シャドウバース エルフ デッキ。 【シャドウバース攻略】初心者におすすめのクラス・デッキを紹介! [ファミ通App]

【シャドウバース攻略】初心者におすすめのクラス・デッキを紹介! [ファミ通App]

シャドウバース エルフ デッキ

今回、Shadowverseというスマートフォン向けアプリのカードゲームの前情報から感じたことは、やはりその手軽さです。 従来のカードゲームは自分がゲームで使用するカードや対戦相手、プレイを行う場所などの環境が揃わなければプレイが困難でした。 しかし、スマートフォンでプレイできるこのゲームは、ネットワーク上に前述の要素を配置することで、 いつでもどこでもプレイできる手軽さを獲得しています。 更に、 電子端末を使用するのでカード一枚一枚に音声を付けたり、それぞれ異なった演出を付加することも期待できます。 このゲームの 機能として期待することはマッチング機能についてです。 対戦形式が主にオンライン対戦であることが予想されるので、オンライン対戦時にランクのステータスを加え、より自分のランクと近いプレイヤー同士を対戦させることができれば、 それぞれのプレイヤーがギリギリのバトルを楽しめるような、良いプレイ環境が生まれると思われます。 美麗カードを操り敵を倒す爽快なカードゲーム 進撃のバハムートの美麗カードを余すところなく使ったこの「Shadowverse」は 単に美しいというだけでなく、カードバトルゲームとしても爽快感がありそうでとても楽しみにしています。 カードゲームといえばデッキを組み立ててそのモンスターで敵を倒していくという単純なローディングだけだったのですが、この「Shadowverse」はそこに 派手なエフェクトを盛り込み、アクションゲームのような戦闘をカードゲームで体感できるようにしてくれております。 プレイは一人だけなのですが オンラインで他のプレイヤーと対戦したり、カードのトレードなんかも可能になればその面白さ、楽しさは無限に広がると思いますし、出来たら追加してほしい要素です。 進化するという育成要素もあるカードゲームというのも新鮮で、その要素によりデッキの組み合わせも色々考えられそうなのが実に面白い。 スマホゲームは、カードゲームはここまで進化したのか。 と驚くPVを見つつ、期待したいです。 ついにやってくる日本産本格TCGゲーム! Shadowverseがいよいよ始まりそうです。 TCGカードゲームが好きな身としては期待せざるを得ません。 過去に遊戯王をプレイしていて現在ハースストーンをやっている私ですがShadowverseももちろんプレイします! カードゲームはさくっと遊べますし、 デジタルTCGだとなにより対戦相手に困らないっていうのがいいですよね。 対戦時間も10分ほどのようなので空き時間にさくっと遊べそうです。 そしてShadowverseの魅力はやはり美麗なイラストでしょうか。 ハースストーンの洋ゲーチックな濃い絵柄もかっこいいのですが知り合いに勧めても絵柄が…といわれることが多かったので、その点 Shadowverseは日本人向けのイラストが多いので勧めやすいかなと思っています。 初期から400種類以上のカードが実装されるそうなのでカードを眺めているだけでも楽しめそうです。 現在テスト中なので正式サービス開始間近だと思います。 早く始まって欲しいですね! サイゲームスの新アプリ「シャドウバース」が最近気になる。 サイゲームスから新しいTCGアプリがでるらしいですね。 別にそれだけだったらふーん……って感じなんだけど、なんと 「神撃のバハムート」のカードゲームらしいじゃないですかっ! バハムートファンとしてはかなり気になる! 全部バハのカードなんかな?気になる…え、1万種類…ヒャッホーイ! 相変わらず綺麗なイラストですね~。 進化もあるみたいですね、でも対戦中の進化で戦闘が終わったら戻っちゃうみたい。 コミカライズとWebラジもあるみたいだからそっちもチェックと。 バハもアニメ化したし、こっちもアニメ化して欲しい。 ああ、バハムート卒業したと思ったのに……嬉しいやら悲しいやら。 いや、嬉しいに決まってるじゃないか! クラスで遊び方が変わる!?新作カードゲームShadowverse Shadowverseは色々なクラスがあり、 それぞれのクラスで使えるカードが違っています。 それによりクラスで戦い方がまったく変わっています。 例えばエルフなどは小型のフェアリーを手札に加えるカードが多く数で押していく戦い方が主流になると思います。 ドラゴンクラスは文字通りドラゴンを使うクラスなのですがこちらはとにかく大型のドラゴンを召喚していくようになるでしょう。 このように クラスによって戦い方がまったく変わってくる、というのは面白いですよね。 強いデッキが1つだけ、というのはやはり寂しいものです。 各クラスバランスが取れて色々なデッキを見ることが出来ればとても楽しくなると思います。 ちなみに クラスはエルフ、ドラゴン、ロイヤル、ウィッチ、ヴァンパイア、ビショップ、ネクロマンサーと豊富です。 春開始ということでもうまもなく始まるShadowverse、事前登録もまだ受け付けていますので興味を持った方はぜひ事前登録をしておいてくださいね。 あなたの自慢のデッキを当サイトで記事にてご紹介!デッキ投稿フォームからどしどしご応募下さい!• パック別カード一覧• 第1弾 スタンダード• ガチャシミュレーター• 構築済みデッキ一覧• 最新情報• おすすめツール• 戦歴記録ツール第1号として登場してから現在も絶えず進化しているブラウザツール! 登録されている戦歴データをなんと毎日更新で過去3日間の統計データを見ることが出来るので、よりリアルタイムに近い状態で環境調査が可能に!• 戦歴を記録できるブラウザツールで、カラフルで見易いグラフ化されたデータや、毎週行われるクラスごとのリーダー・デッキの使用率などはかなり便利!• シャドウバースをプレイしながら画面の端に戦歴記録アプリを常駐させることが出来るという超便利アプリ! Android限定ですが、いちいちタスクでブラウザを起動しなくてもワンタッチで自分のリーダー・デッキ、相手のリーダー・デッキ、先攻後攻、勝敗を記録出来ます!.

次の

シャドウバース アンリミテッドデッキ エルフクラス

シャドウバース エルフ デッキ

シャドウバースで【エルフ】デッキで戦っていると、 どうしても壁にぶつかるときがあります。 その壁とは、 レッドエーテルが足りない・・・ という壁。 【エルフ】デッキを作ったことのある方なら、 一度は体験したことがあるのではないでしょうか? 【エルフ】デッキでは、 エンシェントエルフを3枚入れることが 推奨されていますよね。 でも・・・ エンシェントエルフはレジェンドレアのカードです。 レジェンドレアのカードを生成するのに、 必要なレッドエーテルは3500。 でも、 エンシェントエルフを3枚入れなくても、 【エルフ】デッキを強くすることはできます。 そこで今回は、 安価で作れる【エルフ】デッキを3つ紹介したいと思います。 安価なエルフデッキ1 1つ目の安価な【エルフ】デッキのカードはこちらです。 コスト カード 枚数 1 ベビーエルフ・メイ 3 1 自然の導き 3 1 ファエリーサークル 3 2 フェアリーウィスパラー 3 2 メタルエルフメイジ 3 2 ダンジョンフェアリー 3 2 ワンダーエルフメイジ 2 2 ブレスフェアリーダンジョン 2 2 リノセウス 3 2 森荒しへの報い 2 2 妖精のいたずら 3 2 収穫祭 2 3 アーチャー 2 4 ローズガーデンキーパー 2 4 エルフプリンセスメイジ 2 5 根源への回帰 1 6 エルダートレント 1 場にでたときに効果が発動するファンファーレで、 手札と場でカードを移動させながら、 ダイナミックに戦うデッキです。 安価なエルフデッキ2 続いての安価でできるエルフデッキはこちらです。 安価エルフデッキ3 3つ目の安価なエルフデッキはこちらです。 1つ前に紹介したデッキよりは、 レッドエーテルを使いますが、 冥府系のデッキを対策していることがポイントです。

次の

Shadowverse Portal

シャドウバース エルフ デッキ

こんにちは、minato76です。 前回に引き続き上級者向けクラスの一つである エルフの序盤に生成しておきたいおすすめのクラス専用カードをご紹介したいと思います。 前回はレジェンドカード中心の紹介をしましたが、今回は ブロンズ~ゴールドまでの序盤に生成おすすめなカードをご紹介したいと思います。 エルフのブロンズ~ゴールドには優秀な1. 2コストのコンボパーツが多く、悪名高いフィニッシャーである 「豪風のリノセウス」も1コストのカードに存在しています。 お手軽に強いと言われるリノセウスデッキですが高ランク帯ではそう簡単でも無く、環境に適したデッキ構築をしていても対処法を理解している相手にはあっさり詰んでしまう事が多いですね。 リノセウスは確かに強いですが勝ち筋が1つしか無く弱点が多い 守護・ダメージカット・低コスト除去スペルなどで処理し切れない盤面 ので、 最初にエルフクラスでデッキを組むなら普通に優秀なカードを採用したテンポ良いデッキの方が個人的にはおすすめです。 adsbygoogle []. エルフの基礎とも言える1コストバウンスカードで、ほぼ全てのデッキタイプに採用されている程のエルフでは必須のカード。 ファンファーレ持ちや手札に戻った時に効果が発動するカードに使用するのが基本で、それ以外のカードにも序盤なら1ドロー目的で使用する事も多いですね。 強力な効果を持った高コストカードなども手札に戻して再使用出来るという、基本は使い切りなシャドウバースにおいて他のクラスには無いエルフの強みを活かせる優秀なカードになっています。 「対空射撃」 自分のフォロワー1体かアミュレット1つを手札に戻し、相手のフォロワー1体に3ダメージを与える1コストスペル。 前述の 「自然の導き」と同じくエルフでは必須とも言える1コストバウンスカードで、こちらは1ドローの代わりに3ダメージとコストに対して高い性能を持つ除去カード。 自然の導きと違って相手の場に選択出来るフォロワーがいないと自バウンス出来ませんが、序盤以外でそういった事はほとんど無いので気にしなくても大丈夫でしょう。 自バウンスカード全般に言える事ですが 攻撃出来る状態のフォロワーはバウンスする前に相手リーダーや有利交換出来るフォロワーに攻撃してからバウンスをするのが基本なので、焦って攻撃し忘れる事が無いようにしたいですね。 「スケアリートレント」 ファンファーレで「ナテラの大樹」1枚を手札に加え、このターン中に このカードを含めず カードを2枚以上プレイしていたなら追加で「フェアリー」1枚を手札に加える2コストフォロワー。 後述の 「ナチュラル・マナ」がプレイ枚数参照カードを投入しているエルフデッキに採用される事が多いので、セットで運用するとナテラの大樹が手札を圧迫せずにドローソースとして使えるのでおすすめの組み合わせになります。 ナテラの大樹はバウンスカードやでご紹介したオムニスなどとも相性が良いので生成にはおすすめの1枚になっていますね。 生成おすすめシルバーカード・エルフ 「ナチュラル・マナ」 「ナテラの大樹」1枚を手札に加え5ターン目かそれ以降なら自分のPPを1回復、10ターン目かそれ以降ならカードを2枚引く1コストスペル。 プレイ枚数参照があるエルフにとっては 5ターン目以降なら実質0コストで1枚プレイ出来るという効果が他クラスよりも恩恵が大きく、自然軸でなくとも採用したい優秀なカードです。 1コストですが使用するのは5ターン目以降が望ましいので初手のマリガンではデッキに返しておきましょう、序盤に引いてしまっても温存していた方が早い段階でコンボ達成が可能になるのでPPが余っていても無理に使う必要はありません。 ナテラの大樹は盤面を1枠埋めてしまいますが、バウンスが出来るエルフならフォロワーを並べる際にも邪魔にならないので相性が良いのもポイントですね。 コストとフェアリー生成効果は 「フェアリーサークル」と同じですが、こちらは 自分の場にナテラの大樹があるなら1枚で2枚分のプレイとなる上位互換のようなカード。 1コストでフェアリーを2枚も手札に加えつつナテラの大樹を設置していれば このカード1枚で「2枚以上プレイ」能力を達成出来るので非常に汎用性が高く、色々な組み合わせが可能な上に後続にも繋がるという優秀な効果を持っていますね。 エルフはナテラの大樹を有効利用しやすいクラスなので、ナテラ関連のカードを採用しているなら生成にはおすすめの1枚となります。 組み合わせ前提ですが2コストとは思えないパフォーマンスを発揮出来るカードなので生成にはおすすめの1枚になりますね。 生成おすすめゴールドカード・エルフ 「アクティブエルフ・メイ」 「直接召喚」自分がカードをプレイした時それがこのターン中4枚目ならこのカード1枚を自分のデッキから場に出し手札に戻す、ファンファーレでこのターン中に このカードを含めず カードを4枚以上プレイしていたならランダムな相手フォロワーに4ダメージを与える1コストフォロワー。 PPが余っていれば直接召喚した後にそのまま効果を使用出来ますし、メイ複数枚使用や対空射撃などのバウンスカードと組み合わせれば相手の場を更地にする程のえげつない除去性能を発揮してくれます。 注意点としてメイは 一度場に出てから手札に加わるので場が埋まっている状態で条件を達成するとデッキから召喚された時に消滅してしまいますし、手札が上限だと加わる際に破壊されてしまうのでメイを採用したデッキで4枚以上プレイする際は無駄にしないように気を付けましょう。 扱いが難しい代わりにコストに対してリターンが大きい強カードなので、扱いに慣れる意味でも生成にはおすすめの1枚になっています。 「機械樹の番人」 ファンファーレで自分のフォロワー1体かアミュレット1つを手札に戻す 戻したカードが機械カードなら1ドロー 守護持ち2コストフォロワー。 序盤から終盤まで仕事が出来、機械デッキならばドローソースにもなるという優秀なカードなので生成にはおすすめの1枚になりますね。 「アリアの旋風」 お互いのフォロワー フェアリーとフェアリーウィスプを除く 全てに「このカードを含めずにこのターン中にカードをプレイした枚数分」のダメージを与える2コストスペル。 エルフの貴重な全体除去カードで自分フォロワーにも効果が及びますが、フェアリーしか場にいないなら被害は出ないという扱い所を選ぶカード。 相手が低コストを並べてくる速攻デッキなどではかなり有効ですし、除去だけに専念するなら大型の対処も出来る対応幅が広い効果になっています。 前述の 「ブルームスピリット」などを出している場合相手は本体の処理を優先してくるので、アリアの旋風で相手フォロワーを除去しつつ残ったフェアリーを攻撃に回せるという序盤でも使い所がある優秀なカードですね。 「天禀の射手・メーテラ」 交戦時に1ドロー、進化時に相手のフォロワー1体に「自分の手札枚数分」のダメージを与える4コストフォロワー。 グラブルコラボで登場した天才お姉さん、交戦時ドロー能力と進化時除去能力を持った単体で強い優秀なカード。 除去カードを使われたとしても進化時攻撃で体力の減っているこのカードに使ってくれるなら後続が続きやすいですし、相手は低ステータスフォロワーを出し辛くなるので早めに見せておきたいカードですね。 「アクティブエルフ・メイ」や「アリアの旋風」はどちらもコンボ前提の能力なので、単体で仕事が出来るこのカードも採用するとデッキの安定感が上がるので生成にはおすすめの1枚になります。 まとめ 今回は序盤に生成おすすめなエルフのブロンズ~ゴールドカードについてご紹介させて頂きましたがいかがだったでしょうか? エルフのカードはコンボ前提の効果が多く単体で強いカードは少ないので、初心者の方などにはおすすめし辛いクラスとなっています。 単体で強いカードや効果発動が簡単なカードをメインで使うなら他のクラスの方がお手軽に強いデッキを組めますので、エルフは公式が言っているようにテクニカルなプレイングをしたい方向けのクラスと言えますね。 しかし使いこなせば低コストでリターンが大きい強クラスと言えるので、エルフのデッキを組む際にこの記事が少しでも構築の参考になれば嬉しく思います!.

次の