ショート スリーパー 訓練。 ショートスリーパー診断

ショートスリーパーになるための3つのコツと具体的な方法とは? |ホーマーイオン オフィシャルオンラインショップ

ショート スリーパー 訓練

ショートスリーパーになれば、自分の自由になる時間が増え、充実した生活を送ることができます。 しかし、ただ睡眠時間を減らすだけでは疲れが取れず、元気に活動することはできません。 短時間睡眠でありながら元気に活動できるショートスリーパーになるには、睡眠のとり方を変えていくことが必要です。 ショートスリーパーになるコツは3つ ショートスリーパーになるためのコツは、次の3つのポイントを実践することです。 睡眠の質の向上 ショートスリーパーになるためには、睡眠の質を向上させることが欠かせません。 睡眠の充実度は、「時間」と「質」の両方で決まるため、睡眠の質を高めていけば、短時間の睡眠でもしっかりと体を休めることができ、満足できる睡眠がとれるようになるからです。 時間をうまく削り日中を活動的にする ショートスリーパーになるためには、睡眠時間をうまく削っていき、日中の活動を活発にしましょう。 日中の活動によってエネルギーを消費すれば、眠りの質が高まり、結果的に短時間睡眠で十分に休める可能性があります。 日中に活動をして、体が休息を求める状態で眠りにつくことで、睡眠時間をうまく削れるようになるでしょう。 適切なワークライフバランスを取る ショートスリーパーになろうとするなら、適切なワークライフバランスを実践するようにしてください。 自由時間を長く取れるようになることはとても有意義なことですが、睡眠時間を無理やり短くして、体調を崩してしまっては意味がありません。 まずはワークライフバランスを十分に考えて、現在活動できる時間を有効に活用するようにしてみましょう。 ショートスリーパーになるための方法 それでは、実際にショートスリーパーになるための方法を具体的に見ていきましょう。 起きる時間を決める 毎日決まった時間に起きるということが、短時間睡眠のための第一歩です。 漠然と眠るのではなく、次の朝に起きる時間を決め、意識することで短時間睡眠ができるようになる可能性が高まります。 太陽の光を浴びる 起きてすぐに太陽の光を浴びると、「メラトニン」というホルモンの分泌が抑制されて、体がスムーズに活動状態へと切り替わります。 日中に活発に活動できるようになれば、体が休息を求める状態を作り出せ、睡眠の質の向上につながりやすくなります。 朝起きたら、まずは太陽の光を浴びるようにしましょう。 夕食は寝る前の3~4時間前 高品質な短時間の睡眠を実現させるためには、夕食は眠る3~4時間前に済ませるようにしてください。 睡眠障害の方に対しても3~4時間後の睡眠が推奨されており、眠りは食事の時間と深く関係しています。 ただし、空腹状態でも眠りの質は低くなるので、早めに食べすぎないように気をつけることも必要です。 睡眠時間を少しずつ短くしていく 急に睡眠時間を短くするのではなく、毎日少しずつ短くしていくことで体を慣れさせることができます。 普段と起床時間や就寝時間を変えた生活を2日間続けると、2日間の生活にあわせて体内時計がずれると言われています。 そのため、2日間以上の単位で、睡眠時間を少しずつ減らしていくと効率よくショートスリーパーになれるでしょう。 寝る前の過ごし方に注意する 寝る前の時間の過ごし方は、睡眠の質にダイレクトな影響をもたらします。 スマホやパソコンのブルーライト、カフェインの摂取は睡眠の質を低下させ、暗めの照明や入浴、リラックス効果のある音楽などは眠りの質を高めてくれる存在です。 ショートスリーパーのメリット・デメリットとは ショートスリーパーになることには、メリットだけでなくデメリットも存在します。 ショートスリーパーのメリット ・仕事以外の自由時間が長くなる ・人付き合いに時間が割けるようになる ・趣味や遊びに時間を費やせるようになる ・人生において活動時間が長くなる 最大のメリットとなるのは、仕事以外の自由時間が長くなり、たくさんの人と知り合ったり、趣味や遊びなどを充実させられるようになることです。 睡眠時間が1日2時間短くなれば、30年で21,900時間も活動時間が長くなるので、人生の充実につながります。 ショートスリーパーのデメリット ・肥満になりやすくなる ・生活習慣病の危険性が高まる ・ホルモンやインスリンの働きが低下する デメリットとして挙げられることは、睡眠時間が短い人はBMI値が高い傾向にあり、肥満から生活習慣病につながるリスクがあることです。 また、ホルモンやインスリンの働きが低下することで、血糖値が下がりにくくなることも生活習慣病の原因になります。 日本人の9割はショートスリーパーになれる素質がある? 日本人の90%はショートスリーパーになれる素質があるという報告があります。 実際には、短時間睡眠にも長時間睡眠にも対応できる「バリアブルスリーパー」が90%を占めており、「ショートスリーパーになることも可能」ということです。 6~10時間程度の睡眠で活動できるバリアブルスリーパーであれば、努力次第で短時間睡眠で活動できるようになる可能性は高いでしょう。 ショートスリーパーになるには質の高い睡眠が必要 ショートスリーパーになるために最も必要なものは、質の高い睡眠です。 睡眠の質が高まれば短時間でも十分に体を休めることができるようになり、結果的に短時間睡眠でも活動的になれます。 睡眠の質を高めるための方法は、食事の摂り方や日光の利用、眠る前の環境を整えることなどさまざまです。 短時間睡眠を目指している方は、睡眠の質を高めるための方法を、生活の中にできる限り多く取り入れていくようにしましょう。 返品・交換について 返品期限・条件:商品到着後7日以内にメールまたはお電話にてご連絡下さい。 それを過ぎますと、返品・交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承下さい。 返品送料:お客様のご都合による場合は、返品送料はお客様負担にてお願いいたします。 不良品や誤納品等による返品送料は当社負担とさせていただきます。 恐れいりますが当社宛にご連絡後、着払いにてお送り下さい。 不良品:万一初期不良品等がございましたら、良品と無償にて交換させていただきます。 初期不良品、配送事故等につきましては商品到着後7日以内にメールまたはお電話にてご連絡下さい。 それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承下さい。

次の

ショートスリーパーを徹底解明!メリットデメリットまとめ

ショート スリーパー 訓練

ショートスリーパー(short sleeper)とは、短い睡眠時間で健康を保っていられる人間のことであり、短眠者(たんみんしゃ)ともいう。 wikipediaより抜粋 ショートスリーパーになりたい、本当になれる方法あるのでしょうか? ショートスリーパーになるには、なり方があります、、、 きっと(笑) ショートスリーパーにはメリットだけでなくデメリットがあると思っています。 特に、健康とか寿命だって縮んでしまいそうで大丈夫?って思ったりもしています。 芸能人などの有名人にもショートスリーパーはいるようです。 食事など訓練すれば出来るものなのでしょうか、それとも天才と言われる人達の能力、専売特許みたいなものでしょうか。 正直、ショートスリーパーというだけでなんかカッコイイような気がするのは私だけでしょうか。 今回は、ショートスリーパーを徹底的に解明したいと思っています。 睡眠専門医の多くは、 睡眠時間は遺伝子で決められているため、睡眠時間を縮めることは不可能 だと指摘しています。 年齢によっても睡眠時間は変わることがあり、若い時は睡眠時間が長く、高齢になるにつれ短くなる傾向があります。 他には、睡眠サイクル(体内時計)が乱れると睡眠時間が長くなったり、季節などで睡眠時間に変化があり、夏は冬より短くなる傾向があるんだとか。 ショートスリーパーは特殊な遺伝子を持っている 2009年にアメリカのカリフォルニア大学で、寝てもすぐ起きてしまうショートスリーパーの人たちの遺伝子を調べる研究が行われました。 するとショートスリーパーの人たちの体内で、共通して「DEC2」と呼ばれる遺伝子が突然変異を起こしていることを発見したのです。 DEC2は人間の体内時計を制御している時計遺伝子でマウスにDEC2遺伝子を組み込む実験を行うと、なんとマウスの睡眠時間が短くなったという結果が出ました。 DEC2遺伝子の突然変異によって睡眠中の脳の疲労回復や情報整理を普通の人より短い時間で済ませることができるようになったのではないか。 カリフォルニア大学のYing-Hui Fu教授 DEC2についても説明したとおり、もともと遺伝子レベルで睡眠時間は決められています。 しかし遺伝子が睡眠時間に影響する要因は約40%と言われているため、残りの60%は生活環境(習慣)によって決まります。 ようは、 生活環境(習慣)次第、工夫次第ではショートスリーパーになれるとのこと。 レオナルド・ダ・ヴィンチ• モーツァルト• トーマス・エジソン• ニコラ・テスラ• 森鴎外• ミハエル・シューマッハ• 明石家さんま• 中居正広• 上戸彩• Gackt• 実際に行われた、バリアブルスリーパーの睡眠時間を5時間程度に短縮する実験では、実験後も長期にわたって平均6時間の睡眠時間が保たれたという結果が出ているのです。 もしもあなたがロングスリーパーではないのなら、睡眠時間を短くしてショートスリーパーになれる可能性を秘めているかもしれません。 ショートスリーパーの共通点は多相睡眠(分割睡眠) トーマス・エジソンは、30分の睡眠を1日に6回の合計3時間、レオナルド・ダヴィンチは、15分仮眠を1日に6回の合計1. 5時間の睡眠をとります。 睡眠時間が短い人(ショートスリーパー)の特徴として、1日の持続力(判断力・認知力などの一般的なパフォーマンス)や体力は睡眠時間が長い人より切れがちです。 放っておくと1日も持たずガス欠してしまいます。 そのことをショートスリーパーたちは自ら知っていて、質の高い食事と昼寝・仮眠を分散させて取っているのです。 ショートスリーパーの多くは、1日に一度しか寝ないのではなく、1日に何度も寝ているのです。 分割睡眠(多相睡眠)は、こちらの記事で詳しく説明しています。 具体的には、高血圧、脳梗塞や脳卒中、心筋梗塞など、循環器系の病気にかかりやすいという特徴を持っています。 ようは、ショートスリーパーでない人が、短眠をすると 単なる睡眠不足に。 レム睡眠の時間が少なくなる レム睡眠は体は寝ているけれど脳は覚醒している睡眠状態です。 この状態では、記憶の整理など、人間が生きていく上で大切な活動が行われているのです。 糖尿病、心臓病のリスクが高まる 睡眠時間が短くなると、血液中の糖分のコントロールが効かなくなります。 また血圧も上がりやすくなり、心臓への負担も大きくなります。 短時間睡眠は血糖値が正常であっても、インスリンの働きが弱まってしまっているので、たった一日3時間ほどの睡眠となれば、生活習慣病のリスクが非常に高くなってしまうと言われています。 マイクロスリープの危険性 マイクロスリープとは、過度な睡眠不足に陥っている場合、自分が気がつかない無意識のうちに眠りに落ちてる状態を言います。 情緒的な不安定や抑うつのリスクが増大 慢性的な睡眠不足には 情緒的な不安定や抑うつのリスクを増大してしまいます。 それが酷くなると、うつ病や不安障害などの精神疾患へと発展してしまいます。 免疫力が低下する恐怖 睡眠時に分泌される「成長ホルモン」はとても重要な役割を担っていて、免疫物質を作りだしたり、古くなった細胞を再生させる力を持っています。 睡眠不足に陥ると、この成長ホルモンの分泌が著しく低下します。 よって、風邪をひきやすくなったり、薬やワクチンが効きにくくなったり、ガンのリスクにも侵されてしまうのです。 ショートスリーパーのなり方 起床時間を変えない 同じ時間に起きる習慣によって体がリズムを覚え、眠る時間に関係なく翌日は目が覚めやすくなります。 最低でも4時間半は必ず睡眠をとるようにしてください。 レム・ノンレム睡眠1サイクル90分とすると、最低2サイクルの3時間、出来れば3サイクルの4時間半というのが一つの目安でしょう。 昼食の後には20分程度の軽い仮眠をとると、午後も活発に過ごせ、アクティブに活動することで夜寝つきがよくなります。 体内時計は光を見るとリセットされるようにできているため、常に同じ時刻にリセットするようにしておくと、睡眠時間が少なくなっても体内リズムが崩れず、睡眠の質をキープできるようになります。 昼寝を自ら取る(分割睡眠) 眠すぎてついウトウト…ではいけません。 自ら積極的に仮眠を取ることが重要。 眠くなってからの仮眠は、夜に寝るよりも何倍も睡眠効果があるとか。 コーヒーを飲んでから仮眠をするのもアリ。 昼寝には正しい時間帯と方法があります。 詳しくはこちらの記事にも書いています。 消化にいいというか、ダイエットと同じような理屈なのかも。 また、夜のメラトニン分泌のために朝日のうちに日の光を浴びておくというのも大切なこと。 睡眠の2時間前にはお風呂を 体温が下がるときに人は眠気を感じるため、食後に眠くなりがちなのも、実はこのため。 食事を取ることで体温が一時的に上がり、再び下がるときに眠気を感じるというわけです。 ショートスリーパーになると、睡眠時間を節約でき一般的な人よりも1. 相対的な体感からすれば3倍近くあるとも言われています。 勿論、デメリットもあります。 考え方によってはそこまでしなくても良いかもしれません。 しかし、どんな生活環境(習慣)であれ、睡眠時間が短くても睡眠不足にならないような方法があることは心強いことだと思いませんか。 人は眠らなければいけない、その輪から少しだけ外れることが出来る。 ようは、その選択肢(タフさ)を手に入れること自体に 価値があると私は思ったりします。

次の

訓練をすれば「ショートスリーパー」になれるのか?

ショート スリーパー 訓練

エリートたちの長年の夢であり、自らの優秀さと強さの証でもある。 かのナポレオンは、「どのくらい眠れるのがいいのか?」と質問されこう答えている。 「男は6時間、女は7時間、愚者は8時間」と。 ナポレオンは有能であれば、睡眠さえ支配できると思い込んでいたのだ(The Man Napoleonより)。 彼らにとって短時間睡眠は、「自分の存在価値」と同義だ。 昭和の精神論を嫌う人たちでさえ、努力次第でショート・スリーパーになれると信じてきた。 実際には短眠が訓練ややる気とはまったく関係のない「遺伝的変異」によるものであるにもかかわらず、だ。 そしてそれは、人口の1%。 たったの1%しか、3時間睡眠で体内時計(体内で行動や睡眠のリズムを制御する仕組み)を管理できる遺伝子をもつ人はいないことがわかった。 「オレって、すごいだろ? 3時間睡眠で十分さ。 やりたいことたくさんあるのに、寝るなんてもったいないじゃん」と誇らしげに語る人のほとんどは、似非ショート・スリーパー。 遺伝子をもっているかいないかがすべてで、精神力や努力でどうなるものではないのである。

次の