つくば 弁護士。 弁護士法人法律事務所DUON|茨城県つくば市エリア弁護士

弁護士 松沼和弘 刑事弁護相談サイト(茨城・東京)

つくば 弁護士

つくばで弁護士が28名見つかりました。 このエリアの代表する駅としては、つくば駅 つくば市吾妻2-4-1 があります。 依頼者は「調停申請用紙を記入し提出するとき、弁護士のかたに内容を確認していただいたほうがよろしいのでしょうか? 」などの不安を抱えていたり、「どの弁護士事務所が最適なのか判断に困る為、ご意見を頂ければ幸いです。 」などの悩みを抱えております。 弁護士ドットコムではつくばで無料の法律相談「みんなの法律相談」に回答している弁護士や弁護士費用をカード払いで対応している弁護士など、さまざまな希望の条件で探すことができます。 例えば「レビューが良い弁護士の選び方などの情報はだいたい調べたけど、つくば周辺の法律事務所の弁護士を実績で検討したい」などの希望にも対応することができます。 弁護士の中には「弁護士費用の面でお受けしない方がいい事案や、内容的に弁護士が入ることで紛争がこじれるおそれがあり介入しない方がいい事案もあります。 」「企業法務を中心に取り扱っており、小5ではじめてコンピュータを知ったときの驚きと興奮が忘れられず、it好きがこうじて、it関連の法務に特に注力しています。 」とおっしゃる方もおります。 弁護士ドットコムに登録弁護士16,068人の中から、経歴や英語などの対応言語などの条件を踏まえて、条件に沿う弁護士に電話またはメールをしてみてください。 公認会計士• 医師・薬剤師 医師または薬剤師のどちらかの資格を保有している弁護士です。 不動産鑑定士・宅建 不動産鑑定士または宅地建物取引主任者のどちらかの資格を保有している弁護士です。 一級・二級建築士 一級または二級建築士のどちらかの資格を保有している弁護士です。 IT国家資格 IT国家資格に該当するのは以下の資格です。 基本情報技術者• 応用情報技術者• ITストラテジスト• システムアーキテクト• プロジェクトマネージャ• ネットワークスペシャリスト• データベーススペシャリスト• エンベデッドシステムスペシャリスト• 情報セキュリティスペシャリスト• ITサービスマネージャ• システム監査技術者• 海外法曹資格• 中小企業診断士• 一級FP・CFP 一級ファイナンシャルプランナー(FP)技能士またはCFPのどちらかの資格を保有している弁護士です。

次の

つくば|弁護士検索・法律相談

つくば 弁護士

つくば市の弁護士 松沼和弘「刑事弁護相談サイト」へようこそ。 私は平成17年に茨城県弁護士会に登録して弁護士となって以来、 強盗殺人、殺人、傷害致死、現住建造物放火、危険運転致死傷、集団強姦、強姦、強制わいせつ、わいせつ目的拐取、傷害、窃盗、詐欺、盗撮、児童福祉法違反、覚せい剤取締法違反等、 多種多様な刑事事件の弁護人を 数百件以上 も務めて参りました。 その中で、 殺人、現住建造物等放火、強盗致傷等の重大犯罪でも執行猶予付き判決を獲得した実績もあります。 また、裁判員裁判が導入されて約10年経ちましたが、 裁判員裁判についても、 殺人、殺人未遂、傷害致死、危険運転致死、強盗致傷等、既に 十数件 も担当してきました(裁判員裁判の担当件数は、県内のみならず、全国の弁護士の中で最も 多い件数を担当しています。 また、茨城県弁護士会においても、平成22年度に 茨城県弁護士会土浦支部長 、同24年度に 茨城県弁護士会副会長、その後数年間にわたって 茨城県弁護士会刑事弁護センター運営委員会副委員長を務め、平成31年度からは 同刑事弁護センター運営委員会委員長を務めるなど、茨城県弁護士会の刑事弁護の中枢を担って参りました。 突然の逮捕 、そして裁判。 多くの方にとって初めての経験であり、不安 で押しつぶされそうな思いをされていることと思います。 罪を犯してしまった人やその家族にとっては、 少しでも軽い刑事処分で済ませるということはもちろん大切だと思います。 また、罪を犯していないのに捕まってしまった人を一日も早く身柄解放させることはもちろんですし、そのためには最大限の努力をしようと考えています。 ただ、日本において、逮捕される人のほとんどは、現実に罪を犯してしまっている人が多く、自らも自分の罪を認めている人がほとんどであるというのが実態です。 私の刑事弁護に対する基本的な考え方は、『罪を犯していないのに捕まってしまった人はできるだけ早く身柄を解放してあげること』、『罪を犯してしまった人には 、二度と罪を犯させないように指導すること。 具体的には、親身になって相談し、私の多種多様な人生経験に基づいた助言をして、考え方や生活全般を改めるよう徹底的に指導し、きちんと罪を償わせて、安定した生活を送れるよう後押しすること』 です。 そのような考え方から、私は、逮捕されてしまった方やそのご家族の相談に乗り、できる限りのサポートをしたいと考えております。 不安を抱えたままにせず、何でもご相談頂きたいと思っております。 土日祝日、夜間等であっても、可能な限り、親切丁寧に対応したいと思っておりますので、まずはお気軽に、弁護士直通携帯電話宛にお電話頂ければと思います。

次の

つくばで弁護士に相談するなら法律事務所つくばコム |45分無料法律相談 茨城県内出張可能

つくば 弁護士

お悩み ・離婚を切り出してみたが、相手が感情的になって話が進まない ・離婚はしたいけれど、子どものことを考えると決断できない ・子どもの親権はどちらがもつ? ・子どもとの面会はどうする? ・養育費の金額は?支払ってくれるか不安 ・別居はするべきか、別居中の生活費はどうしたらいい? ・財産分与の金額や分け方はどうやって決めればいい? ・年金の分割って本当にできるの? ・不倫相手とどう対峙すればいいの?慰謝料は払ってもらえる? ・配偶者による暴力から逃れる方法が見当たらない このようなお悩みをお持ちではないですか?いざ離婚を決意しても、離婚の成立までには想像以上に大変なことが待ちうけています。 仮に離婚が成立したとしても、本来必要がない負担を強いられて損をしてしまったとか、将来、紛争が再発するリスクが残っているようでは、ベストな解決とはいえません。 当事務所ではご依頼者の抱える不安を解消し、ご意向を確認しながら幸せな解決へ導くことを常に心掛けています。 お一人で悩まずに、ご相談ください。 離婚問題を専門的に取り扱い、多数の解決実績を誇る法律事務所つくばコムがお力になります。 まずは離婚の意思を伝え話し合いから進める「協議離婚」を行うのが基本となります。 配偶者と話し合い、双方が離婚に同意すれば離婚届を役所へ提出し、離婚成立となります。 しかし、話し合いで合意が得られない場合は家庭裁判所で「離婚調停」を行う必要があります。 調停員を介して話し合いを行い双方が同意した場合、離婚届けを提出すれば離婚成立となります。 離婚調停でも離婚の合意が得られない場合「離婚訴訟」を行います。 裁判の判決で「離婚原因がある」と判断された場合、双方の合意がなくても裁判が可能になります。 なお、計画的かつ有利な条件で離婚を成立させるために、弁護士へ相談・依頼することをおすすめします。 弁護士への依頼のタイミングを迷われる方もいらっしゃいますが、できるだけ早期にご相談にいらしてください。 離婚問題の解決は、ある程度計画的に進めなければなりませんので、手遅れにならないようにするためです。 訴訟は、離婚について双方の同意を得られない場合に行いますので、離婚内容に双方の合意があれば訴訟になることはありません。 しかし、離婚を拒否したい、拒否されている、離婚内容に不満がある、離婚内容に同意されない場合は訴訟になってしまうケースもあります。 訴訟を避けたい場合は、早い段階から弁護士に相談されることをおすすめします。 弁護士は交渉のプロなので、あなたの代わりに交渉を行い、希望に沿った解決になるよう、最大限サポートが可能です。 当事務所のご相談者の場合、離婚訴訟に至るケースというのは実際のところそう多くはありません。 弁護士が代理人につくことで、いつでも裁判を提起することができるようになるわけですが、そのことが逆に交渉を前に進める要因ともなるのです。 別居は「DVを受けている」「相手が離婚を認めてくれない」場合などに有効になります。 DVを受けている場合は身の安全の為に一刻も早くご自宅から出ることをお薦めします。 相手が離婚を認めてくれない場合、数年別居していると離婚が認められるケースもあります。 しかし、扶養義務者が自宅を出て生活費の支払いを行わない等の場合は不利になってしまうことがあるので、注意が必要です。 離婚前に別居を考えていても「別居すると親権や、その後の離婚条件等の面で不利になってしまうのではないか」と心配される方が多くいらっしゃいます。 別居するために必要な環境整備、タイミング、別居後の交渉等、弁護士のアドバイスが有益ですので、まずは法律事務所つくばコムにご相談ください。 弁護士が現在の状況から、別居するべきなのかどうかを判断し、最善のご提案をいたします。

次の