耳かき 子供。 耳かきの人気おすすめランキング15選【2020年最新版】

子供に耳かきは必要?頻度はどれくらい?やり方にコツはある?

耳かき 子供

日本小児科学会専門医。 2002年、慶応義塾大学医学部卒。 神奈川県内の病院・クリニックで小児科医としての経験を積み、現在は神奈川県横浜市のなごみクリニックに院長として勤務。 内科・小児科・アレルギー科を担... じっとしていられず、動いたり嫌がったりして掃除をしづらい子供の耳。 「汚れがたまっているかも?」と気になって覗いてみると、耳の中に大きい耳垢の塊があることも。 そのようなときは、ピンセットを使って取ってもいいものか迷ってしまいますよね。 今回は、子供の耳垢の取り方について、ピンセットで取る方法や、取るときの注意点をご紹介します。 子供の耳掃除は必要なの?耳垢は取るべき? 耳垢とは、外耳道にある耳垢腺から出た分泌物が、空気中のホコリやはがれた皮膚と混ざり、固まってできた垢です。 毎日のように耳掃除をする人もいますが、大人も子供も、「耳掃除は月に2~3回程度で十分」とされています。 その理由は、耳には自浄作用があるからです。 また、耳垢は酸性で、殺菌作用や皮膚の表面を保護して耳を守る働きがあります。 無理に掃除をすると、耳の中を傷つけて外耳炎や中耳炎を引き起こしてしまう恐れがあるので、耳掃除をしすぎないように気をつけましょう。 関連記事 子供の耳掃除にピンセットを使ってもいいの?耳垢の取り方は? 子供の耳の掃除は綿棒を使うのが一般的です。 小さな子供の耳には通常の綿棒は太すぎるので、ベビー綿棒を使ってケアするのがいいでしょう。 綿棒で耳垢を掻き出そうとすると、奥に押し込んでしまう可能性があります。 入浴後の耳が湿っているときに、綿棒の棉の部分で、耳の入口付近をそっとぬぐってあげる程度にしましょう。 それだけで耳垢がつきにくくなりますよ。 耳の入り口付近に大きな耳垢の塊を見つけた場合は、ピンセットや耳かき棒を使ってそっと取ってあげましょう。 ただし、子供の耳は鼓膜までの距離がとても短く、傷つけてしまう危険性があります。 特にピンセットを使うときは、できるだけ耳の入り口付近まで耳垢が出てくるのを待ってから取るようにしてください。 ピンセットで耳掃除をするときの注意点は? 綿棒や耳かきに比べて耳の中に直接触れないピンセットを使えば、子供もあまり嫌がらず、すっと耳垢を取ることができます。 取ってあげるママも気持ちがよく、耳垢掃除が楽しくなってしまうという人も。 ただし、取り出すのは耳の入り口近くにある耳垢のみにして、奥にある耳垢は決して取らないようにしてください。 子供用の耳垢専用ピンセットは、先が丸くなっているものの、細くて硬いため、やり過ぎると鼓膜を傷つけてしまうことがあります。 特に2〜3歳頃までは嫌がって掃除中に頭を動かすこともあります。 くれぐれも注意しながら耳掃除を行い、ピンセットはあくまでも表面近くの耳垢を取り除くためだけに使いましょう。 ピンセットでも取れない耳垢はどうしたらいい? 子供の耳を覗いてみて、奥のほうに大きい塊の耳垢があるときは、無理に自宅で取ろうとせず、耳鼻科で取ってもらうようにしてください。 掃除をしているつもりが、どんどん奥に押し込んでしまい、さらに奥に入ってしまうと耳垢は自然には出てこなくなります。 そうすると、耳を塞いでしまって、耳が聞こえにくくなってしまう恐れもあります。 耳の奥に大きな耳垢を見つけたときは、ピンセットや綿棒で取ろうとせず、まずは耳鼻科に連れていきましょう。 子供に慣れている小児耳鼻科の先生であれば、さっときれいに取ってくれますよ。

次の

【徹底比較】耳かきのおすすめ人気ランキング17選

耳かき 子供

子供に耳かきは必要? 耳あかは、耳の内側の古い皮膚が剥がれたり、外部からのほこりの侵入、皮脂などが固まることで、耳の外耳道というところに固まってできます。 鼓膜は、外耳道の奥にあるのですが、鼓膜にほこりや細菌から守るためのものは耳毛以外ないので、多少の耳垢は鼓膜を守るために必要なのです。 しかし、耳垢が外耳道を塞いでしまうと、聞こえが悪くなったり、難聴の恐れも考えられます。 ただ私の通っている耳鼻科の先生曰く 「子供は寝ている間に耳垢がポロっと取れているはずだから、お母さんが耳掃除をする必要はないんだよ」 「それにお母さんが逆に耳を傷つけてしまう可能性の方が高いから、掃除をするとしても見える範囲で軽くねー」 と言います。 耳鼻科の先生によって意見も違っているようなので、耳かきは必要ない! とは断言できませんが、親が耳かきをする場合は表面だけを軽く掃除してあげるようにしましょう。 ではどれくらいの頻度で耳かきを行えばよいのでしょうか。 しかし、実は膝枕で行うと、取れた耳垢が、落ちてしまう可能性が高くなるんです。 なので耳かきは座った状態で行いましょう。 座った状態だと、陰になってしまう部分があり、見にくいかもしれませんが、ペンライトや懐中電灯を活用すると見えやすくなりますよ。 また、実は耳かきで耳垢を取ろうとしても外耳道に耳垢をこすり付けてしまい、あまりきれいに取れないのです。 そこで、細めの綿棒を活用することをおすすめします。 細めの綿棒に、ベビーオイルかオリーブオイルをつけ、優しく少しずつ行いましょう。 耳垢がかさかさタイプのお子さんは、耳掃除用の吸引器を使うのも良いですね。 ・奥に入れすぎない 耳掃除をするとき、奥の耳垢まで取ろうと頑張ってしまうことはありませんか? しかし、耳の中の皮脂腺という皮脂の分泌が行われる場所は、耳の入り口から1センチほど奥までとなります。 綿棒を1センチ以上奥に入れてしまうと、耳の中を傷つけたり、耳垢を押し込んでしまうこともあるため、気を付けましょう。 綿棒の面が巻かれている部分が、ちょうど1センチくらいとなります。 嫌がる子供・奥の耳垢の対処法 嫌がる子供の耳を無理に掃除しようとしたり、奥の方にある耳垢を家庭で取ろうとしたりすると、耳の中を大きく傷つけてしまう事故に繋がりかねません。 耳掃除が必要な場合、耳鼻科で耳垢を掃除してもらうのも一つの手ですよ。 私の通っている耳鼻科では、暴れないように体を固定され、看護師さん4人がかりで子供が動かないように押さえつけ、先生が慎重に器具を使って耳垢を取ります。 娘の場合は、学校の聴力検査でひっかかり耳鼻科へ行ったのですが、先生に掃除してもらって再検査したら問題なし、という事もありました。 耳掃除だけで耳鼻科へ行っても拒否されないのでww、奥の耳垢が気になっている方は受診してみてくださいね。 まとめ 親が耳かきを行う場合は決して奥まで掃除をせずに、見える範囲で1~2ヵ月に1回程度行うようにしましょう。 半年~1年に1回程度、耳鼻科で耳の状態を見てもらって、気になるようなら耳掃除もお願いしてみる事をおすすめします。

次の

ごっそり取れる!最強耳かきの人気おすすめランキング7選【2020最新】|Besme [ベスミー]

耳かき 子供

耳かきの頻度はどのくらい? 耳かきの頻度は月に1,2回で十分なんですよ。 全くしなくても問題ありません。 むしろしないほうがいいという医師さえいます。 耳かきをしなかったからといって、耳垢で塞がり聞こえなくなるということはないといいますが、 耳垢塞栓という病気になってしまう場合があります。 これは、耳の穴に耳垢が詰まってしまう病気です。 実は、耳かき(耳掃除)をしていてもかかってしまう場合があるんです。 それはどんな時かというと、綿棒を耳の奥まで押し込んで、さも耳かきをしているつもりになっている場合なんかがそうです。 綿棒を押し込むと、せっかく外に出そうと働きかけている耳垢をまた耳の奥に押し込んでしまうんですね。 知らずにこれを繰り返していると、垢で耳孔がふさがり耳垢塞栓になってしまいます。 耳垢というのは、耳の中から液体で出てきます。 なぜ液体かというと、潤いを与えることにより 細菌の侵入を防ぐ効果があるからなんですね。 そして液体が耳の外側、外側へと進みホコリやゴミと混じり体温によって液体が徐々に固まり耳垢となります。 では、そのまま耳垢は耳の皮膚に張り付いているのかといえば、そうではありません。 お風呂に入ったり湿度の高いところではまた耳垢はドロっとした液体になります。 要するに、 温度や湿度によって液体になったり、個体になったりするわけなんですね。 ちなみに耳の穴の 臭いってなんであんなに臭いんでしょう?結構な臭いしますよね。 虫だけでなく人間もイヤですがね。 耳かきに綿棒を使う際の使い方と注意点 耳かきをするのであれば、乾燥してカサカサのときよりも、お風呂上がりの若干湿った状態で綿棒を使って耳掃除をすると意外と簡単にとれます。 ただし、 綿棒を耳の奥まで入れると耳垢も奥に押し込まれてしまうので 耳の入口から約1センチ位にとどめておくことが大切です。 お風呂上がりは耳の中の皮膚も柔らかく、とてもデリケートな状態になっています。 綿棒を耳の奥まで入れてグリグリ回すなんてもってのほかです。 そんなことをすると耳の中の皮膚を傷つけてしまい 外耳炎を起こしてしまいます。 気持ちいいのはわかりますが、特に注意が必要です。 賛否両論!耳かきは必要? 耳かきは必要なのか?ということですが、お医者さんたちはどのように考えているのでしょうか? おもしろいデータがありますので紹介しますね。 2017年5月に行われた調査結果です。 このサイトは日本の医師が10万人以上参加している会員制サイトです。 耳かきについて約4,200人の医師に調査した結果 耳かきは適度にした方が良い 79% 耳かきはしないほうが良い 13% 耳かきは積極的にした方が良い 3% その他 5% データ引用: このような調査結果でした。 上記のことからわかるように約80%の医師は 適度に耳かきをした方が良いといっています。 適度な耳かきとは、月に1,2回程度ということなんですね。 子供の耳かきはどうする? 子供も基本的には同じです。 ただ、耳孔が小さいのでとても見づらいです。 だからと言って手探りでやるのはとても危険ですので避けて下さいね。 耳の中が見えなくて 耳垢が取りにくい場合は、 耳鼻咽喉科で取ってもらうことをおすすめします。 たかが耳かきくらいで耳鼻咽喉科に行くなんて・・・と思いがちですが、とんでもありません。 耳かき(耳掃除)もれっきとした治療です。 耳あかを取る医療機器も揃っているので安心して任せられます。 保険適用されますので、遠慮せずいかれるといいですよ。 自分でやって傷つけてから耳鼻咽喉科に行くのとではどちらがいいでしょうか? まとめ• 耳かきは月に1,2度程度にする。 耳かきは奥まで入れず出口から約1センチ程度にとどめる。 綿棒を奥まで入れて耳かきすると耳垢塞栓のリスクが高くなる。 子供の耳はデリケートなので、自信がなかったら医療機関でやってもらう。 今回はいかがだったでしょうか? 子供の頃よく母親の膝に頭を乗せて耳かきをしてもらっていました。 いい気になってグリグリと耳かきしていた事もあったのですが、今思うと危険な行為だったんですね。 ゾッとします!.

次の