レブル 250 カスタム パーツ。 今、人気のレブル250/500。適合パーツをご紹介!|デイトナBASE PROJECT

HONDA 新型レブル250(Rebel250)カスタムパーツラインナップ

レブル 250 カスタム パーツ

でも 不便に思っている所やこれがあったらいいのに…と思った事ありませんか? レブル250のようなアメリカンは基本的に他のバイクと比べて電気システムが少ないという特徴があります。 ハーレーなども電機システムが他のバイクタイプよりも少なかったりしますよね?見た目だけじゃなくてそのへんもアメリカ製バイクみたいになっているんですよねw そしてレブル250の不便の代表的な事が シフトインジケーター&タコメーターが無い所! この記事がおすすめな人 クリック出来る目次• レブル250をカスタム!かっこいいけど不便…そんな事思ってない? レブル250が不便だと思ったことがある人の理由の中には 「シフトインジケーター」や「タコメーター」が無い事が要因だったりしませんか? シフトインジケーターは走行中のギアが何速に入っているかを目で確認できる電気システムパーツであり「1,N,2,3,4,5,6」と表示される事でとても分かりやすい。 幻の7速目を探す事も無く、常に自分が何速で走行しているかを確認する事が出来ます。 バイクの走行に不慣れな初心者はもちろんの事、ベテランライダーにも助かる機能です。 タコメーターは稼働中のエンジンの回転数を目で確認できる電子システムであり、特に常に見て走行するものでは無いがあると助かるのも事実なのです。 特にバイク初心者にありがたい事が多く、バイクに乗り出して間もない頃…発進の時にスロットルを急にひねってしまって「ブォォォォンッ」と勢いよくエンジンが唸り驚く。 こんなこともあるだろうが、タコメーターを見ながらスロットルを回す事で感覚を覚えやすい。 他にもありますが、タコメーターは初心者がバイクの練習をするのに必ず役に立ちます! ベテランライダーでも自分のバイクがどれくらいの回転数が調子よく走り続けるかを見る為の指標にしたり出来ます。 アメリカンカスタムの醍醐味は大きな見た目の変更ですが、今ページでのおすすめは 機能面でのカスタムです! シフトインジケーター レブルのシフトインジケーターはおすすめパーツが2つあります。 AIpro(アイプロ)シフトインジケーター• PROTEC(プロテック)シフトポジションインジケーターキット 上記の2つがおすすめ製品です。 どちらのメーカーの製品も信頼のおけるパーツメーカーであり、それぞれに良い点と気になる点があります。 それぞれの良い悪いを比べて自分に合う方を選ぶと良いですね!ちなみに参考画像はAIproのシフトインジケーターです。 AIproシフトインジケーター 小さくスタイリッシュな 「」 は、見た目を邪魔しないスタイリッシュデザインです。 良い点としては 取り付け方法がとても簡単という事! DIYカスタムを行うライダーには味方であり、工具もシートを外すのに必要なものだけあれば大丈夫! 手元に届いてからすぐにカスタムする事が出来てすぐに出発する事が出来ます。 レビューにそんなことが書かれていますが、そんなことがあっても評価は上々なんですよね! 【レビュー紹介(Amazonから一部抜粋)】 レブル250に青を装着。 基本的には自分で好みの位置にインジケーター本体を固定してシート下まで配線を持って行きカプラーに端子をはめてバッテリーの蓋に止まってる赤のカプラーに差し込むだけです。 カプラー用の端子は装着済みなので、シートを外すレンチ以外は工具も不要。 自分はタンクをずらして通線しましたが、タンクとフレームの側面から押し込んでも大丈夫かも。 使用感は速度/回転数情報を元に算出しているからか、クラッチを切っていたりニュートラルの時には一様に「-」と表示されますがこれは仕方ないですね。 シフトダウン・アップに対するレスポンスも良く、ギヤチェンジしてクラッチを繋ぐとほぼラグ無しで表示が切り替わります(思っていたより早い)。 輝度調整ができれば尚良かったかな。 5速のまま走るとか、幻の7速とはオサラバできました。 便利です! 2ケ月前にバイクデビューした超初心者です。 今何速なのか?分からなくて、停止時や発進時に立ちゴケしそうになってましたが、これを付けてからは一切そういう不安は無くなりました。 天気がいいと表示が見辛くなるのでー1で。 電装系パーツというのはやはり慣れていない人には不安なもの…しかし、取り付けが簡単になっている物はそれだけで価値があると言えますよね! PROTECシフトポジションインジケーターキット 「 もおすすめのシフトインジケーターです。 AIproよりも取り付けに手間がかかるせいかちょっと人気がありませんが、信頼のおけるメーカーであり十分な製品です。 良い点としては 「ハーネスを包み込む防水テープが付属」しているのと、 「表示が見やすい事」があります。 基本的に電装系のパーツは水に弱く浸水し、不具合を起こすといくつかの電装パーツへと伝染してしまいます。 その為、防水テープはとてもありがたいんですよね。 悪い点というか気になる点は 「装着に手間がかかる」という所でしょう。 タンクの脱着を行う必要があるので、そこそこの工具と時間が必要になりバイクに触れる経験の無かった人にはちょっと大変かもしれませんね… しかし、 で割と詳しく説明しているのでかなり助かりますよ! 【レビュー紹介(Amazonから一部抜粋)】 自分で取り付けました。 取付はタンクを外せる方なら簡単です。 電源取り出し線も付いていますので便利です。 取付後は面倒な設定も無く何速に入っているか表示してくれます。 ハーネスを覆う防水テープが付いていますがすこし貼りにくいです。 タイラップも付属していますがあと3本くらい余分に入ってると助かります。 表示は明るくて見やすいです。 良い物 レブル250ABSにはギアインジケーターが付いていないので、大変重宝しています。 プロテックでは に協力している車両を探しており、車両協力をするとお礼としてシフトインジケーターを無料でもらえます! レブルに関する募集は終了していますが、こんなサービスを行っているメーカーはあまりありません。 しっかりと調査をして適合情報を検査している証でもありますよ! タコメーター 基本的にアメリカンバイクの多くはタコメーターが付いておらず、レブル250も例外では無い… それに関して困っていたり不便に思っているバイク乗りも多く事でしょう。 理由は1台でバックライトカラーを3色変えられる事、と純正メーターとのバランスの良さがあるからです。 上記の様に1台で気分によって好きなカラーを選ぶ事が出来るのは結構良い。 気になる点は、工数が1. 5hなので慣れない人がDIYカスタムを行う場合だとちょっと大変かもしれません。 5となり12,000円かかります。 お店にとってはその作業にそれだけの価値があり、それだけ手間のかかる作業という事になります。

次の

今、人気のレブル250/500。適合パーツをご紹介!|デイトナBASE PROJECT

レブル 250 カスタム パーツ

じつは初心者こそ装着したいのがタコメーターだ! 最近に限らないが、モデルによっては省略されることもあるタコメーター。 「エンジンの排気音や鼓動で回転数を推測しろ」というベテランもいるが、4,000rpmと5,000rpmの区別なんて乗り込んでみても判別できるわけがない。 何となくまだ低回転域かな、中回転域かな、くらいの違いしかわからないはず。 しかし、タコメーターがあればあったで自分の乗り方などを見直すキッカケにもなる。 やけに燃費が公開情報から悪ければ、それは高回転域を使いすぎているのかもしれないからだ。 ギヤチェンジのたびにシフトの入りが悪ければ、回転数が低すぎる・高すぎる可能性もある。 それを確認するには客観的な数値を視認できるのが一番。 そこで有用なのが、デイトナがリリースする後付けタコメーターだ。 純正スピードメーターの左上にボルトオンで配置できるようステーは専用設計されている。 ここで「あれ?」と思った人もいるだろう。 つまり9,000rpm以上回るエンジンなのだ。 しかし、デイトナが重視したのは常用域の視認性。 そのため9,000rpm以上の回転数は表示されないのでご注意いただきたい。

次の

今、人気のレブル250/500。適合パーツをご紹介!|デイトナBASE PROJECT

レブル 250 カスタム パーツ

レブル250 500 が発売されたのは2017年4月17日。 発売直後から大変人気になり、あれから2年半以上が経ちました。。 私も何度となくホンダのお店に行って跨がったりしましたが、スーパースポーツと違ってやっぱり楽しそうで、今でも乗ってみたいな〜と強い憧れがあります。 発表時、レブル250はカスタムベース車両として大いに話題となり、発売から現在までも中型クラスでは直接のライバルはいないと言ってもいい超人気モデルです。 カスタムありき、カスタムしたくなるバイクとしてユーザーも購入している車両だと思っていました。 少なくともメーカーのコンセプトや設計はそのはず。 ですのでその後、外装など専用のカスタムパーツラッシュがくるだろう、と期待していたものの、思っていたほど熱狂することもなくアフターパーツ市場は静かなものでした。 灯火類やメーター、ハンドル等なら汎用品を工夫してカスタムすることもあるでしょう。 でも、その場合メーカーも適合確認をとってRebel対応を謳って流通させればいいのに、そういった動きもあまり感じられません。 ハンドルはいくつか対応品が出たかな?というくらい。 オーナーさん同士で情報を交換して密かにカスタムしまくっているのか、あるいはカスタムすることなくノーマルのまま静かに乗っておられるのか。 たしかに、最近はバイク文化として「カスタムする」ということがなくなってきているようにも思えますし、四輪車にも言えることですが、近頃の車種は細部まで完成度も高いですしヘタにいじらない方がいいとか、専用設計過ぎていじりにくい(いじりたくない)、ということもあるでしょう。 はたして、今でもレブルのカスタマイズ界隈は盛り上がっていないのか、どんなカスタムパーツ・アクセサリー・オプションが出回っているのか、ちょっとピックアップしてみます。 とまあ、ツラツラと並べてみますと「結構あるじゃないか」と思えるような気もしますが、個人的には期待していたほどの充実ぶりとは思えません。 キャリアやハンドルなど必要最低限のカスタムパーツはあるけど、外装を大きくカスタマイズするパーツが少なくありませんか? 私がレブルを「カスタムベース」車両という目で見すぎなのでしょうか。 レブルオーナーの方々はレブルを取り巻くカスタムパーツの現状に満足されているのでしょうか。 自分がレブルを買ったとして、ここに挙げたカスタムパーツ・オプションを追加するとしたら、ハンドルくらいです。 他には「おー!こうしたいぜ!」と食指が動くものは見当たりません。 そう、「こうしたい」という具体的イメージはないのですが、パーツメーカーにはそれをイメージさせてくれる商品をグイグイ押しつけてきて欲しいんですよねぇ。

次の