僕たち は 誰 に も 言え ない 恋 を した。 漫画「僕たちは誰にも言えない恋をした」3巻をRawQQやZIPを使わずに無料で安全に読むには!

「僕たちは誰にも言えない恋をした」にハマったのでネタバレ

僕たち は 誰 に も 言え ない 恋 を した

・この商品は電子書籍です。 (紙の書籍ではありません)• ・この商品がキャンペーン対象の場合、その内容や期間は予告なく変更する場合があります。 ・もご確認ください。 ・このサイトに記述されている日時は、日本標準時(Japan Standard Time)の時間です。 配信日時等を確認の際はお気をつけください。 ・決済時に商品の合計税抜金額に対して課税するため、作品詳細ページの表示価格と差が生じる場合がございます。 ・コインUP表示がある場合、ご購入時に付与されるキャンペーン分のコインは期間限定コインです。 あらすじ・内容 一夜を共にした相手は、妹の彼氏だった…!? 恋人から婚約解消され、失恋旅行に出た紫月。 旅先で知り合った男の子・朔也と打ち解けていく中で、強がっていた紫月はなぜか抑えていた気持ちを素直に打ち明けられて…。 「あの時のことは忘れて」と告げる紫月に「簡単に忘れられないかも」と返す朔也。 朔也の態度に腹を立てる紫月だったが、その後も朔也のことが気になって…。 「恋人の姉」と「妹の彼氏」、惹かれ合ってはならない2人の関係の行方は…!?

次の

【あらすじ】僕たちは誰にも言えない恋をした#4

僕たち は 誰 に も 言え ない 恋 を した

僕たちは誰にも言えない恋をした#3 交差しあう恋愛模様 紫月は友人に誘われたホテルでの合コンに気持ちがついていけず、化粧室で一息つく。 レストランへ戻ろうとした瞬間、出くわしたのは 元婚約者の彗だった。 突然の出来事に慌てる紫月。 仕事の商談で来ていたと言う彗は、紫月との別れ際、 「もう一度、きちんと話がしたい」と言う。 戸惑いながらも了承する紫月。 夜になり彗から着信があり話をしているところを妹の美月が通りかかり、 姉の会話を耳にしていた。 紫月は彗ときちんと話をすべく会っていた。 彗と別れたことの辛さ、つかの間だったが 紫月の中に芽生えた恋、そして彗への気持ち。 二人は静かに向き合い、恋人だった相手への 感謝の気持ちを実感する。 友人として二人は食事をした帰り、駅のホームで電車を待つ。 ふと向かいのホームに目を向けた紫月。 そこには朔也がいた。 ナント ボー然とする紫月。 朔也のもとに駆け寄る美月もみえた。 朔也、美月そして紫月。 そこに電車がホームに入り、紫月と彗は電車へ乗り込む。 残された反対側のホームには朔也と美月。 朔也は美月に 「話したいことがある」と静かに告げる。 紫月を送り届ける途中、彗は「以前、美月にストーカーのことで相談されていた」と話す。 自分には相談してくれなかったことに 落ち込む紫月。 夜、美月が帰宅して、姉妹はお互いを思いやるがゆえに 口論となる。 美月は朔也から 別れを告げられたことを告白する。 翌日、紫月のバイト先へ突然、彗が現れた。 そこで彗は紫月に「美月が好きだ」と打ち明ける。 彗は美月の相談にのるうち、 心惹かれていったのだと。 しかし、美月は 別れを切り出してきたという。 紫月は美月と 向かい合う決心をするのだった。 美月の正直な気持ちを聞いた紫月は迷いなく美月を応援し、背中を押してやる。 そんな美月は紫月に朔也のことを話し出した。 実は 朔也にも好きな人がいたらしい。 朔也の好きな人が誰なのか紫月はどうしても気になり、朔也の友人のお店に立ち寄る。 友人の陽壱は朔也と幼馴染で育った家庭環境のことなどを話してくれた。 そこへ 朔也が来店、どうやら陽壱が紫月が来店したことを朔也に連絡してくれていたらしい。 店を出て、朔也と紫月は話をする。 二人には 見えない壁が出来てしまったように感じる紫月。 「俺のことはもう忘れてください」 紫月に背中を向けて歩き出す朔也に紫月は 「行かないで」と涙をこぼすのでした。 <#3おわり> かんかんの#3感想 今まで見えなかったものがここで明らかになってきましたねー。 紫月は自分の中にある「いい子キャラ」が確実に周りを見えなくさせているように思います。 しかし紫月と美月の複雑だった関係が少しずつ解けてきて、いい方向に向かっているのではないかと思います。 真実と向き合うのは怖いけど、二人で話が出来てよかったね!! 朔也が美月と別れたことで紫月と朔也に邪魔するものは無くなったはずなのに、見えない壁が出来ているのも何か少しのきっかけで乗り越えられそう・・・。 紫月の想い、朔也に届いてほしいなぁ・・・。 紫月、頑張って!! それではまた#4もお楽しみに!! 関連記事はこちら 僕たちは誰にも言えない恋をした#3が気になったら・・・ 「僕たちは誰にも言えない恋をした」を実際に読んでみたいと思ったら、書籍購入も可能なんです!! 紫月と朔也の静かで熱い思いの行方を是非、あなたご自身でご覧くださいね!!.

次の

僕たちは誰にも言えない恋をした 4巻

僕たち は 誰 に も 言え ない 恋 を した

僕たちは誰にも言えない恋をした#2 交差する気持ち クリスマスツリーの点灯式に出かけようと美月に誘われ、出掛けた紫月だったが、人ごみに疲れてしまい、ベンチに座り込んでしまう。 周囲はカップルだらけ、うんざりしている紫月。 しかし、そんな人ごみの中に紫月の目には一人だけ輝いてみえるのは人物がいた。 それは、なんと朔也だった。 なんの根拠もないが、紫月は後ろ姿しか見えないその男性にむかって無意識に「水無瀬くん!!」と叫ぶ。 ちょうどそこへ買い物にショップへ立ち寄っていた美月も戻ってきた。 「朔也くんも一緒に点灯式を見よう!」と提案する美月。 さり気なく 朔也に触れている美月をみて、紫月は 言葉にできないモヤモヤを感じてしまう。 「・・・・・・・」 やり場のない思いについ美月に 八つ当たりをしてしまった紫月。 紫月を追いかけてきた朔也に 苦しい胸をうちを打ち明けるのだった。 ちょうどツリーの転送式になり、美しい光が浮かび上がる。 今だけ、 少しだけ、このムードに流されてもいいですか? そっと 朔也の手に触れた紫月の手。 気付いた朔也は紫月の手を しっかりと掴まえ握りしめてくれた。 幸せな時間・・・ でも紫月の姿をようやくみつけた美月が駆け寄ってくる。 しかし、次の瞬間、朔也と紫月のつながれた手を目にする美月。 どうして? 美月は問いかけるのだった。 朔也があっさり説明したことで問題にはならずに済んだ。 ホッとした半面、 寂しさを感じる紫月。 女心って・・・本当に難しい・・・。 美月を抱きかかえ、部屋へ連れて上がる朔也の様子に 動揺する紫月。 美月に水を飲ませようと準備をする紫月だがあまりの動揺にコップを落としてしまう。 美月の部屋では酔いながらも目を覚ました 美月が朔也にキスをした。 ちょうど水を運んできた紫月が目撃してしまう。 思いっきり心の中をさらけ出し、本当の気持ちを 泣き叫ぶことが出来たらどれだけラクなことでしょう。 素直になれない心、朔也は 美月の恋人・・・ 混乱の中、紫月は朔也に 特別な感情などないと言ってしまう。 誰にも知られてはいけない想いに堅く蓋をして、 気持ちを封じ込める紫月。 朔也はとても寂しそうな表情を浮かべ、 さよならと立ち去る。 ある日、友人に誘われた合コンに参加するも全く気持ちの乗らない紫月。 化粧室から出たところで偶然、 元婚約者の彗と出くわすのだった。 <#2おわり> かんかんの#2の感想 「頭では理解できても、気持ちは違う」 人を想う気持ちの切なさや苦しさがジンジン伝わってしますよねー。 朔也にとっては沖縄が初対面ではなさそうですし、いつから紫月のことが気になっているのでしょう。 いや~、今回も切なすぎるすれ違いが続くお話でした。 続きが気になりますね!! 次回をどうぞお楽しみに!! 関連記事はこちら 僕たちは誰にも言えない恋をした#2が気になったら・・・ 今回、ご紹介した「僕たちは誰にも言えない恋をした」を実際に読んでみたいと思ったら、書籍購入も可能なんです!! 紫月と朔也の静かで熱い思いの行方を是非、あなたご自身でご覧くださいね!!.

次の