ドコモ光 手続き。 よくある質問

ドコモ光の最大速度を変更する3つの方法!具体的な手続き方法も紹介!

ドコモ光 手続き

前提知識:ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える前に知るべきこと 乗り換える時期は3月・4月を避けるべき 3月・4月は引っ越しシーズンで新たな生活をする人の回線開通工事で混み合っています。 可能であれば3月・4月は避けた方が良いです。 回線開通工事の予約が取れない・または先延ばしにされる可能性が高いです。 ソフトバンク光の解約とドコモ光を契約するタイミングは契約が先 先にドコモ光を契約して開通させてから、ソフトバンク光を解約すべきです。 ドコモ光を契約して開通する日は工事の予約状況によっては延期されてしまい、インターネットが使えない期間が出来てしまう可能性があります。 また地域によっては光回線を導入出来ないケースもあります。 いずれにせよ、先にドコモ光に申し込んで確認する必要があります。 インターネットの利用は回線とプロバイダの契約が必要 インターネットの利用は、回線とプロバイダの2つの契約が必要です。 プロバイダはインターネットを自宅に接続する為の中継局です。 回線サービス・・・NTT・KDDI提供のフレッツ光・auひかり・・・など• プロバイダ・・・BIGLOBE、So-net、 nifty、OCN・・・など これらは一緒に申し込めたり出来ますが、提供している会社は別であることを認識しておきましょう。 乗り換え時の注意点・トラブルについて プロバイダが変わるとプロバイダ提供のメールアドレスが変わる プロバイダが変わるとプロバイダが提供するメールアドレスが変わります。 メールアドレスを変えたくなければ、ソフトバンク光で利用していたプロバイダを引き続き使う必要があります。 引き続き使う条件は、• ドコモ光に対応しているプロバイダであること• ソフトバンク光からドコモ光へのコース変更の手続きを行うこと の2つとなります。 ただ、ソフトバンクのプロバイダはソフトバンクで、ドコモ光のプロバイダにはソフトバンクはありません。 つまりメールアドレスは変わることになります。 参考:ドコモ光対応のプロバイダ一覧 上記以外にも対応プロバイダはあります。 詳細は下記リンク先を参考にして下さい。 電話番号の継続を希望する人は解約する前に、利用予定の回線事業者に引継ぎ依頼をする必要があります。 ドコモ光を申し込む際、ドコモ光電話サービスを一緒に申し込めば番号はそのまま変わらずに利用出来ます。 ソフトバンク光の解約時の違約金について ソフトバンク光を解約する時「解除料」が発生する可能性があります。 長期割引契約の方で更新月以外に解約すると「9,500円」または「15,000円」かかります。 ドコモ光の初期費用・工事費の負担について ドコモ光の初期費用として「契約事務手数料 3,000円 」「工事費を含む初期費用 16,200~19,440円 」がかかります。 ただ「工事費を含む初期費用 16,200~19,440円 」は、プロバイダのGMOとくとくBBで申し込み契約するとが無料になり、さらにWifiルーターが無料で付いてきます。 ソフトバンク光からドコモ光への乗り換えにかかる費用の総額 費用の総額は「ソフトバンク光の解約違約金+ソフトバンクエアーの導入費用」と言えます。 ソフトバンク光の解約違約金としては、• 解除料・・・0円、9,500円、15,000円 となります。 ドコモ光の導入費用は、• 契約事務手数料・・・3,000円• 工事費を含む初期費用・・・16,200~19,440円 です。 これらをすべて合わせると「19,200~37,440円」となります。 ただ、先に紹介したキャッシュバックキャンペーンをうまく利用すれば実質無料で乗り換えが可能です。 ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える手続き方法・手順 ドコモ光の提供エリア確認する ドコモ光が提供されているエリアであるかを確認します。 あくまで確認するだけでここでは申し込みはせずに、後述するプロバイダ経由で申し込みをします。 プロバイダはGMOとくとくBBが人気です。 30分~1時間程度立ち会うことになります。 工事の内容としては上記の図で「光ファイバーケーブルの引き込み」「光コンセントの設置」の部分に当たります。 回線終端装置にパソコンの接続して設定し開通確認する 工事完了後、回線事業者(またはプロバイダ)から既に送られている回線終端装置とパソコンを接続します。 GMOとくとくBB・ドコモ光のルーター設定(回線終端装置)は下記のいずれかを参考にして下さい。 解約日にモデムを外す(必要があれば返却する) ソフトバンク光からモデム等をレンタルしている場合には、解約から14日以内に返却する必要があります。 以上が「ソフトバンク光からドコモ光の乗り換え手続き方法・手順」となります。

次の

ドコモ光の移転(引越し)ってどうやるの?申し込み手続き~移転完了までの流れを解説

ドコモ光 手続き

現在契約されているフレッツ光から「ドコモ光」へ転用する際に、NTT東日本・NTT西日本から発行される専用手続き番号「転用承諾番号」が必要です。 NTT東日本・NTT西日本の専用窓口(Web・電話)に転用承諾番号の発行を依頼してください。 その場合、再度「転用承諾番号」をお客さまご自身でご取得いただく必要があります。 01ドコモ光お申込み からお申込みをします。 フレッツ光をご利用中のお客さまは、事前に「」をご用意いただく必要があります。 NTT東日本・NTT西日本のホームページより番号を取得してください。 02サービスのご案内 料金プランなど、お電話でご説明します。 ご利用環境をヒアリングしながら、ご利用プランやご案内可能なキャンペーン情報など、サービスについてご説明いたします。 そちらの確認連絡をもってお申込みが完了いたしますので、あらかじめご了承ください。 03NTTドコモにて お申込み内容の登録 GMOとくとくBBからNTTドコモにお客さま情報を連携いたします。 連携に約1日程度いただきます。 また連携させていただいた情報で確認させていただきたい点がございましたら、追ってメールまたは電話にてご連絡差し上げます。 工事日までに「開通のご案内」がお手元に届き、当日、専門のスタッフが工事に伺います。 05ご利用開始 GMOとくとくBBの「ドコモ光」のインターネットをご利用ください。 Wi-Fiルーターレンタルサービスをご希望の場合、よりお手続きください。 工事のご連絡について.

次の

よくある質問

ドコモ光 手続き

この記事ではドコモ光の引越しなどに伴う 移転について扱います。 引越しが決まり、インターネット回線の手続きが必要になっても、引き続き同じ回線を使い続けたいという人は多いでしょう。 移転とは簡単に言えば 設置場所を変えることです。 ドコモ光の移転手続きに特別難しい点はありませんが、マンションタイプか戸建てか、東日本、西日本の各エリアの内外かなどで多少異なることがあります。 この記事を通して、 申し込み連絡の目安や移転にかかる具体的な期間、手続きの方法、完了までの流れといった基本的な内容を確認してください。 移転の予定がある人はもちろん、そうでない場合も知っていることで混乱を避けられるのでチェックしておくのをオススメします。 もちろん、少しでも早いに越したことはないと想像できますが、具体的にはどうなのでしょうか。 当たり前ですが移転の申し込みは移転先の住所や引越し日が決まらなければできません。 具体的な日程が定まるまでは待ちましょう。 新住所と引越し日が決まったらNTTに申し込みます。 工事は旧住所と新住所の2種類行われるので、それぞれの希望日を考えておいてください。 工事は申し込みから最速で10日ほどかかるといわれており、ある程度余裕を見ておく必要があります。 工事には基本的に立会いが必要になることも覚えておきましょう。 申し込みの連絡には60分ほどの時間が必要です。 連絡の中では新しい住所や引越し日はもちろん、ドコモ光電話の利用の有無や集合住宅かどうかなども聞かれます。 すぐに答えられる項目ばかりですが、一応覚えておいてください。 工事日の設定を希望通りにするために、新住所や引越しの日付が決まりしだい申し込みをしましょう。 引越しのシーズンには特に注意が必要です。 ドコモ光の移転 引越し にかかる期間・日数 次にドコモ光の移転の際にかかる期間や日数について解説していきます。 移転に必要な期間、日数を知るためには申し込みから工事、機器の返却、工事完了までの流れをざっと把握しておかなければなりません。 まずは申し込みを行いましょう。 前述したように申し込みから工事までは10日ほどの期間がかかるので早めの連絡が必要です。 申し込みから数日が経過したら、ドコモから書類が到着し、工事日の確認電話も来るので対応してください。 工事日の当日には立会いの元、作業が行われます。 無事工事が完了したら控えの書類を受け取りましょう。 次の作業が旧機器 現在使っている機器 の返却です。 簡単に送ることができる返却用キットが工事日から3日程度で届きます。 集荷の手続きは郵便局かコンビニで可能です。 工事が終わってから2週間ほどしたら正式な完了通知が届きます。 これが届いたらdメニューからドコモの住所変更を行い、一連の流れは終了です。 ここまでの内容をまとめるとドコモ光で移転にかかる期間は3週間以上ということになります。 移転先の物件タイプの違いや東日本、西日本のエリアを跨ぐ場合などはさらにかかることもあるので注意しましょう。 ドコモ光の移転 引越し は「電話」か「ドコモショップ」での申し込みが必要 ここではドコモ光の移転の際の申し込みの方法を紹介します。 移転手続きの方法はドコモインフォメーションセンターへの電話連絡かドコモショップへの来店の2種類です。 ドコモインフォメーションセンターはドコモ光の総合お問い合わせ窓口であり、午前9時から午後8時までの時間に年中無休で対応しています。 電話番号はドコモの携帯電話からであれば151でかけることができ、一般電話からでもフリーダイヤルの0120-800-000で連絡が可能です。 電話をかけたらまず音声ガイダンスにしたがって、移転に関係する内容を選択して番号を押してください。 ダイヤル後はガイダンスが流れている途中でもスキップ操作が行えます。 移転の際のスキップ番号は7-1-1の順番です。 問い合わせには4桁のネットワーク暗証番号が必要なのであらかじめ控えておきましょう。 またドコモのホームページ上には日付、時間ごとの詳細な混雑予想カレンダーが掲載されています。 混雑日には電話がつながりづらくなってしまうので注意してください。 もう一つがドコモショップに直接来店して申し込む方法です。 ドコモショップはドコモのホームページ内で簡単に検索ができ、来店予約もできます。 当日の待ち時間を減らすことができるのでぜひ事前に予約しておきましょう。 ちなみにドコモ光の移転の申し込みはインターネットからはできなくなっています。 いずれにしても移転手続きにはそれなりの時間が必要なので事前の準備が必要です。 ドコモ光の移転 引越し 手続き~完了までの流れ 最後にドコモ光の移転手続きが完了するまでの流れを示します。 繰り返しになる部分もありますが確認してください。 はじめにドコモインフォメーションセンターかドコモショップでの申し込みが必要です。 契約内容確認のためのネットワーク暗証番号は覚えておいてください。 本人確認に関しては口頭のみで可能です。 申し込み時には基本事項やプロバイダの継続、工事日の希望などを確認し、旧機器の返却に関しても説明を受けます。 申し込みから数日が経過したら、工事の確認書類の到着と日付確認の電話連絡があります。 当日になったら工事に立ち会ってください。 無事終了したら今度はこれまで使用していた旧機器の返却作業です。 返却キットが届くので説明にしたがって梱包しましょう。 集荷依頼をしたら作業完了です。 立会いによる工事から2週間ほど待つと工事の完了通知が届きます。 これが届いた後にドコモの住所変更をすれば移転に伴う一連の手続きはすべて終了です。 以上のように、ドコモ光の移転手続きは特別、複雑な点はないものの、それなりの時間がかかることが分かります。 流れ自体はシンプルなので移転の前に一度確認してみてもいいかもしれません。 この記事の内容も参考にしていただければ幸いです。 【2020年7月】速度・料金・特典がお得なドコモ光の申し込み窓口 ドコモケータイを利用中の方が選ぶべき光回線はドコモ光! ドコモ光では25社から好きなプロバイダを選ぶことができますが、• 無料でv6プラス対応• v6プラス対応Wi-Fiルーターのレンタルも無料• 当サイト管理人の私も実際に利用中です。 ドコモ光 プロバイダ:GMOとくとくBB の申し込みは、プロバイダ公式サイト・代理店サイト・ドコモショップ・ドコモ公式サイト・量販店などから出来ますが、 キャンペーン特典や手続きのカンタンさから下記窓口がおすすめです。 ドコモ光のみ オプションなし でも5,500円キャッシュバック• 訪問サポートが初回無料 通常7,400円• 新規契約;2,000円分のdポイントプレゼント• 事業者変更 他の光コラボから乗り換えの方 ;2,000円分のdポイントプレゼント• 転用 フレッツから乗り換えの方 ;2,000円分のdポイントプレゼント•

次の