リザードンパーティー。 【ポケモン剣盾】マスターボール級達成構築 晴れおいかぜエルフーンリザードン&偽装バンドリュ

【カバリザ】ポケモンの有名な組み合わせと対策方法【カバルドン・リザードン・ポケモンoras】

リザードンパーティー

ブラッキー 私のパーティーの最強の受けポケモン。 選出率もかなり高く、ブラッキー様のおかげで勝てた試合も少なくない。 ドラパルトやドリュウズに特に強く、半端な特殊も受けきれるので物理、特殊共に受けたい人にはオススメ。 私のパーティーで苦手なサザンドラも受けれます。 性格は「ずぶとい」HB252振り。 持ち物は「たべのこし」 技構成は• あくび• まもる• 願い事• イカサマ ルカリオ バンギラスを絶対殺すワンコ。 受けだしからインファイトで確定1撃。 意外とミミッキュにも強い。 バレットパンチによるフィニッシャー。 ダイスチルによる防御強化も強いので意外と防御に振るのもありかも知れません。 使用したのは性格「いじっぱり」HA252振り。 持ち物は「命の玉」。 技構成は• インファイト• ストーンエッジ 雷パンチでもいいかも• バレットパンチ• シャドークロー リザードン サンパワー+ダイジェットで高火力高速アタッカーに。 おにびを採用していますが、物理潰しだけでなく、ダイマックス時ダイウォールとなるので様々な場面で活躍します。 性格は「おくびょう」CS252振り。 かえんほうしゃ• エアスラッシュ• ソーラービーム• 鬼火 ストリンダー 白い悪魔、害悪の化身、犯罪者等の異名を持つトゲキッスを狩ります。 私の家族 ポケモン はこいつに・・・。 トゲキッスを許すな。 相手がダイマックスしたらこちらもダイマックスしないと火力で押し切られることもあるので注意。 性格は「控えめ」。 持ち物は「とつげきチョッキ」 技構成は、• オーバードライブ• ばくおんぱ• バークアウト• ヘドロばくだん ポケモン記事まとめ.

次の

リザードン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

リザードンパーティー

コンセプト:相手にダイマックスを先に使わせる! シーズン1では、USMのレート戦と比較して、メガやZの廃止、ダイマックスの追加、ポケモンのリストラなど様々な変化があり、完全に手探り状態でした。 ポケモンの実況者の動画を見ながら考えていましたが、 相手に先にダイマックスさせて詰めていく動きが強いと感じました。 「カビゴン」「アーマーガア」の高耐久コンビで圧力をかける ダイマックスするタイミングとして、一番わかりやすいと思ったのは「高耐久のポケモンをダイマックスで突破する」場合だと感じました。 そこで 高耐久のポケモンを相手にぶつけてダイマックスを誘発させて、そのあと詰めとしてエースポケモンを通すというコンセプトに決めました。 そのために、 特殊に耐久のあるカビゴンと物理に耐久のあるアーマーガアを使うことを決めました。 詰めのエース「ミミッキュ」「リザードン」 相手にダイマックスを切らせた後に詰めとしてのエースは、まず「 ミミッキュ」を使うことを考えました。 ただ、「ミミッキュ」では、環境に多くいた相手のアーマーガアが突破することが厳しくなります。 その場合のエースとして「 リザードン」を採用しました。 ここまでで、 カビアーマー+エースポケモンという基本選出が完成しました。 苦手な構築に対して「ヒヒダルマ」「インテレオン」 ここまでのポケモンで、ドヒドイデなど耐久の高いポケモンで固めた 受け構築に対して、崩すのが難しいと思い、 ハチマキヒヒダルマを採用しました。 また、アーマーガアがいるのにかかわらず、リザードンを投げづらい並び(バンギアーマー)のような並びに強く出られると思い インテレオンを採用しました。 構築の解説紹介 フィラのみ カビゴン 実数値 努力値 HP 236 4 こうげき 178 252 ぼうぎょ 117 252 とくこう — わざ とくぼう 130 すてみタックル すばやさ 50 ヒートスタンプ せいかく いじっぱり(補正) アイアンヘッド とくせい くいしんぼう あくび もちもの フィラのみ わざ タイプ 威力 命中 PP すてみタックル ノーマル 120 100 15 高火力なタイプ一致技。 ロトムやサザンドラを削ったりします。 他のノーマル技と違い火力があり、反動を利用してきのみを食べることができる点が優秀でした。 ヒートスタンプ ほのお ー 100 10 はがねタイプやくさタイプに打点が欲しいため採用しました。 ほのお技はほのおのパンチもありますが、エルフーンやアーマーガアへの圧力を考えてこちらにしました。 ダイマックスした相手には効かないので注意。 アイアンヘッド はがね 80 100 15 ミミッキュへの打点が欲しいためはがね技を採用しました。 ヘビーボンバーもありますが、ダイマックスミミッキュへの打点がなくなるため。 あくび ノーマル ー 100 10 相手をねむけ状態することにより、 交代やダイマックスをうながします。 非常に重宝します。 あくび+高耐久で優秀な初手要員 多くの試合で初手で投げました。 大体の攻撃は1発耐えるので、あくびで流したり、相手を削ったりします。 あくびはとても優秀で、眠らせないために相手がダイフェアリー・サンダーを打つことになり、 ダイマックスを強要できコンセプトにとても合っていました。 ダイマックスしても強い 相手のパーティをみてカビゴンが重そうだったらダイマックスさせました。 相手のすばやさを下げるダイアタック、防御を上げるダイスチルは無難に強く、ダイバーンで晴れさせれば、リザードンと同時選出しても腐らせることを防ぐことができます。 オボンアーマーガア 実数値 努力値 HP 205 252 こうげき 107 ぼうぎょ 157 252 とくこう — わざ とくぼう 106 4 ついばむ すばやさ 87 ボディプレス せいかく わんぱく(補正) てっぺき とくせい ミラーアーマー はねやすめ もちもの オボンのみ わざ タイプ 威力 命中 PP ついばむ ひこう 60 100 20 32 てっぺき型なのでボディプレス以外の火力は見込めないと思いひこう技をついばむにしました。 後出しロトムの回復実やラムのみ、タラプのみなどを食べます。 たまに役に立つときがありました。 ボディプレス かくとう 80 100 10 攻撃ではなく防御の実数値で計算する技。 この技のおかげで 単なる受けポケモンではなく殴れるようになります。 てっぺき はがね 80 100 15 ミミッキュを役割対象とするため採用。 多くの物理ポケモンを詰ませることができました。 はねやすめ ノーマル ー 100 10 16 耐久ポケモンなので回復技を採用。 ついばむとはねやすめだけPP増やしました。 ミミッキュが役割対象ですが、はがね技は不採用です。 理由としては、「急所さえ当たらなければ勝てる」「ダイジェットが優秀」の2点です。 物理アタッカーを受けるために てっぺきさえ積めれば、多くの物理ポケモンを受けることができます。 相手の特殊ポケモンを処理した後に、アーマーガアで詰ませることで勝つ試合も多かったです。 かなり下の順位からマッチングしてくる人たちにはよく刺さるのでよかったです。 詳しくは単体考察しています。 珠ミミッキュ 実数値 努力値 HP 131 4 こうげき 156 252 ぼうぎょ 100 とくこう — わざ とくぼう 125 じゃれつく すばやさ 148 252 シャドークロー せいかく いじっぱり(補正) かげうち とくせい ばけのかわ つるぎのまい もちもの いのちのたま わざ タイプ 威力 命中 PP じゃれつく フェアリー 90 90 10 ダイフェアリーでミストフィールドを貼れるので、あくびややけどを防げます。 シャドークロー ゴースト 70 100 15 ダイホロウでぼうぎょを下げれます。 単体同士ならヌオーやドヒドイデにも勝ててよかったです。 かげうち ゴースト 40 100 30 先制技。 パーティに先制技持ちが少ないため重宝しました。 8世代でも最強ポケモン ミミッキュは弱体化を受けましたがまだまだ強いです。 みんながいのちのたまで使っていたという理由から持ち物は決定しましたが、かなり強かったです。 スカーフリザードン 実数値 努力値 HP 153 こうげき 80 (A0) ぼうぎょ 99 4 とくこう 161 252 わざ とくぼう 105 オーバーヒート すばやさ 167 252 エアスラッシュ せいかく おくびょう(補正) りゅうのはどう とくせい サンパワー きあいだま もちもの こだわりスカーフ わざ タイプ 威力 命中 PP オーバーヒート ほのお 130 90 5 メインウエポン。 だいもんじ、かえんほうしゃではないのは、H252振りアーマーガアをダイマックスなしで確定1発にできるから。 (だいもんじは62. すばやさが上がるのでかなりの圧力になります。 りゅうのはどう ドラゴン 85 100 10 構築でドラパルトが重いので採用。 ダイドラグーンのこうげきダウン効果もポイントでした。 きあいだま かくとう 120 70 5 いわタイプが辛いので採用しましたが、有効に働く試合は稀でした。 きあいだまに関しては、他の技も試したかったです。 ソーラービーム、げんしのちから、かえんほうしゃなど。 超火力+すばやさ上昇で攻める! 相手のアーマーガアを処理するために採用しましたが、 サンパワー+ダイバーン(晴れ)+ダイジェット(すばやさ上昇)が強力でした。 バンギラスやセキタンザンがいたら出しにくかったですが、その場合はミミッキュを選出していました。 スカーフで奇襲する リザードンの欠点は「ダイマックスしないと弱い」ことです。 そこで ダイマックス無しの場合の役割を広げるために、持ち物はこだわりスカーフをもたせました。 アイアント、ヒヒダルマあたりを先攻で焼くことができます。 また、自分のカビゴンや相手がアーマーガアを無理やり突破するために放ったダイバーンの影響で晴れることも多く、晴れ下で「 メガネとスカーフを持ったリザードン」として使うことも。 ハチマキヒヒダルマ 実数値 努力値 HP 181 4 こうげき 211 252 ぼうぎょ 75 とくこう — わざ とくぼう 75 つららおとし すばやさ 147 252 フレアドライブ せいかく いじっぱり(補正) じしん とくせい ごりむちゅう とんぼがえり もちもの こだわりハチマキ わざ タイプ 威力 命中 PP つららおとし こおり 85 90 10 タイプ一致のメインウエポン。 怯みもあるので強かったです。 フレアドライブ ほのお 120 100 15 アーマーガアを倒すために じしん じめん 100 100 10 ドヒドイデを倒すために とんぼがえり むし 70 100 20 対面操作技、択を有利に進める。 受け構築に対する対策 受け構築を無理やり火力で崩すために採用しました。 場に出した瞬間からA140がつるぎのまいをした状態になります。 と言っても 完璧な対策とは言えず多くの択を生み出します。 また、選出画面での圧力が強く選出がしやすくなりました。 ヤタピインテレオン 実数値 努力値 HP 148 20 こうげき 94 ぼうぎょ 85 とくこう 175 236 わざ とくぼう 85 ねっとう すばやさ 189 252 ハイドロカノン せいかく おくびょう(補正) みがわり とくせい げきりゅう ふいうち もちもの ヤタピのみ わざ タイプ 威力 命中 PP ねっとう みず 80 100 15 命中安定のみず技として採用。 やけどの追加効果が強いと思ったのでねっとうにしました。 ハイドロカノン みず 150 100 5 火力がありそうで強そうくらいの気持ちで採用しました。 みがわり ノーマル ー 100 10 ヤタピのみを発動させるために。 他にもダイマックスを透かす動きもできました。 ふいうち あく 70 100 5 先制技が欲しいため、ドラパルトに打点になるのがよかったです。 高火力な特殊アタッカー 相手の構築に対してリザードンが出したくないが、アーマーガアのような物理受けポケモンがいるときに出そうと思い採用しました。 火力はすごいでます。 ただ、考察も薄く、あまり信用しきれておらず終盤の選出率は低かったです。 もっとドラパルトに強いポケモンを採用したほうがよかったかも、とも思っています。 選出パターン これ以外にもありますが、よく出してたパターンのみ。 基本選出 or カビゴンとアーマーガアで削った後、ダイマックスエースを通すことを考えました。 ただ、相手を詰ませることができると思ったら、カビゴンとアーマーガアでもダイマックスしました。 対ヌルアント 終盤流行っていたヌルアントに対しては、この選出をしていました。 カビゴンのダイマックスやリザードンでアイアントを倒して、ミミッキュで詰めていくようにしていました。 [ヌルアントの構築記事] 対受け構築 カビゴンのあくびを利用して、ダルマドヒド対面を作って択にします。 とんぼもあるので有利な択だと思います。 またミミッキュで強引に突破することも考えます。 まとめ 本当は二桁順位を目指したいと思い潜り続けましたが、2000位以下まで落ちてしまったのでシーズン1は撤退しました。 非常に悔しい結果ですが、せっかく考えたので記事にしました。 シーズン2は私が忙しくなりそうですが出来るだけ潜りたいと考えています。 一応レンタルパーティを公開しておきました。 使ってみて感想をいただけるととても嬉しいです。

次の

【カバリザ】ポケモンの有名な組み合わせと対策方法【カバルドン・リザードン・ポケモンoras】

リザードンパーティー

初めまして。 運の無さには、誰にも負けない自信があります、ユウキと言います。 ウルトラサンムーンが、発売され、もうすぐ2ヶ月ですが、皆さんは、どういったライフをお過ごしでしょうか。 私は、今作から初めてレート対戦に足を踏み入れ、どっぷりと、底なし沼にハマっております。 さて、長々自己紹介してもあれなので、今シーズンで使用してるパーティーの紹介へ。 こちらが、現在使用中のパーティーです。 シーズン終了まで、もうあまり時間はありませんが、現レートは、1757です。 1800行けるといいな レート対戦は、今回が初めてなので、パーティーの組み方もよく分からず、とにかく試行錯誤の毎日。 シーズン初期は、ポリクチを軸としたパーティーでやっていましたが、運の無さを、余すこと無く発揮し、めちゃくちゃがじゃれ外しするので、パーティー解散。 そして現在にいたります。 それでは、個体別の紹介。 の統計的には、Yが多いようですが、今回はXでの採用。 一応、リザYの個体も育ててありますが、リザYだと、どうしても、文字外しのリスクが付きまとうので。 シーズン初期には、ギャラや苦手な地面に強い、鬼羽リザを使っていましたが、こちらも、鬼火外しのリスクがあるので、最終的には、この構成に落ち着きました。 メインウェポンのフレドラ逆鱗は確定で、レヒレで止められないように、サブウェポンとして、かみなりパンチ。 剣舞ニトチャ型も育ててありますが、SとAを同時に上げられる方が使い勝手がいいと感じたので、竜舞型。 1度リザの前で隙を見せたら、あっという間に三タテ。 ステロ4倍も頷ける強さ。 ただ、命中90のため、採用を断念、バレパンでの採用となりました。 が強すぎるせいで、選出率はかなり低めですが、いざ選出すると、さも当然のように、毎回毎回三タテしてくれる。 フェアリー 主に が暴れているので、鋼を入れたいと思い、メガと、どちらにしようか迷ったが、の強みであるアイへ怯みは、自分では使えそうも無いですし、ぶっちゃけ、の方がかっこいいし、使ってて楽しい。 技スペ削ってまで、みがわりを入れたのは、前作にも増して、猛威をふるっている、のZ技を透かしたり、上手くみがわりを残して、本来勝てないマンダ等に勝つため。 カバと上手く絡めたり、有利対面を作れば、みがわり残せる機会も、結構多かった。 積み技が欲しい場面も何回かあったが、Zを透かせるのはやはり大きい。 気合いの襷 化けの皮 意地 H4 A252 S252 じゃれつく シャドークロー かげうち 剣舞 困ったら入れとけば良い奴。 今作で追加されたZが強すぎて、ほとんどがZ持ちのイメージ。 今回は、襷を持たせているが、に、じゃれつくを三連続で外した時は、Zに切り替えようかと思った。 襷を持たせることのメリットとしては、相手のZを化けの皮で透かしたあとに、もう1度行動保証がある点や、ギャラやドリュなど、皮を貫通してくるの攻撃も、耐えることが可能になる点。 強引に剣舞を積めたりも出来るので、火力不足はあまり感じなかった。 拘りスカーフ 浮遊 臆病 H92 B44 C124 D4 S244 龍星群 シャドボ 癒しの願い ポケ徹さんに投稿されていたものを丸パクリさせていただきました。 詳しくはそちらの方をご覧下さい。 こちらのパーティーに対して、初手に来やすいやを、上から殴れるのはとても良かった。 龍星群の命中が90なのが気になるが。 オボンの実 すなおこし 腕白 H252 B4 D252 ステロ 吹き飛ばし あくび 起点作り要因兼、選出誘導要因。 すなおこしは、襷と相性が悪いが、砂が切れる前にカバが退場することは、そこまで多くはないので、あまり気にしていない。 起点作り要因ではあるが、初手に出しても、上からZ打たれて、何もしないで退場してしまうので、二体目に出した方が、安定する。 吹き飛ばしの枠は、最初は怠けるだったが、みがわりからの積みの起点になるのが嫌だったので、吹き飛ばしで採用している。 食べ残し あまのじゃく 臆病 H84 B148 C4 D20 S252 宿り木 蛇睨み みがわり やどみが型は、使われるとイライラするが、使う分には楽しい。 麻痺により、最後まで勝ち筋が残せる。 ただ、宿り木リフストを、全然当ててくれないので、あまり選出率は高くない。 のおかげか、が全然出てこないので、そこは優秀な点。 次は、Yを使ってパーティーを組んでみようと思っていまが、その前に、勉強すべき事が多すぎます。 ここまで見てくださってありがとうございます。 それでは。 tkt3yuki1202.

次の