ファイアー エムブレム 風花雪月 お茶 会。 【ファイアーエムブレム風花雪月】お茶会のやり方とキャラ別好みの茶葉一覧【FE風花雪月】

【ファイアーエムブレム風花雪月】生徒のスカウト条件一覧/重視する能力まとめ【FE風花雪月】

ファイアー エムブレム 風花雪月 お茶 会

表のキャラクター名をクリックすると下2つの表に有効な選択肢が表示されます。 有効な選択肢は「選択1」「選択2」「選択3」のどこで出てきても選べば相手が喜びます。 1つ目の表は五十音順で並べてあります。 時間制限がありますが「ホームボタン」でホームメニューを表示している間は時間が進まないので利用しましょう。 エーデルガルト ヒューベルト フェルディナント リンハルト カスパル ベルナデッタ ドロテア ペトラ ディミトリ ドゥドゥー フェリクス アッシュ シルヴァン メルセデス アネット イングリット クロード ローレンツ ラファエル イグナーツ リシテア マリアンヌ ヒルダ レオニー ハンネマン マヌエラ セテス フレン カトリーヌ アロイス ツィリル ギルベルト シャミア レア アンナ イエリッツァ ユーリス コンスタンツェ バルタザール ハピ 好きなお茶と有効な選択肢 好きなお茶 ベルガモットティー フレスベルグブレンド 有効な選択肢 新しい計略の提案 いつもありがとう お気に入りの場所 歌劇を見たことは? 学校生活の思い出 学校の制服の話 危機一髪で助かった話 愚痴をこぼす これからのフォドラ ごろごろしたい 最近雰囲気が変わった 最近読んだ本の話 自分の秘密を教える 修道院の規則の話 修道院の警備について 修道院の謎について 将来の夢 好きなお菓子 好きな人に求めるもの 精強な騎士団の噂 前回の戦闘の反省 頼りにしている 調子が良さそうだ 出会った頃の話 道具の手入れについて 図書室の蔵書について 何でも相談してくれ 似合いそうな兵種 苦手を克服するには 猫の話 橋からの眺めについて 二人で笑い合った話 二人の将来について 他の仲間の評価 味方につけたい人 目指す兵種について もっと仲良くなりたい 最も優秀だと思う仲間 貰うと嬉しい贈り物 紋章の有無について 理想の教師像を語る — 最後の質問と有効な選択肢 最後の質問 貴方と二人きりになると、ヒューベルトがうるさいの。 内緒にしておくわ。 うなずく 笑う — 私がフレスベルグ家に連なる者でなければ、もっと気楽でいられるのだけれどね。 笑う 応援する — 貴方の部屋、いつ見ても綺麗よね。 意外とマメなのかしら。 うなずく そんなことはない 照れる 久々にゆっくりとした時間を過ごせたわ。 貴方は無口だけれど、それが逆に心地よい。 お茶を飲む 照れる — 私たちが出会った日のことを覚えている?貴方は、私を盗賊から守ってくれたわね。 うなずく 照れる — いつも冷静よね、貴方。 頬を赤らめたり、胸を高鳴らせたりしている姿が見てみたい。 そんなことはない 落ち込む お茶を飲む 今度、時間のある時にアンヴァルの宮城を案内してあげるわ。 素敵な庭園があるの。 うなずく — — この部屋では、私は皇帝でなくていられる。 だから居心地がいいのかもしれないわね。 うなずく 笑う 照れる 私は、自分の子に皇位を継がせるつもりはないの。 優秀な赤の他人に譲るのが理想ね。 感心する 考えを言う 応援する 喜ぶ贈り物.

次の

【FE風花雪月】お茶会の解放条件・誘い方・選択肢選びのコツ【ファイアーエムブレム風花雪月】│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

ファイアー エムブレム 風花雪月 お茶 会

ルート分岐 黒鷲の学級を選んだ場合に発生するルート分岐。 青獅子の学級、金鹿の学級はセイロス聖教会所属のユニット全員を仲間に加えることができる。 帝国ルート• この時のセーブデータ(AFTER BATTLE)は残しておくと良い。 フレンが永久離脱。 第二部の1月「デアドラの戦い」でリシテアを説得できる。 教会ルート• この時「付き合わない」を選ぶと教会ルート確定。 エーデルガルトとヒューベルトが永久離脱。 セテス、カトリーヌ、ツィリルが自動加入。 回避特化でほとんど攻撃を受けない。 力の初期値が高く、さらに伸びていくため攻撃系スキルがなくても強い。 速さ不足が気になるなら飛燕の一撃で補う。 使わないなら主人公かセテスの副官に徹すると良い。 補助寄りのニルヴァーナとして最前線で戦わせよう。 盾役不足ならフォートレスからグレートナイトを目指すと良い。 シャミアかアロイスを副官にして回避率を上げておくと良い。 第二部からは勇者の弓で大活躍してもらおう。 敵として登場する時はドラゴンマスターになっている。 , LTD. 記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

次の

ファイアーエムブレム風花雪月 指導中の質問に対する有効な回答

ファイアー エムブレム 風花雪月 お茶 会

1990年に発売されたファミコンソフト『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』から始まった本シリーズは、キャラクターたちが強くなる育成要素と、倒れた仲間は復活しないシビアなゲーム性を融合させた絶妙なバランスで、多くのユーザーを虜としました。 長いシリーズの歩みの中では、従来のシリーズ作とは異なる切り口に挑んだり、それまでになかった新要素などを導入したケースも少なくありません。 2015年6月25日に発売された3DSソフト『ファイアーエムブレムif』も、他の過去作にはない特徴を持つシリーズ作でした。 そんな『ファイアーエムブレムif』も、本日でちょうど5周年を迎えました。 もう5年が過ぎたのかと、驚いた方も少なくないのでは。 今回は本作の記念日を祝し、その特徴的な要素を振り返ってみたいと思います。 プレイヤーは、主人公やその仲間たちを操作する立場にあり、プレイヤーの分身たるキャラクターが作中に登場するといった展開は、黎明期のシリーズ作にはありません。 ですが、『ファイアーエムブレム 烈火の剣』にて、この傾向に変化が。 プレイヤーが名前を決められる「軍師」が登場し、更に作中の物語にも関わりました。 とはいえ、この軍師は他のキャラクターのように戦うことはできず、バックアップ的な立場に留まります。 そして『ファイアーエムブレム 新・紋章の謎』にて、性別や容姿などを選択し、ユニットとして戦闘や成長も行える「マイユニット」が登場。 この流れは、『ファイアーエムブレム 覚醒』にも受け継がれ、こちらの作品でもバトルと物語に深く関わりました。 『新・紋章の謎』と『覚醒』のいずれも、マイユニットは存在感のある立場となって活躍します。 しかし、各作品の主人公は誰かと聞かれれば、やはり「マルス」であり「クロム」でした。 このような展開を経てリリースされた『ファイアーエムブレムif』では、マイユニットを主人公に抜擢。 見た目や名前のカスタマイズがもちろん可能で、専用の兵種で登場を果たします。 プレイヤーの分身が名実共に主人公となったのは、本シリーズでは『if』が初でした。 しかも、マイユニットが主人公になったことは、『if』の特徴と深い関わりを持ちます。 というのもプレイヤーの決断次第で、主人公の属する国が「白夜王国」か「暗夜王国」に分かれるのです。 描かれる物語や加わる仲間が変わるだけでなく、白夜ルートは育成しやすく難易度も低め、暗夜ルートは育成のリソースが限られており難易度が高めと、ゲーム性にも大きな違いがありました。 この選択は、ダウンロード版の場合は作中で決断(決断以降は、やり直してもルート固定)し、パッケージ版は購入時に『ファイアーエムブレムif 白夜王国』か『ファイアーエムブレムif 暗夜王国』のどちらを買うか決めなければなりません。 それぞれのルートはいずれも1本分もボリュームがあるため、それぞれを遊ぶだけでもしっかりと楽しめます。 ちなみに、追加DLCという形でもう一方のルートもプレイ可能。 有料ではありますが、ソフト版1本分よりも安い1,852円+税で購入できるので、2本分のボリュームを比較的押さえた価格で味わうことができます。 さらに、第3のルート「インビジブルキングダム」が、後日配信を開始しました。 このルートは、どちらの国にも属さない選択をとった、新たな未来を切り開く道が描かれています。 主人公の決断次第で未来が3つに分かれる本作は、そのタイトル名にもある通り、「もしも(if)」を描いた意欲的な作品として登場し、大きな反響を得ました。 その選択に一層重みを加えたのが、マイユニットを主人公に据えた点でしょう。 マイユニットは、プレイヤーの分身。 この他にも、『if』の特徴的な点は数多くあります。 倒れた仲間は特別な例外を除いて復活しないのがシリーズの基本でしたが、作品を重ねるにつれ、次のマップで復活する「カジュアル」などの要素が搭載されていきました。 本作では、この「カジュアル」に加え、「フェニックス」を新たに用意。 この「フェニックス」の手厚さは凄まじく、次のマップどころか、倒れた仲間は次のターンで復活します。 その効果を見るだけでも分かる通り、これ以上ないほどのフォローぶりです。 「フェニックス」はシミュレーションRPGに慣れていない初心者に向けた救済措置のひとつと思われますが、効果が強すぎたのか、後にリリースされた『Echoes もうひとりの英雄王』や『風花雪月』には採用されていません。 この大胆な「フェニックス」も含め、ルートによって難易度が変わるなど、初心者から上級者まで幅広く対応したのも、『ファイアーエムブレムif』が持つ特徴と言えるでしょう。 また、通信を介して他のプレイヤーと交流できる「マイキャッスル」の存在や、『ファイアーエムブレム ヒーローズ』でも活躍している「暗器」の初登場など、『ファイアーエムブレムif』には新要素がたっぷり詰まっていました。 『外伝』で取り入れられてはいましたが、シリーズ全体では稀有な「武器耐久力の撤廃」も、本作の個性的なポイントのひとつです。 ゲームの歯応えも変化する、3つの未来を描いた『ファイアーエムブレムif』。 その全容を知るためには、3本分のシナリオ踏破や、DLCでの追加購入などが必須となる点が少々重たい部分ではありますが、難易度的な面ではかなりフォローされているので、シリーズ未体験は入門用として「白夜王国」から始めてみるのも一興です。 この5周年を機に、今も展開が続くシリーズ作品への第一歩を、『ファイアーエムブレムif』で刻んでみてはいかがでしょうか。 【関連記事】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 《臥待 弦》.

次の