12E-05 とか。 ) あるいは、指数表示ではない、普通の小数が出現するような気もします。 試してみてください。 以上、ご参考になりましたら幸いです。 こんばんは。 一次関数だからという話ではありませんけどね。 E は、そのまんま「いー」と読んで、 6E-05 は、「ろくいーまいなすご」と読む人が多いです。 E は exponential の頭文字で、指数を表します。 指数とは、なんとかのなになに乗 の「乗」のことです。 私は、人から聞かれたとき、いつもこうやって説明します。 「E の後ろの数は、ゼロの数。 5E7 だったら、5の後ろにゼロが7個で、50000000。 A ベストアンサー pは確率 probability のpです。 全く相関のない数字を組み合わせたときにそのr値が出る確率をあらわしています。 統計・確率には100%言い切れることはまずありません。 例えばサイコロを5回振って全て同じ目が出る確率は0. そんな時、そのサイコロを不良品 イカサマ? と結論つけるとわずかに間違っている可能性が残っています。 05でそのサイコロは正常ではないと結論付けます。 それが危険率です。 05で相関がない 相関がないと結論。 エクセルでの計算ですが、まず関数CORRELを使ってr値を出します。 5 ここでnは組みデータの数です。 ( x1,y1 , x2,y2 ,・・・ xn,yn ) 最後に関数TDISTで確率に変換します。 両側です。 (アドインの分析ツールを使う以外は pは確率 probability のpです。 全く相関のない数字を組み合わせたときにそのr値が出る確率をあらわしています。 統計・確率には100%言い切れることはまずありません。 例えばサイコロを5回振って全て同じ目が出る確率は0. そんな時、そのサイコロを不良品 イカサマ? と結論つけるとわずかに間違っている可能性が残っています。 05でそのサイコロは正常ではないと結論付けます。 それが危険率です。 この場...

次の

エクセルで計算すると2.43E

指数表記

0000001" ; System. out. println fieldA. out. println fieldA. 0000001 Jacksonを使っているときにtoPlainStringしてほしい Jacksonを使ってJavaのオブジェクトをJSONに変換している場合、デフォルトの挙動では、toStringが呼ばれるため、数によっては指数表記 E が登場してしまいます。 これを防ぐために、内部で toStringの代わりに toPlainStringが呼ばれるようにするがあります。 Jacksonの2. 3から Spring Bootの場合は、 application. ymlに下記の設定を書けばokです。

次の

1e5、1e

指数表記

0000001" ; System. out. println fieldA. out. println fieldA. 0000001 Jacksonを使っているときにtoPlainStringしてほしい Jacksonを使ってJavaのオブジェクトをJSONに変換している場合、デフォルトの挙動では、toStringが呼ばれるため、数によっては指数表記 E が登場してしまいます。 これを防ぐために、内部で toStringの代わりに toPlainStringが呼ばれるようにするがあります。 Jacksonの2. 3から Spring Bootの場合は、 application. ymlに下記の設定を書けばokです。

次の