ストリームがありません youtube。 【2019年】ストリームレコーダー(ストレコ)をChromeにインストールする方法

YouTube「ライブ管理画面」超低遅延と固定ストリームキー設定

ストリームがありません youtube

視聴者視点での上記の 「サーバーに問題が発生しました[400]」や 「この動画は再生できません。 」は、 接続しているネットワーク環境が悪い・アプリ、ソフトウェアが古い、視聴者のアカウントが制限を受けている可能性があります。 稀に配信者側の設定等によって配信にトラブルが生じすることもありますが、まずは配信者側と視聴者側との環境の違いを認識する必要があります。 ひとりもしくは少人数の視聴者から「配信が見れない」という報告を受けたとき YouTube Liveのコメント等で「視聴ができない・読み込み中になってしまう」等のチャットコメントが流れてきた場合は、他の視聴者でも同様の報告が出ていないかを確認します。 配信中に確認を取る余裕があれば、 配信者側の環境を確認します。 エンコーダの設定• ネットワーク環境の設定• 配信機材の確認 3つの設定を確認し、異常が生じていない確認しましょう。 なお、確認しても特に異常がなかった場合は、一旦配信を停止し、また新しく配信を開始する。 もしくは配信機器の再起動等を実行してから配信をするようにしてみましょう。 視聴者に利用環境の確認とアプリのアップデート等を薦める 一部の視聴者で視聴ができない場合は、アプリが最新バージョンにアップデートされているか。 使用中のWi-Fiに問題が起きていないかなどを確認してもらうように言いましょう。 「アプリのアップデートと通信の確認をお願いします。 」 この一言で視聴者にセルフチェックを促すと良いでしょう。 YouTube Live設定項目の「DVR」を有効化にしてみる 配信中でも視聴者が一時停止や巻き戻し、任意の再生位置にジャンプできる 「DVR」を有効化にすることで、配信が止まってしまう・視聴できない問題を解決できる可能性があります。 また、DVRを無効化にしている場合でも、配信時の 「フレームレート」を 30FPSに設定することで配信中のエラーを防げる可能性があります。 配信時は、「DVR」を有効化にしておくとエラーを予防できるかもしれません。 エラーが頻発する配信者は、一度この設定を試してみましょう。 2つのストリームキーを把握する 配信ソフトを利用する際に必要な 「ストリームキー」は2つあります。 配信ができない理由として、 入力しているストリームキーを把握しておらず、配信ができていないと勘違いしてしまうためです。 YouTube Studioのストリームキーを配信ソフトに入力して配信を開始した場合、画面に反映されるのは「YouTube Studio」• クリエイターツールのストリームキーを配信ソフトに入力して配信を開始した場合、画面に反映されるのは「クリエイターツール」 例えば、クリエイターツールのストリームキーを入力して配信を開始し、YouTube Studioで画面を確認しても何も映りません。 これが配信ができていないと勘違いさせてしまう要因です。 よって、配信者はこの管理画面とそれぞれのストリームキーを把握する必要があります。 ストリームキーをコピーしたページと配信ソフトに入力したストリームキーが完全に合致していることを確認してから開始すると良いでしょう。 ストリームキーは変わることがあります ストリームキーは、変わることがあります。 変わるごとにその都度配信ソフトに入力をしないといけません。 前回行った放送のストリームキーを引き続き使用する場合は、「コピーして作成」を選択します。 対して、「新しいライブ配信」を選択すると、新たなストリームキーが発行され変わってしまいます。 「新しいライブ配信」を押すたびに発行されるため、 基本的には「コピーして作成」が適切です。 配信ソフトに入力する時間を大幅に削減することができるため、配信者にとってもメリットでしょう。 加えて、クリエイターツールでライブを削除するとストリームキーが変わってしまいます。 左の 「動画」から上部タブを 「ライブ配信」に切り替えます。 削除する動画にカーソルを合わせ、「・・・ たて 」をクリックするとメニューが出現します。 「削除」を押してしまうと、ストリームキーが変わってしまいます。 配信の概要も初期化されます。 誤って削除してしまう原因は、サムネイルに表示された 【近日配信】です。 予約のあるなしを問わず、 【近日配信】と表示される仕様になっています。 予約配信になっている 配信が開始しないと理由として、 「予約配信」になっている可能性があります。 YouTube Studioでの設定 「後でスケジュール設定」がオンになっている場合は、予約配信になってしまいます。 直ちに配信を開始する場合は、予めオフにしておくようにしておきましょう。 クリエイターツールでの設定 クリエイターツールでは、 「今すぐ配信」の選択と 「次のストリームをスケジュール」のチェックを外します。 配信を行う際にはブラウザでの操作も必要 配信ソフトで配信をスタートした際に、ブラウザで操作を行う必要があります。 エンコーダのソフトウェアが古い• 映像と音声の再生に問題が起きている 上記2つの項目を使用中のエンコーダで確認をします。 配信中の場合は、一旦中断して、設定確認後に再開をしましょう。 使用しているエンコーダを最新バージョンにする YouTube Liveで使用するエンコーダのバージョンが古い場合、配信のエラーを引き起こす原因になります。 最新バージョンが配信されていないかソフト内でチェックし、配信されていた場合は直ちにアップデートを実行しましょう。 アップデート後はパソコンの再起動をしましょう。 映像と音声が正しく再生されるか確認する エンコーダで処理された映像と音声が乱れたり、再生されない・ズレてしまう場合は、 【ライブダッシュボード】でエンコードエラーを確認すると良いでしょう。 音声ストリームを指定してください。 取り込みストリームに音声ストリームが含まれていません。 エンコーダから音声が送信されていません(一部のエンコーダでは、チェックボックスを使用して音声を有効にする必要があります)。 音声ストリームは 1 つだけ指定してください。 取り込みストリームに複数の音声ストリームが含まれています。 複数の音声ストリームが存在すると、取り込みが失敗します。 音声ストリームを複数にしたい場合(複数言語で音声を流したい場合など)は、マルチカメラ イベントの実施を検討してください。 音声チャンネルの数を修正してください。 音声チャンネルが 2 つ以上あります。 サポートされているチャンネル数は 1 つ(モノラル)または 2 つ(ステレオ)のみです。 ライブ配信のエラーメッセージ-YouTubeヘルプ• 動画ストリームを 1 つ指定してください。 取り込みストリームに動画ストリームが含まれていません。 動画ストリームは 1 つだけ指定してください。 取り込みストリームに複数の動画ストリームが含まれています。 現在の動画はインターレース化されていますが、インターレース方式の動画はサポートされていません。 必ずプログレッシブ方式の動画を使用してください。 プログレッシブ方式以外の動画にはアーティファクトが表示され、画質が大幅に低下します。 現在のフレームレートは高すぎます。 フレームレートは X fps 以下に設定してください。 フレームレートとキーフレーム間隔は連動していることに注意してください。 フレームレートを調整する場合はキーフレーム間隔も調整し、キーフレームが 2 秒に 1 回配信されるようにする必要があります。 ライブ配信のエラーメッセージ-YouTubeヘルプ• 4 秒以下のキーフレーム間隔を使用してください。 現在、キーフレーム間隔が長すぎるためバッファリングが発生する可能性があります。 現在のキーフレーム間隔は X 秒です。 取り込みエラーが発生すると、誤った GOP(Group of Pictures)サイズになってしまう可能性があります。 GOP(Group of Pictures)サイズが非常に小さいため、画像の品質が低下する可能性があります。 推奨されるキーフレーム間隔は 4 秒です。 現在のキーフレーム間隔は X 秒です。 取り込みエラーが発生すると、誤った GOP サイズになってしまう可能性があります。 一部のエンコーダでは、「GOP」をオープン(可変)またはクローズド(固定)に調整できます。 YouTube のパイプラインで最適なコード変換を行うには、クローズド GOP にする必要があります。 ライブ配信のエラーメッセージ-YouTubeヘルプ• 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じ解像度を設定してください。 現在の設定では、これらのストリームの解像度が異なっています。 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じ動画コーデックを設定してください。 現在の設定では、これらのストリームの動画コーデックが異なっています。 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じインターレース方式を設定してください。 現在の設定では、これらのストリームのインターレース方式が異なっています。 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じプロファイルを設定してください。 現在の設定では、これらのストリームのプロファイルが異なっています。 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じビットレートを設定してください。 現在の設定では、これらのストリームのビットレートが異なっています。 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じフレームレートを設定してください。 現在の設定では、これらのストリームのフレームレートが異なっています。 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じキーフレーム間隔を設定してください。 現在の設定では、これらのストリームのキーフレーム間隔が異なっています。 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じ音声サンプルレートを設定してください。 現在の設定では、これらのストリームの音声サンプルレートが異なっています。 現在の設定では、動画のメイン ストリームと代替ストリームの音声チャンネルが異なっています。 これらのストリームに同じ音声チャンネルを設定する必要があります。 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じ音声コーデックを設定してください。 現在の設定では、これらのストリームの音声コーデックが異なっています。 メイン ストリームと代替ストリームをどちらも正しく設定してください。 いずれかのストリームの設定が無効なため、ストリームの比較に失敗しました。 ライブ配信のエラーメッセージ-YouTubeヘルプ フェイルオーバーが正しく行われるようにするには、 メイン ストリームと代替ストリームの設定を全て同じ設定にする必要があります。 各エラーメッセージのガイダンスに従い、 メインストリームと代替ストリームを一致させましょう。 インターネット設定を確認する 配信を行う側の通信環境がエラーを引き起こしている可能性もあります。 大容量のデータを取り扱うため、YoTube Liveの通信品質は安定した環境が求められます。 Wi-Fiルーター本体の設定の見直しやファームウェア更新を行うことで安定した配信を行うことができるかもしれません。 本記事内では「BUFFALO バッファロー 」製のWi-Fiルーターを用いて解説します。 Wi-Fiを利用している場合は、ルーターの確認を行う Wi-Fi環境下で配信を行っている場合は、 ルーター本体と設定の確認を行いましょう。 Airstationを起動する 接続中のWi-Fiルーターを選択します。 他の登録済みBUFFALO製ルーターや中継機があると、一覧に表示されます。 「設定画面を開く」をクリックすると、Airstationが起動します。 ルーターの周波数帯とチャンネルを変更する 周波数帯が「2. 4GHz帯」しかない場合は、 「5GHz帯」を利用できるように有効化してみましょう。 後者で接続することで、配信が安定して行えるかもしれません。 加えて、チャンネルを変更することで安定した通信が行えるようになる可能性があります。 チャンネルが他の無線LANと重複してしまうと、通信エラーが発生する原因になっていることがあります。 「無線LAN」の設定項目をクリックします。 「5GHz帯」の接続先が無効になっている場合は「有効」にチェックを入れることで機器で5GHz帯の接続先を検出し、接続が可能になります。 チャンネルは、数値が大きいチャンネルほど他の機器と重複することが少なくなる傾向があります。 周波数帯 2. 最新版が見つかった場合は更新をしましょう。 「詳細設定」をクリックします。 左側のメニュータブから 「ファームウェア更新」を選択し、 ファームウェアファイルを選択して更新を行います。 機種によって異なるため、ダウンロードページで型番を入力して入手しましょう。 配信中に電子レンジを使用している場合 Wi-Fiルーターが電子レンジの近くにあり、配信中に電子レンジを使用した場合のケースです。 この条件下で電子レンジの2. 4GHz電磁波出力によって、通信に影響が出ることがあります。 なお、発生するのは極めて稀なケースです。 突発的に配信が止まる場合は確認してみると良いかもしれません。 配信ソフトとパソコンの再起動を実行する 配信ソフトとパソコンなどの機器を再起動します。 再起動によってエラーが発生するのを解消できるかもしれません。 運営にバグ報告をする 配信環境に何も問題がなければ、運営に報告してみましょう。 YouTube運営にフィードバックを送信することでバグを報告することができます。 YouTubeトップページで右上のプロフィールアイコンをクリックし、メニュー内の 「フィードバックの送信」から行えます。

次の

YouTubeのインストリーム広告の料金は?費用対効果はバッチリ

ストリームがありません youtube

視聴者視点での上記の 「サーバーに問題が発生しました[400]」や 「この動画は再生できません。 」は、 接続しているネットワーク環境が悪い・アプリ、ソフトウェアが古い、視聴者のアカウントが制限を受けている可能性があります。 稀に配信者側の設定等によって配信にトラブルが生じすることもありますが、まずは配信者側と視聴者側との環境の違いを認識する必要があります。 ひとりもしくは少人数の視聴者から「配信が見れない」という報告を受けたとき YouTube Liveのコメント等で「視聴ができない・読み込み中になってしまう」等のチャットコメントが流れてきた場合は、他の視聴者でも同様の報告が出ていないかを確認します。 配信中に確認を取る余裕があれば、 配信者側の環境を確認します。 エンコーダの設定• ネットワーク環境の設定• 配信機材の確認 3つの設定を確認し、異常が生じていない確認しましょう。 なお、確認しても特に異常がなかった場合は、一旦配信を停止し、また新しく配信を開始する。 もしくは配信機器の再起動等を実行してから配信をするようにしてみましょう。 視聴者に利用環境の確認とアプリのアップデート等を薦める 一部の視聴者で視聴ができない場合は、アプリが最新バージョンにアップデートされているか。 使用中のWi-Fiに問題が起きていないかなどを確認してもらうように言いましょう。 「アプリのアップデートと通信の確認をお願いします。 」 この一言で視聴者にセルフチェックを促すと良いでしょう。 YouTube Live設定項目の「DVR」を有効化にしてみる 配信中でも視聴者が一時停止や巻き戻し、任意の再生位置にジャンプできる 「DVR」を有効化にすることで、配信が止まってしまう・視聴できない問題を解決できる可能性があります。 また、DVRを無効化にしている場合でも、配信時の 「フレームレート」を 30FPSに設定することで配信中のエラーを防げる可能性があります。 配信時は、「DVR」を有効化にしておくとエラーを予防できるかもしれません。 エラーが頻発する配信者は、一度この設定を試してみましょう。 2つのストリームキーを把握する 配信ソフトを利用する際に必要な 「ストリームキー」は2つあります。 配信ができない理由として、 入力しているストリームキーを把握しておらず、配信ができていないと勘違いしてしまうためです。 YouTube Studioのストリームキーを配信ソフトに入力して配信を開始した場合、画面に反映されるのは「YouTube Studio」• クリエイターツールのストリームキーを配信ソフトに入力して配信を開始した場合、画面に反映されるのは「クリエイターツール」 例えば、クリエイターツールのストリームキーを入力して配信を開始し、YouTube Studioで画面を確認しても何も映りません。 これが配信ができていないと勘違いさせてしまう要因です。 よって、配信者はこの管理画面とそれぞれのストリームキーを把握する必要があります。 ストリームキーをコピーしたページと配信ソフトに入力したストリームキーが完全に合致していることを確認してから開始すると良いでしょう。 ストリームキーは変わることがあります ストリームキーは、変わることがあります。 変わるごとにその都度配信ソフトに入力をしないといけません。 前回行った放送のストリームキーを引き続き使用する場合は、「コピーして作成」を選択します。 対して、「新しいライブ配信」を選択すると、新たなストリームキーが発行され変わってしまいます。 「新しいライブ配信」を押すたびに発行されるため、 基本的には「コピーして作成」が適切です。 配信ソフトに入力する時間を大幅に削減することができるため、配信者にとってもメリットでしょう。 加えて、クリエイターツールでライブを削除するとストリームキーが変わってしまいます。 左の 「動画」から上部タブを 「ライブ配信」に切り替えます。 削除する動画にカーソルを合わせ、「・・・ たて 」をクリックするとメニューが出現します。 「削除」を押してしまうと、ストリームキーが変わってしまいます。 配信の概要も初期化されます。 誤って削除してしまう原因は、サムネイルに表示された 【近日配信】です。 予約のあるなしを問わず、 【近日配信】と表示される仕様になっています。 予約配信になっている 配信が開始しないと理由として、 「予約配信」になっている可能性があります。 YouTube Studioでの設定 「後でスケジュール設定」がオンになっている場合は、予約配信になってしまいます。 直ちに配信を開始する場合は、予めオフにしておくようにしておきましょう。 クリエイターツールでの設定 クリエイターツールでは、 「今すぐ配信」の選択と 「次のストリームをスケジュール」のチェックを外します。 配信を行う際にはブラウザでの操作も必要 配信ソフトで配信をスタートした際に、ブラウザで操作を行う必要があります。 エンコーダのソフトウェアが古い• 映像と音声の再生に問題が起きている 上記2つの項目を使用中のエンコーダで確認をします。 配信中の場合は、一旦中断して、設定確認後に再開をしましょう。 使用しているエンコーダを最新バージョンにする YouTube Liveで使用するエンコーダのバージョンが古い場合、配信のエラーを引き起こす原因になります。 最新バージョンが配信されていないかソフト内でチェックし、配信されていた場合は直ちにアップデートを実行しましょう。 アップデート後はパソコンの再起動をしましょう。 映像と音声が正しく再生されるか確認する エンコーダで処理された映像と音声が乱れたり、再生されない・ズレてしまう場合は、 【ライブダッシュボード】でエンコードエラーを確認すると良いでしょう。 音声ストリームを指定してください。 取り込みストリームに音声ストリームが含まれていません。 エンコーダから音声が送信されていません(一部のエンコーダでは、チェックボックスを使用して音声を有効にする必要があります)。 音声ストリームは 1 つだけ指定してください。 取り込みストリームに複数の音声ストリームが含まれています。 複数の音声ストリームが存在すると、取り込みが失敗します。 音声ストリームを複数にしたい場合(複数言語で音声を流したい場合など)は、マルチカメラ イベントの実施を検討してください。 音声チャンネルの数を修正してください。 音声チャンネルが 2 つ以上あります。 サポートされているチャンネル数は 1 つ(モノラル)または 2 つ(ステレオ)のみです。 ライブ配信のエラーメッセージ-YouTubeヘルプ• 動画ストリームを 1 つ指定してください。 取り込みストリームに動画ストリームが含まれていません。 動画ストリームは 1 つだけ指定してください。 取り込みストリームに複数の動画ストリームが含まれています。 現在の動画はインターレース化されていますが、インターレース方式の動画はサポートされていません。 必ずプログレッシブ方式の動画を使用してください。 プログレッシブ方式以外の動画にはアーティファクトが表示され、画質が大幅に低下します。 現在のフレームレートは高すぎます。 フレームレートは X fps 以下に設定してください。 フレームレートとキーフレーム間隔は連動していることに注意してください。 フレームレートを調整する場合はキーフレーム間隔も調整し、キーフレームが 2 秒に 1 回配信されるようにする必要があります。 ライブ配信のエラーメッセージ-YouTubeヘルプ• 4 秒以下のキーフレーム間隔を使用してください。 現在、キーフレーム間隔が長すぎるためバッファリングが発生する可能性があります。 現在のキーフレーム間隔は X 秒です。 取り込みエラーが発生すると、誤った GOP(Group of Pictures)サイズになってしまう可能性があります。 GOP(Group of Pictures)サイズが非常に小さいため、画像の品質が低下する可能性があります。 推奨されるキーフレーム間隔は 4 秒です。 現在のキーフレーム間隔は X 秒です。 取り込みエラーが発生すると、誤った GOP サイズになってしまう可能性があります。 一部のエンコーダでは、「GOP」をオープン(可変)またはクローズド(固定)に調整できます。 YouTube のパイプラインで最適なコード変換を行うには、クローズド GOP にする必要があります。 ライブ配信のエラーメッセージ-YouTubeヘルプ• 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じ解像度を設定してください。 現在の設定では、これらのストリームの解像度が異なっています。 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じ動画コーデックを設定してください。 現在の設定では、これらのストリームの動画コーデックが異なっています。 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じインターレース方式を設定してください。 現在の設定では、これらのストリームのインターレース方式が異なっています。 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じプロファイルを設定してください。 現在の設定では、これらのストリームのプロファイルが異なっています。 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じビットレートを設定してください。 現在の設定では、これらのストリームのビットレートが異なっています。 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じフレームレートを設定してください。 現在の設定では、これらのストリームのフレームレートが異なっています。 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じキーフレーム間隔を設定してください。 現在の設定では、これらのストリームのキーフレーム間隔が異なっています。 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じ音声サンプルレートを設定してください。 現在の設定では、これらのストリームの音声サンプルレートが異なっています。 現在の設定では、動画のメイン ストリームと代替ストリームの音声チャンネルが異なっています。 これらのストリームに同じ音声チャンネルを設定する必要があります。 動画のメイン ストリームと代替ストリームに同じ音声コーデックを設定してください。 現在の設定では、これらのストリームの音声コーデックが異なっています。 メイン ストリームと代替ストリームをどちらも正しく設定してください。 いずれかのストリームの設定が無効なため、ストリームの比較に失敗しました。 ライブ配信のエラーメッセージ-YouTubeヘルプ フェイルオーバーが正しく行われるようにするには、 メイン ストリームと代替ストリームの設定を全て同じ設定にする必要があります。 各エラーメッセージのガイダンスに従い、 メインストリームと代替ストリームを一致させましょう。 インターネット設定を確認する 配信を行う側の通信環境がエラーを引き起こしている可能性もあります。 大容量のデータを取り扱うため、YoTube Liveの通信品質は安定した環境が求められます。 Wi-Fiルーター本体の設定の見直しやファームウェア更新を行うことで安定した配信を行うことができるかもしれません。 本記事内では「BUFFALO バッファロー 」製のWi-Fiルーターを用いて解説します。 Wi-Fiを利用している場合は、ルーターの確認を行う Wi-Fi環境下で配信を行っている場合は、 ルーター本体と設定の確認を行いましょう。 Airstationを起動する 接続中のWi-Fiルーターを選択します。 他の登録済みBUFFALO製ルーターや中継機があると、一覧に表示されます。 「設定画面を開く」をクリックすると、Airstationが起動します。 ルーターの周波数帯とチャンネルを変更する 周波数帯が「2. 4GHz帯」しかない場合は、 「5GHz帯」を利用できるように有効化してみましょう。 後者で接続することで、配信が安定して行えるかもしれません。 加えて、チャンネルを変更することで安定した通信が行えるようになる可能性があります。 チャンネルが他の無線LANと重複してしまうと、通信エラーが発生する原因になっていることがあります。 「無線LAN」の設定項目をクリックします。 「5GHz帯」の接続先が無効になっている場合は「有効」にチェックを入れることで機器で5GHz帯の接続先を検出し、接続が可能になります。 チャンネルは、数値が大きいチャンネルほど他の機器と重複することが少なくなる傾向があります。 周波数帯 2. 最新版が見つかった場合は更新をしましょう。 「詳細設定」をクリックします。 左側のメニュータブから 「ファームウェア更新」を選択し、 ファームウェアファイルを選択して更新を行います。 機種によって異なるため、ダウンロードページで型番を入力して入手しましょう。 配信中に電子レンジを使用している場合 Wi-Fiルーターが電子レンジの近くにあり、配信中に電子レンジを使用した場合のケースです。 この条件下で電子レンジの2. 4GHz電磁波出力によって、通信に影響が出ることがあります。 なお、発生するのは極めて稀なケースです。 突発的に配信が止まる場合は確認してみると良いかもしれません。 配信ソフトとパソコンの再起動を実行する 配信ソフトとパソコンなどの機器を再起動します。 再起動によってエラーが発生するのを解消できるかもしれません。 運営にバグ報告をする 配信環境に何も問題がなければ、運営に報告してみましょう。 YouTube運営にフィードバックを送信することでバグを報告することができます。 YouTubeトップページで右上のプロフィールアイコンをクリックし、メニュー内の 「フィードバックの送信」から行えます。

次の

YouTube「ライブ管理画面」超低遅延と固定ストリームキー設定

ストリームがありません youtube

YouTubeでゲーム実況するために必要なもの3つ Youtubeのストリームキーは、 初めての人には場所が分かりづらいと言われています。 まずストリームキーの必要性を理解するには、 YouTubeでゲーム実況をする際の必須アイテムを知っておかなければなりません。 YouTubeのゲーム配信に必要なものは主に3つです。 PC(一定以上の性能なもの)• マイクやカメラなどの機器• 配信ソフト それぞれを詳しく確認していきます。 PC(なるべく高性能なもの) YouTube Liveのゲーム配信は 基本的にPCを用いて行うものです。 ゲーム配信以外のライブ配信であればPCではなくても、スマホのみで行うこともできます。 しかし ゲーム配信の場合は、配信データが非常に重いため、スマホではできません。 またPCであっても、スペックの低いPCだと読み込みなどが遅く、時間がかかってしまうこともしばしば。 なるべく高性能なPCを使わないと、 円滑に配信できないため注意が必要です。 マイクやカメラなどの機器 ゲーム実況を行う際に非常に重要なのが、 マイクやカメラなどの周辺機器です。 顔出しをしないなら カメラは不要ですがマイクは絶対に欠かせません。 iPhoneの音声機能を使っても音割れなどがひどく、いい音声は取れないため、必ず専用のマイクを使うようにしましょう。 配信ソフト YouTube Liveで ゲーム配信を行う際に必ず必要となるのが配信ソフト(キャプチャソフト)です。 YouTube Live自体はゲームの画面を共有したり、キャプチャしたりする機能が備わっていないため、配信ソフトが無いと配信することができません。 ストリームキーが必要なのは、配信ソフトの映像をYouTube Liveで流す際の共有コードとして使われるためです。 ストリームキーがあるから、1行のキーをコピペ&ペーストで映像をYouTube Live側に送信が可能。 とても簡単に配信が行えます。 配信ソフト自体は有料から無料のものまで多数あるため、自分が1番しっくりくるものの利用がおすすめです。 YouTubeのストリームキーの場所!見つけにくい? では本題の YouTubeストリームキーの「場所」について触れていきます。 最初にお伝えしたように、Youtubeのストリームキーは初心者には見つけにくい位置にあり、探すのが面倒です。 必ず場所を覚えておいてください。 手順1. 「ライブ配信を開始」のボタンを必ず押す これまではメニューの左側から簡単にストリームキーが見つけられました。 しかし、2019年7月に仕様が変わってからは 「ライブ配信を開始」を選択しないと出現しなくなったのです。 まず 右上にある「ライブ配信を開始」を選択します。 ストリームキーの利用には、この選択が必要なので必ず覚えておいてください。 手順2. 「新しいライブ配信」を選択 次に過去のライブ配信がある場合は「 以前作成したライブ配信」、全く新しい場合は「 新しいライブを作成」という欄が表示されます。 今回は「新しくゲーム動画を実況配信する」が目的であるため 「新しいライブを作成」を選択します。 手順3. 「エンコーダ配信」を選択 選択すると配信の画面が表示されるため、 タイトルを入力したら公開状況を「公開」にしておきます。 入力が終わったら「 エンコーダ配信を作成」のボタンを選択します。 手順4. 「ストリームキー」をコピー 画面が切り替わったら、ようやく 画面下部に「ストリームキー」の項目が出現します。 このストリームキーをご利用の配信ソフトにコピペすれば、 YouTube Liveと配信ソフトが同期するのです。 YouTubeのゲーム実況で有名な配信ソフト「OBS」とは? OBS(正式名称はOBS Studio)は Open Broadcaster Softwateの略称で、 オープンソースのライブストリーミング兼録画用のソフトウェアです。 数ある配信ソフトの中でもOBSは大人気で、 ・ 機能が豊富 ・ 無料で使える ことから非常に 優秀な配信ソフトであると評価されています。 有料の配信ソフトもありますが、 無料で利用可能な「OBS」にも多くの機能が搭載されているので十分に対応可能。 実際に 多くのゲーム実況者もOBSを利用しているようです。 OBSからYouTube Liveで配信する時の手順! では実際にOBSからYoutube Liveで配信する際にはどのような手順で進めていけば良いのでしょうか。 今回はより具体的に OBSからYouTube Liveで配信する際の手順について解説していきます。 OBSの右下「設定」のメニューから「配信」を選択 OBS Studioをインストールしたら、 右下の設定メニューから「配信」という項目を選択します。 サーバー項目が「Primary YouTube ingest server」になっているのを確認 この時に サーバー項目が「Primary YouTube ingest server」になっているかも確認しておいてください。 YouTube配信画面でストリームキーをコピーする OBS側の最低限の設定が終わったら、今度は OBSの方にストリームキーを貼り付けます。 OBSに貼り付ける OBSの画面に戻って「ストリームキー」の項目に、 先ほどコピーしたYouTubeのストリームキーを貼り付けます。 これで基本的な設定は完了しました。 OBSで画質の設定を行う 次に配信する上で非常に重要な「画質の設定」を行いましょう。 「出力モード」の項目を 「基本」から「詳細」に変更して、 エンコーダを「x264」以外に、ビットレートを「3000」に設定しておきます。 なおビットレートが大きければ大きいほど画質は良くなりますが、 自宅の回線が弱いと映像がカクカクしてしまいます。 その場合は画質を下げた方が通信しやすいため、ビットレートの値を下げておきましょう。 OBSでBGM・マイク音の設定を行う 最後に BGMおよびマイク音を流すための設定を行います。 まずPCにマイクを接続します。 YouTube側の設定を行う 最後の仕上げとしてYouTube側の設定を行います。 まずは タイトルやサムネイルがしっかり設定されているかどうかを確認しましょう。 このあとすぐに配信を開始すると、YouTubeの画面がOBSよりも遅れて配信されてしまいます。 多少の遅延は仕方ないですが、なるべくこの遅延を少なくするために YouTube側で「ライブ配信の遅延」の項目から「超低遅延」を選択します。 配信開始 全ての準備が整ったら、いよいよ配信スタートです。 OBS側で右下にある 「配信開始」を選択し、 YouTube側でも「ライブ配信を開始」を選択します。 両方のボタンを押さないと録画が始まらないため、必ず忘れずに配信をスタートさせましょう。

次の