黄門 ちゃ ま 喝 撤去。 【黄門ちゃま 喝】天井での裏挑戦は損をする??

パチスロ【ALL LIGHT】#17 黄門ちゃま 喝

黄門 ちゃ ま 喝 撤去

設定変更時は 10G消化時に 25~40%で 喝ゾーン抽選! 5pt 2 各14. 5pt 3 各13. 5pt 4 各12. 5pt 5 各11. 5pt 6 各10. 6pt CZ・ATポイントの両方を同じ割合で抽選! 高設定ほど優遇されているチャンス役成立時の獲得ポイントも推測精度アップに役立ちます。 赤は前兆ステージに発展 緑はチャンスゾーン系に発展 また、朝イチから打つ際はゲーム数による喝ゾーン当選&前兆発生ゲーム数に注目。 1枚役による抽選があるため注意は必要ですが、当選&前兆発生ゲームがズレると据え置き濃厚となります。 ただし、CZやATの前兆と重なると喝ゾーンの発動&前兆が持ち越されるので注意。 喝ゾーン 印籠チャンスの裏・挑戦による一撃必殺が見込めるマシンですが、常勝を目指すためにもしっかりとリセット判別&設定推測を実践しましょう。 裏・挑戦にアツくなるのは高設定を掴んでからでも遅くないよ! 「パチスロ黄門ちゃま喝」に関連する機種一覧.

次の

【黄門ちゃま喝】家康降臨で最高上乗せ!?目指せ4桁乗せ!|スロかっつ!

黄門 ちゃ ま 喝 撤去

blog. jp 認定申請が行えない機種 「パチスロ北斗の拳 強敵」や「パチスロガールズ&パンツァー」の遊技台導入はまだ記憶に新しいかと思います。 この時期導入された台は、自主規制により2015年4月1日以降に検定を取得した「新基準に該当しない」機種のため認定申請が行えません。 いずれも2018年に撤去されています。 blog. jp 5. 5号機について 前倒し認定により検定満了日が2018年2月1日の規則改正以降の場合、一律で2月1日が認定日となります。 認定の有効期間は3年間のため、認定申請すれば2021年1月31日まで設置可能です。 blog. jp いずれも規則改正によりギャンブル性が高い機種がどんどん撤去されていきます。 有利区間の設置、出玉規制が今後主流になり、一撃万枚などが実質不可能なっていく、、これを機に引退される方も多いのではないでしょうか。 規制の緩和などあちらこちらで騒がれていますが、恐らく5号機のような一撃性に富んだ機種を触れるのはあと数年です。。 思い入れのある台などはお早めに遊技することをお勧めします!!.

次の

黄門ちゃま喝 朝一設定変更・リセット後挙動|高設定ほど朝一高確に期待!?

黄門 ちゃ ま 喝 撤去

AT関連 AT突入時は上乗せ特化ゾーンである「印籠チャンス」で初期ゲーム数を決定。 裏モードはMAXベットを長押しする事で切り替わる。 各モードの特化ゾーン選択率は以下の通り。 更に… 印籠チャンス終了後に「倍ちゃん」が登場し、これを見事捕まえる事が出来れば、獲得したゲーム数が倍になるとか。 4倍キャラの倍々ちゃん?も存在し、「家康降臨」の最大ゲーム数が2000Gという噂なので、これの4倍という事は一撃8,000ゲームの上乗せも可能という事に。 AT中 朝イチリセット恩恵 「黄門ちゃま渇」は、リセット(設定変更)がされた場合、天井ゲーム数が777Gとなります。 これ以外にも、高確スタートなどといった恩恵が存在する可能性もあるので、朝イチは積極的に狙っていけそうです。 ただし、倍ちゃんっすが発生しても成功とは限らない点に注意が必要。 倍ちゃんを捕まえる事が出来れば、初期ゲーム数が2倍に。 失敗した場合は通常通りのATスタートとなります。 「以上」という表現を使ったのは、倍ちゃんっすの上、倍倍ちゃんっすも存在し、そちらならなんと初期ゲーム数が4倍になります。 初期ゲーム数は、特化ゾーン当選率の異なる6種類のタイプから選べますが、天井時は更に悩みそうですね…。 ハマリ台シミュレート 打ち始め バランス 表 期待収支 勝率 400G -19枚 36. 特に設定差が大きい部分としては、CZルーレットからのAT当選。 分母が大きいですが、設定1なら0. 高確移行率にも設定差 ステップアップフリーズは発生しただけで強レア小役以上が確定。 3段階目でも印籠チャンスが平均4個獲得出来る「運命の分かれ道」なので、十分その後の展開に期待出来ると思います。 こちらは約1. なんの根拠もありませんが…(汗) ステップアップフリーズ動画 印籠チャンスから突入する可能性のある「家康降臨」。 こちらはフリーズした秒数に応じて、上乗せゲーム数を決定。 1秒毎に99. 最大2,000ゲームまでありえるという話。 「土下座フリーズ」から全ての印籠チャンスを「裏・挑戦」で挑めば2〜3回は「家康降臨」に当選しますからね。 こういった自分で波を選べるというのは、打てる残り時間によって選択を変えたり出来るので、良い仕様ですね! 最近では、閉店間際に数千ゲーム乗ったという話もよく聞きますからね…。 紅炎モード中に選ぶのは損に見える堅実は… この表だけで見ると、表の「堅実」は通常時と紅炎モード中とで確率が変わりません。 しかし、その点は、上乗せのゲーム数が優遇されているので心配は無用。 同様に「表・バランス」や「表・挑戦」で「上乗せ」が選ばれた際にも、紅炎モード中なら獲得出来るゲーム数が優遇されてます。 全ての解析が出ていないのでどれが良いというのは断定する事は出来ませんが、過去のスロットの例から、一番期待値が高くなるのは「一発狙う系」で「堅実に乗せる」タイプは低めされていた事がほとんど。 閉店時間や財布と相談しながら選ぶのが一番だと思いますが、個人的には、迷ったら家康を狙っておけば良いのかなと思います。 どちらも発生時は大量上乗せに期待 返り咲きは100G以上継続したATの0. ゲーム数巻き戻しは「鬼の城」でもありましたね。 もう1つの引き戻しゾーンである「9回裏2死満塁チャンス」については、AT終了時の16. 場外ホームランならループ率に基づいて上乗せゲーム数が決定されるので3桁も十分狙えます。 バッターがリアル黄門ちゃま• 赤・金セリフ これらの演出が発生した際は、場外ホームランのチャンス。 初打ち感想 いきなりですが黄門ちゃま喝の天井は999Gです。 (特化ゾーンで得た初期ゲーム数が倍になる) それを踏まえた上で、この画像を見てください。 この後ガッチャガッシャと演出が繰り広げられ…。 980ゲームで… 印籠チャンス(AT)… 100ゲームほどから打ち始め、Wルーレット2回、CZ7回と全てをハズし続け、「天井の家康から倍チャンスで一発狙うしかねえ!」と思っていた矢先の出来事。 しかもこの天井間際に当選したATが、「裏・挑戦」で家康を狙ったつもりなのに、何故かスタートする「怒髪天」。 あまりのショックに「裏・バランス」を間違えて選択していたようです。 これが50Gで…。 100枚ほどのメダルを得て終了。 AT中は、強チェリーやらレア小役高確やら色々と引けたんですが、いずれもスルー…! さようなら、黄門ちゃま。 というのが主観で、客観的に且つ冷静に台を分析すると… 特化ゾーンからスタートするという事は、そこが最大の盛り上がり所であり、その後は消化ゲームに近いものがあります。 肝心のAT消化中のワクワク感が無くなってしまいます。 仮に初期ゲーム数をガッツリ乗せてる事が出来ても、そのゲーム数のまま対して乗らずに駆け抜ける割合が、他の台に比べ非常に高いと思います。 というのも、「黄門ちゃま喝」は、強力な引き戻しゾーンを2つも搭載し、印籠チャンスを複数獲得出来るチャンスもあります。 通常時の初当たり確率も重くはありません。 良い面だけを見れば勝てそうですが、結局の所、出玉率は決まった範囲に収めなければいけないので、強力な恩恵があればあるほど、他の部分で割を食う部分が必ず出来てきます。 「黄門ちゃま喝」においては、その割を食っている部分が、「AT消化中」かなと感じました。 強レア役などを立て続けに引いても余裕でスルーして駆け抜けましたから…。 どちらかと言えば、AT中に乗せたり、ボーナスを引いたりで出玉を増やしていく台が好きな自分にとってはちょっと合わないかも…。 初打ちの展開の悪さもあり、また打ちたいとは思えませんでした。

次の